KAZZ BLOG

「ライ麦畑のつかまえ役」そういったものになりたい理学療法士kazzのBlog

プチYouTuberしてみた

2018年09月17日 | Weblog
こんにちは

動画クリエイターのkazzです(笑)

2年くらい前から
個人事業主さんや友人から動画編集の依頼があって、色々作って楽しんでいる。


動画をかまって遊ぶのは楽しくて、そんなに難易度高くないことだと思っているのだけども、
パソコンをかまい慣れていない人だと、なかなかそうはいかないみたいで、(ちょっとばかし詳しい)僕に声がかかってきたりする。

・HP作成
・ランディングページ作成
・動画編集
・ポップやメニュー表
・イベントチラシ

など

色々お手伝いさせてもらっている。

今回は、バンドのベーシストの動画作成に関わった。
本来個人的な動画だったのだけども、見せてもらったら面白いので編集してアップしたらいいよとアドバイスした。


今回の作成はこれ




Miwa ch 『穴』



Miwa ch 『ヘアスタイル』


これからもMiwa Saekiのチャンネルでどんどんアップしていく(と思う)ので
ぜひ、チャンネル登録をしてもらいたい。

Miwa channel


同じく、料理動画も作っていて楽しい!
みちの.chで公開している。

関さんのクッキングスタジオ

Lotta 関さんのクッキングスタジオ【ミニッツステーキ】


こちらもどんどん追加していく予定。

ちなみに、コレなんかは真面目テイストで作っみた

天満屋テーブルウェア即売会



せっかくなので、紹介すると、

ヨガの先生(市川さゆり先生)のLINO smile channel動画も面白い

『はじめます』




動画編集もだいぶん勉強ができた。

自分の動画撮ってアップしたら?
とかもよく言われるのだけども、それは恥ずかしかったりする(そのくせ、人にはアップしろアップしろと勧めているが・・・)

本格的なYoutuberとは違って再生回数は少ないのだけども、こうやって自分が関わったものがネットの上に残っているのってのは面白い。

たまに見て、プッと笑ってもらえれば幸いである。
コメント

ハタノモーニング

2018年09月08日 | Weblog
ひさびさのハタノモーニング

クラブハウスサンドセット!


見た目も素敵で、お味もいいバランスで、お腹も満たされた!

ので、ちょっと不安だけど
かき氷も注文!

今週のかき氷はキウイフルーツ!

注文した氷が出てきて

『なんだ、練乳なしかぁ…。かき氷に練乳は必須なのに!』

と思ったけど、練乳なしでも美味しいじゃないの!



たしか、かき氷は今月いっぱいだと思うけど、もしかしたら、また来ることあるかも!

コメント

なぜかクリーミィ

2018年09月07日 | Weblog
最近は、昼食を抜くことが多い。

昼食を抜くといっても、朝はだいたい缶コーヒーだけなので、
実質、1日1食ということになる。

辛いことはい。

もちろん、空腹感は増すのだけども
それ以上に夕食の楽しみが増すので、それはそれでいいものだと思っている。
(でも、よいこのみんなは真似しちゃダメよ)

今日は
夕食にパスタと決めていた。

先日も行った

■パスタファクトリー

という職場近くのイタリアンのお店だ。



シグネイチャ・パスタというのが980円であって、
『麺』『ソース』『メイン』『野菜』の内容を自分で組み合わせることができるパスタ

――――――――――
■ 麺
・スパゲッティ
・太めのパスタ
・ペンネ

■ ソース
・クリームソース
・トマトソース
・カルボナーラ
・アラビアータ(スパイシートマト)
・しょうゆ味
・オリーブオイルベース

■ メイン
・エビ ・イカ ・タコ ・サーモン
・ツナ ・アサリ ・ベーコン ・チキン
・ソーセージ ・生ハム ・モッツァレラチーズ
・明太子

■ 野菜(3品)
・なすび ・ほうれん草 ・ニンニク ・バジル
・ブロッコリー ・キャベツ ・パプリカ ねぎ
・キノコ ・高菜漬け ・フレッシュトマト
――――――――――


僕のお気に入りは

麺  :スパゲッティ
ソース:オリーブオイルベース
メイン:モッツァレラチーズ
野菜 :ニンニク、バジル、フレッシュトマト

これ↓



・・・ということで、もう決まっているので、急いで注文した







見事に間違えてた。



ソースを
『オリーブオイルベース』

ではなくて
『カルボナーラ』に



この差って大きいだろっ!

