TKM-69が静まる日



いつもご覧いただき、ありがとうございます。



先日11/22日、伊豆急行主催の、「伊豆急8000系歌舞伎ラッピング
貸切列車(TA-7編成)で行く なつかしの東急8000系を堪能する旅!」
に当選し、参加することが出来ましたのでレポート致します。


ツアー内容についてのネタバレを含みますのでご注意ください。
本イベントは11/22と11/29の2回開催予定で、各定員75名とのことです。


そもそも東急8000系の歌舞伎とは・・・。
1969年から2008年まで東急東横線(一部田園都市線、大井町線含)で活躍した
東急8000系のうち、1990年代に車両リニューアルを受けた車両を指す俗称のこと。
正面の貫通扉付近を黒色に、正面サイド~側面にかけて赤帯を配した為、そのように呼ばれていました。
(同時期に車両リニューアルを受けた東急7600系や、一部7700系にも存在)



今回、伊豆急行によってこのラッピングが再現されるとのことで、
東急ファンにとって心躍る企画というわけです。



~以下当日の様子~


受付は伊豆高原駅改札付近、10時~11時頃まで。
ここで参加証、お弁当、記念グッズ、当日の行路表を受け取り、

感染症拡大防止対策として、体温測定、アルコール消毒を実施。
(またマスクの着用も義務)



特製のお弁当が配られましたが、貸切列車内で食べて良いのか…?
念のため担当者様に確認したところ、出来れば車内での飲食は控えてほしいとの事。



ここで思い出したのは2017年の東急線ポケカルツアーでの出来事。
このツアーでも崎陽軒のシウマイ弁当が配られ、車内飲食が可でしたが、
大岡山駅でのスイッチバックなど、呑気に食事をしている余裕がなかった・・・!
という事で、出発まで時間もありましたので、駅構内の待合室で先に頂きました。





いよいよホームに降り、検車区から本日の主役であるTA-7編成が入線!
出発時刻まで少々時間がありましたので、各自で撮影会開始(笑)
行程の中にも、伊豆急下田駅での撮影会が含まれていますが、
その際は下り方のクモハ8152側(いわゆる改造顔)となるため、
少々無理をしてでもここで上り方のクハ8017(元東急クハ8015)
を撮っておきたいというのが本音でした(笑)




種車である元東急クハ8015号も更新車だったため、アンチクライマー付き。
本当の意味で当時を思い起こさせる歌舞伎フェイスが見れて感動でした!


そして乗車し、まずは南伊東まで走行。
途中列車交換のある駅では扉扱いもあり、ホームに出て撮影も可。(1分少々の停車でも!)
参加者の皆様は停車駅毎に下車され、交換列車との並びを撮影されていました。


私はというと・・・。
車内の広告が全て東急時代の8000系の写真になっており、
持参した当時のアルバムを開きながらしんみり・・・。





説明が遅れましたが、貸切列車の乗車にあたっては、参加証に記載の
号車への乗車が原則でした。またソーシャルディスタンス確保の為、
一部座席も使用不可という対応が取られていました。


私の指定は1号車(伊豆急下田方先頭 クモハ8152元東急8500系デハ8723号)。
地方譲渡先行試作車かつ、貴重な8500系由来の車両ですね。
元々歌舞伎どころか、8000系でもないクルマですが、そんな事は気になりません。


南伊東での折り返し後、今度は伊豆急下田方面に向けて出発。
一部駅では通過扱いもあり、往年の東横特急のような爆走!
また沿線には撮影者がビッシリと・・・!

そしてツアーの行程は、一旦河津駅で下車。
後続の踊り子号、またはサフィール踊り子号に乗り換えて伊豆急下田駅に向かいます。
特急列車は、事前の応募時にそれぞれ選択制となっておりました。
TA-7とは一旦お別れ、まるで東横線のさよなら運転のような様子(笑)

私は踊り子プランでしたので、7連の185系に乗車。




13時30分ごろ、伊豆急下田駅に到着。
先に到着していたTA-7編成は留置線に入線済。
敷地内に入り、14時まで撮影会がスタート。
なんとか晴れ間が見え、順光写真を収めることができました。




その後は約1時間のフリータイム。下田の街を散策するもよし、
ロープウェイに乗るもよし、側道から自主撮影会に励むもよし・・・


でもやっぱり撮りたいクハ8017側!
通電状態での留置の為、SIV音とコンプレッサー作動音が響き、
まるでココは静岡県の元住吉or長津田検車区。




お土産を買いつつ(沿線にもしっかりお金を落としました)、
再度駅構内へ。するとぼっ~と電球ライトの車両が入線・・・!




個人的に望んだ185系との並びです。
185系も来年春に定期運用が終了するとの事。
貴重な並びですね。


そしていよいよ本日最後の旅路、伊豆高原駅に向けて出発。
伊豆半島らしい変わりやすい天気で、上空からは小雨も。
あたりはすっかり暗くなり、寂しさを誘います。




車内放送では添乗の社員さんからアナウンスが。
「伊豆急行としても利用客減が響き大変厳しい状況の中、本イベントを企画・実現しました。
至らぬ点もあったかと思いますが、お楽しみ頂けたでしょうか?」

静岡県有数の観光地を走る伊豆急行、今年の新型感染症蔓延による影響は計り知れません。
そんな苦しい状況の中でも、鉄道ファン向けのイベントを開催頂いたことに感謝致します。
また時には、鉄道車両そのものが立派な観光資源として成り立つことを証明したと思います。
(今回22日分の応募は405名だったとの事)

一部では側面帯の再現省略を残念がる声があったようですが、このような状況の中で
出来る限りの再現をして頂いたと思います。(個人的には全く気になりませんでした)


