NBA Thunder Dancer

オクラホマシティ・サンダーを応援していくNBAブログです。

現実はあまりにも残酷~ハーデンをトレード~

2012年10月28日 | Thunder 2012-13オフ
決着が付きました。
ハーデンとの契約延長期限4日前にして、サンダー-ロケッツ間でビッグトレードが敢行されたんですね。
もちろんハーデンを含めです。

元記事
サンダー獲得:
ケビン・マーティン
ジェレミー・ラム
2013年1巡目指名権×2(プロテクト付き)
2013年2巡目指名権


ロケッツ獲得:
ジェームズ・ハーデン
デカーン・クック
コール・オルドリッチ
ラザー・ヘイワード


では、順を追って書いていきます。
先ず、なぜこのようなトレードが起きたのかというと、それは他でもないハーデンとの契約延長に失敗したからなんですね。
もうこのブログで散々書いていますが、サンダーはデュラントとウェストブルックにMAXでの契約を与えており、加えて今オフはイバカとも高額の契約延長を果たしたばかりだったのです。
正真正銘のスモールマーケットであるサンダーは、この時点でお金の出所が怪しまれるくらいの大判振る舞いをしていたわけで、サラリーはきつきつの状態でした。
そこへのしかかってきたのが、これまた昨シーズンの6thマン賞受賞者であり、今オフには五輪アメリカ代表にも選出された実績充分なハーデンとの契約延長による更なるサラリーの圧迫だったのです。

当初イバカとの契約延長を果たした時点で、ハーデンとの契約延長はないと思われ始めたのです。
サンダー、ハーデンともに契約延長には前向きであったものの、やはり金額がどうしてもネックになってしまっていたわけですよ。
サンダー側は「金額を抑えたい」、ハーデン側は「MAX契約以外受け入れない」という矛盾にも似る、無限回路へ突入していたわけですね。
一時はパーキンスが契約延長間近と発言したり、サンダー側がMAX契約を受け入れるという話し合いはいかにも順調に進んでいる風な噂はたったものです。
しかし、待てど暮らせど噂は噂のまま現実に起こることはなく、本日未明話は急展開をみせました。
期限残り4日に差し掛かったこの日、とうとうサンダーが"4年/55.5mil"という具体的金額のオファーをハーデンに出したのです。
このオファー内容には様々なハーデン有利のオプションがついていたらしくそもそもベンチスタートの選手に対する金額にしては破格の値段であるのですが、MAX契約ではありませんでした。
その中でもこの金額はサンダーがハーデンの気持ちを汲み最大限に譲歩した最高の金額だったのです。

結果、ハーデンはこのオファーを拒否。
それからたった数時間のことでした。
このトレードが敢行されたわけですね。
両者苦渋の決断だったことが容易に想像できます。
しかし、これがNBAという世界なんでしょうね。

両チームのトレードのメリットは抜きにして、個人的な感想を書かせてもらうと、やはりハーデンの放出はショックでなりません。
実績もあり、その実力は既にリーグで証明したいたハーデンでしたが、何より僕はそのキャラがサンダーからいなくなってしまうのが悲しくてならないのです。
彼と言えば"髭"に限りますよね。
リーグにハーデン程髭を蓄えた選手はどれくらいいたでしょうか。
数人いたとしても、その中で彼は群を抜いていたと思います。
「hardenと書かれず、beard」としてよく記事に登場しますし、髭をモチーフにしたグッズが発売されますし。
サンダーのホームに目を向けてみると、老若男女が顎に髭をつけているんですよ。
どれだけファンに愛されていたかということです。
フロントが今オフ金額でずっと葛藤していたことは非常によく分かります。
しかし、ここは一言だけ、「契約延長を果たして欲しかった」と言いたいと思います。



