小山市文書館を支援する会

☆当会は、過去・現在・未来への扉、小山市文書館を、より良い市民のための文書館とするため、支援活動を展開します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

■文書館の現状

2010-04-18 20:57:07 | ■活動日記
 お久しぶりです。管理人の「もんきち」です。最後に更新してから、1年近くが経過してしまいました。管理人の怠慢です。弁解をすれば、活動できない諸事情が有ったのです。その間、予想外に、多くの方々に、訪問していただきました。感謝致します。

 そうしている間にも、我が国の公文書の管理・保存は、外務省の件に代表されるように、大きな問題があることが、世間に知られることとなりました。現政権の問題点は、多々有るとは、思いますが、このような事実が明らかになったことは、1歩、前進であると思います。

 しかし、国も地方自治体も、まだまだです。小山市、小山市文書館も例外ではありません。

 文書館の組織は、昨年、学芸員が退職、国立公文書館で研修を受講した司書2名が異動となりました。また、代わりに着任した学芸員も、この4月に異動、専門職は、館長1人となったようです。さらに、長年、史料整理に携わった非常勤の方も退職となったようです。

 当会には、文書館の問題点が直接・間接を問わず、多数、寄せられています。今後、その内容を、公表して行きますが、たとえば、閲覧がしずらい。歴史や文書について質問しても、明確な回答をしてくれない。寄贈をしようとしても、断られる。預けた文書の目録を持ってきて、いらないものもあるだろうから選んでくれと所蔵者に要求する。文書館に古文書を読める担当者がいない。催し物が少ない。常設展の内容が落ちた。発行物が増えていない。一部の職員の態度に疑問を感じる。収集基準を行政の職員だけで決めている。委員会も開催されていない。などなどです。

 小山市文書館の場合、長年にわたる市民運動、議会による質問により、現市長の決断で設立されました。しかし、現状は、危機的状況にあります。

 当会は、このような状況を憂い、さらに、小山市文書館を支援して行く考えです。皆様も、より良い文書館になるよう、ご支援、宜しく、お願い致します。市民・利用者、一人一人の文書館です。

 ご意見など、有りましたら、お寄せ下さい。
コメント (12)

■第1回 小山市文書館見学会を開催

2009-05-23 09:25:38 | ■活動日記

5月22日(金)、9時より、「小山のまちづくりを考える会」と合同で、第1回小山市文書館見学会を開催しました。同時に、市民共有の財産である公文書の評価選別の実際、小野塚家文書の現状などについても、説明していただきました。
石川館長さんをはじめ、文書館職員の皆様には、業務、ご多忙にもかかわらず、親切に、ご案内、ご説明をいただきました。感謝申し上げます。


さて、見学場所は、以下の通りでした。
①小山市立博物館の文書館使用部分
②東城南にある文書館分館
③八幡町にある保存庫
④文書館本館


最後に本館において、石川館長さんから公文書の評価選別などの説明を受けました。参加者からは、施設、史料の取り扱い、公文書の評価選別などの諸問題について質問・指摘がなされ、要望も出されました。これに対し、館長さんからは、「上司と、よく相談し検討します。」と、積極的な回答がありました。次回の見学会には、その回答をしてくださると共に、改善の実態を示していただけることでしょう。


参加者は、8人でした。ご都合により、または、事務担当の連絡不行き届きで参加できなかった方もおられます。参加された方も、もっと、じっくり見学、説明を聞きたいという方がおられましたので、第2回見学会を開催する予定です。日時が決まりましたら、お知らせいたします。


なお、当会のことが、少しですが全国に知られるようになってきました。全国の専門家の皆様方も、次回は、ぜひ、ご参加ください。そして、私たち小山市民の文書館が、より良い方向に発展しますよう、ご意見、ご指導を、お願い致します。


小山市文書館は、「過去に学び・現在を知り・未来を創造する」市民のための施設です。小山のまちづくりのために、とても重要な施設です。これからも、しっかり支援してまいりましょう。


参加した方、参加できなかった方、全国の専門家の皆様方、ご意見を、お待ちしております。
コメント (5)

■小山市文書館見学会のご案内

2009-05-18 07:02:58 | ■催物案内

当会は、小山市文書館を支援しながら、より良い市民のための文書館とするため活動することを目的に設立しました。そのためには、文書館の現状を把握することが必要です。
そこで、「小山のまちづくりを考える会」と合同で、文書館見学会を開催することにしました。
施設は、もちろんですが、市民共有の財産である公文書の評価選別の実際などについても、説明していただく予定です。興味のある方は、どうぞ、ご参加ください。
文書館は、「過去に学び・現在を知り・未来を創造する」施設です。まちづくりのために、とても重要な施設です。小山市文書館が、現在、どのように機能しているのか、自分自身の眼で確かめに出かけましょう。

日時 平成21年5月22日(金) 午前9時より

【ご注意】施設は市内に分散しています。見学会にあたっては、移動が伴いますので、参加ご希望の方は、必ず、下記へ、お申し込みを、お願い致します。

申し込みは、左側のメッセージから、お願い致します。
または、下記「小山のまちづくりを考える会」に、お願い致します。
・メール cbn03545@nifty.com
・H P http://homepage2.nifty.com/machidukuri/
コメント

■文書館見学会要望

2009-05-02 06:12:31 | ■要望

当会は、小山市文書館を支援しながら、より良い市民のための文書館とするため活動することを目的に設立しました。そのためには、文書館の現状を把握することが必要です。
そこで、「小山のまちづくりを考える会」と合同で、文書館見学会を開催することにしました。
これから、文書館と日時を交渉します。また、お知らせいたしますので、その際は、ぜひ、ご参加ください。
コメント

■文書館の施設

2009-04-27 07:14:38 | ☆文書館の概要

小山市文書館の施設については、文書館ホームページや同館発行のリーフレットなどに掲載されています。しかし、周知されておりませんので、明確には分かりません。当会は、文書館を支援して行くわけですが、その対象である館が、どのようなものであるのか、知っておく必要があります。


とりあえず、現段階で、次の4か所であることが分かりましたので、お知らせしておきます。

①文書館本館・石蔵・作業室(八幡町)
②保存庫(八幡町)
③分館(東城南)
④博物館の一部(乙女)

コメント