ガンプラでもこしょてみっか+

「こしょてみっか」方言で「作ろうか」の意味です。


もうすぐ夏ですね~

2017-05-21 18:22:30 | トイ
夏!
夏と言えば海!
海と言えば
水陸両用!
水陸両用と言えば

ズゴック!

先ほど発売になった量産型ズコックのれびゅーです。

ズゴックと言えば
シャアズゴックで鮮烈のデビューを果たした水陸両用の重モビルスーツ、
シャカシャカ動き、初登場のジムを一瞬で貫いた様は、衝撃を与えてくれました、
モデラーなら誰でも一回は作ったであろう名シーンですね。

私の場合、キットはもったいなくて加工できなかったので、ツクダ製メタルコレクションをプラ素材にした物が安く出回てていたので、
それを加工して、作った記憶が有ります。


量産型ズコック、27話の「女スパイ潜入」でベルファスト基地をゴックとズゴックで強襲、
不慣れなハヤトの操るキャノンの腕をピーンと引っ張るシーンが印象に残ってます、その後に駆け付けた、アムロと水中戦を行い、カイの乗るタンクとの連携でガンダムにから竹割で両断され、華々しく散ると言った強さと弱さを見せてくれた、ズゴック。
私の大好きなMSの一つです♪


先ずはパケージです。



そしてお楽しみの箱のフリップ



「俺にはゴッグよりこいつの方が性に合ってるかんじだな」

そしてパケ裏にはこの方のもう一つの名言、「これがあのガンダムか、ハハハ、噂ほどのものじゃないぜ!」とキャノンをガンダムと間違えるお茶目なパイロットさん。

ブリスターです



シーンを再現できるエフェクトパーツと頭部からのミサイルドドド!のエフェクト付きです。


頭部ミサイル発射!




「これがあのガンダムか、ハハハ、噂ほどのものじゃないぜ!」





「ドカーン!」






企画コンセプトを立てた人はホントに神です、オッサンの心を鷲掴みですよ。!
量産機だけに複数欲しい所ですが…お値段が下がれは🎵



ついでに赤い方も、

パッケージです。



フリップには
「さらに出来るようになったな、ガンダム」



ブリスターにはこんな感じで収まってます。



エフェクトにはジムを貫くパーツが!

このシーンがトイで再現できる時代が来るとは夢にも思っていませんでした。



奴だ、奴が来たんだ…



しかし、シャアズコが活躍するのは此処まで、
結局腕を切られ、敗走!



エフェクトには腕を切り取らたパーツが付属、

後4本の爪も再現できるパーツが付いてます、ホント痒い所に手が届く心配り。

旧キット然としたフォルムですが、可動は素晴らしく、肘、膝の干渉する所は何時ものように内側に入り込む形で処理し可動域を確保、この辺の割り切りがこのシリーズの良い所。

一見あまり動きそうにもない肩関節ですが、スイング機構が優秀で引き出すことにより、大きく可動します、腹部の可動もよく、ビックリするくらいの前屈が出来ます、この可動は名シーンを再現するために設計したのではないかと思ってしまうほど。



深々とお辞儀が出来ます。

開脚はここまで開きます、





シェーヤやまいっちんぐもお手の物(ポーズの選択が古くてすみません)




重モビルスーツと謳っているだけあってガンダムより大きく迫力が有ります、
エフェクトパーツも充実してプレイバリューは高め、
ズコック、シャアズコともに良い出来です、塗装のはみだしなど気になる所は無く、良い個体が届きました、

この後はゴックの発売も予定していますね♪
では、またそのうちにm(_ _)m











オマケ

ミサイル見てたらね、タバコに見えて…



これってどう見てもモヒカン



ウンコ座りが良く似合うズゴックです、お粗末さまでした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

もびるすーつでっき

2017-05-04 08:15:24 | トイ
さてバンダイさんから
モビルスーツデッキ&カタパルトデッキの販売のアナウンスが有りました。

ガンタンクに同梱されていたものと一寸仕様が違い、吊り下げ様のアームがハンガーに変更されいます、
ディスプレーが楽しくなる、魅力的な商品ですね、しかも一般販売です♪

