響灘敬太郎の日曜散歩

わが街の豊浦町と周辺の歴史・文化・観光などご紹介!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

響灘敬太郎の日曜散歩

2017-11-09 11:44:07 | 日記
 (118)第8回下関市景観賞

10/31第8回今年度景観賞の発表、表彰がありましたので以下記述しますので
ご覧下さい。

表彰の部門
 ・1建築部門(築造5年以上)
   建築的な価値があり、地域の景観を象徴する建築物、工作物等
 ・2活動部門
   地域固有の景観を活かした、質の高い魅力あふれる自然まちなみ

   1、『建築部門』奨励賞 
     レストラン高津(蜂屋ビル)---下関市岬之町13-7
       関門海峡が見える高台に位置し、石垣の上にある。
       外観の大部分が煉瓦造りで下関の歴史を伝えている。
       全体的にシンプルですが、付柱、縦長の窓、柱頭飾りなどが特徴。
       この歴史的建物でフレンチレストランが利活用され、今後の展開を
       期待させるものであることが評価された。
                    (受賞者:レストラン高津)

   2、『活動部門』奨励賞
     大河内の「Hana」環境を育てる会 ---下関市豊田町大河内
       竹林を整備して全長100mの花壇造りでスタートする。
       明るい話題づくりと、県道34号線沿いの大河内地区の環境美化を
       さらに進め、自然豊かな景観を育てる活動が評価された。
                 (受賞者:「Hana」環境を育てる会)            
                                  以上
 (一口メモ) 下関市景観条例に基づいて毎年実施されています。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

響灘敬太郎の日曜散歩

2017-06-06 14:35:52 | 日記
 (117)TWILIGHT EXPRESS のご紹介

     -----『瑞風』(みずかぜ)走る豪華観光列車-----

 深みのある緑色の車体にエンブレム、走る豪華ホテルといった「瑞風」
過ごした日々があなたの歴史の一頁となるでしょう。
運行開始は、6/17(土)からの予定。
      

 さて、「瑞風」の概要は、
   コンセプト:2017に美しい西日本をホテルが走る。
   ビューポイント:車窓から望む美しい風景。
   コース:山陰・山陽を巡る旅。
           山陽コース(上りと下り) 1泊2日(車中泊)
           山陰コース(  〃  )  〃  ( 〃 )
           山陽・山陰コース(周遊) 2泊3日( 〃 )
   立寄り観光地:立寄り地で味合う「瑞風」だけの特別な体験。
          (1日1回、沿線の歴史や文化、美しい風景に
           触れる立寄り観光がある。)
   車両:深緑の車体に金色のエンブレム、上質な懐かしさを演出。
   食事とおもてなし:沿線の味覚をこの旅だけのひと皿をあなたに、   
            多彩な美が演出するあたたかなおもてなし。
   ヒストリー:トワイライトエクスプレスの伝統と誇りを受け継ぐ。
   車両編成:10両編成で新幹線に負けないような乗り心地を追求。
             1・10号車→展望
             6 号車 →ラウンジカー
             5 〃  →ダイニングカー
             2・3・4・7・8号車→寝台車
   旅行代金:・1泊2日→30万円から〜、2泊3日55万円〜
   (一人分)・今年11迄完売しており、今年12月から来年2月までの予約
         受け付け中です。
        ・旅行券の発売は、ツアーデスク
                 TEL 0570-00-3250(ナビダイヤル)
   そのた:・5/11に運行開始に向け、専用バス「瑞風バス」をお披露目。
        瑞風の車両と同じ世界観としている
  以上、もうすぐ(6/17)西日本を走る「瑞風」
を概略ご案内しましたが、
  詳しくはJR西日本のHP「トワイライトエクスプレス瑞風」をご覧下さい。









  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

響灘敬太郎の日曜散歩

2016-12-31 13:38:33 | 日記
 (116)手嶋ガーデン「手嶋さんのコツコツ人生」写真集

 12/15発行、庭づくり名人手嶋さんの写真集を刊行

 下関市菊川町にある手嶋ガーデン」は手嶋眞二さんお一人で山を切り
拓き造られた2,000坪の広大な施設庭園です。四季を通じ遠方の山々の景色
をバックにし庭園の美しさがマッチし感動します。手嶋さんの人柄を様々な
角度から紹介した自伝もあり、手嶋さんが愛してやまない故郷下関市を綴っ
た写真など豊富で見事な一冊の本です。