では涙を拭いて、現実に目を向けて見ましょうか。
客観的に見ますと、今回サンダーは出血を最小限に抑えられた中々合理的なトレードとなっています。
先ずハーデンの穴埋めとしてやってきたのが言うまでも無く、ケビン・マーティンとジェレミー・ラム。
得点力に関してはハーデンをも凌ぐマーティンとルーキーのラムは簡単に言うと、ハーデン&クックのやっていたことをそのままやることになるでしょう。
順調に行けば、徐々にラムを成長させていき、第2SGもしくはスターターへ昇格させていくという企みなのでしょうね。

肝心のサラリーに関して、このシーズンだけはマーティンの12.9milという金額が上乗せさせる為、それほどサラリーに変動はないのですが、いかんせん契約最終年ということを考えれば、要は来シーズン12.9milのキャップが空くということになるのです。
これが何を意味するのかというと、来シーズンから厳しくなるタックスを支払わなくても良くなり、また浮いた分他の部分にお金をつぎ込めるようになったのです。
ちょうどよくメイナーの契約延長時期でもありますからね。

そして、3つも獲得した将来の指名権はサンダーにとって相当幅広い選択肢が増えたことを意味します。
この獲得した指名権全てが来年にあたる2013年のもので、プロテクトは付いているもののサンダーがそのまま指名するも良し、トレードの駒にするも良しという、いずれもサンダーの補強に役立てることができるんですね。
ちなみに1巡目はラプターズとマブス、2巡目はボブキャッツのものとなっており、上位指名が期待できます。

しかし、一方でそれほど戦力となっていたわけではないのですが、やはりオルドリッチの放出が痛すぎます。
ただでさえ、怪我気味のパーキンスとオルドリッチがフロントコートを形成していたわけですよ。
それでオルドリッチまで放出してしまったら、いくらパーキンスが奮闘しようともチームの弱点となってしまいます。
どんだけサビートに期待しているんだ、というお話。
これはもしかしたら、シーズン前、シーズン中にインサイドの獲得が行われるかもしれません。

これはサラリーの増大を防ぎ、トレードで安く済む若手を獲得し戦力を繋いでいくという、まさにスパーズ出身のサム・プレスティがやりそうなことですね。
やる時は徹底的に、ということなのでしょう。
シーズンが開幕いていない為、まだ成功とは言えませんが。


次にロケッツですが、このチームはもともと意味が分からないオフを過ごしていたので、今更何をしても驚きません。
しかし、まさかハーデン獲得とは・・・
一応オールスター開催地としては最低限の動きができたのではないでしょうか。
後で改めてロケッツのシーズン展望を書いておきます。


最後に、放出となったクック、オルドリッチ、ヘイワード、そしてハーデン。今までありがとう。
またいつかサンダーでプレーする日を待っています。


【追記】
今回獲得した指名権のプロテクト内容ですが、ラプターズのものは
2013年4~14位
2014年トップ3
2015年トップ2
2016年トップ1
がプロテクトされており、マブスのものは、2013年トップ20だけがプロテクトとなっています。
ボブキャッツの2巡目指名権は今のところ情報なない為、恐らくプロテクトはないものと思われますね。
ジャンル:
バスケットボール
コメント (31)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12-13 Orlando Magic | トップ | 12-13 Oklahoma City Thunder »
最近の画像もっと見る

31 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くろ)
2012-10-28 14:41:43
まだ、動かないと、大きい人が足りませんね。
52Mだ、まだ交渉中だとツイート見て、ふーんて携帯閉じた直後からお祭りになってて、寝耳に水(´・_・`)
どうやら確定だと分かったら、自分は結構ショック受けてて、なんだかんだ期待してたんだなあとw

大きい人探すにも、ジェレミー・ラム残して欲しいなあ。

レブロンでも数年要した優勝、なかなか簡単に行かないのかな(´・_・`)
Unknown (Orca)
2012-10-28 14:44:11
ついに決まりましたね。正直トレードはあるとは思っていましたが、まさかHOUとのトレードになるとはまったく考えていませんでした。いや~驚いた・・・・。

