インターネットでお金儲けをするためには

インターネットでお金儲けをするためには、知識が必要です。
また、多くの時間を必要とします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本革グッズをカスタムハンドメイド

2017-10-18 | 革製品
1アイテムからOKのオリジナル本革グッズ

・本革グッズをカスタムハンドメイド
(バッグ、財布、靴、ネクタイ、名刺入れ、iPhoneケース、ポーチ、コースターなどなど)

・名入れ、ロゴ入れから全面プリントまで可能
(UVプリント・レーザー加工・焼印・刻印など)

・レザーの素材から一貫して製造しているので本革材料自体も販売


・1アイテムからのオーダーメイドに対応【受注生産のフルハンドメイド】

・グッズの材料となる『本革から選べ、オーダーメイドにも対応しています』



オリジナル本革グッズを製作





▼1アイテムから、受注生産のフルハンドメイドにて、
カバンに靴、コースター、マウスパッド、ネクタイ、iPhoneケース、
本革グッズであれば大概つくれます。

▼フルカラーのUVプリント、レーザー加工、焼印や刻印などで、
文字や数字、ロゴを入れたり、全面プリントのデザインすら可能です。

▼記念品や贈答品に最適で、ご自身でお使いの場合にも、自分オリジナルのアイテムが製作可能です。 ☆彡">



ひょう柄×コットンレース

2012-11-24 | バレッタ
柄生地をねじったようにして立体感を出し、

レザー、メタルボタン 、黒のレース、ゴールドのリックラックテープ...

いろんな素材を飾りました。





カジュアルな普段着にぴったりです´ω`


バレッタなどのヘッドアクセを手作りしています。

ご購入も可能ですので、ご希望の方はメールでご連絡ください。


fumicup@gmail.com


☆☆☆バレッタのお店fortune


バレッタのお店fortune


゜。+☆+。゜+*:;;;:*:;;;:*゜。+☆+。゜+*:;;;:*:;;;:*゜。+☆+。゜+*:;;;:*:;;;:*゜。+☆+。゜

パニック障害を克服

2012-08-03 | 健康
今日は、仕事が休みなのでゆっくり起きて本を読んだりネットしてました。



わたしのパニック障害はまだ続いていまして。。結構大変です。



電車とかは何故か大丈夫ですけど、人ごみの中に居る事が出来ません。



症状は、どきどき、息切れ、でめまいがしてクラーッとします。



そして、何か不安になります。たまに家に帰って泣いてしまいますorz・・。



今はお薬で大分軽減されていますが、う~ん・・まだ症状ありますね。



パニック障害を克服すれば、あとは随分楽になるのになぁ と思いました。

ガン細胞に居座られないためには、NK細胞やT細胞を中心とした免疫部隊を強化しておくことが絶対条件

2011-02-25 | 
もし発ガン因子となる毒性の高い物質を大量に摂取したり、大きなストレスを心身に受けた場合などは、NK活性は低下し、ガン細胞への攻撃力は弱まってしまう。

NK細胞はストレスにとても敏感で、過剰に蓄積されると、正常に機能しなくなってしまう。

戦う意欲を失ってしまったかのよぅに活動をやめ、ガン細胞の芽をぼんやり見逃してしまうのである。また、強いストレスはガン因子となる活性酸素を発生させるなど、ガン細胞が活動するうえで最適な環境を作ってしまうので要注意。

すでにガンを発症している患者の場合は総じてNK活性は低く、ガン細胞が増殖しやすい状態にある。

ここで、化学療法など行なった場合、治療の作用でリンパ球の数が減り、さらに免疫力は衰えていく。

つまり、治療で今あるガンを消滅させたとしても、また新たなガンの芽を育ててしまう可能性がある。

ともかく、ガン細胞に居座られないためには、NK細胞やT細胞を中心とした免疫部隊を強化しておくことが絶対条件なのである。

免疫機能が健全に働いていれば、ガン細胞はもちろん、細菌やウィルスなど健康を脅かすさまざまな外敵は、気づかぬうちに闇に葬られてしまうだろう。

免疫機構が強力であれば、誰でも病気と無縁のまま一生を過ごすことができるはずなのだ。



癌を抑えるカバノアナタケ(チャーガ)茶・石鹸

NK細胞をはじめとした免疫細胞が健全に働けば、ガンが発症することはない

2011-02-25 | 
ガン細胞が勝利したとしても、まだ他の強力な免疫部隊が控えているので心強い。

殺し屋のキラーT細胞が生き残ろうとするガン細胞を追い詰めていき、止めを刺す。

NK細胞とT細胞の総力戦になれば、しぶといガン細胞もさすがに逃げ切れなくなる。

このように、NK細胞をはじめとした免疫細胞が健全に働けば、ガンが発症することはないのだ。

しかし、さまざまな原因で免疫機能システムが正しく作動しなくなり、免疫力が低下すると、ガンの芽は生き延びてしまう。

つまり、ガンが発症するかしないかは、ガン細胞と免疫細胞(とくにNK細胞)のどちらが強いかで決まることになる。

NK細胞の攻撃力をあらわす指数を「NK活性」というが、ガン細胞に勝ち抜くためには、そのNK活性が55以上必要だとされている。

NK活性55とは、100あったガン細胞のうち55を3時間で消滅させる活性のことで、これより指数が低いと攻撃力が弱い、つまりガンを発症しやすい状態と判断される。



癌を抑えるカバノアナタケ(チャーガ)茶・石鹸