非公式みずきが丘自治会

横浜市都筑区のみずきが丘自治会の非公式ホームページです。(ホームページ作成講座用)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天皇と日本憲法 反戦と抵抗のための文化論

2014年10月24日 | その他

書名:天皇と日本憲法 反戦と抵抗のための文化論
著者:なかにし 礼
発行所:毎日新聞社
発行年月日:2014/3/10
ページ:245頁
定価:1500円+税

作詞家なかにし礼の反戦、反核、反原発の文化論です。先年食道ガンになって抗がん剤、手術、放射線治療しかないと医者に言われて、それ以外の医者にあたってみてもやっぱり同じ事を言われる。そこでネットで調べまくって、陽子線治療という治療法を見つけて、それを実施してくれる病院を探した。とここと。そしてその治療の効果があってガンは完治した。一度死を覚悟した体験から「言うべきことは生きている内に言わないといけない」とこの本を書いたとか。

最初に日本国憲法、特に9条、これは改憲してはいけない。白州次郎が「プリンシプルのない日本」で「この憲法は占領軍によって強制されたものである」と言っているが、つづいてその理由は松本蒸治博士による日本政府最後の憲法修正案も天皇主権だったからだ」白州はよっぽど画期的な修正案でないとGHQは承諾しないと松本国務大臣に告げていたにも関わらすである。

「新憲法のプリンシプルは実に立派である。マッカーサーが考えたのか幣原総理が発明したのかは別として戦争放棄の条項などその圧巻である。押しつけられようが、そうでなかろうがいいものはいいと素直に受け入れるべきではないだろうか」また白州は「独立復興後の日本においては、本当に我々日本人よって憲法を制定すべき」ともいう。それは改悪された憲法ではない。この新憲法を超えた立派な憲法を日本人の手で作らないと言っている。

なかにし礼は太平洋戦争で棄民されているという。ソ連が日ソ不可侵条約を破って攻めてきたとき関東軍はなかにし礼など民間人を捨てて逃げてしまった。次に本土からは受け入れられないから現地で自活するという通告がやって来た。関東軍にも、日本政府からも捨てられた経験を持つ著者の反戦の言葉は重い。淡々とエッセー風に書かれているが、奥が深い思索は一杯の本です。やはり作詞家の文章かな。

コメント

電縁サロン内容

2014年03月23日 | Top

今日の電縁サロン内容を纏めておきました。
1.Linuxの紹介
・10年前のパソコン(XPに使用)にLinuxOS(Zorin OS)をインストールしたもののデモ
 windows7、XP風に表示が出来るLinuxOS(Zorin OS)
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/smf/index.php?topic=10327.0
2.簡単な写真の撮り方(ちょっと頭の隅に入れておくと良い写真が撮れるかも)
http://pasopia.velvet.jp/sub/torikata/
3.WindowsXPを使い続ける。
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/smf/index.php?topic=10601.0
4.[ 迷惑 ] Baidu IMEをアンインストール・削除する方法
http://yossense.com/baidu-ime/
5.[迷惑]hao123がアンインストールできない!? 削除する方法
http://yossense.com/hao123_uninstall/
6.Classic Shell
7/8/8.1のスタートメニューなどをXP風に変更できるソフト
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/classicshell/
7.Windows8 / Windows8.1で致命的なバグ!ファイル消滅の危険性!高速スタートアップを有効が危ない
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/smf/index.php?topic=10726.0
外付けHDDをXp、7と8,8.1で使い回すとファイルが消滅する場合がある。
8.パソコンの買い換えに利用しています。(マウスコンピューター)
http://www.mouse-jp.co.jp/?lid=lidp0002
長野県にあるパソコンメーカー、ネット、電話での注文、カスタマイズ出来る。Windows7、8.1の選択可能。コストパーフォーマンスに優れている。一般には余り知られていないが、ディスクトップ型には定評がある。
・CPUは2コア(4コア)以上、メモリは4G以上(出来れば8G)
9.京都の桜情報 2014
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/sakura/
春の京都旅行、お薦めの桜の名所は?時期と場所を選ぶことが出来る。比較的実際の開花情報と違っていないサイトだと思います。(営業用サイトではない)京都植物園などはいろいろな桜があるので、4月中は楽しめそうです。
10.メールソフト(メーラーとも言う)
秀丸メール(秀丸エディタ購入者は無料)
http://hide.maruo.co.jp/software/hidemarumail/doc1.html
Thunderbird (フリーソフト)
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/thunderbird/
Becky! Internet Mail(4200円)
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/becky/