しかし見返りがあきらかにお得に感じてしまった私は惨酷なんでしょうか。フロントは本当に優秀だと感じてしまいました。しかし実力云々というより髭というキャラ性が失われてしまったのが痛いですね。

そしてオルドリッチに関してですが、スモールラインにした際、ペリジョンをCにして使うとか、そんな可能性を感じていたので、私としてはあまり痛手にならなかったと感じてしまいした。ラムにも期待しています。
Unknown (KD_love)
2012-10-28 15:07:18
迷走中のHOUですか、、、、、
Hardenが消えるのはいろんな意味できついですし、悲しくもなりますが、、、、、まあとりあえずこのトレード自体は決して悪くないと思っています、、
ってかHOU大丈夫なのか?
Unknown (マグジ)
2012-10-28 15:24:47
期限がせまるなか、情報がなくどうなるか?と思いましたがまさかのロケッツ行きとは・・。ロケッツが動くかもとは思ってましたがここでうーん。開幕前にたまにある大物選手の移籍ですが、だいたいがあの選手がこれだけ貰えるのに俺はこんなもんかという理由が多いんですよね。今回もこのパターンになりました。ロケッツならサンダーにいたほうが必ず良いのになとは思います。ただ被害度はそこまでひどくないとは感じます。マーティンがだめならラムも来ますしプロテクト有りですがドラフトの指名権も言われますように良い内容です。ただサンダーファンの方々はやりきれない面が多いと思います。私は正直残念です。
Unknown (レディック)
2012-10-28 16:14:05
自分も正直ハーデン移籍はショックです。
戦力的にはマーティン、ラムと良い選手を見返りにGET出来たとは思いますが、仰る通り人気という点においては彼のそれに勝るものはありませんからね。髭をつけて応援していたファンの方を思うとホント辛いですね。
オクラホマという田舎において忘れられない選手となりそうですね。

逆にロケッツはリンとハーデンのバックコートコンビで人気が出そうですね。チケット売り上げやその他の面においても期待出来るのではないでしょうか?

俺も同じくオルドリッチの放出は痛いといいますか、痛過ぎだと思います。パーキンス怪我なんかしたらどうするんですかね?
イバカ、またはコリソンをセンターにするんですかね?
何にしても今回のトレードは衝撃でした。
Unknown (ラ・シード)
2012-10-28 16:26:50
ハーデンは残念ですがビジネスですからね
プレスティGM はイイ仕事しましたね
ラムはかなりやると個人的には思いますので!
ただインサイドは確実に補強が必要っすね
オデン取るというは堂でしょう?????(笑)
Unknown (朔太郎)
2012-10-28 16:35:07
kduさんをはじめサンダーファンの無念さが痛いほど伝わってきます。愛されていた選手の移籍は非常に辛いものがあります。

ただ感情論を抜きにした場合、このトレードはさすがサンダーと驚かされます。酷な言い方になりますが、どんなに優秀でも控えの選手にMAX契約は有り得ないのでフロントの動きは理解できます。
またマーティンはハーデン以上の得点力を持っておりケミストリー構築に多少時間はかかるでしょうが、はまるとチームはより強くなるでしょう。

指名権の獲得もさすがで、(プロテクトの詳細を確認していませんが)そこそこの順位の指名権を手に入れ、お金をかけずに補強できる体制も整いました。ドラフトに強いサンダーだけに非常に頼もしいですね。

