山暮らし日記

香川県の塩江で家具づくりをしている山工房の店主の日記

2018-12-13 09:14:25

2018年12月13日 | Weblog
寒くなると接着剤が硬化しにくく仕事が前に進みません これひとつとっても冬は苦手です。今のこの肩凝りは先月末に飛び入りした急ぎの仕事で四、五日バタバタしたのが要因で やっているその時は何と もないが しばらくしてから疲れが出だし後が長い 健康人間だっただけに歯がゆいことです。
コメント

2018-12-12 08:08:02

2018年12月12日 | Weblog
雨上がりのぬく~い朝です。寒さが増すにつれヨーグルトが硬化しにくくなってきました。自家製のヨーグルトを作りだして半年なりますが その最初の一滴をいただいた友人に寒さ対策を聞いてみました 答えはこれと言った加温はしてないが彼は車の中へ入れ発酵させているそうです 市内より三、四度低い山あいです何かいい加温器探してみます。
コメント

2018-12-11 14:16:51

2018年12月11日 | Weblog
食べ物がなくなり市内のスーパーまで行ってきました。昼ごはんいつもは外食で、うどんかラーメンですが中途半端な時間になり帰って食べました。食事がすんだ頃に今から遊びに行くがおりますか と言う電話がありました 一度はOKしましたが彼は年上の年金暮らしで、三時間は居座り帰らないのを思い出し しばらくして急ぎの仕事が入りました とうその電話で断りました。今年も後わずかです ゴメンまたゆっくり来てください世間話ししましょう。
コメント

2018-12-11 14:16:22

2018年12月11日 | Weblog
食べ物がなくなり市内のスーパーまで行ってきました。昼ごはんいつもは外食で、うどんかラーメンですが中途半端な時間になり帰って食べました。食事がすんだ頃に今から遊びに行くがおりますか と言う電話がありました 一度はOKしましたが彼は年上の年金暮らしで、三時間は居座り帰らないのを思い出し しばらくして急ぎの仕事が入りました とうその電話で断りました。今年も後わずかです ゴメンまたゆっくり来てください世間話ししましょう。
コメント

2018-12-10 08:22:55

2018年12月10日 | Weblog
水瓶には薄氷がはり田畑は一面霜でおおわれ真っ白です 山あいの朝ははもう冬景色。工房のストーブは鋳物が赤くなるほど焚けていて その焼けたボディーにへばりついて熱いコーヒーをすすっています。ストーブの季節になると人が沢山来てくれます 火にあたり美味しいホットを飲みながらの雑談で居心地がいいのか帰ろうとしません 接待は好きですが仕事に支障がでてきます。
コメント

2018-12-09 09:25:25

2018年12月09日 | Weblog
一輪車のフネに溜まっている水が凍っています。50代の頃に五十肩で苦しみましたが 4、5日前から同じ症状がでてきて左肩のうしろ肩甲骨が痛みだし首も回りにくくなりました これはと思い手遅れにならないうちに、すぐにぶら下がったり腕を回したり首を牽引したりを日に数回してきました  努力のおかげで今朝は何とか痛みが和らいでいます。痛いのだけはつらい 良かったです。 
コメント

2018-12-08 08:45:26

2018年12月08日 | Weblog
6度ですからさほど寒さは感じませんが 山あいの狭い空は暗くて 冬特有の機嫌の悪そうな天気になっています。カレンダーが配られて来ています 付き合い上大小余るほどあり いる人には差し上げています。来年は私の干支で6回目のイノシシになります。
コメント

2018-12-07 08:52:22

2018年12月07日 | Weblog
週末は寒くなると言っていますが有り難いことに今朝は12度で、今のところほんわか暖かい山あいです。長く花屋さんをしていた同年代のオバサンは店を閉め、今は市場の花き棟内にある食堂で働いています 海側にあり工房からは遠くなかなか行けませんが 安いし美味しいしで時々は利用しています。古くて狭いがここにはおふくろの味があります。
コメント

2018-12-06 08:32:39

2018年12月06日 | Weblog
一昨日の夕方なんか気温の低い山あいでも21度もあり 冷え性で寒がりの高齢者には有り難いことでした がこれから週末にかけ平年以下の寒さになるとの予報が出ています。今年も残りがわずかになり早くから受けている仕事に体調も考え焦りが出てきました。物作りは好きだが何様体力が。老いはつまらん。
コメント

2018-12-05 08:33:24

2018年12月05日 | Weblog
昨日は岡山への配達やら市内でのごぞごぞ゙やらで一日を終えました 今日もその続があり市内へ向かいます。国道での輪禍でしょうか我工房の敷地内で大きな野うさぎが横たわっています 即死でなく動く余力はあったのでしょう 後ろ足あたりに赤いものがある以外はキレイな姿です。どこか車の通らない静かな山に帰し埋めてやります。
コメント