戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

大局が読めない小粒政党

2017-10-04 10:52:41 | 軍事と政治
他党を叩かねば政党選挙が出来ないほど質が低下して
いる。自党の政策を本気で説得する意思がない。他党
の党首が誰になろうと関係ない話である。自由民主党
は今まで政治をやってきた政党である。其実績を問う
選挙である。実績はかえられない現実の姿である。
威張れることばかりではない。この体制が将来に及ぼ
す重大な要素が今は見えない。問題は日本が本当に護
り切れる自信があるのか。日本の力の根源は地方にあ
る。働き方、労働時間、一に企業経営者の責任がある。
独りで経営していても経営者意識がなければ失格出る。
自衛隊も中途半端な存在が生死に関わり、最終防衛を
自衛隊に無傷で戦えと言う意味合いを含ませた対策
「駆けつけ警備」も現自治的には警告射撃があらたに
加わっただけときく。それで憲法9条3項の追記のみ
海上保安庁、陸、海、空の法を考え考えの防衛ご苦労
という程度の物だろうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 尖閣諸島防衛の周知徹底 | トップ | 完成検査の形式化 »

コメントを投稿

軍事と政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL