波々日記

内に“動愁生疑”を起こすingな日々から解き放たれて

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

軽くご挨拶を

2060-12-02 00:00:00 | 自分のこと
2008年にやむにやまれぬ心の声、組織への疑問を吐き出すためにブログ開設、
再婚を機に2009年に転居以後、役職につかず組織から距離を置き活動家を卒業。
現在のびのびとした日々を送っているため、更新はごく稀になっています。

【2008年ブログ開設当時のご挨拶はこちら】
私が学会関連のブログを見るようになったのは、実はまだ最近(―といっても2,3ヶ月くらい前から)なのですが、あまりにいろいろなブログがあり正直少し驚きました。

中には管理人さんが対処し切れないほどになってしまったのか既に閉鎖されたブログ、もはや更新する必要性もなくなったのか更新が止まったままのものも実に多いようです。さかのぼって読んでコメントを残したくなるような記事にもたくさん出会いました。

このブログをはじめようと思ったのは、やむにやまれぬ自分の内なる声を、どうしても吐き出さなければやっていけないほどに苦しくなってきたからです。
もちろんそれが何の解決にもならないことはわかっています。

ただの垂れ流しといわれれば、それまでかもしれませんが、こんなヤツもいる―ということで、そっと見守っていただければと思います。

ちなみにブログタイトルの『波々日記』は、波が上がったり下がったりするように、自分の気持ちが上下して、なんとかやりすごせる日もあれば、やりすごせない日もある、そんな風に日々が進む様子をイメージしてつけました。

冷静にこうやって文章にしてみると、なんだか1日1日を無駄にしているように思えてなりません―。

それは自分の本心でもないことをやり続けているということに対しての、です。
自分はこれからもそんな生き方をしていくつもりなのか―??
答えはNOです。

これからどうやって、少しずつでも断れる勇気を持ち、組織活動から距離を置くか、これが最大の課題・目標のlanikaiであります。
コメント

広宣流布とよくいったけど

2020-07-08 10:42:13 | 雑感
またまた久しぶりですが、思うことがあり投稿します。

それは「広宣流布」について。

学会では昔からこの言葉が一つの壮大な目的、目標のようにして使われてきました。
そしてそれは「いつ」という限定的な目標ではなくて、永遠に続く目標のような概念、ということは
学会にいる(いた)人なら知っていることと思います。

最近よく思うんですよね。

世の中、日本も世界もどんどん悪くなって行っているなって。

例えば黒人・アジア人への人種差別はここ数年に始まったことではないけれど、
いつになってもなくならない、以前よりひどくなっている気がするし、

地震・台風・大雨などの自然災害も毎年ひどくなっている気がするし、

世界が新型コロナウィルスという猛威にさらされ、収束のめども立たずにいる。

これがどうして「広宣流布」に近づいているといえようか。

学会員さんはみんなみんな「広宣流布」を実現するため毎日毎日自分のことは後回しで頑張っているだろうに。

でも、三密を避けるため会合・活動が縮小(実質的には停止)しているので
だいぶ自分のこと、自分の家庭を大切に優先できているのかもしれませんが。
個人的にはぜひそうあってほしい。

普通の梅雨ではないこの荒天、風が強くてベランダのプランター栽培のプチトマトがぼろぼろ落ちてしまいました。

キュウリは、塩害(比較的海に近い立地のため、雨風ともに海水も混ざってやってくるのか)で、
次々葉が枯れて、3本収穫したところで駄目になりそうです。。。
コメント

一年以上ぶりです!

2020-05-14 11:32:24 | 雑感
季節は初夏、5月も半ば、一年以上も更新のないブログなのに、毎日一定数(といっても二桁ですが)のアクセスがあり、
驚くとともに、内容がなくてすみません、と思う。。

今回、なぜ記事を書こうと思ったかというと、
新型コロナウイルスで、学会の動きが完全ストップしていることは、おそらく創立以来初めてのこと、
しかも、今年はいろんな意味で周年のお祝いがたくさんあったはずで、それらが今回
このコロナのおかげで全部台無しになってしまったて、なんて皮肉な●周年・・・、
幹部の方々の心中はいかほどか、末端会員にはどのようにとらえるように話しているのかな?
などなど思うことが出てきたので久しぶりにブログを開いてみました。

