普天間基地 野嵩ゲートから

普天間基地、野嵩ゲートにて、オスプレイの配備撤回と基地閉鎖と撤去を訴えて2012年09月から抗議の行動を行っている。

普天間基地から掘り出された石材、高江に持ち込まれてはいないか?

2016年08月24日 | 日記
仕事が入って其れを間に合わしきれなくなったり、パソコンが2台立て続けに故障、デジカメも故障、車も前輪2つがバースト寸前、優先順位を付けて事に望み野嵩ゲートでの抗議を断念して約半月。

昨日、今日で仕事の方も一部完了、引き続き未解決の事に対応しつつゲートでの抗議とブログの再開を始めます。
国道329号線奥間の狼煙挙げは未だに手が付けられない。

野嵩ゲートでの抗議の様子は特段変わったと言う話は聞いていない、以前は5-6人居た軍警が3-4人と少なくなっている、襟章を付けた軍警が居なくなっている、機動隊は相変わらずゲートに姿を見せない。

この半月の間にも高江の工事やそれに付随する機動隊の応酬が酷さを増していて仕事をしながらもPCでネット中継を見聞きしていたのがPCの故障で其れすらも出来ない状態に一時は陥った。

今まで、辺野古や高江でなにか事態が有ると分かっていても平日だと野嵩ゲートの抗議も有り駆けつけたくとも中々行けない事が多々有った、しかし今回の半月に及ぶゲート抗議の休みで平日の早朝でも駆けつけることは出来ると分かった。

単独で動くには距離が有り過ぎる、声を掛けたらよし行こうといってくれそうな人が数人居るので声を掛け合ってまずは週一くらいの平日早朝の高江工事阻止行動を始めようと考えている、高江が看過出来ない状況に成っている。
野嵩ゲートで毎朝抗議しているから良いよね、では済まなくなっている。

先月から連日10台20台ほどの空の10トンダンプカーが野嵩ゲートから普天間基地内に入り大きな石や石材を積み込んで何処かへ運び出している状況が続いている、今朝野嵩ゲートでいつも抗議をしている人がこのダンプカーが搬出している石材は高江へ行っているのではないかと言っていた。

普天間基地内の何かの工事で掘り出された石材がそのまま辺戸名の採石場に持ち込まれてそのままそ知らぬふりをして翌日そのままその石をあたかも辺戸名の採石場から掘り出したかの如く高江のヘリパッド工事の資材に使われてはいないのか?

其れが事実であれば何か問題がある様に思うが専門家でもないので細かいところまでは分からない、不法の総合デパート沖縄防衛局だから何か有るだろう。
先月から野嵩ゲートで起きている事実を書きました。

デジカメ故障中のため以前の写真から。











この記事をはてなブックマークに追加

高江、辺野古最新情報、8月10日(水曜日)北上田さん中城にて講演会

2016年08月08日 | 狼煙を挙げろ。
明後日10日(水曜日)午後7時(6時半会場)より中城村、吉の浦会館にて建白書を実現する中城村民会議の総会が開かれます。
その総会で北上田さんの講演が有ります、辺野古、高江の工事を止めようと防衛局の辺野古や高江での無法なやり口を次々と暴き防衛局の工事にブレーキを掛ています。

明後日は中城村、吉の浦会館で北上田さんの講演で辺野古、高江の最新の様子が聞けます、多くの県民が防衛局や機動隊、警察の無法なやり方や状況を共有して基地要らない、建白書を実現する声を挙げていきましょう。

中城はもちろん、西原町、宜野湾市の方々もどうぞ参加して下さい。
中城村、吉の浦会館場所↓
http://www.vill.nakagusuku.okinawa.jp/UserFiles/File/news/20130809_03.pdf

http://map.goo.ne.jp/place/47001597631/

仕事の納期でお尻に火がつきました、今週、来週と野嵩ゲートでの抗議と国道329号線奥間での狼煙挙げを休んで仕事に専念します。

野嵩ゲートは私が行かないだけで月曜~金曜の朝7時から8時までの1時間の抗議は普通にやっています。






この記事をはてなブックマークに追加

例えば埋蔵文化財の調査だとか、遺骨の調査とか有りそうな感じがするが治外法権なのでしょうか?

2016年08月03日 | 日記
今朝の野嵩ゲートは荒れた。
普通のお巡りさんの服を着た警官が一人張り切って私達の抗議を規制している。
そのお巡りさんが一人で横断歩道を遮断して私達の抗議を邪魔するので、当然に国道にははみ出る、基地内にもはみ出る、そうすると基地内の奥のフェンスにへばり付いていた軍警も横断歩道の側に来て黄色線から中に入るなと警告をしてくる。
何も基地内に入りたくて入っている訳ではない、馬鹿な警官が一人張り切って横断歩道を遮断するから横断歩道からはみ出るだけの話なのだが。

周りには毎日来ている別の警察官も居るのだがその馬鹿警官にやりたい放題にさせるから今日の抗議は終始混乱状態でした。
その馬鹿警官の物言いに正当性が有るなら何も混乱しない支離滅裂な事を言って規制するから皆から言い叩かれて抗議の現場が混乱するのだ、アホ。

先々週くらいから普天間基地内で何か大掛かりな工事が始まったらしく連日10台以上のダンプカーがゲートから基地の中に入っていく。
今日は珍しく私達が抗議をしている時に荷台に大きな石を山積みして出てくるダンプカーが有った。

良くは分からないのだが民間の地域でこんな工事が有れば色々と手続きが在ると思うのだが基地内であれば好き勝手に大掛かりな工事を行えるのか?例えば埋蔵文化財の調査だとか、遺骨の調査とか有りそうな感じがするが治外法権なのでしょうか?