列車は無事に伊豆高原駅へと戻ってきました。
1日を共にした歌舞伎車8017F(東急式の呼び方で!)ともお別れ。
伊豆高原―南伊東―河津 伊豆急下田―伊豆高原と乗車でき、大満足です。




ちなみに参加記念品ですが、この時代にピッタリなグッズでした(笑)
使うか、使えるかは…本人次第ですが貴重なアイテムです。

それでは!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加




みなさんこんにちは。
朝晩涼しく、秋らしい空気になってまいりました。

前回の田園都市線の撮影は9月頭、身の危険を感じる暑さの中での撮影でした。
あれからはや一ヶ月、季節の変化を感じながら久しぶりに田園都市線へ。

運用を調べるとちょうど02Kが8627F、しかも東武線から戻って中央林間折返し長津田入庫運用です。
珍しい上り長津田行きをどこで撮ろうか?思いついたのは東急カレンダーにも選ばれる長津田駅〜つくしの駅間。

地元半蔵門線で同編成を待って乗車。8500系で田園都市線に向かうのも久しぶりです。
各停のため、一駅一駅の加速を楽しみながら乗り鉄&前面展望を満喫。

田園都市線内に入り、久しぶりに100km/h運転を味わい、その音に身震い!
特に宮崎台駅、あざみ野駅、田奈駅の進入は、他の形式では味わえない迫力があります。
上記の駅へは直線区間の高速走行から一気に制動を掛けググッ〜!と減速。
運転士さんのブレーキ操作に若干遅れて回生が立ち上がり、モーターが唸りを上げ、
電流計が一気にマイナス側に振れた瞬間、強烈な減速Gが体にかかります!

8M2Tの直流電車ならではの挙動、今のうちに楽しみたいですね。
急行運転の前面展望も楽しいですが、やはり先行列車に詰まってしまうことも
あるので、各停列車の前面も中々楽しめるなと再認識いたしました。
もっとも8500系の本数が減っているので、種別を選ぶなんていう贅沢はできません(笑)

そしてあっという間につくし野駅。撮影ポイントへ、8627Fを待ち構えます。




ちょうど薄曇りで、ド逆光は回避できました。
線路脇にはすすきが生え、秋らしい写真になりました。




こちらは光線の変化、対抗接近で微妙に。




話題の2130Fも狙わずして撮れました。

それではまた!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加




台風10号が近づき、警戒が高まる日本列島ですが、
関東は朝から快晴も、急な雨が不安な予報です。

早起きでき、元気でしたので早々田園都市線へ。

到着してすぐ、朝の運用を終えて長津田へ戻るこの編成が!



元2001F改9021Fがやってきました。
2000系が撤退してもうすぐ2年、早いものです。
姿は変わっても、私の中ではいつまでも2000系クハ2101号です。

よく晴れていますが、ここのポイントは少々光線が難しいのです(^_^;)



8634F。

日も昇り、立ち位置を変えて↓



8627F!

以下、モクモクと嫌な雲が湧いて流れてきてしまい...



こちらの2本は撃沈しました(笑)

どうして列車を待っている間は晴れているのに、目当てが来るのと同時に曇るのでしょうか?
撮り鉄あるあるなのでしょうけど、本当に何でこうなるのでしょうか...?
きっとこれもマーフィーの法則なのでしょう!

そして雲は去り大井町9000系。



今日は8500系もそこそこやってきましたが、雲に負けました。
すでに撮影開始して1時間半、暑さにヤられそうでしたので退散。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加




こんにちは。

昔は良く行っていた朝の田園都市線。
2000系や8590系などがいなくなってから、すっかり遠のいていました。

新型ウイルスの影響もあり、撮影自体頻度が減っていますが、
8500系を撮りたいがために、久しぶりに早起きして出向きました。

最近の通勤時のイメージで、8500系は朝ラッシュ入庫運用が多い気がし、
スポットは梶が谷駅の下りホームに決定。

来るのは5000系や2020系、8000系が5割、残りが08系と目当ての8500系という雰囲気。



2020系も増えておりますが、よ〜く撮影していたのは2124Fあたりまで。
他系列は置いといて、以下8500系の成果を。




梶が谷駅の通過線をゆく8500系。
朝の上り準急運用狙いでしたので、ここに来て大正解でした。

背景のトンネルまで差し掛かると、ぐぉ〜〜っとモーター音が響いてくるのは8500系だけ。
久しぶりにその爆音を聞くこともでき、撮影しに行って本当に良かったです。

今の田園都市線の運用は把握しておりませんが、8時過ぎの44Kまで粘りました。
結果8500系がやってきたので、貴重な夏の記録を残すことができました。


皆様も無理をせず、水分補給や休憩を第一にお過ごしください、それでは。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加




こんにちは。

長らく続いた梅雨が明け、先日8/1土曜日、久しぶりに東急線の撮影へ。

昨年の台風被害から復旧した箱根登山鉄道や、銀一色になった8000系
を撮りに伊豆急行線にも出向きたいですが、遠出は気が引けてしまいます。




新しくなった池上駅を見るついでに、千鳥町~池上間のストレートで。
梅雨明けしたものの、暑さのあまりいやらしい雲が次々に・・・。

なんとか晴れ間にやってきた、1000系赤帯GTO車。
昨年1023Fが更新されましたが、今はまた更新ストップ中・・・?



続いて緑の電車。こちらも貴重なGTO車。
運よく目当ても晴れ間にやってきました。

撮影頻度が落ちていたので、WBやSSの設定、置きピンの感覚など、
カメラの電池の充電と共にどこかへ放出されておりました・・・(笑)

密を避け、一人でおとなしく撮影する分には、何ら問題はなさそうですね。
近く、8500系も久しぶりに撮りに行きたいですね!

それでは。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加



« 前ページ