思わぬカルボナーラ

美味しかったんだけど・・・

美味しかったんだけど・・・

なぜかクリーミィ!!

ワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

またリベンジを企画する!!

昼食抜きにしてリベンジするっ!

コメント

松江駅前、松江テルサで通り魔?!

2018年09月05日 | Weblog

今日は休暇だったのだけども、夕方から食事会があったため、松江に出てきた。

会食の時間は

18:30

ギリギリまで時間を潰そうと思って、松江駅(シャミネ内)のスタバで過ごしていたのだけども・・・

18時過ぎからあたりがモノモノしくなってきた。

救急車、消防車・・・

誰か急病人かな?
と思っていたのだけども、スタバを出て気づいたのは、どうやらそのような雰囲気ではないということ。



警察が複数おられて、テルサ建物には規制線が張られていた。

僕は会食のためそのまま建物の前を通り過ぎただけなのだけども、会場について知らされたのは、どうやら『通り魔』だとのこと。

まぁ、噂は噂でしかないし、尾ひれ背びれもついているものだ・・・
と考えていたら・・・

どうやら本当だったらしい。

幸い(という言葉は、あるいは不適切かもしれないが)
被害に遭われた女性は、命に別状がないらしい。

刃物男は現行犯逮捕されたらしい。

コメント

出雲でステンドグラス作成

2018年09月02日 | Weblog
今日は神の国、出雲に遠征!

去年に偶然出会ったSLAKさん

ステンドグラスを中心に様々な装飾日にゃシャツのデザイン・作成をしている工房だ。
出雲にある。

そこが開催している
ステンドグラスワークショップ

所要時間 2時間
参加料 3000円(材料費、消費税込み)

工房も、そこにおられるお二人もとても素敵だった
(*^∇^*)

ステンドグラスを作成するのは初めて。
小学校の時の工作でOPPフィルムで作ったことはあるけども、ガラスでの作製は初めて!

このワークショップでは手のひらサイズのサンキャッチャを作成することができる。

デザインは3種類から選んで、色や使うガラスの種類は自分で選択できる。



世界でたったひとつだけどもオリジナルのオーナメント(装飾品)を作成することができるので嬉しい。





自分でステンドグラスを作ってみると、
また、世の中のステングドグラスの見方が変わる。

どういう工程で作られていて、どういう素材や、どういう志向のデザインで作られたのか、理解が深まり、興味が増すと思う。

これは絵や彫刻についても一緒だと思う。
(が、そのほとんどを僕は知らない)

ステンドグラス作成は初めてのことで、かなり緊張して集中力も使った。
そうしながらも、楽しみながら取り組むことができた。

SLAKさんのご好意で、持ってきたGST(←最近活動していないバンド)のCDを流して、それをBGMに作成したので面白いものができたと思う(笑)



参考:
SLAK Facebook page

SLAK webpage
コメント

ロバ隊長画像

2018年09月01日 | Weblog
認知症サポーターキャラバンのマスコット

ロバ隊長


—————
「ロバ隊長」は、「認知症サポーターキャラバン」のマスコットです。
認知症サポーターの「キャラバン」(隊商)の隊長として、「認知症にな っても安心して暮らせる町づくり」への道のりの先頭を歩いています。ロ バのように急がず、しかし一歩一歩着実に、キャラバンも進んでいきます。
—————