う~ん…ガンタンクなぜ同梱にしたし(涙)

一番気になるのがハンガーですね、正直此れの為に買うようなものです(^^ゞ
ハンガーと言え2年くらい前にHGのディスプレイ用にホワイトベースの格納庫を再現したキットが発売されていました、

http://p-bandai.jp/item/item-1000100238/

大きさお値段、どちらもビッグです、当然買えるはずも有りません。

私の持っている物は、電撃ホビーの付録のこれです。




それが2つです、




1つは付録欲しさに雑誌を購入、1つは友人からの頂き物です、
友人に感謝ですm(_ _)m

モビルスーツを乗せてみますね、






ただ並べておくよりも楽しさ倍増です。
こんな遊びが出来る商品が、ロボ魂のデッキですね、

しかし、今回この商品、割引率がとても低いです…
密林さんでもヨドバシさんでも
ジョーシンさんは予約終了、

あれ!?これって意外に売れてるの?それとも宅配便の価格改定に合わせての調整なのかな?

値引きに慣れ過ぎている面もあると思うのですがせめて、もう少しお安くして欲しかったですね、
色々と探し回ってビックさんが一番安かったので、ビックさんで一つずつ予約、

需要と供給のバランス、なんでしょうが、値引き率が日々変わるネット通販、

ハンガーに乗せているジムとキャノンはジムが40%オフ、キャノンは50%オフ
一体は発売時に購入したので価格の差を考えると早く手にした方が良いのか、価格が安くなってからの方が良いのか、注文のころ合いに悩みますね、安くなる前の無くなることも有るし…
因みにプロトドムで使用したエフェクトパーツは64%オフ、白いのも同じ値段なのでチョット気になってます、

こんなことでお金を使ってるので、財布の中も…

その内にキャノン、ジムちゃんとレビューしますね、ではまたm(_ _)m

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ロボ魂プロトタイプドム来ました。

2017-05-01 21:18:32 | トイ
皐月です、五月です、田植えです。
農家は一番忙し時期です、仕事での繁忙期を終えると直ぐにまた繁忙期です…
正直やすみって~~~~っ
などと言って見ても仕方がない事、早く終われば後は休み、明日からの田植え頑張るぞ!

さて今回のお題はロボ魂プロトタイプドム。
プラモ、ハイコンモデルと過去、立体化は幾度となく行われていて、MSVの中でも知名度の高い人気機!
その機体が満を持して登場だ!(大げさですね)

さて先ずはパケ絵です。



1/144のキットのパケ絵を踏襲するカッコいいイラストになっていて、とてもカッコいいです♪

さて機体の箱のフリップは



あ~ ヤッパリ何も書いていませんね、ちょっとセリフが有るとなんか嬉しいので毎回期待していますが、残念です。

ブリスターにはこんな感じで収まっています。



バズーカは本体の下に収まる様になっていました。
エフェクトパーツはザクのサムズアップの手とレンチのみです、あっサーベルも有りました。

先ずは



イェ~イ

このパーツなぜか形成色ではなく塗りです、どうせなら両腕用のサムズアップハンドを付けて欲しかった、
「指圧の心は母心、押せば命の泉わく」と言ったしょうもない一発芸が出来るのに、って誰も知らないか(苦笑)

さて本体を取り出しますね



本当によく出来ています、自分で作ってもここまでの完成度は無理ですね、外観でのドムとの共通パーツは確認できません。

可動はこんな感じです



デュワ! 腕の上り曲がりはこんな感じで可動域は広いです。

足の曲がりはこんなです。



可動に邪魔なスラスターは足に収納される形で可動域を広げています、本当によく考えてあります。


グフからドムへのクロニクル



色見の感じ、中の2体の違和感が半端ないですが、こうしてみるとグフ試作実験機も違和感なく収まっている気がします。

ポージングを幾つか、

パケ絵風









適当にポーズを取らせて取った写真です、可動域が有るので色んなポーズが出来て楽しいです。

しかし…動かしているときに気が付いたのですが、何だか左の足首がプラプラします、ブリスターの写真を見ると分かると思うのですが、
足の甲に当たる部分の白いパーツの隙間が左右で違います。

