shake a mind

こころゆさぶる・ゆさぶられる
あんなことや、こんなもの達・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログ移転

2007-05-17 | 日々
気付いたらこのブログも3年目を迎えていました!!

見に来てくださる方々、コメントを残してくださる方々 が
いらしたからこそ続けることができました。

ありがとうございます。

これを機会に移転します。
今度のブログも、なかなかステキなテンプレートのあるサイトです。

まだ使い方が良く分かっていないのですが、
よろしければ、ぜひいらしてください!!

お待ちしております


新ブログ

 ↓
 ↓
 ↓

てくてく歩く
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

夢の中の自分

2007-05-13 | 日々
久しぶりにみたとっても現実的な夢。

起きてからも鮮明に覚えていて、何度でも思い出せる夢。

時々そんな夢をみる。


今回の夢は
リアルの私の友達たちがたくさん出てきた。

才能のある子、個性のある子達のなかで、

その両方をもちえない自分が
唇を噛み締めて立っていた。
でも、その自分が
卑屈になっていても仕方がないと
もがき始めるところで目が覚めた。


決して気分よく目が覚めたわけではないけど、
でもなんだか清々しかった。
自分で自分を甘やかすではなく、
ひねたり、すねたりするでもなく、
なんとか乗り越えようとしている姿。


現実でも こうありたい。
自分の事をちゃんと見つめたうえで
向上心を持って歩んでいきたい
と 思わせてくれる夢でした!!



AX

この記事をはてなブックマークに追加

さびれた商店街で…

2007-05-12 | 日々
懐かしい昭和の香りに遭遇。

「 一回 五十円 」

ですって。


不思議な世界に迷い混んだみたいな感じ。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

癒しメッセージ

2007-05-11 | 日々
急に時間ができたので、
行きつけの整体院に行ってきました。

この間まで手持ちぶさただった
くびふり癒し系のこの子が
こんなメッセージを抱えて待っていてくれました。


不器用そうな整体院の先生の字で。

なんだか癒される(o^o^o)
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

『恋愛中毒』  山本 文緒

2007-05-10 | 色々みたもんっ
とある一人の男性の語りからはじまり、
社内にいる地味なんだけど、なんとなくみんなに恐れられているおばさんの
回想の話から物語は始まる。

離婚歴のあるひとりの女性。
離婚に至ってしまったことを悔い、地味に暮らすことを選びひっそりと生活をしていた中
ふと現れた1本の糸。
この糸の先には幸福があるのか、地獄があるのか、
この糸は頑丈なのか、切れてしまいそうなほど頼りないものなのか。
わからないまま、そっと手を伸ばしてしまった瞬間から
ものすごい勢いで物語が走り出す。

ひっそりと慎ましやかに生きていくと決めたのに、
一度した失敗は繰り返さないと決め、ちゃんとやってきたのに、
気付いたらまた同じことを繰り返していた。

すっかり、読者が彼女に感情移入をしてしまってからは
もう彼女と一緒に落ちていくしかなくなってしまっている。


ーどうか、どうか、私。
これから先の人生、他人を愛しすぎないように。
他人を愛すぐらいなら、自分自身を愛するように。


哀しい祈り。
物語の中で数回出てくるこの祈りが胸に突き刺さる。



ものすごく面白いです。
構成も絶妙で、心理描写もとってもいい。
でも、苦しくて、切なくて・・・。

読み終わったときの脱力感、虚無感、なんともいえない気持ちになります・・・。


山本文緒さん この方の本がもっと読みたくなる1冊でした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

小さな積み重ね

2007-05-09 | 日々
幼い頃から自分の声があまり好きではなかった。

幼い女の子のわりには低かったようで、
訪問販売の見知らぬ方に「寝起きにごめんなさいね」といわれたり、
小学生が特有の「おとこおんな」なんて茶化しがあったり。
一つ一つはとるに足りないことだけど、
幼い頃の私はどうやら傷ついていたらしい・・・。