かわいいキャラクタなのだけども、資料作成の時とかに、ネットでこの画像を探してもきれないのがなかなか出てこない。




小さい画像として使用するのはいいのだけど

画像を拡大すると、画像が荒れているのがわかる。



なるべく綺麗なスライドを作りたい僕としては、なんとか綺麗な画像を手にしたい・・・

でも、ネットで探してもなかなかなかった

ので

自分で作ってみることにした。

スライド作成というと、OfficeのPowerpoint(通称パワポ)が有名で利用者が多いのだけども、
僕はMacのKeynote(キーノート)というアプリを使用している。macを買うと標準でついているので無料アプリとして認識している(有料で購入も可能)

Keynoteで、図形のペンツールというのを使って作成する。

元の画像(荒くても、ある程度カタチがわかればOK)を下地にしてトレースしていく。



ペンツールは少し技術がいるけども、この程度の画像であれば、何と無く作成可能だ。

ペンツールは非常便利で、ちょっと形を変えたい場合とか、オリジナルを変更する場合に非常に役に立つ。

ネット上には、このペンツールの使用の仕方が公開されているので、それを参考に取り組んでみるのも良いと思う。
このほか、図形と図形を組み合わせて結合したりする方法もあるので、興味のある方は調べてみるといいと思う。

フォント(書体)は『Furuta』が使用されている(漢字もローマ字も)。
こちらも、標準的なフォントで、こちらのデザインでは手を加えることなく(=変形などなく)使用要されているので、そのまま文字を打ち込めばいい。

ちなみに、この丸く文字列を配置させる機能はKeynoteにはないので、1文字1文字下絵に重ねるように傾きをつけて配置していった。



最後に下絵を取り除けば完成になる。





これでどうなったかというと、スライドに見栄えが少し良くなるぐらいのものなんだけどもね・・・
コメント

FIM(機能的自立度評価表)を飲み会で褒めらるること

2018年08月31日 | 理学療法/病院
今日は連携パスの合同懇親会

松江地区を中心とした、脳卒中と大腿骨近位部骨折の地域連パスに関わる多職種・多施設のスタッフが集まっての交流会だ。

この会も、もう10回目になるそうだ。

昔は、研修会なども少なくて、何か会があると顔を合わせていたのだけども
最近は、開催される研修会は多種多様になり、みんなそれぞれの興味に合わせてチリジリになってしまっている気がする。

なので、僕としては、久々のこういった交流会で、たくさんのスタッフに会えて嬉しかった。

もちろん、初めましての方も多かったけど、この地区のリハビリテーション医療を支えるスタッフと会えるのは嬉しい。

——————

とある連携病院の医師が教えてくれた。

僕が送っているFIM(機能的生活自立度表)は役に立っていると。

これは、生活の自立度を点数化したもので、生活をあらかた網羅した18項目をそれぞれ7点満点で採点して評価するものだ(18項目×7点で、合計最高特典は126点。最低点は18点だ)。

この採点方法はややこしいところが多いのだけども
僕は(自信がないゆえに)備考欄の記載をなるべくしっかりとして送るようにしている。

例えば、『食事:5点』と点数だけを送っても、状況は大まかにわかるものの、具体的なことはわからない。
なので、どんなもの(食事の種類や提供カロリー)を食べていて、どういう姿勢で食べていて、食べこぼしやむせの状況はどうで・・・などと送るようにしている。

また、こうすることで、僕の配点違いの場合は、先方が気づいてくれることを期待している。
(配点間違いがなければその方がいいのだけども・・・)

僕は1週間ごとにこのFIMの採点をしているので、急性期の経過もなんとなくわかってもらえるだろうと思う。

経過というのは大切だと思う。

例えば、今「歩いている」という状況の人も、
・やっと歩けるようになった
・すぐに歩けるような状態になって歩いて過ごしている
それぞれの状況で、大きく印象は変わると思う。

食事動作や認知機能だってそうだと思う。

一週間ごとの経過で、備考が記載しているFIM
これを送るように、努力している(不備はあると思うけど)