チェックしてみるとネジの閉め方が足りずに足首が浮いていることが分かりました、足首の隙間からドライバーを差し込み締め直してリペアしました、ヤッパリ、バンダイ、かの国で「こしょた」製品は色々と問題が有ります、塗りは少しの荒れは有るも、許容範囲内でした。

製品としては申し分ない出来です、後はやはり検品体制とゲート処理、良く切れるニッパを使ってください、結構白化している所が目立ちます、安い買い物では無いので、毎回出来を心配するのって、おかしいですよね。

プレバンでジムキャノン発売のアナウンス、迷わずポチリ!

モビルスーツデッキ、カタパルトデッキ発売、こちらは一般販売です、一つづつでも買おうかな…しかし高い!
しかし、こうして一般販売されると、何のためにタンク同梱で、デッキを付けたのか…バンダイさん売り方が汚いですよ。

結局最後はバンダイさんへの愚痴なってしまいました、でもね裏を返すとそれだけこの商品このシリーズに期待をしているのです、ではまた次の機会に。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

なんかでかいの来た

2017-04-02 07:44:57 | トイ
4月に入りましたね~
早い所では桜も咲き始め、春っぽくなってきました、

がこちらはまだまだ寒い、

そして懐も寒い…もう氷点下です、

その原因はロボ魂への散財、4っつも買っちゃった…

だって、安かったんですよ、赤いのなんて50%オフですよ、アマゾンのポイとも溜まってたんですよ、
だから、だから…買っちゃった…アホですね(苦笑)


気を取り直して、こちら



どれくらい大きいかというと、ロボ魂ガンダムさんとの対比。



箱の中身箱は



コレだ!
大きさに比例して価格もビックリ価格!諭吉越えだ(送料含む)

蓋のフリップには



「その時、との時にあわせて使い方を考えろ!」第21話「激闘は憎しみ深く」よりリュウさんのお言葉。

ブリスターは2段になっています、
1段目はガンタンクとデッキの部品。




2段目はデッキとエフェクトパーツ



ホワイトベースデッキを組み立ます、所要時間は5分位かな、パーツが大きいので簡単に組みあがります。



アニメ絵の背景も意外に良い感じです。



ガンタンクを組み立て飾ってみます、意外にいい感じです。



コックピットも開き中の人も塗装されいます。



コアファイターはコアブロックに変形し本体に収める事が出来ます。



写真が見づらくてごめんなさい、
キャットウォークの展開アームの降下、アームの可動が出来、プレイバリューは高めです。
コアファイターはコクピットの開閉が出来パイロットも載っています。



満足いく出来栄えです、しかしこのコアファイター、サイズが少しおかしいです、この後発売予定のGアマーのサイズに合わせているためか、
HGのコアファイターよりも二回り位でかい!



当然、ガンタンクの胴回りも大分大きくなっています、また個体差なのかもしれませんが、コアブロックを収める際に、かなりのコツが必要でした、コアブロックを納めなくても平気なので、もう胴体に収める事はないでしょう。

ガンタンクの可動はと言うと…以外に良く動きますよ、しかし一番の欠点は腰が回らない、此れは大きく表情がかなり制限されポージングの足かせになります。



前方向にはよく傾くようにできています。


後ろ方向にのけぞる動きはあまり大きくできません。

履帯自体は回転しませんが、履帯が付け根が稼働するようにできていて、こんな感じの動きも出来ます。



総てのエフェクトパーツを付けてみます。



後はガンタンクに仕込まれギミックとしてガンダムを接続するピンが有りますます。



このピンを使い、ガンダムを輸送するガンタンクを再現できます。



正直こんなギミック必要ないです、確かに印象深いシーンの再現ですが、ピンなしでも普通に乗せる事が出来るので無駄なギミックですね。

こんなギミックを作る位なら、しょっちゅう履帯を壊して動けなくなっていたガンタンク、壊れた履帯のエフェクトつけてくれ方が余ほど嬉しかったです。

最後にパケ絵の撮影と、V作戦完了記念の撮影。







ガンタンクが主役なんで真ん中に入れて撮影。

このガンタンク、一応メインのモビルスーツのはずなのに、一般販売はされずプレバン専売、しかもモビルスーツデッキなどのオマケを付け価格を上げての販売です、、
正直納得は出来ません、タンク好きなんで、注文しましたが憤懣遣る方ないのが現状です。
各々の商品は良い商品です、素晴らしい出来栄えだと思います。