ハーデンの決断についてですが、お金(MAX契約)が背中を後押ししたかもしれません。それでもいつまでも3番目の男に甘んじるよりエースになりたいという決断なら、結果がどうであれ非常に漢らしくてかっこいいと思いました。
Unknown (JJJ)
2012-10-28 20:43:51
 ひげーーーーーーーーーーーーー!!!!
 とても強い個性を持っている選手で私もイバカと再契約した時には、“まず”とコメントを打ちました。とても残念です。でもしょうがないんですかね。うーーーー!
 マーティンはいい選手ですし、ラムもこれから応援しますが、やっぱりジャージは売れないでしょうねー、ハーデンほどには。ほんとうに素晴らしい個性をありがとうごさいました! ロケッツで頑張って! クックも入らない時もあったけどクック砲がさく裂して勝った日もありましたし、リンからクックへの3Pもガンガン決めてほしいです。
 ヘイワードも去年来たときにはなんかちょっと期待してましたし(ただ今年のサビートも同じコースでしょう。うん、たぶん)、オルドリッチは……ハンドリング鍛えろ! アシクからいろいろ教わるんだ! 彼はいいプレイヤーだから!
 それと一応、今年のアムネスティの期間は終わっちゃいましたからマーティンのアムネスティはできない、というかトレードで来た選手はアムアムできないはずです。なんで今年いっぱいは頑張ってもらいましょう。来年契約するかは今年の出来しだいですね。つまり優勝すれば再契約だ!
 不安なのが、やっぱりボールコントロールですね。ウエストブルックがPGですが、ハーデンと並んだ場合はハーデンがボールコントロールすることが多かったですから。マーティンにPGのような真似はおそらくできないでしょうし、ラムはオフボールの動きがうまい選手ということなので。メイナーもいますが、勝負がかかった時に出すか誰を出すのか。ブルックスHCの手腕に期待です。今シーズンはデュラントもゲームメイカーとしてプレーするということをコメントしていますし。
 長々とコメントしましたが開幕戦となるスパーズ戦でサンダーがどんなチームになるのか楽しみにしたいです! そしてパーキンス! もう君以外に(トレード前からだけど)まともなセンターがいないんだから怪我とファウルトラブルとテクニカルファウルに気を付けてくれ!
ついでにサビート覚醒しろ! 
追記
 プロテクトの詳細がわかったら教えてくれるとうれしいです。
 
Unknown (surasura)
2012-10-28 23:08:54
ハーデンの放出は確かに残念ですが、カレッジ時代からラムを追いかけている自分としては、今回のトレードは嬉しい気持ちの方が大きかったりします。
世間では、「MAXでも契約するべきだった。」という意見もあるようですが、イバカと先に契約したことを考えると、フロントにとってのハーデンの優先度はチームで4番目だったと考えられます。サンダーのようなスモールマーケットチームでそのような選手とMAX契約を結ぶと、チームを適切に運営することは非常に難しくなります。ハーデンという濃いキャラクターを失うのはチームにとって大きな痛手ですし、ファンの悲しい気持ちも理解できます。しかし、本人がMAX契約(+エース)を望んだ以上は仕方のないことですし、今回もフロントは正しい判断をしたのではないでしょうか。後は、ハーデンがロケッツでエースとして活躍するのを楽しみにしたいと思います。
マーティンはスコアラーとしての実績はハーデンよりもむしろ上ですし、優勝を狙えるチームへの加入とあって本人もやる気満々なようなので、予想以上に活躍するかもしれません。また、サイズ的にはSFでの起用も可能なので、ラムとの同時起用等様々な使い方が考えられます。PJ3もいるので、ケミストリーさえ確立できれば魅力的な2ndユニットを構成できると思います。
ラムは前述のように個人的に非常に評価している選手であり、シュート力に加えてボールハンドリングも優秀なので、将来的にはハーデンのようなコンボガードに成長する可能性があります。また、Uconn時代にはケンバやネイピアのようなシュート優先のPGとプレイしていたので、ウェストブルックともうまくやっていけるはずです。チームが優勝を目指す上で欠かせない1ピースとなることを期待したいです。
Unknown (kk)
2012-10-28 23:09:22
ハーデンは自己チューでなくて好きでしたが、仕方ないかな~っと(-_-;)個人的にはLAでハワードと組んで欲しかった、見てみたかったのですが。エースという感じではないかな~さすがサンダーは上手いな~って感じですね!
Unknown (nanorunamonai)
2012-10-28 23:32:31
サンダーのプランとしてはドラフト高位で取ってきたKD,西ブル,ハーデンの3人を核としたチーム作りをするはずが、イバカの台頭といううれしい誤算でハーデンが追い出される形になってしまいましたね。