今回は、そういう具合にしている書式について、コメントをいただけたので嬉しかった。

ワイワイガヤガヤしていたので、写真を取るのを忘れていた・・・
コメント

極限のふわふわ

2018年08月29日 | Weblog
今日は

以前からウワサには聞いていたカキ氷を食べに


■琥珀月(コハクヅキ)

ランチやコース料理が人気のお洒落なお店で
6月からカフェ営業も開始されて、そのかき氷がウワサにあがっていた。

カフェでは3種類

『ふわふわかき氷』2種類と『抹茶フォンデュ』



かき氷は
・本抹茶(京都宇治)
・ほうじ茶(京都宇治)

の2種類あるのだけども・・・

悩んだ。

結果、本抹茶にした。



ここのかき氷は、極限までふわふわにこだわっているらしく、そのため、シロップは後がけ
シロップをかけなくても楽しめるようになっているし、客が好きなタイミングで好きな量をかけることができる(煉乳も)。



そして、もう一つ秘密がある。
(食べ進めていくとわかる)

残暑!
まだかき氷が美味しいけども、そろそろ終わりの季節になってきているか
あと行っていないお店が数カ所あるけど、今季、間に合うかわからない。

挑戦し続けたい
(何のためかはわからないが)
コメント

添書

2018年08月28日 | Weblog
添書

僕は急性期病院(病気や怪我をしたらまず行く病院)に勤めているので、リハビリで担当していた患者さんが他の病院へ転院される場合もある(というか多い)。

患者さんの多くは、

・自宅退院
・リハビリ病院でのリハビリ継続
・施設入所

という経過になると思う。

自宅退院においても、全く元気になった場合を除いては、介護保険などを使用し在宅サービスを利用されることもある。

添書は今後関わる医療スタッフや介護スタッフ宛に書く手紙で、こちらの病院で行なったこと(医療技術やサービス)、経過、気になること(注意点)、提案などを記したものだ。

だいたい形式は決まっている。

患者さんの医療・介護サービスを引き続き引き受ける担当者などは、この手紙によってだいたいのことを知ることができるようになっている、はず。

添書の形式がだいたい決まっているとはいえ、書く内容は人それぞれだったりする。

リハビリテーション添書には
理学療法士(理学療法士)、OT(作業療法士)、ST(言語聴覚士)が記す。
なぜだか、肝心要のリハビリテーション医が記すことはない(急性期の病院はどこもそう?)

僕は、担当した患者さんほぼ全例にリハビリテーション添書を書くようにしている。

例外は、渡す相手がいない場合。
つまり、急性期の提供する医療で十分元気になって、今後医療サービスや介護サービスを利用しない場合だ。

多くの方は、転院、施設入所、在宅サービスを利用することになるので、ほぼ全例書くことになる。


そこで
よく聞く言葉がある。

『特に言われていないので、作らなくてもいいんじゃない?』

つまり、送る相手先から添書の要望がないから、書いて送らなくてもいい、ということだ

わざわざ添書を作成するのが面倒という雰囲気も透けて見える。

・・・だろうけども

僕は、それでも書いてお渡しするべきだと思っている。

リハビリテーションの情報って、言われたから(要望されたから)渡すもの、でいいのだろうか?

医師からの情報、看護からの情報と併わせて、非常に重要なものだと考えている。

そして今後、医療・介護サービスを利用引き続き利用するならば、なおさらリハビリテーションの情報って重要なんじゃないのか?