もし仮にガンタンク通常販売したとすると、価格は6000円前後でしょうか、セットの価格からガンタンクの金額を引くとデッキの価格が4000円弱と言った所でしょうか、
正直良い商品だとは思いますが、4000円を出して買うか問われると、私は「要らない」と言わざるを得ないです。

ガンプラブームの時の抱き合わせ販売が有りましたが、それに近い商売です、それをメーカーがやってしまうなんで…
う~~ん大丈夫かバンダイ、
タンクが売れない事は分かっています、プレバン専売にすれば解決する話です、デッキと組み合わせて、価格を吊り上げる販売…
お願いだから、もうこの様な販売方法はやめてくださいね。

商品は良いです、本当に。良いだけにどうにも売り方に問題が有り、チョット残念な商品になってますね。

次はGアマーこれは期待大です、楽しみです。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

リアルタイプガンダム

2017-03-30 15:47:42 | トイ
今回はタイトル通り、リアルタイプガンダムの紹介です。
リアルタイプと言っても数種類存在していて、ポスター用カラーだったりキット用のカラーだったりと様々な配色が有ります。
今回この商品はポスターの配色を再現したバージョンです。
劇場版ガンダムが公開された時のキービジュアルとしてポスターで有名になった配色です。

この商品、一般販売ではなくプレバンでの抽選販売となっていて、
お値段もちょっと高い、そして送料がかかり、支払い方法は代引き、
おかげで商品は1,000円くらい高くなります。

現在、密林さんでほぼ同じ金額で商品が出ていて、なんとも「いゃ~ん」なかんじです。



パッケージはこちらで、窓なしのブラインドパッケージです。

箱のタップ部分には「RX78ガンダム VS MS06ザク ときめきをあのコックピットに伝えろ」
映画のポスターのコピーが書いてあり、当時のワクワクが甦ります。



ブリスターはこんな感じで、カラバリなのでガンダムと同じものが詰まっています。



そしてオマケの衝立、ボール紙にクリアPPを掛けたものです、紙一枚なのでコの字にしないと転んでしまいます。



クリアPP仕様なので、撮影時に以外に映り込みが多く困りました、出来ればマット仕様の方が良かったのかな、
またパッケージに収める関係でチョット小振りです、オマケなんで文句も言えないのですが、どうせなら同じ画像をPDFでダウンロード出来るID等の方が良かった、ように感じます?

では本体の方を



バンダイには珍しく(失礼)気になる所も無く奇麗にコーションマークがタンポ印刷してあり、素晴らしい出来栄えです。
配色とコーションマークで随分とリアル?になっていて、ミリターな雰囲気が出ています。


折角なんでガンダム並べてみました、ついでにジムも。



流石に4機も並べると背景には収まり切れませんね。

そんでもって、先ずは本家。



お次は元祖



ついでにFAの中に人



オマケでGM



比べてみるとやはりリアルタイプカラーが一番様になってますね。

ではアクションポーズを数点。





ドムと絡めて哀戦士のポスター


いや~良いですね~リアルタイプ、最初は「どうでも良いか」なんて、思い抽選に応募したのですが、今では当たって良かったと思っています、只ねこれ抽選外れた人っているのかな?密林さんの価格ヤクオフの価格を見ると、結構な数が出てるようですね。
ともあれ、リアルタイプガンダムとてもいい商品でした。

お次は一緒に届いたとてもデカい箱の中身を紹介しますね、届いたときは箱のデカさにチョットビックリでした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加