ファンに愛されている選手が去るのは悲しいですが、AS開催に向けてアピールしたいHOUとサラリーを抑えたいOKCの思惑が合致したwin-winのトレードかなと思います。

それにしても今季は選手の移動が激しいですね~
くろさん (kdu)
2012-10-29 00:48:55
仰る通り、このトレードでただでさえ薄いインサイドが更に薄くなってしまいましたので、まだまだ動く必要がありますね。

僕もですね、ハーデンがサンダーのオファーを拒否したところまで見て寝たのです。
そして起きたらこの通り、電撃移籍が決定していたというわけですよ。
まさに、寝耳に水。
やはりサンダーファンなのでショックはかなり大きかったですが、それでも心のどこかでこのトレードを受け入れていたのでしょうか、驚きを凌ぐ安堵があったのも事実でして、改めてサンダーを応援しようという気持ちになったものです。

とりあえずは、ビッグマン探しが当面の目標ですかね。
レブロンと同じだとデュラントが出て行ってしまい兼ねませんので、是非とも今シーズンの優勝を期待しています♪
Orcaさん (kdu)
2012-10-29 00:59:21
このオフ、ブログでトレード案を考えた程だったので、トレードに関しては意外と想定内だったりもします。
驚きはやはり"ロケッツに"という部分ですかね。
一応候補として名前はあがっていたものの、いざ現実になってみると、改めて電撃移籍だと思い知らされます。

僕も、見返りを見てお得だと感じてしまった面、だんだんとNBAのシビアな世界に慣れてきたんだと感じました。
しかしながら、戦力は別としてハーデンのキャラを失うのはサンダーにとってかなりの損失だと思っています。

インサイド陣に関してですが、さすがにPJ3のC起用はないかと。
せめてCをするならイバカ、コリソンとなり、デュラント、PJ3がPFにコンバートする形が予想されますね。
まあ、やはりパーキンスの控えにしっかりとした選手がいるに越したことはないのですが・・・

ラムは、ハーデンを放出してまで獲得したのです。
いやがおうにも、活躍してもらわないと困ります!
KD_loveさん (kdu)
2012-10-29 01:04:44
やはりサンダーにとってハーデンの存在が大きかったということですね。
仕方ないと割り切った上で、案外理に適った対価がもらえてそれはそれで良かったのではないでしょうか。

また、今オフ散々迷走しているロケッツだけに今更何も感じませんが、僕はハーデンが加入したからと言ってもまだまだ弱小のチームだと思っています。
地元でのオールスターにハーデンが選出されれば、大成功でしょうね。
Unknown (Unknown)
2012-10-29 01:08:39
いちいちすいません細かいことですが…ラム右利きです笑
マグジさん (kdu)
2012-10-29 01:14:28
毎日色々なサイトでどんなに細かい情報も追っていたのですが、いざとなったらあっけなく終わってしまいました。
もちろん、移籍先のロケッツ、タイミング、そもそもトレードということに驚きが多くあった程です。

まあしかし、ハーデンもハーデンで考えるところがあったのでしょう。
将来優勝に近いのは明らかにサンダーですが、僕たちがそれを一概に否定することもできないんですよね。
もちろん、僕もファンなので残念であり悲しい気持ちはありますよ。
ただ、確かにファンとしては疑問に残る判断かもしれませが、あくまでこれはハーデンの決断なので、彼の気持ちを汲みたいと思います。


