茶の間の教室から「新しい日本人創り」

このサイトは「日本国の教育を良くしたい」と挑む 理学博士の姿と その人物像を支援するために 発信しています

お茶の間で 日本国の教育を良くしたいと挑む 女性の理学博士

2019-02-06 21:59:02 | 日記

このサイトは「日本国の教育を良くしたい」と挑む
理学博士の姿と その人物像を支援するために
私の 支援内容と共に 発信しています





「日本国の教育を良くしたい」と挑む 女性の理学博士 長谷川園子さん

・・・・・・・・・・・・・・

なぜ「お茶の間」なのか

ブログ テーマを見て下さい
お茶の間で 日本国の教育を良くしたいと挑む 女性の理学博士・・です

学びとは・・
きれいな部屋でしか 学べないと 思っていませんか?
茶の間でも「子供が大きく育つ学び」がここにあります


早速ですが・・
長谷川園子さんの「お茶の間」を 紹介します


ふつーの リビングです




これまた 生活感がある ふつーの リビングです




皆様の お部屋のリビングと 変わりません



・・・・・・・・・・・・・・・
長谷川園子さんが発信する教育
21世紀型・探求型学習塾
それが
「探Q舎」

真の学力をきたえる
最強の寺子屋


探Q舎のホームページ
https://www.tankyusha.com/%E6%8E%A2q%E8%88%8E%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/


・・・・・・・・・・・・・・・

イベント授業の様子



これ・・何だと思います?
キャベツを テーブルの上に 並べています。




いったい 何が始まるのか
これが 長谷川園子さんの 授業スタイルです


・・・・・・・・・・・・・・・・
長谷川園子さんへの 私の支援内容

文部科学省が「弘田さん 是非 全国にひろげて」と
応援して下さる「応援のメッセージ」が これです







私の教育プログラムの一例





教育の様子が目に見え 効果がすぐに現れる・・と
お母さん方が 授業の参観に いらっしゃいます






この授業を羨ましがる お母さんや お父さんの声

ある お母さんの声
こんな授業が 私の時代にあれば
私の人生は 大きく違っていた

ある お父さんの声
この授業を もっと早く受けていたら
息子の進路選択肢を 一本化できたのに






・・・・・・・・・・・・・・
教育プログラムの基本部分

皆さんは「自分の子供が何に向いているのか」
理解して いらっしゃいますか?

そこが わからないから・・
成績だけで 進路決定を してしまう

中学から高校への進路選択を
成績と家計のやりくりだけで 決めてしまう

すると 高校を卒業して就職する子供たちは
「この職場は いやだ」とか「自分に向いていない」
などの理由で 早期に離職してしまう


不幸な人生が 始まります

まず 生活基盤の 収入の安定が望めない
次に 非正規社員を募集する企業ばかり

自分の子供を そんな未来へ向かわせたいですか?




10分間の演習で
中学一年生が「自分の未来の働く姿が見えた」と
言い出す授業が 開発されました




これが 中学一年生 約800名の感想の抜粋





日本人は 小学生の時代に
「自分が何にむいているかを 選択する能力」が
きっちりと 形成されています



この能力を 学校教育は「放置していた」

ひどい ですよね・・
学校教育は この能力を引き出す作業を
やる必要はない! と
明確に「言い切っています」


その実態は 私の「別のブロブサイト」で紹介していますが ここでは触れません



授業の様子です
今後 プログラムの紹介と共に 詳細な教育手法と 実績を公表します



「日本国の教育を良くしたい」と挑む
女性の理学博士 長谷川園子さんと
私は「まったく同じ意見なのです」



長谷川園子さんは「小学生向けのプログラム」から始め
私は「中学生向けのプログラム」から始めました

この別々の「小中学生向けの 二つのプログラム」が
合体した のです


これを 皆さんの子供たちへ提供いたします


・・・・・・・・・・・・・・
発想力と 想像力
皆さんは
発想力と想像力は「数値化できる」ことを
ご存知ですか?




この授業で 数値化できるのです


詳しくは
探Q舎のホームページ「中学生コース」をご覧下さい。








































コメント