メールソフトの要件は
・軽いこと
・操作が簡単なこと
・メッセージの検索が容易であること
・アドレス帳の編集が簡単なこと
・複数のアカウント(メールアドレス)が使える
・データ形式を長期に渡って変えないこと。継続性があること。
 (過去のメールは情報の宝庫です。OSが変わっても使えること)
因みに私はWindows3.1の時代からWemailを使用しています。しかしサポートは終了しています。Windows8.1でも動く。(過去のメールを検索するときに使っている)
上記の3点のメールソフトはこの要件を満たしていると思います。
11.高尾梅郷散策(帰り間際に決まった)
日時:平成26年3月24日(月)10:00
場所:JR高尾駅北口改札
内容:高尾梅郷散策約3時間位

コメント

荏田南の曼珠沙華 - 都筑の風景

2013年09月21日 | その他

荏田南の曼珠沙華 - 都筑の風景

http://www.city-yokohama-tsuzuki.net/Landscape/thumbnails.php?album=27

もうすぐ彼岸、荏田南にも彼岸花が咲き始めました。ここは赤い花と一緒に白い花も咲きます。今年も赤白の花が揃って咲きました。

荏田南の曼珠沙華 on PhotoPeach - Fresh slideshows to go!
http://photopeach.com/album/o7154v

コメント

東方の彼岸花

2013年09月21日 | Top

仲町台駅前から高台を下ったところに白い彼岸花が咲いていました。また東方天満宮にも数は少ないのですが、真っ赤な彼岸花が咲いていました。

 

コメント

御岳山のレンゲショウマ

2013年09月04日 | その他

御岳山のレンゲショウマ - 風に吹かれて隠れ里
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/cpg/thumbnails.php?album=47

お 盆を過ぎると御岳山の御岳平(ケーブルカー上駅)のすぐ近くにレンゲショウマの花が咲きます。公称5万株、日本一のレンゲショウマの群生地です。何年かぶ りに小さな妖精、可憐なレンゲショウマを観に行ってきました。平日にも関わらず大勢の人がいました。天候が良かったせいかな。今年のレンゲショウマは ちょっと見頃を過ぎている。9/15までは観られるとのこと。青梅線御嶽駅下車バス8分、ケーブルカー6分、徒歩2分の所にいっぱい咲いています。

御岳山のレンゲショウマ on PhotoPeach - Fresh slideshows to go!
http://photopeach.com/album/oferbg

 

コメント

鎌倉のあじさい

2013年09月04日 | Top

鎌倉のあじさい

コメント

ばじょうじ谷戸のあじさい - 都筑の風景

2013年06月21日 | Top

ばじょうじ谷戸のあじさい - 都筑の風景
http://www.city-yokohama-tsuzuki.net/Landscape/thumbnails.php?album=22

都筑中央公園の一角にばじょうじ谷戸があります。そこには10年ほど前に竹藪を切り開いて、あじさいを挿し木で植えたところがあります。年々あじさいが育ってきて今では格好のスポットとなっています。今日は雨降り、雨に映えるあじさいが見事でした。ばじょうじ谷戸の休憩所で雨宿りをしながら、あじさいを楽しんできました。まだまだ見頃が続きます。

ばじょうじ谷戸のあじさい on PhotoPeach - Fresh slideshows to go!
http://photopeach.com/album/10vo2pg
tsuzuki3 on PhotoPeach - Fresh slideshows to go!
http://photopeach.com/user/tsuzuki3

コメント

薬師池公園の花菖蒲&あじさい

2013年06月19日 | Top

薬師池公園の花菖蒲&あじさい - 風に吹かれて隠れ里
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/cpg/thumbnails.php?album=36

