熊本マリ

Hola! from Mari

強い心

2020-05-27 16:47:26 | 日誌
コロナでコンサートなどまだできず、たくさんの芸術家たちにとっては大変なことです。日常の練習の日々が、一瞬の舞台を作るのです。これからも、先が見えず不安な気持ちになる方がほとんどだと思います。音楽表現では、心がとても大切ですが、一層これからの時代は、どんなことがあっても強い信念と強い心を持ち続けることが必要ですね。音楽を専攻している学生にとっても同じです。願うこと、希望を持つこと、音楽の素晴らしさを実感すること。人生の中で芸術は欠かせないと思います、
コメント

学生たち

2020-05-24 19:25:18 | 日誌
今、まだ大学登校できない学生たち。大変だと思いますが、頑張ってください。今はしっかりと自分を見つめ直す時間、後になればとても貴重な時間になると思います。。音楽作りも内面が空になり、空想、想像で音を作り出すにはとても良いチャンスです。私にとっても!
昨日は、エンジェルローズと言うバラを買い、部屋が明るくなりました!!
コメント

美々卯

2020-05-22 15:56:34 | 日誌
47年間の歴史を閉じてしまい、残念でたまりません。ご商売をなさっているみなさまも本当に大変だと思います。それなのに、、、いまだに届かないマスク。あまりにもタイムラグがありすぎ。
大学のレッスンはオンラインでしています。新しい形のレッスン。オンラインでしか感じられない、体験できないレッスンを目指します。
ピアノのソロのコンサートは一番接触がなくステージに立てそうですね。
コメント

長生き

2020-05-19 19:15:13 | 日誌
私もよく占いでは、かなり長生きと言われた。16歳の時カーティス音楽院の、エレナーソコロフにレッスンをしてもらったが、何と105歳でまだ元気ばお姿を拝見して、、嬉しい限り!!教育に情熱をかける姿は美しい。作曲家mana zuccaの友人と聞き、長生きの輪?なのかなと、、感じた。指導者として学ぶこと多々ありと思った。
コメント

ゲリーグラフマン

2020-05-18 10:53:15 | 日誌
ランランやユージャワンの教師でもあったグラフマンのインタビューを聞く。実は、私もカーティス音楽院を17歳で受けたので、グラフマンが審査員としていたことを思い出す。笑顔も覚えている。ホロウィッツとのエピソードも面白い。良い教師との出会いとは、その人によって異なる。時期、求めるもの、相性など。人生、生きている間に変化する。
コメント

マスク

2020-05-12 20:26:20 | 日誌
まだ例の二枚のマスクは届きません。ほんとうに時間がかかりますね。もう、近くの店にマスク、は売っていました。大切な税金は、国民の役に立つ用に使っていただきたいものです。debussyのmasquesと言う曲があります。。彼が、妻と別れて、苦しい時にできた作品。
悲劇的な状態を表現したそうです。
日本人はとても真面目だと感じます。
コメント

ゴールドベルグ

2020-05-10 12:02:48 | 日誌
家の中で過ごす時間も長いので、久々バッハのゴールドベルグ変奏曲を一気に弾いた。やはり、曲の深さに癒され、弾いていても元気が出た。他のバッハの作品とは違う名曲、大曲の持つ素晴らしさに気づく。今日もまた、ウォームアップで弾こう。ウィンナーワルツを数曲、新しい曲も読み、気持ちは明るい。やはり、ピアノが好きだから何だろうな。この気持ちは、学生の頃と変わっていない。音楽、人、物、食べ物を好きになる気持ちは、人生の喜びでもある。
コメント

日々の感謝と悲しみ

2020-05-08 18:04:55 | 日誌
医療関係者の皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。せめて自分の自己管理をしなくては。昨夜、岡本行夫さんがコロナでお亡くなりになったことを知り、大変ショックでした。コンサートにはよくいらしていただきました。ブログも読んでくださいました。
エジプトのコンサートさえにはお世話になりました。これからは、ますます。家族、友人、人々の絆の大切さを感じます。一瞬一瞬時間は過ぎてしまいます。やりたいこと、やるべきこと、感謝の気持ちを忘れずに生きなくては。
コメント

自然の偉大さ

2020-05-06 22:35:47 | 日誌
昨夜の地震も怖かった。今、大地震が起こったら、、と思うと大変な危機感におそわれ、常に日本は、国民を守る用意はできているのか、、と心配になる。自然の力は凄い。人間も、大自然を大切にして、自然と共に共有しなくては。これからの時代に向けて、しみじみ思う。
また、音楽の表現も、自然な演奏者の心から浮き出る音楽は美しい。計算された、音楽表現はすぐにわかってしまうから。
コメント

学校

2020-05-03 11:43:43 | 日誌
ジュリアード時代、音楽史のクラスは本当に退屈だった。ほとんど私は、詩を書いたり、イラストを書いていた。嫌な時間がひらめきの時間になった。集中も出来た。先生が面白ければ、クラスも短く感じたと思うが、残念ながらとても長かった。良い教師は、難しいことも楽しく、わかりやすく説明する。だから、私は指導者として各学生に異なる教え方をする。それぞれの学生の個性と欠点や性格を把握して。無駄な時間はないと思う。情報が逆にないと、自分の五感も発達して、本当に自分が学びたいことがはっきりしてくる。心の声が響いてくる。大切なのは、想像力。音楽でも、人生でも、無限の想像力を使って、自分の世界を広められる。感じること、好奇心を持つこと、感動をすること。自分一人いればできる。あの人がこう言ったから、あの人が良いと言ったから、をあてにせず、自分の心を軸に。
今、私も新たに心を綺麗に、ゼロにして学び直そうと思っている。新しい時代に踏まえて。
コメント