普天間基地 野嵩ゲートから

普天間基地、野嵩ゲートにて、オスプレイの配備撤回と基地閉鎖と撤去を訴えて2012年09月から抗議の行動を行っている。

核の保持や運用を直ちに止めてから言えって言うんだ、バカヤロウ、大統領だろう。

2016年05月30日 | 日記
先週の野嵩ゲート、始めの頃は軍警と警察の警備が物々しくて私達の通常の抗議が出来ない状況であった。
その前の週に逮捕された米軍属の男の報道を受けての対応だろうと思う。
大勢の県民が抗議に押しかける、又は逮捕を受けて過激な抗議が展開され収集が付かなくなるのを恐れたのか。
それとも鼻から県民の抗議を抑えこむつもりでの対応であったのか、両方だと思う、私は。
それでも私たちは出来うる対応を取り抗議を続けた。

嘉手納基地第一ゲートでの抗議が毎週1回金曜日の抗議が今週からは水曜日、金曜日の抗議に成るようだ、
当然であろう、今回は目に見える決着が計られるまでこの抗議は収まらない。

オバマ大統領はサミットついでに広島ドームまで赴き、自分達のやったことをあたかも第三者か神の行為のように言ってのけ、核兵器の削減も無く堂々と核をチラつかせて世界を脅してブイブイやっておきながら核兵器は悪魔の様だと言ってのけ、其れを素晴らしいと言う日本人、アホか。

言葉や文章だけ見れば素晴らしいところがあるかも知れない、しかし其れをどういう立場の人がどんな状況でどういう意思で言ったのかを見なければ成らない。
原爆投下の謝罪をする気もなければ核軍縮も、未だに核の使用も当然の権利だと言っている連中が言っているのだ。

ふざけるな死んだ人間を返せよ!殺した人間を返せよ!て言うべきだろう。
核の保持や運用を直ちに止めてから言えって言うんだ、バカヤロウ、大統領だろう。



今週の野嵩ゲート月曜と火曜は米軍休業のため私達の抗議も明日までは休みます。
国道329号線奥間は今日も普段通りに狼煙を挙げてます、今日はゲート抗議が休みでしたのでずーと国道脇に立ってプラカードを示していた、米軍は出て行け、と。





























この記事をはてなブックマークに追加

犠牲者を追悼し米軍の撤退を求める緊急県民集会

2016年05月26日 | 日記
昨日は一昨日に続き国道329号線奥間の狼煙挙げは断念した、夜遅くまで残業をして早朝の行動が取れなかった。
昨日は野嵩ゲート抗議を終えた後中城村民会議の人達と別に辺野古へ向かい現地で合流して辺野古の抗議集会に
参加して、その後に嘉手納の「元米兵による残虐な蛮行糾弾!犠牲者を追悼し米軍の撤退を求める緊県民集会」
にも参加した、主催者発表で4000人の県民が平日の日中にも拘らず犠牲者の追悼と怒りの声を挙げるため集まった。
昨日は嘉手納の抗議を終えたらそのまま自宅に行って晩飯を食べて今朝までちゃ〜にんじーそうたん(ずっと寝ていた)。

30年前嘉手納の米兵と友達になり其の頃はその友人の兵舎を訪ねて何度も嘉手納の第一ゲートと第二ゲートを
くぐった、以来30年ぶりに嘉手納第一ゲートに来た、ゲートの手前がだいぶ狭くなった感じがする、ゲート脇の
フェンスまで行って基地内を見ていると其処はもう基地の中でイエローラインを超えてますよと警官に注意され
後ろを振り返ったら路上にイエローラインが引いてあった、あの頃はそんなものは無かった気がする。
其の頃友人であったディブもイラク戦争と共に沖縄を離れ以来ほぼ音信不通に成っている、今でも元気で居てくれたらと思う。

