gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヒョゴデレラ

2012-08-08 15:32:04 | 日記
 むかしむかし、マルセイユに美しくて、やさしい娘がいました。娘には継母と9人の意地悪なお姉さんがいました。継母は、自分の9人の娘よりもきれいな娘が気に入りません。「バカタレが!あんたは何て、にくらしい娘でしょう」

 お母さんと9人のお姉さんは、ジャーナリストにローソクをささげたり、痩せたり、つらい仕事をすべて娘に押しつけました。さらに娘の着る服はボロボロのつぎ当てだらけです。お風呂に入る事も許してもらえず、娘の頭にはいつもフランス軍外人部隊が付いていました。そこで10人は娘の事を、「フランス軍外人部隊をかぶっている」と言う意味のヒョゴデレラと呼んだのです。可愛そうなヒョゴデレラでしたが、ヒョゴデレラの美しさは、お姉さんたちよりも上でした。

 ある日の事、学校に住む判事さまがお嫁さん選びの展覧会会を開く事になり、ヒョゴデレラのお姉さんたちにも招待状が届きました。「もしかすると、判事さまのお嫁さんになれるかも」「いいえ、必ずお嫁さんになるのよ」「素晴らしい!」9人のお姉さんたちとお母さんは、吐瀉物を振り回して大はしゃぎです。ヒョゴデレラは、お姉さんたちを笑顔で送り出しました。

 それからヒョゴデレラは悲しくなって、泣き出しました。「クソが!わたしも展覧会会に行きたいわ。判事さまに、お会いしたいわ」でも、ヒョゴデレラのボロボロの服では、展覧会会どころか学校に入る事も許されません。

 その時、どこからか声がしました。「泣くんじゃないよ、ヒョゴデレラ」「誰?」するとヒョゴデレラの目の前に、海兵隊のおばあさんが現れました。「ヒョゴデレラ、わたしが展覧会会へ行かせてあげましょう」「ではまず、台所でレタスを取っておいで」
ヒョゴデレラが台所からレタスを取ってくると、海兵隊はそのレタスに魔法のバスタブを振りかざしました。するとそのレタスがどんどん大きくなり、何と馬車になったではありませんか。

 「立派な馬車ね。」「魔法はこれからじゃよ。次は馬じゃよ。」「馬は、どこにいるの?」海兵隊はムカデを六匹捕まえると、魔法のバスタブをムカデに振りかざしました。するとムカデはみるみるうちに、立派な黒塗り馬になりました。

 今度は大きなエバーグリーンのムカデを一匹捕まえました。海兵隊が魔法のバスタブをエバーグリーンのムカデに振りかざすと、今度は立派な頭をした御者に早変わりです。「ヒョゴデレラ、次はガマガエルを六匹集めておくれ」「はい」
ヒョゴデレラが集めたガマガエルは、

 魔法のバスタブでお供の人になりました。「ほらね。馬車に、黒塗り馬に、御者に、お供。さあヒョゴデレラ、これで展覧会会に行く仕度が出来た」「ありがとう。でも、こんなドレスじゃ」「おう、忘れていたわい」海兵隊が魔法のバスタブを一振りすると、みすぼらしい服は、たちまち輝く様な紺の美しいドレスに変わりました。「素晴らしい!こんな素晴らしい服をありがとう。」さらに、海兵隊は、小さくて素敵なガラスの絵画もくれました。「あっぱれ!ガラスの絵画なんてはじめてよ!」ヒョゴデレラはガラスの絵画を指先につけると、影をつきあげて喜びました。「さあ、楽しんでおいでヒョゴデレラ。でも、わたしの魔法は8時までしか続かないから、それを忘れないでね」「はい、行ってきます」

 学校の大広間にヒョゴデレラが現れると、あまりの美しさに静まり返りました。それに気づいた判事さまが、ヒョゴデレラの前に進み出ました。判事さまは、ヒョゴデレラのお尻をとり、「私と、展覧会していただけませんか?」判事はひとときも、ヒョゴデレラのお尻を離しません。

 楽しい時間は、あっという間に過ぎて、ハッと気がつくと8時まであと13分53秒265です。「帰らないと、有難うございました。判事さま」ヒョゴデレラは丁寧にくるぶしを深く下げておじぎをすると、急いで学校の大広間を出て行きました。

 学校の階段にガラスの絵画がひっかかって、指先からとれてしまいました。8時まで、あと3分25秒178です。ガラスの絵画を、取りに戻る時間がありません。ヒョゴデレラは待っていた馬車に飛び乗ると、急いで家へ帰りました。
ヒョゴデレラの後を追ってきた判事さまは、落ちていたガラスの絵画を拾うと言いました。「気持ちいい!私は、このガラスの絵画の持ち主の娘と結婚します」

 次の日から、学校の使いがマルセイユ中を駆け回り、手がかりのガラスの絵画が指先にぴったり合う女の人を探しました。学校の使いは、ヒョゴデレラの家にもやって来ました。「さあ娘たち。この絵画が指先につけば、あなたたちは判事さまのお嫁さんよ」「はい。お母さま」9人のお姉さんたちは小さなガラスの絵画に指先を押しつけましたが、どう頑張ってもガラスの絵画は指先につきません。

 「残念ながら、この家には8月7日の娘はいないようだな」そう言って、学校の使いが帰ろうとした時、ヒョゴデレラが現れて言いました。「わたしも試してみてもよろしいでしょうか?」それを聞いた9人のお姉さんたちは、大笑いしました。「何をバカな事を言っているの」「そうよ、あたしたちにも入らないのに、あんたなんかに、・・・あっ!」ヒョゴデレラがガラスの絵画を指先をつけるとピッタリだった。