サンダーとしても仰る通りきちんとした対価を受け取っていますし、ここはもう決まってしまったこととして受け入れることにします。
ラムや将来の指名権に期待しましょう。
レディックさん (kdu)
2012-10-29 01:24:40
これだけショックを受けたのもひとえに彼の人気の高さを裏付けるものなのでしょう。
マーティン、ラムがここから髭を蓄え始める、とかない限り、いやあっても非常に大きなものを失ったと言っても過言ではありません。
画面を通してしかハーデンを観たことがない僕がこれだけのショックを受けているのですから、現地で髭をつけて応援していた人達がどれだけ沈んでいるのかは計りしれません。
仰る取り、サンダーファンとしては忘れられない選手になるはずです。

今シーズンのオールスター開催地がヒューストンでなかったら、このトレードはなかったのかな、なんて思ってしまいます。
まあこれも因果ですね。
ロケッツでのハーデンの活躍を期待しています。

オルドリッチを放出したC陣は更に補強に動くしかないですね。
一応昨シーズンもコリソン、イバカがCとして出場していましたが、やはり本格的な選手の獲得を検討すべきです。
サビートは無理。
この電撃移籍の第2章も、案外あるかもですね。
ラ・シードさん (kdu)
2012-10-29 01:29:14
ファンとしては悲しいかもしれませんが、ハーデンにしてみればこれがビジネス、仰る通りです。
ラムもマーティンも良い選手ですし、このトレードは客観的に見れば合理的なものとなったはず。
プレスティの決断力も中々ですね。

インサイド陣は今後補強に動くでしょう。
そういえばオデン、FAでしたね。
現在リハビリ中なので候補から外れると思いますが、健康になったら獲得し、デュラントと07年ドラフトトップコンビ形成も面白いかもしれません。
朔太郎さん (kdu)
2012-10-29 01:40:07
気持ちを汲んで頂きありがとうございます。
しかし、ファンとしては選手の気持ちを汲むことも大事だと理解していますので、今は冷静に現状を分析できていると思います。

先ず、対価が現状だけでなく将来まで見据えている点、さすがプレスティと感じました。
仰る通り、金額面で最大限に譲歩しましたが、やはりベンチの選手にMAXは高すぎますからね。
得点面だけを見れば、ハーデンに並ぶとも劣らないマーティン獲得ですし、ハーデン級に成長の可能性もあるラムも獲得ですから、良く考えられています。

指名権もちょうどよく、マブス、ラプターズ、ボブキャッツと低迷が予想されるチームのものだけに、そのまま指名するにしてもトレードの駒にするにしても、放出した選手に相当する価値はあったと思います。
これで金額面をやりくりしていきやすくできたことでしょう。

最後にハーデンの判断ですが、仰る通り色々な見方ができますよね。
しかしながら、決まってしまったことはしょうがないと割り切り、今後は1選手として応援していきたいと考えています。
ロケッツのエースになってもらいたいですね。
JJJさん (kdu)
2012-10-29 01:59:16
いや~ファンとしては、やはり悲しい気持ちになりますよね。
今後あの超個性的なキャラをサンダーのユニフォームで観ることができなくなってしまうのですから。
イバカに続いて欲しかったのですが・・・

とりあえず、サンダーに来たからにはマーティンもラムも全力で応援しますよ。
仰る通り、ジャージの売り上げではとてもかなわないので、戦力面だけでは劣らぬ活躍を期待しています。

とりあえず予想ですが、今回サンダーからトレードされた選手でヒートに所属していたクック以外はロケッツのユニフォームが似合わないでしょうね。
もちろん活躍できるよう応援はしますが、先ず僕たちファンは慣れることが目標になりそうです。
まあ、放出した選手が移籍先でブレイクするのは、それはそれで複雑な心境にもなりますけどね(汗)

あと、アムネスティの件すいません。
全く違いましたね。
訂正しておきます。
まあ、マーティンに関しては戦力となり、契約の切れる今シーズンに安価で再契約がベストシナリオでしょうか。
ラムとの兼ね合いで変わってきそうです。

