韓国ドラマ 私のおじさん DVDのあらすじ全話

韓国ドラマ「私のおじさん DVD」日本語字幕。OST付きのあらすじ全話一覧最終回までと放送情報をご覧ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私のおじさん 韓国ドラマ DVD

2019-05-22 10:41:34 | 韓国ドラマ 私のおじさん DVD

私のおじさん DVD+OST

監督:キム・ウォンソク
脚本:パク・へヨン
出演:イ・ソンギュン、IU、パク・ホサン、ソン・セビョク
言語:韓国語
字幕:日本語
ディスク枚数:9(本編8枚 + 1 CD )

私のおじさん あらすじ

建設会社の派遣社員イ・ジアン(IU)は、会社の人たちとも会話をせず孤独に働き、夜も飲食店のバイトに明け暮れる日々を送っていた。いつも借金取りに追われ、祖母が入る介護施設の支払いも滞っているようなギリギリの生活。困り果てたジアンは、祖 母を介護施設からこっそり連れ出すことを決める。

一方、ジアンのいる建築会社に勤める構造技術者のパク・ドンフン(イ・ソンギュン)は、かつては設計チーム、今は修 繕チームを率いる部長として働いていた。ある時、ジアンが給湯室のインスタントコーヒーを盗んでいるのを見かけ、その日以降彼女の行動が気になり始める。そんな中ドンフンの元に、差出人不明の商品券が大量に送られて来る。何かの手違いではないかと思いながらもドキドキしながら急いで自分机に入れているところをジアンに見られてしまう。次の日 確かに机の引き出しにしまったはずの商品券が消えてしまう[私のおじさん 日本語字幕]。

仰ぎ見るキャリアも、うらやむだけの能力もない。ただ道理通り生きていくだけの普通の中年おじさん。しかし、その中には九歳の少年のピュアさがあり惰性に染まらない志はある。人間の本能的な温かさと私たちが忘れていた「人間の魅力」を持つおじさん。

それぞれの方法で人生の重みをよく堪えているおじさん三兄弟と、彼らとは全く違う生き方だけど同じように人生の苦労を経験し厳しい現実の日々を送り、肩ひじを張って生きるしかなかった若い女性が、お互いの人生を見つめながら人生を癒やしていく硬派なドラマです。


コメント