 手嶋さんは全国から大反響があり驚いておられます。昨年テレビ朝日で
全国放送の「人生の楽園」手嶋さんの庭に感銘し、また後日、山口・九州で
再放送されています。

 2017年には、月刊タウン情報誌のトライアングル社より販売の計画が
されています。また、手嶋さん出身校の下商の図書館に、この度刊行の
「手嶋さんのコツコツ人生」の本が飾ってあるそうです。

 手嶋さんのガーデンは、2013のオープンから下記の「一口メモ」で紹
介していますので「響灘敬太郎の日曜散歩」で検索してご覧下さい。
以上の記述は、手嶋さんの言葉と写真集中に執筆された田村桜子氏の文を
抜粋しております。

 写真集お求めになりたい方一冊定価1,500円です。
 問い合わせ:手嶋眞二(電話)083-287-3758

「一口メモ」
 ☆ 2013/5/15(NO51)手嶋オープンガーデン
 ☆ 2015/5/16(NO99)テレビ朝日「人生の楽園」放送紹介
 ☆ 写真集の文:田村桜子→月刊情報トライアングル編集長
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

響灘敬太郎の日曜散歩

2016-12-29 15:21:44 | 日記
(115)アサギマダラ今年も飛来

 「旅する蝶」アサギマダラがリフレッシュパーク豊浦ほか今年も
飛来してきました

リフレッシュパーク豊浦での飛来数は調査10/1〜31迄の間に1,456頭
確認出来ています。同園では研究調査のため一昨年マーキングした蝶は
残念ですが飛来してません。豊浦町観光協会の入り口にプランターで
フジバカマを植え込みましたところ、花の咲く頃の10月の3週間にほぼ
毎日2〜3頭いて飛び回っています。また、川棚クスの森にもフジバカマ
が植えてありますが、開花中毎日10頭位は飛び回っている姿が発見され
ています。
 
 リフレッシュパーク豊浦では、5/13に5頭のアサギマダラが園内の
スナビキソウ(食草の一つ)に吸蜜している姿が発見されており、
6/12はアサギマダラほかジャコウアゲハも来てアベリアで吸蜜して
おり元気に飛び回っています。その他の日も元気に飛び回っているよう
ですが省略します。

また、同園では蝶小屋があり旅しない蝶飛来するものを含めた14種類
四季を通じて棲んで(卵・幼虫・サナギ・成虫)賑やかな小屋になって
おり花の咲く頃蝶小屋から出て飛び回っています。

(一口メモ)アサギマダラに関する投稿記事の紹介
 2014/3/16(75)1,000㌔以上旅する「アサギマダラ」
 2014/10/14(78投稿はNO無し)アサギマダラの飛来
 2015/10/5(107)今年もアサギマダラ飛来



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

響灘敬太郎の日曜散歩

2016-11-10 11:28:02 | 日記
(114)過去の山陰本線観光列車

      現在、観光列車「みすゞ潮彩」が、期間限定10/1〜11/30土曜・
     休日で走ってますが、運行は11/30で終了します。

   過去の観光列車は、以下1〜4です。項目に沿って紹介します。

    1、快速「コバルトブルー」
       2002/4/1から行われた「関門海峡物語」の観光キャンペーンに
       合わせ土曜・休日ダイヤに「東萩駅・下関駅」快速「コバルト
       ブルー」が運転された。
    2、快速「萩・津和野号」
       2004/3〜6月迄の間、春休みやゴールデンウイークと土曜・休日
       ダイヤに下関市・萩市及び津和野町など山口県内の観光地を結ぶ
       列車として快速「萩・津和野号」が下関駅・津和野駅間(美祢線
       経由)として運転された。
    3、「萩・長門ブルーライナー」
       JR西日本の「DISCOVER WEST」キャンペーンに合わせ2005/3
       /19〜6/26迄の春休みやゴールデンウイークと土曜・休日に「
       萩・長門ブルーライナー」が運転された。
    4、「TRAIN+長門号」
       JR西日本の特徴ある列車や鉄道施設など魅力ある線区を取り上げ
       て紹介する「TRAIN+」のキャンペーンに合わせて2008/5/10・
       11に「TRAIN+長門号」が厚狭線・仙崎間で運転された。

    以上過去の観光列車を紹介しましたが、冒頭記載しました「みすゞ潮彩」
   観光列車について触れてみたいと思います。
   2017年の「やまぐちデスティネーションキャンペー」に合わせて山陰線
   (山口線)に新たな観光列車を導入するとのこと、「みすゞ潮彩」専用
   車両を転用するため運行を近日中に終了することが決定しています。
   (プレスリリース西日本旅客鉄道2016/5/8記)
                                以上
コメント
この記事をはてなブックマークに追加