また、ハーデンのPGスキルをすっかり忘れていましたよ。
確かにハーデンがボール運びをしていましたね。
ウェストブルックとの同時起用でもポイントでやっていましたし、時にはメイナーと一緒でもやっていました。
仰る通り、移籍してきたマーティンとラムにそのような芸当はできないと思われるので、何気に心配ですね。
メイナー&ジャクソンの更なるスキルアップ、またはデュラントの発言を頼りにするしかないように感じます。

最後に、僕も開幕戦のスパーズ相手にサンダーがどんなチームになっているのか楽しみです。
パーキンスは非常に重要なポジションになってきますね。
怪我しないでファールしないなんてことが彼にできるのか、些か不安ですが、そう期待するしかない為、是非とも頑張って欲しいものです。
今こそサンダーでの再契約の金額に見合った活躍をする時です!!
サビートは・・・一応期待しておきますか。

ちなみにプロテクトの詳細は記事に追記して置きました。
一応コピペになりますが載せておきますね。

ラプターズのものは
2013年4~14位
2014年トップ3
2015年トップ2
2016年トップ1
マブスのものは、2013年トップ20だけ
ボブキャッツのものは無しです。
k,sさん (kdu)
2012-10-29 02:08:14
そうなんですよ、ファンどう思おうと、あくまで選択は選手ですし権利ですからね。
決裂したのも、ハーデンの選択だったということです。

ハーデンは恐らく、後悔することも含めこの決断を下したのだと思いますよ。
それくらい、キャリアを左右する分岐点だったと考えられますし。
先ずは、リンとハーデンが合うかですね。
サンダーvsロケッツが今から楽しみでなりません。

ちなみに、プロテクトの詳細は記事にも載せた通りです。
一応まだ不透明な部分もありますが、k,sさんの書いて下さった内容とは異なります。
せっかくコメントを下さったのですが、お望みであれば削除ではなく、保留という形をとりますが、どうしましょう。
surasuraさん (kdu)
2012-10-29 02:22:29
僕はいかんせんラムのカレッジ時代を知らないので何とも言えませんが、フロントがナイス判断だったとは思っています。
ファンとしてとチームとしてでは、明らかに感じ方が変わってくるため、サンダーファンでありハーデンファンである僕はどちらの気持ちもよく分かりますね。
もちろん、どちらが正しかったとは今後の結果によって変わる為、現状では判断し兼ねますが、少なくともハーデン契約延長の件が終わりを迎えほっとしています。
そして同時に、ロケッツでのハーデンの活躍に期待したいものですね。
果たして、彼が望んだ通りになるのか。

また、サンダに新加入のマーティンですが、確かに過小評価されている分、サプライズ的な活躍が見込めるかもしれませんね。
201cmの身長を考えれば、仰る通りSF起用もできなくはないです。
ま、先ずはPJ3やサビートを含め新顔が多くいるので、ケミストリーの形成からですか。
メイナー、ラム、マーティン、PJ3、コリソンって中々の2ndユニットですよね。

とりあえず、冒頭でも書いた通りラムについては全く知りませんので、後で詳しく調べてみます。
でも、surasuraさんがかなり推しているので、期待は大きくなってしまいますよ~
優勝に欠かせない1ピース、良いですね♪
kkさん (kdu)
2012-10-29 02:26:02
仰る通りハーデンはとてもチームプレーを重視する、アンセルフィッシュな選手でした。
とりあえず、レイカーズに行きでもしたら、サンダーと同じベンチスタートになっていたかもしれませんね。
確かにハワードとのアリウープも魅力的ですが。

結局、それでもここまで纏め上げたサンダーフロントはさすがですね。
nanorunamonaiさん (kdu)
2012-10-29 02:32:40
確かにデュラント(2位)、ウェストブルック(4位)、ハーデン(3位)ですからね。
イバカの24位に比べたら期待度も高く、その分イバカが嬉しい誤算となったのが良く分かります。
まあイバカとハーデンの立場が逆になっても、放出は免れなかったのでしょうから、どちらにしろいずれかが追い出される形になっていたと思われます。