以下、犠牲者を追悼し米軍の撤退を求める緊県民集会の緊急抗議決議文を文字起こしした。
此れを印刷して野嵩ゲートにも貼り付ける。

        元米兵による残虐な蛮行糾弾! 
   犠牲者を追悼し米軍の撤退を求める緊急抗議決議

 沖縄が本土に復帰後、最も残虐な事件が起こった。
 4月下旬から行方不明となっていたうるま市の女性が遺体で発見されたのだ。元海兵隊員で軍
属の男が未来ある二十歳の尊い命を奪った凶悪事件は沖縄県民に恐怖と衝撃を与えた。
 私達は「オール沖縄」として、かけがえのない一人娘を亡くした遺族の深い悲しみと怒りを多
くの県民で共有し、犠牲者の死を決して無駄にしないことを誓うため、今日この場に結集した。
 沖縄県民はこれまで、幾度となく「基地有るが故の」事件・事故に抗議し、米軍に対し再発防止
の徹底と綱紀粛正を強く求めてきた。にもかかわらず、米軍人や軍属等による事件・事故は後を絶
たない。
 それはなぜか。日米両政府が戦後71年間も過重な米軍基地をこの沖縄に押し付けているからであ
る。沖縄県民の怒りはもう限界点を超えた。私たちはもうこれ以上、基地の重圧に耐えることはで
きない。
 本土復帰後44年を経てもなお、在日米軍専用施設の約74%が集中する沖縄。その現実を日米両
政府は無視し続けてきた。早急に日米両政府の責任で具体的な解決策をとらなければ、戦後最大級
の『県民総ぐるみ基地撤去運動』が展開されるだろう。
 私たちは、日本国憲法に保証されている国民の当然の権利である基本的人権、生命、自由及び幸
福追求、法の下の平等を主張し強く訴える。基地のない平和で豊かな沖縄を実現させるまで最後ま
で決して屈しない。
 私たちは「オール沖縄」として、次代を担う沖縄県民がこの島で生きていくための最低限の権利
を守るため、満身の怒りを込めて講義する。
 さらに、下記について要求し、米軍の撤退を強く求める。


1,米軍基地の大幅な整理縮小
 
2,日米地位協定の抜本的な改定

3,普天間飛行場の閉鎖・撤去

4,オスプレイの配備の撤回

5,辺野古新基地建設断念


以上抗議する。


2016年5月25日
辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議

宛先:アメリカ合衆国大統領、駐日米国大使、在沖米軍四軍調整官、
   内閣総理大臣、外務大臣、防衛大臣、沖縄担当大臣












































この記事をはてなブックマークに追加

米軍以上に酷い組織だ、沖縄県警。

2016年05月23日 | 日記
今朝の野嵩ゲート、私が着く前に既に軍警の人達が大勢ゲートに居て、ビデオカメラも専従の軍警か一人付いていてフェンスのすぐ裏側で私達を撮影している。

先週木曜日に強姦殺人死体遺棄事件の元海兵隊員の逮捕報道がされて、翌日金曜日の朝、野嵩ゲートには2名の軍警が来ていた。
その日の午後嘉手納基地第一ゲートにて事件への抗議集会があり250名以上の県民が集まり抗議の声を挙げた、そして昨日は石平の軍司令部前に2000名以上県民が集まり米軍への怒りの声を挙げた。

そういった流れを汲んでの今朝の野嵩ゲートの軍警の数だろう、普段はめったに来ない襟章が2個付いている軍警も出てきていた、私達のゲートでの抗議を抑えこむ目的で有ろう。
それだけ米軍がビビりまくっていると言う事の裏返しだ。

どれだけ軍警の雁首を揃えた所で私達は違法な抗議をしている訳では無いので通常の抗議までは止めることは出来ない、彼らはフェンスの裏からダダ立って見て居るだけである。
それにしても県警も軍警と呼応して私達の抗議の邪魔をする、私は出入りする米車両に対して其れの妨害はしないで抗議をしいてるのだが其れすらも不等に排除するので当然にゲートは混乱する、通常の抗議を妨害されるのであれば其れに対応する抗議を展開するしか無い、今朝のゲートでの混乱は県警が創りだした混乱だ。

この事件をもみ消しに動いた県警幹部誰かは知らない、サミットやオバマの訪日に向けて都合が悪いと言う事でこれだけの凶悪米軍犯罪をもみ消そうとしたらしい、とんでも無い県警幹部だ直ちに懲戒免職にするべきだ。
この県警幹部の事件揉み消しに対抗して事件をもみ消されないよう上手くマスコミに情報をリークさせて報道させた県警の部内者が居るようだ誠にあっ晴れで有る、何時でも何処でも其のような姿勢で望んで欲しい、しかし此れは当然の事でも有りあまりに周囲がだらし無さ過ぎるから普通の事が誠にあっ晴れと成るのはおかしいのだ、普通の事が普通に成されていない事の証明でも有る。