なにしろ、学会の会合は3密そのもの。
狭い個人宅だろうと、でっかい会館だろうと、とにかく人がた~~~~~っくさん詰め込まれ、
でっかい声で歌を歌い、至近距離で会話する、家庭訪問もしかり。

沖縄では学会の動きが止まってしまって、選挙も十分に支援が受けられないと
初めて一度決めた擁立候補をなかったことにしたそうですね。。

自分が活動家だったら、会合なし、家庭訪問なしでうれしくて飛び上がってしまいそうですが、
対面での活動はできない代わりに同盟唱題とかで報告取ったり、新聞啓蒙で報告取ったりとかはしているのでしょうね。
少しずつ解除になっていっても、このウイルスと共存が求められることが想定されているので、
今後の学会活動の在り方も、新型コロナ以前とまったく同じように戻すことはできないかもしれませんね。

ふと思うのは、少し離れたところに一人で住む長兄のこと。
母亡きあと、一人暮らし(日本語が話せない外国人のお嫁さんはもういない可能性が高い)、
座談会会場を提供したり、B長を務めたり、学会活動にはまじめに取り組んでいたので、
地味で口下手で人付き合いが苦手な兄だが、学会の人との交流は結構あったので
さびしい思いや孤独をあまり感じずにきたのではと思う。

そんななかでの新型コロナによる今の状況、兄はどうしているだろうか。

ネコが好きで今も飼っているので、猫たちに癒されることはあるでしょうが、人との会話、ふれあいもやはり
ないと寂しいものですよね。SNSはやってるみたいですが。。

しかし本当に、こんな事態となって、本部も静かでしょうし、こんなことになろうとは、と
熱心な方々は悲しく思っていることでしょう。。。
コメント

大変ごぶさたしております!

2019-04-21 11:07:25 | 自分のこと
もう誰も見てないような?このブログですが、年越し久しぶりに更新します。

世の中は、統一地方選投票日ですね。

かつては、選挙ともなれば、Fの報告に追われ、
期日前投票が始まれば拠点、リレー唱題が始まり、
投票日当日ともなれば、朝の出発と称した早朝会合、
投票解開始から終了時刻までリレー唱題、
1日何度も報告があり、夜の集まりが終わり帰宅すると、
まだ終わってませんが、あーーー!!!終わったーーー!!!
そして、疲れがどっと。。

だいたい、その晩から翌朝にかけて、出揃った結果へのお疲れさまでした的なメール今はラインなのかな、その辺りでやっと、本当に終わる。

そして今は。

上記のなに一つしていません。

毎日好きな時間に好きなことを、気兼ねも罪悪感も何も感じることなく、できます。

自由です。

そんなことをしみじみ感じる投票日です。
コメント

世間は狭い?

2018-11-14 12:19:19 | 雑感
超〃久方ぶりの投稿です。

世間は狭いなーーーと思ったことがありまして投稿します。

最近、というか夏あたりから旦那さんが野菜作りや農作業に興味を持ち始めて、
昔の同僚(Sさん)の結婚相手の実家が農家で、それを手伝っていることを思い出して連絡を取り、
ちょこちょこ手伝いに行くようになり、私もたまに一緒に行くようになり、
Sさんと知り合いました。

ちなみにSさんは長年楽しんでいる海関係の趣味があり、
先日、九州まで出掛けてきたとお土産をいただきました。

そして先日、座談会があって仕方なく出掛けました。
そこで近況報告的な時間になり、B長のKさんが、
「先日、趣味を楽しみに九州に行ってきました。(中略)。
今度一緒に行った友人にSTBを見てもらえたらと思ってます」と話しました。

私は、なんとなく、ピピっときました。どこかで聞いたワードが2つ重なっていると。

SさんとKさん、年の頃も体格も何となく似ている。

私はSさんのSNSを知っているので、さくっと見てみたら。
九州でKさんが一緒に写っている写真が!!

なんと、この2人は親友だったのです。

元同僚の奥さん(つまり私)が学会員で、趣味でつながっている親友も学会員とは!!
Sさんはまだ知らないと思いますが、世間は狭い!!

それとも学会員が多いのか???

