車検通信 お車を持つ全ての方々へ

車検、新車販売、中古車販売、板金塗装、一般修理、タイヤ販売、オーディオ取付、自動車保険、ガラスコーティング

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スペアタイヤの点検は?

2015年11月17日 16時39分33秒 | メンテナンス

みなさんスペアタイヤの点検はしていますか?
パンクなどで走行不能になった時に応急用として使うもので、交換用の工具も社内に積んであります。
ほとんどの人は見たことすらないと思います。
ただし万が一の時に使えないと困るので点検は必要なものです。
そのままにしているとほんの少しずつ空気は抜けていきいざというときに使い物にならなくなります。
通常のタイヤと違い、タイヤ交換のたびに空気圧調整を行うわけではないので。
トランクルームの下についているのでぜひ点検してみてください。
最近の車ではもっぱらこのスペアタイヤがついていません。
というのも車社会全体で見ればスペアタイヤの使用率が低いからです。
じゃあパンクした時はどうしたらいいの?と思うかもしれませんが。
緊急用のパンク修理キットというものが積んであります。
車両の電源を使って電動モーターを回し空気と補修材をタイヤ内に吹き込みます。
これらはあくまで応急用ですのですぐに正規のタイヤに交換してください。







【関連記事】 車検通信記事一覧


白河で新車のことなら  白河で車検のことなら  白河で板金塗装なら  白河でボディコーティング  車検のお悩みご相談ください
白河市車検工場Facebook

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スタッドレスタイヤ

2015年11月17日 08時38分22秒 | メンテナンス

おはようございます!
車検通信の穂積です。
今日は比較的暖かいですが、朝晩とても冷え込む時期になりました。
冬といえばスタッドレスタイヤ
まだ溝があるからと言って安心していませんか?
溝があってもスタッドレスとしての機能が失われている場合もあります。
タイヤには一般的にタイヤの限界値の目印としてスリップサインというものがついています。
タイヤの厚みがスリップサインに到達してしまうとそのタイヤは寿命を迎えます。
スタッドレスタイヤにはスリップサインとは別にプラットフォームという目印がついています。
これはスタッドレス性能の寿命を示すもので、溝がプラットフォームに達すると氷上性能が著しく低下します。
ただその状態でもまだ残り溝はあるので通常走行は可能ですし車検にも合格します。
万が一の事故を防ぐためにもスタッドレス装着前に一度点検をしましょう!

 








【関連記事】 車検通信記事一覧


白河で新車のことなら  白河で車検のことなら  白河で板金塗装なら  白河でボディコーティング  車検のお悩みご相談ください
白河市車検工場Facebook

コメント
この記事をはてなブックマークに追加