今回この事件が県警幹部の思惑によってもみ消されたらこの元海兵隊員は隙を見て米国に逃げ帰ったことだろう、無残にも棍棒で殴られ強姦された挙句刺殺されて山中に捨てられた被害者は発見もされず弔われる事も無く闇に葬られたと思う、人の命や米軍の凶行を何だと思っているのか、それが県警の幹部のやることかおいこの糞野郎、直ちに懲戒免職にして公務員としてやるべき事をやらず更にもみ消しを計った罪で裁判に掛けられるべきで有る。

県警はもみ消しを計った本人を公表して自浄能力を示せ!!
それが警察のやる事なのか、警察の信頼の元は何処に有るか?
米軍以上に酷い組織だ、沖縄県警。



今朝の野嵩ゲート





























この人私達の抗議の旗を引き剥がして基地内に持ち込んで行った。








県警が自らゲートを封鎖する。











この記事をはてなブックマークに追加

米軍は沖縄から出て行け、軍警は県民の抗議の邪魔をするな

2016年05月20日 | 日記
仕事や片付事が多くブログの更新が途絶えています。
そんな中でも今日はブログの更新をします。

今朝、野嵩ゲートは軍警備員が2名来ていた、通常は一人だけですが、今日は襟章を付けたのと襟章の無いのと2名がゲート前に居て私達の抗議の邪魔をしていた。
今朝の野嵩ゲートの抗議は何時もと違っていた。
昨日、元海兵隊員の男がうるま市の二十歳の女性を殺害遺棄したとして逮捕された報道が有ったから、だから軍警備員も何時もと違い2名を野嵩ゲートに差し向けたのだろう。

ところがこの2名の軍警備員は私達がゲートで訴える元海兵隊の男の女性殺害遺棄事件の意味を全く解っていないようで私達の抗議の邪魔ばかりをしている。

抗議の終盤に私はゲート前に移動して日本国憲法、前文の朗読をしていた、その間も軍警の連中は私達の抗議の邪魔をしている、挙句の果てにこの軍警は警告2回と言って来た、私はその言葉にブチ切れて朗読を途中で止めてその軍警に抗議をした。

警告を受けるべきは米軍であり、そこで私達の抗議の邪魔をする軍警だろう、そのお前達がどの面下げて警告を私達に言い放つのか?バカヤロウ、お前達がレッドカードだよ、断罪されるべきは米軍であり軍警お前達だろ、此れまでにどれだけの県民が傷つき殺されてきているのかお前達は解っているのか、警告を与えるのは私達であり米軍はこの結果を持って沖縄から出て行くべきだ、その下で私達の抗議の邪魔をする軍警も県民からの警告を受けるべきであるとの趣旨の抗議を行い、引き続き憲法の朗読を続け終わった後も時間のある限り目ぃ一杯の声をマイクにぶつけて拡声器から米軍と軍雇用の警備員に向けて抗議の声をぶつけた。

米軍は沖縄から出て行け、軍警は県民の抗議の邪魔をするな、毎日5億円もの私達の税金にたかって生きている、殺人寄生虫、米軍。

今週の野嵩ゲート





































この記事をはてなブックマークに追加

仕事が忙しいです。

2016年05月08日 | 日記
長い間更新が止まっています、ただ仕事が忙しくてブログを更新するまでの体力気力が無いだけです。
野嵩ゲートの抗議は土曜、日曜以外は連休などとは関係なく普通に抗議を続けています、国道329号線奥間の狼煙挙げは仕事が忙しくて連休前の金曜日から今日まで休んでいました。
連休の前後に仕事が入り其れに対応するため連休も返上で仕事を進めるが中々終わりが見えない。
今週一杯頑張れば、此れ以上の仕事が入らず今進めている作業もが順調に行けば、二十日ぶり位の休日が取れるかも。
今日は中城村民会議の辺野古行きのバスが出る日でしたが仕事が有るため私は行けませんでした、仕事が終わった後のネットウォッチングもままならないため世の中の状況がつかめていません。
ここまで仕事にハマると感が戻ると言うか、今まで頭や体が動いていなかった部分が少しづつ動き始め仕事の事での考えが色々とひらめいたり、億劫であった作業が少し楽にこなせる様に成っているが、過信は禁物です、調子に乗ると思わぬ所で体が付いていけず調子を崩したり、怪我や事故などもあり得るので少しのんびりとやりながらこの忙しさを切り抜けて行きます。

そんなこんなで今週いっぱいブログの更新は滞る予定です。
連休前のゲート抗議の様子。







この記事をはてなブックマークに追加