コメント (2)

夢を見ました

2018-09-15 17:52:44 | 自分のこと
この間、といっても先月か、夢を見た気がするのですが、一昨日かな?また夢を見ました。

活動家の自分の夢です。

女子部のときのとあるグループに入っているときの夢です。
2日も経つと、どんな内容だったかもうよく覚えていないのですが、
覚えているのは、とにかく「やりたくないことをやらなきゃならない」夢。
寝ながら夢の中でイヤだなーーーーーーーーと思っている夢。

思えば、私はいつも「本当はやりたくないのに、いつもやらされていた」。
小学生の時から大人になるまでずっと。

本音を隠して、やる気があるふりをして、まじめなふりをして、ずっと学会の中で生きてきたのだなぁ。

活動しなくなって早9年になりますが、それでも昔の「やらされていた時代」のトラウマが強すぎて、
なんかの拍子に夢で見る・・・・。

目が覚めて、ああ夢か・・・・と安堵。

できればもう見たくない夢です。
コメント

なんとしても回避せねば!!!!!

2018-08-27 13:44:38 | 自分のこと
たいして書くこともなく、何カ月もそのままにしていたのにも関わらず
一定数のアクセスがあり、ありがたいやら申し訳ないやら。

と思っていたら、突然書くネタがやってきました!

女子部のときに住んでいた某県で、私はとある専門職のグループに入っており
一応人材グループなのでしょうが、盆暮れ正月クリスマスもなにもなく無償奉仕をしておりました。

全国区の選挙の時、電話番号で紐付けされていたのか、ラインに突然、
当時の先輩から、○○ちゃんだよね、元気?と連絡があり、
とりあえず、半日スルーして当たり障りのない返事を返しておいたのですが、
今日の昼前、突然、またラインが。

「○○ちゃんだよね。××です」

あれ、もう確認しなくても選挙の時に素性が割れてるはずなんだけど・・・
何の用???
何もようがないのに学会員が連絡してくるほどひまじゃない。

とりあえず。
数時間スルーして、当たり障りなく、今年の夏は酷暑なのでお体気を付けてください~的に返した後、

「ところで○○ちゃん、△△会入ってる?」

きたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー、

△△会というのは、女子部の時の人材グループの婦人部版。

今、私はその連絡くれた人(Tさんにします)とは違う近県に住んでますが、
大きく括ると信濃町の集いなどで顔を合わせる地域、
きっと私がそこに来ていないため、「勧誘」しようと連絡してきたものと思われます。

私は、なんとしても!絶対に、そのグループには入りません!!
入るわけがありません!

昔の私なら断れませんでしたが今の私は違います。

絶対に断ります。回避します。

あー、おそろしや。。。。
あんな地獄のような無償奉仕、絶対の絶対にするもんか、であります!!!
コメント (2)

ごぶさたしました、春ですね

2018-04-08 15:38:27 | 雑感
毎度毎度のごぶさたです。
桜も咲き終わり、季節はすっかり春。

まったく活動をしていない私は、たっぷりある自由時間、去年からハマっている趣味を存分に楽しんでおります。

思えば。
皮肉なことに、バリバリ活動していたころの方が悩みがあったなと思います。

組織的にいえば、だからこそ「人間革命」「境涯革命」を賭けて戦う(自己犠牲を払い続ける)わけですが、
それで悩みが解決したとか、選挙を頑張ったからこうなったとか、財務を頑張ったからこうなったとか、一度も体験したことがなかったのに、40年以上も疑いを持たず(表面に出さず)やってきた自分は、我ながら、なんてお人好しかと思わずにいられませんね(汗)

私の母は、愚直に信心を貫いて、精一杯活動をして、健康に気をつけ運動もしていたのに、がんが見つかり、あっという間に亡き人になりました。たまに見るS新聞で、がんを患っても治療しながら生き続けている人、治療の末、転移・再発なく寛解となった人などが登場しますが、なぜうちの母はあんなにあっけなく逝ってしまったのだろうと、記事を見て思うことがあります。
あんなに一生懸命組織に尽くして頑張ってきたのに。
ちょうど今ぐらいの季節にがんがわかり、何度も往復5時間かけてお見舞いに行ったことを思い出す。

外の陽気は暖かでさわやかで、病室の窓からのぞく青空はとても穏やかで美しく、間もなく母の日。
町には母の日のギフトやカーネーションなどであふれ、私も病室に飾ってもらうため、枯れないお花を買って。