カメラが壊れてしまい今週のゲートの様子が撮れない、1年前の写真から。






この記事をはてなブックマークに追加

日本政府が隠して環境影響評価書を作っていた時点でダメだ、零からやり直せ。

2016年08月01日 | 日記
昨日、日曜日は高江へ行ってきた、その前日の土曜日に抗議のコメントプラカードを沢山作って其れを届けに行ってきた。

誰かに託そうかとも思ったがそうすれば高江で使うのが数日遅れる、8月5日のN1裏ゲートの強制排除に向けて1日も早く使ってくれたらと思い自分で届けに行った。

思いの可視化と言うか、そんな気持ちで作った、ゲートの前に立っている機動隊、警察、防衛局、警備会社、工事の資材を運ぶ人たちそして抗議に来ている人たちにも思いが可視化されて見える様に成ればと思い、A3のコピー用紙になるべく簡単明瞭に思いが現れるようにと、頭に浮かぶ色々な言葉を並べてプリントアウトして裏表に重ねてラミネートした、もう少し作ろうとしたのだがプリンターのトナーが無くなったので印刷できた分だけ作った、明日か明後日にトナー(インクみたいな物)が届けばまた追加で作ろうと思う、リクエストや此れ此れをもっと欲しいとか有れば誰かに伝えて下さい。

高江から戻って来てネットを見ていたら北上田さんの京都での講演の動画が有ったので2本続けて見た、辺野古、高江の大体の状況が見えてきた。

政府の不正や矛盾を徹底的に追求する。
そもそもが辺野古の新基地建設も高江のヘリパット建設もオスプレイの運用を日本政府が隠して環境影響評価書を作っていた時点でダメだ、工事を止めて零からやり直せ。


先週の野嵩ゲート





































この記事をはてなブックマークに追加

防衛局やJパワーは勝手に国民や地域の施設や土地や権利等を排除して囲い込んでは居ないのか?

2016年07月28日 | 日記
昨日水曜日は中城村民会議のバスで高江に行った、野嵩ゲートでも呼びかけていたので結構多くの参加者が有った。
其れでも満席までは行かず折りたたみのシートを出すまでもなく皆さんある程度快適なバス旅で高江まで行けたと思います。

野嵩ゲートで抗議を終わって引続き参加する皆さんを国道329号線奥間の所へ案内して掲示してある狼煙板を皆で引き上げて高江発の集合場所の中城吉の浦会館まで案内した、それでも出発までに待ち時間がたっぷり有った、その後野嵩ゲートへは行かず直接吉の浦会館に来た人たちも居て結構な人数に成った。

朝9時半に中城を出発、途中トイレ休息や弁当を買ったりして高江に着いたのはもうお昼前でした、前回来た時にはしっかり有ったテントや車両は無くなり其処には防衛局が新しく設置したゲートと機動隊と警察の不法な車両で埋め尽くされていた。

私はその向かいの藪の中の集会場で急いで弁当を食べて直ぐに県道へ出てゲート前に居並ぶ機動隊と警備会社の人とゲート内に居て作業をしている防衛局員に向かって持参した抗議のメッセージプラカードを掲げて声を挙げた。

機動隊と警備会社の人達が立ち並んでいる範囲をプラカードを示しながら歩き、途中何度も立ち止まり声で意思を投げつけながら往復した。

機動隊が車を止めている側に近づくと通る車もないのに危ないですよと言われて力ずくで反対の側に押しやられる、何処が危ないのか車なんて全然通らないじゃないかと言っても、危ないですよとしか言わないキズの入ったレコード野郎共。

あれだけの暴力を見せつけられて黙っても居られなかったのでN1ゲートに居た間中、声を挙げて歩き周り最後は機動隊の居る反対側のガードレール前に座り込んでプラカードを示し続けた。

その後山城博治さんの案内でN1ゲート裏、海水揚水発電場の入り口と海の崖の上の展望台へと説明を受けながら見て回った。

数カ月前に見て歩いた海水揚水発電場は入り口でゲートが張られ防衛局員と機動隊と警備会社の3点セットで固められていた。

そのゲートの奥には米軍用の別のゲートが有るにも拘らずずーっと手前の村道の所にゲートを設置して塞いである。

海水揚水発電場の周りには駐車場、トイレ、見晴台の有る公園が有り、その公園には地域の小中学校の卒業生が記念に植えた記念樹が沢山有るのだけれど、これ等も今回の防衛局によるゲート設置で行くことも見ることも出来なくなってしまった、防衛局に一方的にそういった物にまでアクセスを遮断する権利は無いだろう。

防衛局によって遮断された場所は総てJパワーだけのものなのか、防衛局やJパワーは勝手に国民や地域の施設や土地や権利等を排除して囲い込んでは居ないのか?


水曜日の高江バスは中城村の議員さんがボランティアで往復のあいだ安全運転で皆を運んでくれました、ありがとうございます。





















































この記事をはてなブックマークに追加