知る人は知るという薬師池公園(町田市)花菖蒲を見に行ってきました。薬師池公園は四季を通じていろいろな花々で楽しませてくれます。中でも花菖蒲は品種の多さ、数量の多さは圧巻です。また水量が豊富なので生き生きとした花を咲かせています。今まさに見頃です。横浜より少し遅い開花になります。いつものように鶴見川を自転車でゆっくりこぎながら行ってきました。今日はちょっと動くだけであせびっしょりでした。額紫陽花の種類も多いところです。帰りに寺家ふるさと村に寄ってみました。

薬師池公園の花菖蒲&あじさい on PhotoPeach - Fresh slideshows to go!
http://photopeach.com/album/9rlbul
tsuzuki on PhotoPeach - Fresh slideshows to go!
http://photopeach.com/user/tsuzuki

コメント

鎌倉の紫陽花2013

2013年06月19日 | Top

鎌倉の紫陽花2013(1) - 風に吹かれて隠れ里
北鎌倉駅-明月院-長寿寺-薬王寺-岩船地蔵堂-海蔵寺-源氏山-光則寺
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/cpg/thumbnails.php?album=34

今日はちょっと早く起きて鎌倉の紫陽花を見に行ってきた。いつもとは逆のコース、北鎌倉駅-明月院-長寿寺-薬王寺-岩船地蔵堂-海蔵寺-源氏山-大仏ハイキングコース-光則寺-長谷寺-御霊神社-成就院-極楽寺と歩いて来ました。明月院8:30開門と同時に入りました。比較的すいていました。100人ほど並んでいた。しかし長谷寺では13時過ぎについたら、平日にも関わらず、紫陽花散策路は45分待ちでした。久々の天気でどっと人が出てきたという感じでした。今年は良い天気が続いて雨が不足で、ちょっと寂しい紫陽花でした。今年は不作の年のようです。今が見頃です。このアルバムは光則寺まで

鎌倉の紫陽花2013(1) on PhotoPeach - Fresh slideshows to go!
http://photopeach.com/album/qm0i6v
tsuzuki on PhotoPeach - Fresh slideshows to go!
http://photopeach.com/user/tsuzuki


鎌倉の紫陽花2013(2) - 風に吹かれて隠れ里
長谷寺-御霊神社-成就院-極楽寺
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/cpg/thumbnails.php?album=35

今日はちょっと早く起きて鎌倉の紫陽花を見に行ってきた。いつもとは逆のコース、北鎌倉駅-明月院-長寿寺-薬王寺-岩船地蔵堂-海蔵寺-源氏山-大仏ハイキングコース-光則寺-長谷寺-御霊神社-成就院-極楽寺と歩いて来ました。明月院8:30開門と同時に入りました。比較的すいていました。100人ほど並んでいた。しかし長谷寺では13時過ぎについたら、平日にも関わらず、紫陽花散策路は45分待ちでした。久々の天気でどっと人が出てきたという感じでした。今年は良い天気が続いて雨が不足で、ちょっと寂しい紫陽花でした。今年は不作の年のようです。今が見頃です。このアルバムは長谷寺から。

鎌倉の紫陽花2013(2) on PhotoPeach - Fresh slideshows to go!
http://photopeach.com/album/j6bh2h
tsuzuki on PhotoPeach - Fresh slideshows to go!
http://photopeach.com/user/tsuzuki

コメント

折田不動公園の新緑2013

2013年04月10日 | Top

折田不動公園の新緑2013 - 都筑の風景
http://www.city-yokohama-tsuzuki.net/Landscape/thumbnails.php?album=14

先日の嵐の後、雲一つ無い快晴折田不動公園にも新緑が美しい季節になりました。うめももの花、タンポポ、山桜の花など花がいっぱいです。みずきが丘でもハナミズキが咲き始めました。シャガも咲いています。

折田不動公園の新緑2013 on PhotoPeach - Fresh slideshows to go!
http://photopeach.com/album/66vv0n

コメント