外に出たかっただろうな。
ウォーキング、水泳したかっただろうな、とこの季節になると、特に母の気持ちを思います。
もっと一緒に旅行もしたかった。


ところで話は変わりますが、先日、白ゆり長さんと一緒に家庭訪問に来られた地区婦人部長さんが、お仕事をされていたことを知りました。
任命を受ける前からしていたそのお仕事は、夜9時から深夜1時?2時までのお仕事。「そんな時間にお仕事されてたんですか!」と驚く私に、「そうでもなければこの役職の話は来てないと思います(汗)」と婦人部長。

しかもそんな真夜中の仕事なのに、クルマは運転できないので自転車で通勤していると。私も知っている場所ですがゆうに片道20分以上かかります。「雨の日はどうするんですか???」と聞くと、「主人にお願いしてクルマを出してもらってます」と。

ご主人も大変です。
普通にお勤めしているかと思いますが、そんな深夜に起きて?寝ずに起きていて?奥さんを迎えに行かねばならないんですから。。


地区婦人部長になる前は白ゆり長さんだったのだと思いますが、活動しながら働くとしたら、そんな夜の時間帯しか選べなかったのかもしれませんね、、、

地区婦人部長さん、「仕事の翌朝は眠いですよ~(汗)特に午前中会合が入っていたりすると眠くて眠くて・・・」
まぁそうでしょうねぇ。。。

まったく知らなかったので、本当に本当にご苦労様なことですね、、、と思いました。。。






コメント

財○確認で地区婦と白ゆり長さん訪問

2017-12-20 06:46:38 | 自分のこと
財務終了、組織が示す最低額の10分の1で。

済ませた報告をしていなかったからか昨日、地区婦と白ゆり長さんがいつもながらの突撃訪問。

来年は折伏一色の年です、思い切り折伏に挑戦できる年です、
友人参加の会合が増えます、
公○新聞の大啓蒙があります、1ヶ月だけでいいので、うんぬんかんぬん、年のため購読料を聞いたら1800いくらとかなんとか。

高い!!!
あんなに薄いのに。

S教新聞だってあんなに薄くて読むとこないのに取っている、その上1ヶ月だからと取らせようと。。。

気が弱い私は、その場でははっきり断れずでしたが、引き受けもせず。
考えておきますと濁しておきました。
とても元の役職からは考えらないような対応ですが、私1人くらい協力しなくても何の痛手もないと思いますが。。
コメント (9)

真面目な活動からだいぶ離れて思うこと

2017-12-05 11:51:50 | 雑感
会合は出るのが当たり前、家庭訪問行くのが当たり前、手帳は学会関連の予定で埋まるのが当たり前、
そんな毎日から距離を置き、会合は全く行かないと怪しまれるので年に数回出ておく程度、この8年間家庭訪問回数0回、
手帳に学会関連の日程を一切書き込むことなく過ごしてきて、ふと思うことがあったので書いておこうと思います。

それは、よく「この信心で乗り越える」という言葉が当たり前でありながら、活動家だった頃は、
何か困ったことや悩みがあるとまず先輩に相談し、その先輩の言葉(指導)を素直に信じて、
その言葉は絶対だと思っていたなぁ、ということ。

結局、先輩に答えを出してもらって=先輩に頼って、「自分で考えること」や「自分で解決すること」をしていなかったなぁということ。

そりゃそうですよね、
活動家としてどっぷり組織に浸かっているときは、まずは先輩に指導を仰ぐ「素直(な信心)」であることが何より大切であると教えられていますから。
自分で考えて判断して何かすることは「我見(がけん)」といって、よくないことだと教え込まれていましたから。

でも今よくよく思うと、完全に先輩の言うことを知りたくて、その通りにさえしていれば絶対なんだ、正しいんだと思い込んでいたと思う。

それがちょっと崩れだして、だんだん、疑問を抱くようになったのが「役職は断れないのよ」という言葉に逆らい切れず、
不本意ながら地区の第一線を任されていた9年前に遡るのですけれど。

もっともっと純粋で、自分ひとりであった女子部のころは先輩に疑念を抱くことはなかったけれど、婦人部になっていろんなことがあって、だんだんと。。。

今は、何かあっても学会の人には話さなくなりました。
話さずに、自分で考えて工夫して、いろいろなことから学んで問題を解決するようになったなぁと。

朝、介護が必要な愛犬を連れて外に出て愛犬がチッコするのを見守っている時、なぜかふとそんなことを考えていました。

コメント