ウッディワンblog

地域密着のはうすwoodyoneへようこそ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

業界のボトムアップを

2016-01-30 15:36:24 | 日記
先日、不動産無料相談で協会に行ってまいりました。
電話でも相談できるようになっていまして、私が受け持った相談案件が一日に12件ありました。
そのうち一般消費者が3件、同業者が9件でしたが、業者の勉強不足や経験不足にはいつも驚かされます。
業者としてお客様から報酬を受け取るプロとして、誠に情けない限りです。
そしてまたその情けない相談のほとんどが、大手不動産業者の従業員です、毎月のノルマが与えられて馬車馬のように働かなければならない状況で、自分で調べたり勉強したりする時間がないことは想像できますが、本人自身にその自覚がなければダメですね。
ただただトラブルが起きないことを祈ります。
この業に携わる者として、個人の専門知識や資質を高める努力を絶やさないことで、消費者から本当に信頼できる産業に発展することを強く望みます。
コメント

「リニア時代の地域づくり」を聴講して

2016-01-23 12:04:36 | 日記
昨日は忙しい一日でした、業界の研修会・新年会のあと、尾張旭市商工会が主催する新春懇談会に出席しました。
開会のセレモニーには間に合わず講演の途中からの参加でしたが、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの加藤義人氏の講演を途中からの聴講でしたが、2027年の品川名古屋間の開通までの11年間に周辺地域がすべき課題についてのお話しでした。名古屋駅からの交通アクセスを整備する事で、名古屋都市圏がもっともっと拡大して、その波及する効果を広域で享受すべきだという事、たとえば名鉄瀬戸線の路線整備や高速道路とのランプによる接続など、非常に夢のある内容でワクワクしました、特に尾張旭市は名古屋圏の魅力的なベッドタウンとして発展する可能性を持っているという事です。
講演の後で名刺交換する機会がありましたのでご挨拶いたしましたが、私たちの業界に期待するとの事で、身の引き締まる思いをした一日でした。

コメント

マイナンバーと新年会

2016-01-23 11:19:32 | 日記
昨日は業界の研修会と新年会に出席して参りました。
前段の研修会ではマイナンバー制度について花村会計事務所の花村一生氏の講演でしたが、まだ解らない事が多いテーマで非常に興味深いお話しでした。
個人番号を他人に知られても分散管理しているので、大騒ぎするほどの問題はないとの事、また公的機関に提出する書類には番号を記入するのですが、民間に渡す場合は記載してはいけないなど知らなかったことばかり、それから「個人番号利用事務等に従事する者が正当な理由なく、特定個人情報ファイルを提供した場合の罰則が4年以下の懲役または200万円以下の過料」とありますが、これは行政などの公的職場で働く人たちが対象で民間には適用されないなど、安心できる内容と、制度活用推進ロードマップ(今後どのように利用されるかを示した時系列表)ではカード一枚で私たちが統括管理される未来への恐怖、不安を考えさせられた講演でした。
聴講したみなさんからは、たくさんの質問があり関心の高さを感じました。
このあとの新年会では明るい雰囲気の中で、参加者同士が和気あいあいとした楽しいひと時を過ごしました。
情報をもっとも大切にするこの業界にあっては、懇談・懇親が信頼を高めるための潤滑油になっている事を実感した一日でした。
コメント

名古屋も今夜から寒波来襲

2016-01-18 12:23:23 | 日記
天気図の等圧線が台風なみに混んでいます。
関東方面でかなりの積雪による交通混雑が報じられていますね。
名古屋でも今夜から雪が降るような気象状況との事ですので、明日の朝は早めに行動しなければ・・
コメント

自然災害

2016-01-17 14:16:37 | 日記
阪神淡路大震災から21年。
私が住んでいる尾張旭市でも、その日の朝方の激しい揺れに飛び起きた事を思い出します。
朝のテレビでは高速道路もビルも倒壊して、街中に火災が広がってゆくのが映し出されていました。
災害で犠牲になられた方やそのご家族の人生が、その瞬間で変わってしまった事を考えると、今でも胸がつまる思いです。
人間は月に行く時代にあっても、自然を制御することができないのだという事を強く実感します。
私は愛、知県からの要請を受けて木造住宅の耐震診断や耐震改修を行っております、また震災後は被災建築物応急危険度判定を行うことになっています。
そして今年は地元の建築士会会員と尾張旭市とで災害避難場所と避難経路を震災直後に危険度判定をする協定を締結することになっています。
不動産や建築に従事する身として、少しでも災害に強い土地を斡旋し、強い住宅を建築することも含めて、市民の生命と財産を守るのだという思いを新たにしました。
コメント