87純花のブログ

あたりまえの存在、 空や、海や、草花、そして人。 でも、奇跡に近い、あたりまえの事に 心うたれるときがある.(美日記)

門外不出の美女 クラーナハ

2016-11-11 23:14:22 | ブログ


金曜夜の美術館、上野・西洋美術館へ門外不出だった美女に逢って来ました。
ルカス・クラーナハ展(500年後の誘惑)2016年10月15日~2017年1月15日まで開催
金曜日は、夜8時まで開館されています。
写真の「ホロフェネスの首をもつユディット」は、ユディットの冷やかな美しさの中に、高揚する頬の赤み
絹のような髪のウエーブと対象に手には、青ざめたホロフェネスの首が握られています。
裸婦は、透明なヴェールをまとい、白い全身が薄紅色をおび、顔がほてっています。
透明なヴェールは、裸身の効果と魅力をさらに引き出し、裸婦から目を離させません。
神話の烈女の華麗な装飾は、最新モードともいえそうな衣装
クラーナハの作品は、500年前の作品とは思えない、今に通じる欲望を招き寄せる作品ばかりです。
クラーナハ作品の背後は、黒一色で塗りこめられ、美しくも、冷やかな世界を浮かび上がらせていましたよ。
おまけ:2016年11月14日(月曜日)月が地球に最も近づき、大きな満月(スーパームーン)が地球を照らします。
スーパームーンは、地球上のどんな姿を浮かびあがらせるのかしら?
写真は、クラーナハ展(500年後の誘惑)チケットです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サンタクロースのおばさん | トップ | 「せまい日本そんなに急いで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。