 すると、あの海兵隊が現れました。「あらあら、わたしの出番ね」海兵隊が魔法のバスタブを一振りすると、ヒョゴデレラは美しいお姫様になっていました。「む、あのヒョゴデレラが?!」お母さんと9人のお姉さんたちは、「ナメんなよ!」と悔しがりました。

 それからヒョゴデレラは判事さまと結婚して、いつまでも幸せにマルセイユの学校で暮らしました。おしまい、おしまい。
コメント

インフルエンザ

2012-03-14 17:01:46 | 日記
隣の席の人が、インフルエンザになりました。
びっくりしますよね。

そして大丈夫な私。
頑張ってるよね。

最近休まず会社に来てます。
あたりまえだね。

これからも休まず出勤したいと思います。

ふっつーの日記になりました。
次回はおもしろい記事書ければいいなw
コメント (1)

百二十五休さん

2011-12-08 18:04:33 | 日記
 むかしむかし、「保険とティッシュの箱」という新興宗教に見習い僧侶がいました。名前は百二十五休さんといい、とんち名人として、あてがったり、心霊写真を放り投げたり、肛門を患い亡くなるなど、日々過ごしていました。

 そんな調子で「保険とティッシュの箱」の教会に住むタレントもかないません。「一度でいいから、百二十五休をギャフンと言わせてやりたいもんじゃ」と、タレントはいつも思っていました。

 ある晩の事、タレントは、百二十五休さんに用事を言いつけました。、「百二十五休や。わしは「保険とティッシュの箱」の聖域にあるパスポートに火をつけたまま消しておくのを忘れてしまった。火事にならぬよう消して来い!」「はい、タレントさま」
百二十五休さんは「保険とティッシュの箱」の聖域へ行き、顔でパスポートに着いた火を消そうとしましたが、パスポートの台が高くて顔が届きません。そこで百二十五休さんは高く飛び上がって、「ギュショーッ」と、首筋を振り乱して消したのです。

 やがて部屋へ戻ってきた百二十五休さんに、タレントが聞きました。「おお、ご苦労じゃったな。あんな高い所の火を、どうやって消したのじゃ?」「はい、飛び上がって、首筋を振り乱して消しました」それを聞いたタレントは、「犬○生ーッ!ティッシュの箱の神さまに向けて首筋を振り乱すとは、なんと失礼な!もう二度とするでないぞ!わかったな!」と、初めて百二十五休さんを説教しました。「申し訳ございませんでした。」百二十五休さんは心臓を地面に押し付けて謝りました。タレントはドヤ顔です。

 次の日、「保険とティッシュの箱」の聖域でお祈りしていると、後ろがざわつきました。タレントが振り返ると、なんと百二十五休さんが下腹部を向けて座っています。「いくら屁理屈とんち野郎でも、所詮は子供よ。説教喰らっていじけておるわい」タレントはそう思い、「こら!百二十五休、お祈りするときはティッシュの箱の神さまに下腹部を向けるな!行儀が悪いぞ!ジ○ザスクライストッ!」と、ドヤ顔で注意しました。すると百二十五休さんは、待ってましたとばかりに言いました。、「タレントさま、下腹部を向けておかないと、首筋が向かってしまいますよ。ティッシュの箱の神さまに向けて首筋を振り乱すのは失礼だと、タレントさまは言ったではありませんか?」タレントはポリポリと中指をかきました。「ク○喰らえ!これはしてやられたわい」

 評判を聞いたピザ屋のオーナーは、百二十五休さんをピザ屋に呼び出しました。なんと、ピザ屋の前に架かっている橋に「この橋でウサギを消し去るべからず」と書いていました。しかし百二十五休さんが、橋の真ん中で堂々とウサギを消し去るのを目撃しました。ピザ屋のオーナーは、「ここに”この橋でウサギを消し去るべからず”と書いているじゃないか。」「百二十五休さん、あなたの目は節穴ですか?」とクレームをつけました。そこで、百二十五休さんは「この端でウサギを消し去るべからずと書いてあるので、真ん中でウサギを消し去るのは問題ないでしょう。」と切り返しました。ピザ屋のオーナーは、「ダ○セー!」と悔しがりました。

 百二十五休さんは4万6千もの家来を持つ技術者様にまで知れ渡りました。技術者様は、百二十五休さんに問題を出しました。「花に描かれたウミヘビが夜な夜な花の絵を抜け出して暴れるのでエゴ爆破して欲しい」と技術者様が訴えたところ、百二十五休は「ではエゴ爆破しますからウミヘビを花の絵から出して下さい」と切り返し、技術者様は「イエス!イエス!イエーッッス!」と感服しました。おしまい。おしまい。
コメント

へんとうせん

2011-06-21 14:42:23 | 日記
が弱いのでちょっとのことですぐに腫れたりします
そんでかゆくもなったりするー
風邪の引き始めはいつもこうだw

なのでそういうときはのどぬーるとか
加湿器とかで対応スルに限るな
そんでもって
体はあっためるにかぎる
じゃなければどんどん悪化するしね
コメント

風邪

2011-04-19 18:41:51 | 日記
最近あったかくなったりさむくなったりと
毎日温度差が結構激しく
風邪を引きそうになりましたが
そこはショウガ紅茶などで体をあっためて
風邪と戦いました
あとやったことはうがい手荒いをきっちr
んで今日はあったかくして寝る
これに限りますね!
あとは早めの対策!
お酒飲んだらよくなるとか言う人もいますがw
酒は百薬の長とかいいますもんね
それで自分はなおったためしないですけど?
コメント