ガンプラでもこしょてみっか+

「こしょてみっか」方言で「作ろうか」の意味です。


なんかでかいの来た

2017-04-02 07:44:57 | トイ
4月に入りましたね~
早い所では桜も咲き始め、春っぽくなってきました、

がこちらはまだまだ寒い、

そして懐も寒い…もう氷点下です、

その原因はロボ魂への散財、4っつも買っちゃった…

だって、安かったんですよ、赤いのなんて50%オフですよ、アマゾンのポイとも溜まってたんですよ、
だから、だから…買っちゃった…アホですね(苦笑)


気を取り直して、こちら



どれくらい大きいかというと、ロボ魂ガンダムさんとの対比。



箱の中身箱は



コレだ!
大きさに比例して価格もビックリ価格!諭吉越えだ(送料含む)

蓋のフリップには



「その時、との時にあわせて使い方を考えろ!」第21話「激闘は憎しみ深く」よりリュウさんのお言葉。

ブリスターは2段になっています、
1段目はガンタンクとデッキの部品。




2段目はデッキとエフェクトパーツ



ホワイトベースデッキを組み立ます、所要時間は5分位かな、パーツが大きいので簡単に組みあがります。



アニメ絵の背景も意外に良い感じです。



ガンタンクを組み立て飾ってみます、意外にいい感じです。



コックピットも開き中の人も塗装されいます。



コアファイターはコアブロックに変形し本体に収める事が出来ます。



写真が見づらくてごめんなさい、
キャットウォークの展開アームの降下、アームの可動が出来、プレイバリューは高めです。
コアファイターはコクピットの開閉が出来パイロットも載っています。



満足いく出来栄えです、しかしこのコアファイター、サイズが少しおかしいです、この後発売予定のGアマーのサイズに合わせているためか、
HGのコアファイターよりも二回り位でかい!



当然、ガンタンクの胴回りも大分大きくなっています、また個体差なのかもしれませんが、コアブロックを収める際に、かなりのコツが必要でした、コアブロックを納めなくても平気なので、もう胴体に収める事はないでしょう。

ガンタンクの可動はと言うと…以外に良く動きますよ、しかし一番の欠点は腰が回らない、此れは大きく表情がかなり制限されポージングの足かせになります。



前方向にはよく傾くようにできています。


後ろ方向にのけぞる動きはあまり大きくできません。

履帯自体は回転しませんが、履帯が付け根が稼働するようにできていて、こんな感じの動きも出来ます。



総てのエフェクトパーツを付けてみます。



後はガンタンクに仕込まれギミックとしてガンダムを接続するピンが有りますます。



このピンを使い、ガンダムを輸送するガンタンクを再現できます。



正直こんなギミック必要ないです、確かに印象深いシーンの再現ですが、ピンなしでも普通に乗せる事が出来るので無駄なギミックですね。

こんなギミックを作る位なら、しょっちゅう履帯を壊して動けなくなっていたガンタンク、壊れた履帯のエフェクトつけてくれ方が余ほど嬉しかったです。

最後にパケ絵の撮影と、V作戦完了記念の撮影。







ガンタンクが主役なんで真ん中に入れて撮影。

このガンタンク、一応メインのモビルスーツのはずなのに、一般販売はされずプレバン専売、しかもモビルスーツデッキなどのオマケを付け価格を上げての販売です、、
正直納得は出来ません、タンク好きなんで、注文しましたが憤懣遣る方ないのが現状です。
各々の商品は良い商品です、素晴らしい出来栄えだと思います。

もし仮にガンタンク通常販売したとすると、価格は6000円前後でしょうか、セットの価格からガンタンクの金額を引くとデッキの価格が4000円弱と言った所でしょうか、
正直良い商品だとは思いますが、4000円を出して買うか問われると、私は「要らない」と言わざるを得ないです。

ガンプラブームの時の抱き合わせ販売が有りましたが、それに近い商売です、それをメーカーがやってしまうなんで…
う~~ん大丈夫かバンダイ、
タンクが売れない事は分かっています、プレバン専売にすれば解決する話です、デッキと組み合わせて、価格を吊り上げる販売…
お願いだから、もうこの様な販売方法はやめてくださいね。

商品は良いです、本当に。良いだけにどうにも売り方に問題が有り、チョット残念な商品になってますね。

次はGアマーこれは期待大です、楽しみです。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

リアルタイプガンダム

2017-03-30 15:47:42 | トイ
今回はタイトル通り、リアルタイプガンダムの紹介です。
リアルタイプと言っても数種類存在していて、ポスター用カラーだったりキット用のカラーだったりと様々な配色が有ります。
今回この商品はポスターの配色を再現したバージョンです。
劇場版ガンダムが公開された時のキービジュアルとしてポスターで有名になった配色です。

この商品、一般販売ではなくプレバンでの抽選販売となっていて、
お値段もちょっと高い、そして送料がかかり、支払い方法は代引き、
おかげで商品は1,000円くらい高くなります。

