柴ブログ

柴やすらぎの園の魅力をたくさんの方に知ってほしい!

職員の努力~入居者様のために~

2019年02月08日 | 日記
本日は、柴やすらぎの園の職員が入居者様のために努力したことをご紹介したいと思います。
まずは、先日実施した節分豆まきを盛り上げるために、職員が手作りの作品を作ってくれました。



とても手が込んでおり芸術の域に達しているのではないかというくらい本格的な作品です。
本当にすばらしい特技です。


続いては、柴3丁目ユニット職員がユニットの入口を玄関に作り上げてくれました。





こちらも職員のセンスが光っており、「家」らしくなりました。
このように入居者様の生活に溶け込んでいる職員の努力はまだまだあります。
これからもご紹介していきます♪

寺尾分館文化祭

2019年02月04日 | 日記
毎年この時期になると、柴やすらぎの園の近所にある公民館で文化祭が開催されます。
柴やすらぎの園では、毎年恒例で入居者様がこの1年間で作った作品を出品しています。
今年は書道クラブのメンバーによる書道や俳句を出品しました。
柴やすらぎの園が地域の中に溶け込んでいる姿を再確認することができました。




冬の楽しみ♪

2019年01月18日 | 日記
近頃世間ではインフルエンザなど感染症が流行しており、感染症予防のために柴やすらぎの園の入居者様には人混みへの外出を控えてもらっています。
外出の楽しみを控えてもらっている分、「食」で楽しんでもらおうと、柴やすらぎの園の管理栄養士さんと厨房職員さんが季節を感じられるような食事を考えてくれました。
まずは、年明けにお弁当形式のおせち料理です。





内容はもちろん、お正月の雰囲気が出るような見た目にもこだわっていました。
料理を見た途端にある入居者様が「お正月みたいだな~」とおっしゃっていましたので職員の努力は報われたと感じました。

また、別の日にはお汁粉が出ました。



お汁粉に加えて、ユニット職員がアップルパイを焼いて一緒にお出ししたところ、おいしいと話しながら召し上がっていました。

そして毎年この季節になるとやってくる「鍋の日」が先日ありました。
今回は入居者様に大好評の餃子鍋です。



入居者様の目の前で厨房の職員さんが盛り付けてくれました。
作り手の顔が見える食事って良いですよね。
これからもどしどしご紹介していきます!

新年の一句

2019年01月01日 | 日記
新年明けましておめでとうございます。
今年も柴やすらぎの園をよろしくお願い致します。

さて、新年の挨拶をするために各ユニットや入居者様のお部屋にお邪魔していると、ある入居者様が詠んだ素敵な一句が目に飛び込んできましたので、ご本人にもご了解いただき、みなさまにご披露したいと思います。



ご本人にどんな思いでこの句を詠んだのかお伺いしたところ、「職員さんにいつも良くしてもらっているので感謝の気持ちを伝えたかった」とお話されておりました。新年から心温まる一句と言葉をいただきました。
また今年1年もみんなで力を合わせて頑張っていきましょう!!

2丁目ユニット忘年会

2018年12月19日 | 日記
本日は2丁目ユニットの忘年会でした。



たくさんのご家族に参加していただき盛り上がっていました。
お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。

2丁目は、入居者様、ご家族、職員が協力して、すいとんやデザート作りをしました。



率先して包丁を握り、野菜を切ってくれたり、デザートのデコレーションを手伝ってくれました。







やはり慣れた手つきであり、入居者様が力を行使できるようにお手伝いすることの重要性を改めて感じました。
みなさんとてもいきいきして見えました。

そして、忘年会の開会挨拶を担当してくださった入居者様は、自分で内容を考えて紙に書いて用意してくれていました。
とても上手に挨拶してくださいました。



最後は、職員による紙芝居の披露です。



実施するたびに本格的になってきており、今ではプロの域?と思えるほどの紙芝居です。
みなさん真剣に、そして楽しそうに鑑賞していました。

こうして見ていると、各ユニットとも入居者様、ご家族、職員の絆が年々深まっていると感じます。
とても良い関係が築けていると思います。
そして柴やすらぎの園の外に目を向ければ、地域のみなさまがいます。
これからもみんなで支え合って助け合い、成長していければと思っております。

今年の6月から柴やすらぎの園の魅力を知っていただきたくブログを始めました。
そんな魅力のほんの一部ではありましたが、みなさまに伝わりましたでしょうか?
今年のブログはこの辺で終わりにしたいと思います。
また来年も柴ブログをどうぞよろしくお願い致します。