YMCA西中田保育園 - 元気で明るい保育園 -

1999年4月に開園した保育園です。保育園の日常をお知らせするブログを開設しました。皆さんお越しください。

幼児部のクリスマス礼拝が終わりました。

2018-12-14 17:16:45 | 日記

幼児部のクリスマス礼拝が無事に終わりました

 

朝、雪がちらついていたので、寒い礼拝になるかもしれないな、、、と心配しましたが子どもたちが登園する頃には

太陽が見え始め、日向は暖かさも感じられれるほどになりました。

 

皆さん、時間通りにと集まってくださったおかげで、スムースに開始できました。

 

ひかりぐみの子どもたちの「あらののはてに」の讃美歌で始まった礼拝では

仙台教会の風間義信牧師より、「寒い寒い日に生まれた、イエス様のことをいつまでも覚えておくために

クリスマスのお祝いをするのです。今年は2018回目のクリスマスですよ。」

というお話をしていただきました。

 

子どもたちはとても真剣にお話を聞いていました。

 

牧師先生のお話の後は、いよいよクリスマスページェントです。

これまでの、ページェントごっこで覚えたことを、お家の方に見ていただくために

そして、神さまにおささげするために、一生懸命役を演じます。

 

今日は今までの中で一番声が大きく出ており、子どもたちのやる気が感じられました!

 

ページェントの後は祝会です。

クラスごとにクリスマスの歌を発表しました

 

どのクラスもとても堂々と上手に歌うことができていました

 

お楽しみのコーナーでは職員によるパネルシアターを見ました。

みんなのところにはサンタさんがくるかな???

 

 

園児の保護者による、フルート演奏には、子どもも大人もうっとりと聴きほれていました。

クラシックやデイズニーの曲、そして最後には今年の話題曲、USAも演奏してくださいました!

心に響く、フルートとピアノの音色に癒された時間でした。

 

保護者の皆様、衣装の準備や献金等本当にどうもありがとうございました。

 

来週の火曜日の乳児部クリスマスもどうぞよろしくお願い致します。

週末はゆっくりとお過ごしください

 

あっけ

コメント (1)

明日はクリスマス礼拝です!

2018-12-13 18:18:27 | 日記

明日は幼児部のクリスマス礼拝です

 

12月に入ってから、ページェントごっこをするたびに、歌が上手になり、せりふも堂々と言えるようになってきた

子どもたち。

明日はお家の方と神さまに見ていただくために、一生懸命演じます。

ホールの準備も万端です!

 

保護者の皆様、年末の平日というお忙しい中ですが、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

そういえば、西中田保育園の看板が新しいものになったのをご存知でしたか?

新しいものは、バックライトもついて、明るくはっきり見えるようになりました。

新幹線からも見えるかもしれません!!

是非、ご覧下さい。

 

 

あっけ

コメント

パパラチアコンサートが行なわれました♪

2018-11-27 17:53:45 | 日記

日暮れが早くなりました。園庭のイルミネーションも夕方になると灯りが灯り、子どもたちも嬉しそうに眺めています

 さて、先日パパラチアコンサートが開催されました

今年はサンタの衣装を着ての登場

子どもたちも大興奮でしたよ

 

 子どもたちの知っている歌も歌ってくださり子どもたちもこの笑顔

 トトロメドレーが始まるとノリノリの子どもたち。『さんぽ』ではステージに招いていただいて一緒に歌って踊りました

 

『三つのわらべうた』の『あんたがたどこさ』や『ずいずいずっころばし』もうたってくださり、子どもたちはくぎづけでした

 

 

 

『勇気100パーセント』では、身を乗り出して踊っていたお子さんもいました

 

 

前日からこの日のことを楽しみにしていた子どもたちです

パパラチアさん、お忙しい中楽しい時間をありがとうございました

 

地域活動担当  タカハシ

 

コメント

パパラチアコンサート開催のお知らせ♪

2018-10-25 18:17:15 | 日記

日暮れが早くなり、すっかり秋らしくなりましたね

さて、先日の❝魚の解体ショー❞に引き続き、今回は女性合唱団パパラチアさんによる、クリスマスコンサート開催のお知らせです♪

今年は11月21日(水)に行います

 

申し込みの締め切りは11月12日(月)となっています

 

 

写真は去年の様子です今年は何を歌ってくださるのでしょうか募集定員は15組となっておりますが、沢山の方の参加をお待ちしています

 

地域活動担当  タカハシ

コメント

魚の解体ショー

2018-10-24 17:23:25 | 日記

先日、魚の解体ショーが行われました

今年も魚をさばいてくださったのは、保育園でもお世話になっている入芳魚店の阿部さんです(なんと、ほし組のKちゃんのおじいちゃんです

前日から魚の解体ショーを楽しみにしていた子どもたち。後姿からも楽しそうな雰囲気が伝わってきます

こんなに大きな魚を2匹(鮭雄雌1本ずつ)もさばいてくださいました

こちらは魚をさばいている様子です。興味津々で椅子から立ち上がって見ているほど

さばいた後の様子も見せてくださいました

 ※最初は雄、お腹を開き精巣を取り出しました。この時期の魚体そのものは雄がおいしいそうです。身も大振りでした。

 ※2匹目は雌。こちらは卵巣が出てきました。イクラですね。こちらは保育園では生イクラとしては食事できないことが残念です。

※この時期のメスは、子孫を残すために卵に栄養がいってしまうため雄よりは味が落ちるそうです。

「これは皮だよ」等と、説明もしてくださいました

魚を切り終わった後は皮や骨などを触らせていただきました

※血にまみれた皮、肝、頭は当然、生臭さ抜群です。しっかりと手洗いをしましたが、若干の匂いがのこりましたでしょうか?

 

さばいていただいた魚は午後のおやつに『鮭のチャンチャン焼き』として出てきました食欲旺盛なぶどう組の子どもたちはたくさんお代わりを食べてとても満足そうでしたよ

魚をさばいてくださった阿部さん、参加してくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました 

地域活動担当  タカハシ

※大きな魚を1っ本まるまる裁くことは現代の家庭ではなかなかありませんね。子どもたちにとっては良い体験となったことと思います。毎日の昼食に出てくるお魚が阿部さんに裁かれていること、こんなに大変な作業をして大切に保育園に運ばれていること、そして、厨房スタッフができるだけ美味しく調理していてくれることを感じてくれれば嬉しいことです。そして、家庭でもお母さんをはじめ保護者が毎日調理していることを感じ取ってくれたことでしょう。(髙松)

 

 

コメント