現在、密林さんでほぼ同じ金額で商品が出ていて、なんとも「いゃ~ん」なかんじです。



パッケージはこちらで、窓なしのブラインドパッケージです。

箱のタップ部分には「RX78ガンダム VS MS06ザク ときめきをあのコックピットに伝えろ」
映画のポスターのコピーが書いてあり、当時のワクワクが甦ります。



ブリスターはこんな感じで、カラバリなのでガンダムと同じものが詰まっています。



そしてオマケの衝立、ボール紙にクリアPPを掛けたものです、紙一枚なのでコの字にしないと転んでしまいます。



クリアPP仕様なので、撮影時に以外に映り込みが多く困りました、出来ればマット仕様の方が良かったのかな、
またパッケージに収める関係でチョット小振りです、オマケなんで文句も言えないのですが、どうせなら同じ画像をPDFでダウンロード出来るID等の方が良かった、ように感じます?

では本体の方を



バンダイには珍しく(失礼)気になる所も無く奇麗にコーションマークがタンポ印刷してあり、素晴らしい出来栄えです。
配色とコーションマークで随分とリアル?になっていて、ミリターな雰囲気が出ています。


折角なんでガンダム並べてみました、ついでにジムも。



流石に4機も並べると背景には収まり切れませんね。

そんでもって、先ずは本家。



お次は元祖



ついでにFAの中に人



オマケでGM



比べてみるとやはりリアルタイプカラーが一番様になってますね。

ではアクションポーズを数点。





ドムと絡めて哀戦士のポスター


いや~良いですね~リアルタイプ、最初は「どうでも良いか」なんて、思い抽選に応募したのですが、今では当たって良かったと思っています、只ねこれ抽選外れた人っているのかな?密林さんの価格ヤクオフの価格を見ると、結構な数が出てるようですね。
ともあれ、リアルタイプガンダムとてもいい商品でした。

お次は一緒に届いたとてもデカい箱の中身を紹介しますね、届いたときは箱のデカさにチョットビックリでした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

グフ試作実験機

2017-02-27 21:59:58 | トイ
ロボ魂の新作です

私の愛してやまないMSVシリーズの中でもかなりカッコ悪い部類に入る、
グフ試作実験機です。

バンダイさんよくこんな機体を商品化したな、と正直と思うほどのマイナー機
買った私が言うのも変ですが、正直こんなん誰が買うんだろう、と思うようなヘンテコメカです(笑)


パケ絵はこちら。



蓋のタップ部分には何も書いていません、いつも楽しみしているのに残念です。



ブリスターの状態です。





設定画に準じたポーズ




う~~~ん ブサイク!


グフと同じような盾ですが裏にはシュツルムファストを装備できます、




また腰にマウントすることも出来プレイバリューは高め。



パケ絵のポージングで数点。









後はマシンガンと青く発光した状態を再現した、ヒートサーベルの刃が付いています、エフェクトパーツが付いていないのが残念。

グフとドムを繋ぐ機体との事で、グフとの対比です。



見比べてみるとよくわかるのですが、殆どが新規造形です、気合い入れすぎでしょうバンダイさん(笑)


しかし、この機体ですが、後付け設定でグフはジオニック社、ドムはツイマッド社と言う事に成っています、
当時この設定が有ったか思い出せないのですが、本来であればグフとドムを繋ぐ機体と言うのは変ですよね。
無理やりこじつけるとすれば、新兵器開発の為、正式作用された機体はジオニック・ツイマッドでお互いにライセンス契約が結ばれ、情報はすべて公開されていた、その過程で次期MS開発のテストベッドとして製作された一機とでも言った所でしょうか(妄想)

なんども言いますが、良く発売してくれたバンダイさん!
これからもこういうマニアックな物を楽しみしています、ただもう少しお財布に優しいと嬉しいのですが…

因みに、これをプラモで再現するとなるとグフとドムの試作実験機のミキシングをベースにして作って行けばいいのかな。
ただこの機体を作る情熱は私には有りません…だってカッコ悪いですから(笑)



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

映画見て来ました。

2017-02-18 19:56:52 | 映画
少し前ですが映画館に行って来ました。

気になっていた映画は
「サバイバルファミリー」と「ドクターストレンジ」の二本です

迷った末に、



矢口監督作の「サバイバルファミリー」にしました。

矢口史靖さん「ウォーターボーイズ」「スイングガールズ」などで有名な監督さんです、
大好きな監督さんの一人で、この方の監督作品と言うだけで無条件に見たいと思ってしまうのですが、
映画館で作品を見るのは初めてなんです。


平日の朝一の回だったので、お客さんは私を含めて4人…

見に行く時間が悪いのか時期が悪いのか、映画館行くたびに貸し切り状態です(笑)
あのメガヒット映画「君の名は」を見た時もお客さんは10人足らずでした(見に行ったのは、封切りして間もない頃でした)。

さてあらすじです。
鈴木家は東京に在住する父・義之(小日向文世)、母・光恵(深津絵里)、息子の賢司(泉澤祐希)、娘の結衣(葵わかな)の4人家族。
ある朝、目を覚ますと突然、電気(電池も)を使う製品すべてが使用不能に、当然、電車も車もガスも水道も止まってしまいます、途方に暮れる家族全員。父・義之は、東京から母・光恵の実家のある鹿児島までの旅を決意する!