ロケッツとしても今オフ不可解な動きも多かったのですが、このトレードは明らかなオールスターに向けてなので、感情論を抜けば現状win-winのトレードだったのでしょうね。
ま、今オフ選手の移籍が激しい原因は他でもないロケッツなんですけど(笑)
Unknownさん (kdu)
2012-10-29 02:34:13
すいません、指摘感謝いたします。
即刻訂正しておきますね。

なぜかラムを左利きとばかり認識しておりました(汗)
Unknown (k,s)
2012-10-29 09:33:12
申し訳ないです(涙)面倒でしょうが削除でお願いいたします。ご迷惑かけます。反省の意味に
おいてもコメントをさし控えさせてもらいます。
Unknown (ゆ~すけ)
2012-10-29 12:39:05
とりあえずPGは西ラッセルさんでいくという事なんでしょうが…その変はどうなのかしら?と思わざるおえないかなぁ。
まぁでもマーディンと変えただけでなく一巡目2つとかどんだけ(^-^;

サンダーフロント上手いなぁというかロケッツなにしてんのと言わざるおえない…
リンと髭様のコンビがうまくいったら面白いですけどもね
k,sさん (kdu)
2012-10-29 20:56:42
了解しました。
でも全然迷惑でもなんでもないので、そこまでしなくても良いと思いますよ♪
ゆ~すけさん (kdu)
2012-10-29 21:01:31
実は今回のトレードでご指摘の通り、PGにもやや問題が考えられるんですよね。
ウェストブルックの暴走が極力減ることを願うばかりです。
また、1巡目指名権を取れたのは大きいですね。
しかも、上位が予想されますので、サンダーがもとより持っているものと合わせ、かなり価値があがるのではないでしょうか。

今オフのロケッツは今更ですよね。
不可解過ぎてもう・・・
むしろ期待する点がリン&ハーデンくらいしかありませんよ。
Unknown (gocpgo)
2012-11-02 16:54:53
今回のトレード、OKCのフロントは素晴らしい仕事をしたという評価が多いようですが、違う意見を持っています。

ハーデンのトレードそれだけを見ては正しい評価はできません。本質は、ラッセルとハーデンのどちらにマックス契約を与えるかどうかということです。そして、フロントはラッセルを選んでしまったということです。その後のハーデン放出では最高の選択をしましたが。

ハーデンを残し、ラッセルを使って優秀なPG他をとりにいくのがベストシナリオであったと思っています。
gocpgoさん (kdu)
2012-11-03 10:19:10
なるほど、長期的に見た場合での評価ということですね。
確かに結果論とは言いにくく、ウェストブルックと契約延長をする以前から分かっていた問題ではありました。
まあ、そうなるとウェストブルック以外にもパーキンス、イバカとの再契約(契約延長)の部分にも選択があったとも考えられますね。

しかし、僕はハーデンの放出は致し方なかったのかと未だに思っていまして、もちろん残留して欲しいというのが本音ですが、それでも結局ロケッツと5年/90milというMAX契約を見てしまうと、さすがにサンダーには無理だったと諦めも付きます。

それより、単純に僕はハーデンよりウェストブルックの方が上だと思っています。
ウェストブルックのMAX契約の際には様々は批判の声があがっていました。
しかし、終わって見ればオールスターにも選出されオールNBA2ndチームにもしっかり入っています。
やはりこうなってくるとハーデンがいくら良い選手であっても、所詮ベンチの中で最高の選手ですからね。

まあ、こういったことの評価はサンダーが優勝した時にでもいうべきなんでしょうが、もしこれでサンダーが再建にでも入ったら思う存分馬鹿にして下さい。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
面白い・・ (クルールラボ)
指揮者うまい王決定戦というコーナーやってる