「声低いんだ期」

その後だれもが、通る道
”自分の声をカセットテープで録音して聞いてびっくり”がやってきた。
(カセットテープというあたりに時代を感じますが

「あれ?意外に私声高いやん期」

自分の声というものは
頭蓋骨に響いてから自分の耳に届くので実際他の人が聞くよりも
自分の声は低く聞こえる とのこと。

その後、中学生・高校生をへて

お芝居を始めた頃先輩に教えてもらった自分の声の質の事
”通る声をしている。でも線が細いから届きにくい”

その頃からかな、ちゃんと意識をするようになったのは。

なかなか声は太くならず、悩み続けていたところで知り合ったのが
今のボイトレの先生。

緊張すると声が上ずってしまう理由。
体がどんな状態だと良い声が出るのか。
人の心に届く声というものはどういうものか。

どんくさい私にはすぐにマスターすることなんてできず、
ようやく頭では分かっても、体がついていかなかったり・・・。
そんなことを根気よく教え続けてくださいます。

そんな中少しずつ声が変わってきました。

相変わらず、幅の薄いへにゃへにゃ声から低音まで色々と。
最近では、お芝居の時に声を褒めてくださるお客様までちらほらいらっしゃったりもします。

努力と、小さな自信、時に失敗も重ねて、
ようやく小さな階段を1段昇る。

昇れたように思っても、昇れていなかったり足を踏み外していたり、
日々、一進一退。

でも、気持ちだけは上を向き続けていよう。
階段を昇る為の努力は続けていこう。
そして、気付いたら 階段上がれちゃってる なんてなりたいな。

そう思うレッスン日でした。


あっ、年齢的に少しずつ声が低くなってきた説もあるんですけどね
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

感謝の嵐

2007-05-08 | 日々
今日は先日のお芝居の合評会というものに行ってきました。

“大阪春の演劇祭り” というのに参加しており、
定期的に集まり、お互い観合い、忌憚のない意見を言い合うと言う会。

率直な意見をいただいたり、
感情論ではなく、建設的な意見を聞かせていただけたりしました。

改めて、公演をさせていただけたありがたさや、
お客様に観にきていただけるありがたさ、
感想を聞かせていただけるありがたさ を
再確認させていただきました。

概ねよい評判をいただき、改良点や見なおす機会もいただけました。

色んな事を感じた公演。
色んな事を思えた公演。
色んな人に感謝した公演。

色んな気持ちがごちゃまぜになりながらも
やっぱり感謝、感謝です。


人は一人では生きられない。
たくさんの人の中で過ごすからこその“気付き”や“反省”や“成長”。

本当に色んな事に感謝です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

コメントについて

2007-05-08 | 日々
途中経過の記事のコメント欄にも書かせていただきましたが、

ブログのコメントの欄で
一方が相手を特定できていて、
他方が相手を特定できていない状態での批判はフェアではないと思います。

そのような状態でのコメントにはお答えできません。

ご批判、ご意見ございましたら、私まで直接ご連絡ください。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

経過報告

2007-05-07 | 日々
各方面からご心配のメールや励ましのメッセージをいただいていたので
途中経過を少しだけ、

Unknownさんは
その後直接話しかけて来てくれることもなく、
メールにて名乗ってくれることもないのですが、
ここには毎日朝晩2回の書き込みがありました。

批判やお怒りを書かれているものから、誹謗中傷まで。

今日まで待ってみたのですが、
名乗っていただけないので今後Unknownさんからの書き込みは
直接私まで、メールもしくは電話でいただけるまでアップしません。


っということなので、
みなさんのコメントも1日遅れでアップになってしまいます。
ごめんなさい。

でも必ずお返事させていただきます。

これからも、よろしくお願いいたします。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

めぐり合わせ

2007-05-06 | 日々
今日は久々にお芝居をはしごしてきました!!

どちらのお話も、
過去に違う場で私も出演の機会をいただけていたかもしれない作品でした。

その時は、
スケジュールが合わなかったり、
演目が変わってしまったりと、
タイミングが合わずできなかったのですが、

それでよかったのかも知れないと思います。

やっぱり、タイミングというものはベストの時にまわってくるもので、
逃してしまったものは、そういうめぐり合わせだったんだなって。

今の私にはまだまだ難しい役だなぁ。


どちらの作品もとってもステキでした

この記事をはてなブックマークに追加