横瀬武夫プロフィール

横瀬武夫プロフィール

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自分の時間を捧げたもの

2014-06-03 15:18:23 | 日記
私は部活に打ち込んだという経験がほとんど無いため、部活系のアニメを観ていると羨ましくなります。

中学のときは帰宅部でしたし、高校のときは週に一度の緩い部活でした。

大学ではサークルに入っていましたが、すごく閉鎖的で嫌になり辞めてしまいました。

打ち込んだといえば、小学校のころは学校の合唱部に入っていました。

これを部活と考えて良いのかは分かりませんが、唯一私が打ち込んだ活動なのかもしれません。

毎日、朝と放課後に練習、長期休みも練習だったため、友達とはあまり遊ばなかったかもしれません。

ですが、毎日の練習はとても楽しく、休憩時間は何故か後輩とばかり話していました。

子守みたいだなと今なら思えます。

しかしそんな子守も全く苦ではなく、むしろ楽しんでいました。

よく考えると、後輩と言える後輩がいたのは小学生のときぐらいだったかもしれません。

あのとき経験しておいて良かったです。

昔の仲間に会いたいなと、ふと思ってしまいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日行けば又休みです。

2014-05-31 11:47:03 | 日記
今日行けば又休みです。今週は早かったです。実質3日だったので。明日からの土日の休みはゆっくりとしたいです(笑顔)。



昨日と一昨日は帰りの電車がちょっとしたトラブルで、動かなくて参りました。動き出したら今度は乗って来るお客さんが多くて参りました。



ギュウギュウ詰めでした(苦笑)。ちょうど、隣に居た人が女性の方だったので、おっかなびっくりでした(苦笑)。何も無くて良かったですが(笑顔)。



土日の休みは、もし、暖かければウォーキングしようと考えています(笑顔)。少しは動かないと体がなまってしまうので(苦笑)。



でも、休みって良いなと思います。ちょっと前までは土曜日は休日出勤だったので、今は完全に休めるので助かっています。



仕事は残業をしないと生活が苦しいです。が、基本的には休みたいです(笑顔)。そこら辺のさじ加減が難しいですが(苦笑)。



せっかくの休みなので、普段溜まっているストレスを発散して、リフレッシュしたいです(笑顔)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横瀬武夫が生まれたのは

2014-01-02 11:20:28 | 日記

横瀬武夫は1965年の12月27日に生まれました。
女子大小路という名古屋にある歓楽街の真ん中でした。
横瀬武夫の父親も飲食店の経営をしており、ビルの1階が横瀬の母親の飲食店で2階では父親がお好み焼きをやいていました。
母親も父親もそこで仕事をしていましたので横瀬武夫はおばあちゃんやお兄ちゃんが面倒を見ていました。
横瀬の父親は新潟の出身で、小さい時からバイオリンやピアノの習い事をしていて家庭は裕福でした。
しかし戦争で全てを失い、終戦直後の横瀬家は新潟の山奥で生活を強いられることになる。
母親と結婚をしたのは名古屋に移り住むようになってから。
横瀬武夫の母親型は篠島出身で現在では観光のスポットになっていますが、その当時は漁村の地域で魚を捕獲して生活をしていた。横瀬武夫の母親も幼いころから仕事をしていた。
そして名古屋に出てからは飲食店で働き色々な経験を積んだ。それが下地になっている。
横瀬武夫の両親は二人とも飲食店の商売をしていたこともあり、裕福だった。
休日になるといつも外でご飯を食べて美味しい料理をいつも堪能していた。
横瀬武夫はまだまだ幼いころの話なので、お店を継がせようということは思っていなかったと思うが、外での美味しい食事で横瀬武夫の舌はこえた。
のちに料理専門学校に通う事になるのですが、その背景にはこんな話があるからなのであろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加