goo

風陽邑村の本主廟(中国雲南省大理)

風陽邑村を横切る茶馬古道の途中に山へ向かう坂道が一本あり、それを登っていくとお寺のような建物が見えてきました。
白族には先祖伝来の「本主(ベンチュ)経」という独自の信仰があって、チベットから伝わった佛教や漢族からの道教、そしてキリスト教などの影響はあるものの、白族の守護神としての信仰は厚く、各村にはこのような廟を見ることができます。

本主廟の正門


正門から入った内側


まるで仏教と融合したような本主廟の本堂



お祈りの準備をする老婆たち


この人たちを良く見ると、茶馬古道沿いで帽子を編んでいた人たちでした。


本主像



線香も手作り


テーブルの上にある紙の黄色い長箱は、願いを書いた紙を入れる為のもので、これを祈りの後に燃やします。


本主廟には必ずと言ってよいほどこのような調理場があって、ここで本主様に捧げる生贄の料理を作ります。



風陽邑村の尼寺(中国雲南省大理市)

風陽邑村の景色 (中国雲南省大理)-2


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 風陽邑村の景... 風陽邑村の尼... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。