gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

久松文雄

2010-03-02 03:30:38 | 日記
久松 文雄(ひさまつ ふみお、1943年4月20日 - )は、愛知県名古屋市出身の漫画家。血液型はB型。中学3年生の時に、漫画家を目指して、『地球危し』でデビュー。高校を卒業すると上京し、手塚治虫のアシスタントとなり、プロの漫画家としての知識を得た。タッチは師匠の手塚の影響があるという見方が多いものの、正確には下記の通り、「途中から手塚を追い越してしまった」というのが適切な評価である。彼がもっとも得意とする”清潔感””正義感”は、老年期に至った今では中国歴史人物の心理的洞察に向けられ、諸葛孔明など幼年期からの人格形成を試み、歴史に足跡を残した経緯を扱うという形で引き継がれている。代表作は『風のフジ丸』『スーパージェッター』。ここ近年は日本史(集英社)や中国史(講談社)などを手掛ける。最近は世界経済もので中国・韓国・日本の国際問題を扱い、そのことに悩む大学生を主人公とした作品を描く。作風特徴で、現在でも通用するものがあるとすれば、おそらく初めてであろう「日本風美形アニメ」の造型にある。中でも、『スーパージェッター』の水島かおるに始まり、『冒険ガボテン島』のトマトちゃんに見られる「萌え系」「癒し系」のキャラは久松が最初である。手塚作品が、リボンの騎士に見られる、肩の飾り等ともすればハリウッド作品の影響が大きいと見る同業他者も多く3頭身であるに対し、久松は愚直なまでに8頭身にこだわっている。スーパージェッターの興業的成功で、一部のファンからは熱狂的支持を受けたが、その後登場してきた『巨人の星』や『あしたのジョー』など劇画風作家に引けをとってしまい、時流に乗れなかった。そのことを後悔に思い、作風を変更してしまった。中国歴史ものは、彼のもう1人の師匠とも考えられる横山光輝の影響が大きい。もうひとつの特徴として、『スーパージェッター』や『フラッシュ・マン』の主人公の自我、あるいは「ミミちゃん日記」佐倉ミミなど、心の内面を自身の過去体験から主人公をイメージし、主人公の心の悩み、矛盾を時には慰め、時には励ます美形の女の子、「イジメに合いながら健気に生きる少女(これは久松の屈折した自我でもある)」を描くとても私小説的作家な一面もある。マンガ評論家米沢嘉博が、久松作品を再評価したときに「脂をまとった子供たち」(久松文雄のグラマー神話)(「少年なつ漫王第26号。アップルボックスクリエイト

<千葉県警>不正5億7000万円に 6年間で(毎日新聞)
児童虐待死再発防止へ 江戸川区が対応検証へ(産経新聞)
高速道路無料化、公共交通に打撃は早計馬淵副大臣(レスポンス)
収納率、過去最低の88%=08年度の国保保険料-厚労省(時事通信)
鳴門教育大学大学院教授 赤松万里氏死去(産経新聞)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チリ地震 津波、日本到達の... | トップ | 転院拒否で妊婦死亡、遺族の... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。