写 真 三 昧  ~徒然の書~

季節折々の花々や、自然の風景を楽しむために

ある夏の日の夕暮れ

2021-09-22 16:15:06 | 自然の風景の世界





<掲載写真の複写、転載はお断り。>




























ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


西洋フジバカマ

2021-09-21 16:43:04 | 雑草の世界


渡り蝶のアサギマダラの好む日本の藤袴と比べると随分と品格が劣る。
もうほとんど雑草といってよい。
以前はユーパトリウムといっていたが、この頃は分類替えでコノクリニウムというらしい。
植物学者もよほど暇な人種と見える。









<掲載写真の複写、転載はお断り。>


























ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


秋の色

2021-09-20 17:39:43 | 紅葉の世界

四月サトザクラが咲く頃楽しませてくれた、
ハナミズキが今果実を伴って冬支度を始めた。
この木が初めて日本に現れたのは、
ワシントンに送られた桜の返礼とした贈られてきたのだという。
もう何十年も前の事である。
その普及の速さは驚くほどであった、今は街路樹としても見るほどになっている。








<掲載写真の複写、転載はお断り。>






















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


とうがらし

2021-09-19 17:02:08 | 植物と花の世界

植物について検索していると、思いがけない広がりを見せてくれる。
この唐辛子についても、
その栽培種の起源は前五千年のメキシコ中部のテオティワカン谷にまでさかのぼるという。
この時代エジプトやメソポタミヤ文明の時期と同じであり、
日本では、縄文の時代、三内丸山遺跡にある様な人々が定住生活を楽しんでいたころ。
これら関連事項を次々に追いかけると、時のたつのを忘れてしまうほど興味が尽きない。









<掲載写真の複写、転載はお断り。>































ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ひまわり

2021-09-18 17:21:21 | 植物と花の世界



不快な日々にはせめて花だけでも炎天の花を~







<掲載写真の複写、転載はお断り。>



































ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー