亭主のブログ、はじめています。

日々の日記を書いています。亭主ブログhttp://blog.goo.ne.jp/yoshiko0122/


今度7月30日(日)に「和」のイベントをやります。

7月30日は旧暦七夕の前日。
日本書紀によると「相撲(すまい)」が誕生したのはじつはこの7月7日なのです。以来、それは五穀豊穣を祈る神事となり、今では「国技」といわれるようにまでなりました。
またご存知のように七夕は「きもの」にまつわる織姫にとって年に一度の特別な日。
そんな意味ある日に、下町木場で大人の和の休日を過ごしませんか。


大相撲 木場satowa七夕場所

時:2006年7月30日(日)
場所:SATOWA 東西線木場駅徒歩5分
http://www.satowa.biz/
開場16時半 17時より19時(12時より 個展予定)
入場料:4000円


●木場satowa場所
「ひが~し~、大至・・・」と、本物の呼出さんによって大至と亭主尾上が登場します。

・呼出さんによる 太鼓の打ち分け実演
・床山さん     大銀杏結い実演
・着物スタイリスト里和 「帯」を使ったドレスメイキング
 美容師加納忠雄 「ヘアスタイリング」
・大至        相撲甚句「当地興行」

下町木場の夕暮れ時、雪駄が街路をたたく音、鬢付け油の甘い香に、心おどる触れ太鼓、そして哀愁ただよう相撲甚句の声音・・・・・。
相撲は伝統ある様式美の世界です。
巡業の様子を再現しながら、元幕内力士 大至 が相撲の世界へナビします。
そこには再発見の「和」があるはずです。
着物スタイリスト里和さんの、艶やかな帯のスタイリングも愛でながら、大人の七夕の夜を過ごしませんか。

会場のお客様と共に、一夜限りの七夕satowa場所の雰囲気を楽しみたいと思います。

亭主ブログhttp://blog.goo.ne.jp/yoshiko0122/
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

感謝。

昨日は雨の中、たくさんお越しいただきましてありがとうございました。

こうだったら素敵だなあ、こんなことしたらおもしろいなあ・・と思い
今回の企画を考えた夢見がちな私に巻き込まれた、参加アーティストの皆さん、出店してくださった皆さんに支えられて「金魚坂 宵の秋まつり」を無事終了することができました。
実際、もう私の手の内をこえ今回の参加アーティストさん達、スタッフが作り上げてくださったイベントとなりました。
そしてお越しいただいたお客様の温かいお心遣いに支えられました。

亭主と名乗るには未熟な私ですが、日々精進してまいりたいと思います。

本当にありがとうございました。

それから、イベントの指針をきづかせてくださったくりから工房兄。
夜遅くまで素敵な個展づくりをしてくださった深堀氏、真弓さん。それからいろいろ無理をきいてもらい、多大にご協力いただいた金魚坂さん。
そして最後にフライヤー、ブログ管理、現場設営など多岐にわたりご協力いただいた野庵スタッフのみなさま。

本当に本当にありがとうございました。
1人ではできませんでした。本当にありがとうございました。

          感謝 亭主




コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )

今日です。

とうとう、今日になりました。
つないできたイベントブログも終わりに近づいてきました。

今朝は雨。

ですが屋外にも屋根があるんです、さすが金魚坂さん!

金魚坂さん特製あたたかいお味噌汁のんで、秋の宵、深堀さんの個展をみたり、パフォーマンスをみたりと、心落ち着かせゆっくりすごすのもいいかも。

お会いできることを楽しみにしています。

それからスタッフ、金魚坂のみなさま、今日までなんとかこれたことを
本当に本当に感謝しています。
この場をかりてお礼をいたします。

        亭主
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

いよいよ明日・・・

明日(今日)にせまりました【金魚坂 宵の秋まつり】

みんながこの日のためにあちこちに
足を運びミーティングを重ねいよいよ明日!!

金魚絵師さんは今も現在進行形で準備をされています。
スタッフ各自が今も各自のパソコンの前で
最終スパートで(笑)準備に励んでいます。

毬詠も野庵の鞄/カタアリキに付属する
【秋の風を感じるコサージュ】を用意し終えましたっ!!!



あいにくの雨模様となる感じです・・・

どうぞどうぞ足元に十分ご注意の上
お立ち寄りくださいませ=

お会いできますことをとても楽しみにしております☆
皆様にとってステキな1日でありますように。

【野庵】毬詠/marie

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

イベントをぬけだして・・・

イベントの合間に、ふらりと文の京、本郷を散歩してみてはどうでしょう。

●樋口一葉ゆかりの井戸 
 http://www.city.bunkyo.tokyo.jp/cgi-bin/kview.cgi?ID=70
●東京大学赤門
http://www.city.bunkyo.lg.jp/cgi-bin/kview.cgi?ID=84
●かねやす
http://www.city.bunkyo.lg.jp/cgi-bin/kview.cgi?ID=89

ほか、いろいろあります。
イベントスケジュール表をみて、ふらりと外出もOKです。

それから
(お知らせ)
・金魚坂には駐車場はありません。
・当日ワンドリンクのほか、500円で追加ドリンク販売!
・先着数名2Fで飲食の方に限り、金魚坂特製ケーキ販売!!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