なんか、ついで的な扱いをされているリハビリテーション添書について、それでいいのか?と思ってくる。

そして、こちら急性期病院のリハビリテーションスタッフの心構えとしてもそれでいいのか?と思う。

『この病院でここまでやりました。これから先をお願いします』
『こんなところが、難しかったです』
『こういう指導をしました』
『こういう点に注意が必要です』

なんてことを、こちら急性期側から連携先に発信すべきで、言われたから書くというものとは違うという気がするのだが・・・

気概というかなんというか・・・

先日も
言語聴覚士が言っていた。

『社会課から、特に向こうから要望されてないって言われたんで、また確認してもらって必要と言われたら書きます』

社会課は、入院中の相談のほかに、転院や退院、退院後のサービス担当者との打ち合わせも行なっている。
その社会課から「特にいらない」・・・正確には「先方から依頼が来ていない」と言われているので、書かないということだ。

僕としては

『え?今までせっかく僕たちがコッチでやってきたことを申し送らなくていいの?』

という感じなのだが・・・

もしかしたら、心優しい社会課としても、「わざわざ(僕たちの)手を煩わせるのは申し訳ない」という心理があるのかもしれない。

いつも「添書をお願いできないでしょうか?」「添書を作ってもらうことは可能ですか?」などと心優しく聞いてこられるのけど・・・

お願いも何も、必要なものは必要だろう。
と思う。

削って良い情報ではない、というのが僕の考えだ

なぜリハビリテーション添書が、申し送るべき当たり前の情報として扱われないのだろう?

多分だけど
こちらが、何を求められているのかよくわかっていなからだと思う。
僕たち(ごとき)の情報が役に立つとは思っていないのかもしれない。

また、こちらが当たり前と思っていることも、向こうにとってはそうでないということがしばしばあるのだけども、そういう感性がない。というところだろか?

こちらが、向こうの求めるだろうことを考えて、記載して送ることが大切だと思う。

その上で、情報の不備があるのかとか、わかりやすい記載方法があるとかをフィードバックしてもらえたらいいのに・・・

てな



参考:
KAZZ BLOG「添書」関連の記事
コメント

拾う神あり

2018年08月27日 | Weblog
今日は新人さん(といっても入職後4ヶ月半も経ってしまったが)を連れて
焼肉へ


の予定だったが・・・



ガ━Σ(゚Д゚||;)━ン!!!


朝から、

『今夜は焼肉!今夜は焼肉!』

(人‘▽‘☆) ルン♪

って過ごしていただけに・・・



まぁ、ならぬものはならぬっ!

と言うことで、帰宅することにした。
(お店を変えると言う選択肢は・・・?)



帰宅列車で

ポカ〜( ゚д゚ )〜ン

としていたら、フランス人からメッセージ


————
You had dinner?

Ima doko
————

やっぱ、テレパシーってあるんだな(笑)

てことで

焼肉に連れてった!



コメント

島根糖尿病合同研修会2018

2018年08月26日 | 理学療法/病院
今日は
『島根糖尿病合同研修会2018』に参加

去年も参加したけども、満席
受付時間直後に行ったけど、ほぼ席が埋まってた…



やはり、島根の糖尿病関連の専門家の勢いは凄いなぁ
と思った。

一日はほとんど休憩なしのタイトなスケジュールで、トイレの近い僕としては辛かったけども(爆)
講師は一流で、内容に関しては非常に良いもので、素晴らしい企画だった。

自分が理学療法士なだけに
とくに理学療法士の先生の講演はよかった。

楽しみながらも、しっかりとエビデンスを示して、雰囲気だけでは終わらさない内容。
ああいう風に公演ができたらいいなと参考になった。

島根県糖尿病療養指導士認定の試験を合格して
試験勉強時代に頭に残っていたものは結構こぼれ落ちているので、復習しなきゃならない・・・



——————————
【島根糖尿病合同研修会2018】

■講演I
「糖尿病の食事療法~ set on aging, update & outcome ~ 」
本田佳子先生 (女子栄養大学大学院 栄養研究科 教授 )

■講演II
「しっかり備えたい 糖尿病の骨粗鬆症 」
山本昌弘先生(島根大学医学部内科学講座内科学第一島根大学学術研究院医学・看護学系講師 )

■ランチョンセミナー
「糖尿病とがんの危険な関係 ~ 2 つの病いを支える対話のかたち ~」
大橋 健先生(国立がん研究センター中央病院 総合内科・歯科・がん救急科 科長)

