ABE GUITARS

ユーザビリティに優れ、
パーソナライズされたギターを。

#026 Half & Half

2016年11月27日 | 作品


トップ:ジャーマンスプルース/レッドウッド
サイド/バック:ホンジュラスマホガニー/インディアンローズウッド
ネック:ホンジュラスマホガニー
指板/ブリッジ:インディアンローズウッド
ヘッドプレート:インディアンローズウッド
バインディング:ホンジュラスマホガニー/インディアンローズウッド
ロゼッタ:インディアンローズウッド
ナット/サドル:牛骨
ブリッジピン:インディアンローズウッド
塗装:ニトロセルロースラッカー
スケール:24.9インチ

トップはツヤ出し


サイドバックはツヤ消し


バインディングも半々


ヒールキャップも半々に


バックのリインフォースメントも半々に、結構、遊んでいます


インディアンローズウッド指板


インディアンローズウッドブリッジとブリッジピン


ペグはGOTOH SGL510Z H.A.P


ロッドカバーはマホガニーで作成しました


トップのレッドウッドは低音の立ち上がりの良さを、スプルースは高音のサスティーンの伸びを狙って使いましたが、割と狙い通りに出ているように感じます。サイドバックのローズ/マホガニーの組み合わせは、思ったよりもマホガニーの音色が強く出ていて、ローズの音色は隠し味的、という印象です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

#025 OM 完成

2016年11月23日 | 作品
#024と同時並行で制作しました。



トップ:ジャーマンスプルース
サイド/バック:ブラジリアンローズウッド
ネック:ホンジュラスマホガニー
指板/ブリッジ:ブラジリアンローズウッド
ヘッドプレート:ブラジリアンローズウッド
バインディング:アフリカンブラックウッド
ロゼッタ:ブラジリアンローズウッド
ナット/サドル:牛骨
ブリッジピン:ボックスウッド
塗装:ニトロセルロースラッカー
スケール:25.7インチ



サップの入ったブラジリアンローズウッドです


ロゼッタもブラジリアンローズ


表裏のヘッドプレートもブラジリアンローズ


バインディングはエボニーと思いきや、アフリカンブラックウッドです


ブラジリアンローズ指板


ポジションマークはメイプルです


ブラジリアンローズブリッジ


ブリッジピンはボックスウッドです


ロゴもメイプルで作成、飾りに貝類は使わず、木製で統一しています




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

#024 完成しました

2016年11月13日 | 作品


トップ:シトカスプルース
サイド/バック:インディアンローズウッド
ネック:ホンジュラスマホガニー
指板/ブリッジ:インディアンローズウッド
ヘッドプレート:インディアンローズウッド
バインディング:メイプル
ロゼッタ:インディアンローズウッド/白蝶貝
ナット/サドル:牛骨
ブリッジピン:インディアンローズウッド白蝶貝ドット
塗装:ニトロセルロースラッカー
スケール:25.7インチ



インディアンローズウッド指板 ポジションマークは無し


サイドドットは有ります


ブリッジもブリッジピンもインディアンローズウッドです


メイプルバインディングは結構、杢が出ています


ラベル


ペグはGOTOH SGL510Z H.A.P.A ギア比は1:21です


そもそものコンセプトとしては、半音下げて弾きたいというご要望でしたので、やや長めの25.7インチスケールを採用しました。結果、半音下げチューニングでもビレが少なく且つ張りのある音になったと思います。もちろん、レギュラーチューニングでも問題ありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

#024 ナット・サドル・ロッドカバー作成

2016年11月09日 | 制作過程
仮セットアップ時に作っておいたナットとサドルを取り付けて弦を張ります


ナット溝と高さを調整


トラスロッドかバーを作成します


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

#024 ペグ取付

2016年11月05日 | 制作過程
ブリッジ接着完了し、ピン穴のリーマー加工・カウンターシンク加工を施した状態です



ヘッドストックをバフがけし


今一度リーマー加工をして


ペグを取り付けます


コメント
この記事をはてなブックマークに追加