コメディです、この監督の得意分野のはずです、面白いはずです、面白いはずです…はずです…はずです
う~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ん  び み ょ う

何だろう、どうにも中途半端なんですよ、面白い事は面白いのですが、どうにも突き抜けていない。
コメディ何だから、もっと色々やらかしても、笑って許せると思うのですが、やらかす手前で納めてしまっています、
静かな映画館、途中「クスリ」笑いが起こったのは二回位でした。

感想「テレビで放送するを待ちましょう」期待が大きかっただけにチョット辛口です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

FAガンダムが来ました。

2017-02-12 21:51:08 | トイ
いつもいつも遅いレビューなんですが、
たまには早めのレビューをしてみますね。

お題はタイトル通りのFA ガンダムです、
MSVでこの機体を見た時は本当に痺れました、当時は改造するような技量も無く(今も無い!)素組しただけのキットを見て感動したことを覚えています。

時は流れて、HGガンダム発売、このガンダムも衝撃的でした。

そして、忘れていた野望(無謀)がHGベースに良く動くFAガンダムを作るぞ、
と張り切ってトライしかし…結局、切り刻んだだけで、終了!

そんな、へっぽこモデラーの、夢を具現化したおもちゃが出ました。

ロボ魂アニメ「フルアマーガンダム」

パッケージはコチラです



今回のパッケージは、プレバン販売のアイテム同様に窓なしです。



箱裏です、何時もは蓋のタック部分に各モビルスーツのパイロットのセリフなどが入るのですが、今回は「FSWS」の文字です。

中身を取り出すと、ブリスターは二段になっています
一段目は



ガンダムと、装甲パーツ。

二段目は



武器とエフェクトパーツの構成になっています。

ガンダムとの比較です。



細かく違いを見てゆくとまず外観で解るのが、

腰のアマーの形状です。



FAでは追加装甲の分ボリュームアップされています、ほかの部分のクオリティーを考えると、この部分も別パーツに出来たような気がするのですが、外観の差異をあえて付けたのでしょうか?

フンドシ下の部分に穴が開いていますこちらは、フンドシ部分に追加装甲をはめるための穴です。



コクピット部にもスリットが有るのですが写真では確認できません、ヘタクソですいません。

後ろのに回ると、



バズーカーラックに追加装甲をはめ込むスリットが有ります、踵にはスリッパを止めるためのスリットが二本あります。

ざっと見て私が気が付いた、外観上の違いはこれくらいでしょうか、だだこの違いで通常のガンダムにFA装甲の総てを取り付ける事は出来ません、そしてこれだけの違いで、FAガンダムは追加装甲はポロリもせずに、しっかり止まります、本当によく考えてあります。



あくまでも主観ですが、肩のパーツも装甲と同じ色にして欲しかったですね、後は頬の謎スリットも埋めて欲しかった、
ガンダムが細身に出来ているのは、このFAガンダムとGアマーの為に設計段階で練ってあったんだでしょうね、ホントよく考えてあります。

追加装甲ですが、スリッパが一寸ハメ辛かった位でストレスなく組むことが出来ます。



ガンダムと比べるとずいぶんと強そうに見えます。

このサイズで各ミサイルハッチが開き、差し替えでミサイルを再現!



いや~本当に凄い!

そしてエフェクトパーツを使うと



こんなことも出来ます。
胸部の装甲の為に腹部のスイングと、肩の上りが制限されますが、そのほかは問題なく、片膝立ちも楽にこなせます。

そしてその他のエフェクトパーツを付けるとこんな感じです。



う~ん何だろう…プラモ作るのがしんどくなってきた今(老眼がキツイです)、
お手軽に遊べ、自分で作るよりもクオリティーが高いトイ、メーカーからプラモを否定しているような気がしてなりません、
ただねお値段がかなり高価なのがたまに傷ですが( ;∀;)

そして又も散財…プレバンでザクキャノン、抽選のリアルタイプガンダム…当選(冷汗)
リアルタイプ、興味が有ったので、外れるだろうと思って、冷やかし半分でポチったんですよ、正直複雑です。

なにせにせよ、ガンダムが3体…そんでもって、バズーカの配色が全部違うと来たもんだ、バンダイさんお願いだから最終決戦仕様のガンダムが出来るように同色のバズーカ発売してください、武器セット発売して欲しいです。

まだレビューしていない、ロボ魂たくさんあるので、その内に紹介しますね、失礼します。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加