■講演III
「フレイル予防を視野に入れた糖尿病運動療法」
本田寛人先生 (藍野大学医療保健学部理学療法学科)

■講演IV「高齢糖尿病患者のケアで大切なこと」
添田百合子先生(創価大学看護学部 准教授)

■講演V
「知ってもらいたい歯科の病態と治療~医療連携強化のために~」
小村尚徳先生(おむら歯科医院 院長)

——————————

参考

Kazz blog『糖尿病』関連の記事
コメント

ひとりで濡れてる

2018年08月25日 | Weblog
いつも列車通勤

朝、家を出てみたら、小雨…

まぁ、傘もいらない程度だと思って歩いていたら、ドシャ降りの雨に!

ひさびさに、ずぶ濡れになった!

こんなの久しぶりだ

もはや、ポケモンGOをしている場合じゃないっ
(あたりまえ)

雨宿りしている時間はない

で、走ったりしながら駅に向かうと。
スゥ〜と雨もおさまってきた。

やはり、雨宿りしといたほうがよかったのか…?

列車に乗ると、ずぶ濡れなのは僕だけ。
どうやら、僕だけを狙った雨攻撃だったようだが

なんか恥ずかしい
(´∀`〃)ゝキャハ

『あいつ、なんでずぶ濡れなの?』

とか高校生に言われてないといいのだが…

とりあえず、列車たち合わせ時間のある米子駅でタオルを購入!!



くやしいので



マカダミアクッキー
も買っといた!

どんどん天候は晴れてくるので、ますます場違い感が出てきた…
コメント

吾唯知足足

2018年08月24日 | Weblog
仕事終わりっ!

 吾
知 口 唯
 足

禅のことばでは
吾唯知足(われ、だだ足るを知る)と言うけど

僕は美味いタルタルを知りましたよ!

仕事帰りに寄ったのは
松江駅近くの

◼️スペイン・バルテラマチ

スペインバル・寺町

なんだけど、この『バルテラマチ』って表記、好きだな。
いい響きで

僕はタバコ吸わないけど、喫煙可なのが、世論に迎合していなくていい。そして大衆食堂感もあっていい!
(嫌煙者の方は、つらいかもしれないけど、そんなにモクモクしているわけではないので、楽しめると思う)

で、いただいたのは

◼️大山ハーブ・ミックス唐揚げ


◼️トマトとモッツァレラ


◼️ビール


なんか、最高の組み合わせ!

『大山ハーブ・ミックス唐揚げ』については
朝のfacebook投稿で見つけた。

————————-
今日のスペインバル☆テラマチは大山ハーブ鶏から取れる希少部位‼︎
「せせり・砂ずり・もも肉」を使った

「大山ハーブ・ミックス唐揚げ」

これだけでも最高に美味しいのに、ここに付け合わせるのが…

世界一を目指した「手づくりタルタルソース」
ゴロゴロのたまごにザクザクのタマネギ&ピクルスが、大山ハーブ鶏にベストマッチ‼︎
————————-

タルタル好きなのよね!
オーナーも好物とのこと!

このお店
お手頃な料理も素敵だけど、なんといってもそんなオーナーが素敵!

メニューはほかにも山ほどあるので、また仕事帰りに寄ってみたいな!

参考:
スペインバル・テラマチ
コメント

貴方を求め出雲市駅へ

2018年08月23日 | Weblog
毎朝、気持ちよく列車通勤!


久々にやらかした

列車の棚の上にバッグを一つ忘れて出てしまった・・・

気付いたときには、列車はもう出てしまっていた・・・

改札で届け出をして勤務。

まぁ、バッグの中といえば、読みたい論文の書類とか、電源ケーブルとかなので、特に緊急性はない

と、
思ったけど!

ポータブルハードディスクを入れていたぁ!!
( ゚Д゚)ヤバイ!!

非常ぉ〜にやばい!

考えてみれば、ケーブル類がないのも問題で、ネット活動などがストップしてしまうではないか!


ということで
午前中はドキドキして過ごしたけど

昼休憩には、JRから電話があって、無事バッグが確認されたとのこと・・・

一安心
だが、まだ中身がどうなっているかわからないので不安が残る・・・

というわけで、勤務終了後すぐにバッグを取りに!

バッグがあるのは、朝に降車した松江駅ではなくて、少し離れた終点出雲市駅。

着払いで郵送してもらうこともできるけど、翌日の到着になってしまうらしい。

久々の出雲市駅・・・
外の景色を眺めたり、残り少ないバッテリーのパソコンで作業したり、有意義に、ドキドキしながら過ごした。
iPhoneもmacbookも電源はギリギリもっていた

出雲市駅に到着!



バッグは、身分証明を行い書類記載などをして無事に受け取ることができた!

中身も・・・

あれ




あれ


こんなもん入れとったんか!

て具合で不備なし(のはず)!

とんぼ返りで帰宅

とにかく、座りすぎてケツが痛い!!

コメント

資料作成

2018年08月22日 | 理学療法/病院
今日は、とある施設からの依頼をいただいて、2時間講演

いただいた依頼は

・実際の介護方法などの応用的な内容ではなく
・動作の基礎になるような体重移動の基本知識や実際の動き
・関節(特に腰)への負担を減らせる姿勢
・全ての動作の基本になるような基礎的な内容

というもの。

介助方指導などはいままでも依頼をいただいていて、指導させていただく機会は幾度かあった。
こういうときに求められるのは、『実際どうやるの?』という応用的な内容がほとんどだったと思う。

もちろん、応用といっても、介護・介助全般的に通じる体の動きの基本のようなことはお話しするのだけども、実際場面では応用だらけで、”習った応用をどう応用する か?”なんてこともしばしばだと思う。

今回は「基礎から」という依頼だったので、ボディメカニクスの基礎力学から立ち返って学習できるように内容を組んだ。



力学・・・なんていうと、ややこしい・つまらないと感じるかもしれないので、それをどう楽しくするかが課題だなぁ・・・なんて考えながら資料作成を行った。

資料作成は楽かったけど、相変わらず当日ギリギリまで修正したりしていたので、また変な失敗がないかと不安もあった。

なんとか大丈夫だったと思う。
…そう思おう。

講演も無事終わった。

個人的には楽しめたけど、受講者はどうだっただろうか?
楽しんでいただけたならいいなと思う。

最近は、自分の資料よりも、依頼を頂いて資料作成・修正を代行する機会が多い。
内容の詳細は…支障があるかもしれないから言わないが、医療やリハビリとは分野が離れている内容だったりする。

これが結構楽しくて、自分が講演するワケではないのに、演者になったような気分で作る。

資料作成が苦痛だという人もいるけど、それぞれ向き不向きがあるだろうし、時間の制約もあるだろうから、外部依頼するのも良い手だと思う。

今回の講演では、事前の依頼の中で『後から学習できるように資料提供やビデオ撮影が可能か』と問われていた。

もちろん可能な訳だが、どうせならと後から見ても学べる資料にしたいと思った。
記憶の手がかり的な資料、問いかけやイメージ画像、印象的な文字だけの資料だと、しばらく後から見たときに分からなかったりする。あるいは第三者が見て分かりにくかったりする(伝達する場合にね)。
なので、今回はイメージ的な資料、印象的な資料ではなく、内容的な資料にした。

こういうので難しくなるのは、受講者が講演中に資料の中に没頭してしまうこと。
(資料読んでたら、内容も流れもネタバレしているワケで)

というわけで、実技を挟み込んでの説明や、資料をより詳しく説明するための具体例の提示など、受講生の反応を見ながら講演を進めていった。

毎度ながらギリギリの準備になったけど、資料準備も講演も無事に終わった。
資料はまた増補していって、何かの役に立てたいと思う。

とりあえず
講演終わった後のスカッと感はスプライトを飲んだ時のように爽快だ。
多分、直前まで焦って作業しているせいだと思うが。
コメント