IIS(アイイス)国際スピリチュアリズム協会 NEWS

IIS(アイイス)国際スピリチュアル協会 NEWSのページです

大きなことを成し遂げることができるようになる

2022-11-14 14:46:27 | サーモン



11月13日に行なわれたサンデーサービスの中で、開堂ミディアムが行なったサーモンをお伝えします。雰囲気をお伝えするために、そのとき話された言葉のままの部分があります。また、読みやすくし、分りやすくするために、後から多少の編集が行なわれました。


「皆さんの中には、霊性開花に励んでいる人が大勢いると思います。霊性開花の仕組みがどんなふうになっているのか、あるいは、なぜ、ある人たちは霊性開花が早く進み、ある人たちはまったく進まないのかなど、色んなことを考えながら霊性開花をしていると思いますが、霊性開花は私たちの努力だけではできません。

やはり光の世界の協力が必要です。光の世界も私たちと繋がりたいと思っています。
一緒にコラボレーションをしたいと思っていますが、私たちの準備ができていないと、つまり私たちのオーラの浄化、あるいはチャクラの浄化や活性化などの開花がある程度進んでいないと、光の世界も私たちと繋がることができません。


しかしながら、一定の基準を満たしたり、ある程度浄化が進むと、光の世界は喜んで私たちに近づいて、光の絆をつくってくれます。ちょうど『サードアイチャクラ』と『クラウンチャクラ』の辺りでしょうか。そこに光のビームが降りてきてつながると思ってください。

いったんつながると、基本的には24時間つながりぱっなしで生きることも可能です。
常に光の世界とのコミュニケーションをとりながら、地上での自分の役目を果たし、光の道を歩き続けることが可能となります。それを意識してください。霊性開花がある程度進んだ人は光の世界の一部となり、光の世界と共に歩いています。
偉大で巨大な計画を持つ神聖な光の一部となり、この地上を歩き続けることが可能となります。

光の世界とつながると、地上にいる他の仲間たち、つまり、あなたと同じように光の世界とつながって歩んでいる人たちの光を認識することができるようになり、お互いに連携をとり合いながら進むことも可能になります。


霊性開花が進むと、このように意外なところで光の仲間に出会うことが多くなってきます。
そして、より大きな偉大な輝かしい計画に参加することが可能となります。

その新しい仲間は、これまで会ったこともない仲間として、あなたの人生の中に現れてきます。
そのとき、あなたは直感でわかります『この人となら、新たな事業や新たな計画を進めることができる。二人の意志や目的は同じである』と。

そうやって、あなたは全世界規模で大きなことを成し遂げることができるようになるのです。」


次の開堂ミディアムによる霊界通信のデモンストレーションは、11月30日のイヴニング・ウィズ・Jの中で行われます。また、メールカウンセリング、遠隔ヒーリングも受け付けております。

詳細はアイイスサイトまで!

事務室営業日(こちらでご確認ください)


言葉というツール

2022-11-07 11:23:58 | サーモン


11月6日にZoomで行なわれたサンデーサービスの中で、神塔ミディアムが行なったサーモンをお伝えします。雰囲気をお伝えするために、そのとき話された言葉のままの部分があります。また、読みやすくし、分りやすくするために、後から多少の編集が行なわれました。


人は言葉に傷つき、言葉に癒されます。
言霊という言葉が示す様に、言葉はその人の魂を映す鏡であり、祈りは神との対話になります。

しかし人は言葉というツールを通して、その裏にある何かを伝え合っているので、コミュニケーション能力は愛の力そのものです。
ゆえに言葉足らずでも、純粋な真心は伝わるでしょうし、逆に言葉巧みでも、中味がない時は判ってしまいます。

私たちは何かを感じる時も、無意識に全て言葉に変換して受け取っています。
例えば、暑い、寒い、うれしい、悲しい、きれい、汚い、等など、その中でさらに体感覚だけでも、肌寒い、蒸し暑い、ひんやりする、ホカホカする、等、細分化されていき、いつしか人は言葉で分類して快と感じるものに執着したり、不快を過剰に避けようとしたりして、争いを生み出すこともあります。

言葉で表現できるものにこだわれば、私達の欲望には限りがなく、一つ手に入れたらまた次、というように欲望の対象が移り変わるだけで、いつまでも満足がありません。

逆にどのような現象もただ感じるままに、快や不快を分ける事無く、全てあるがままに受け取る樹木や、自然の生物たちの様に、全てを受け入れる姿は究極の悟りにもつながります。

真理とは本来、私たちが気が付いていても居なくても、不変のままそこに存在し続けています。

そんなに文明が発達し、知識や科学が進歩しても、私たちは言葉でゲーテやシェイクスピアを超える事はできませんし、音楽でモーツアルトを超える事もいまだにできていません。

自分の伝えきれない思いが言語化されたような格言に出会って感動したり、もしくは何かが心の琴線に触れた時、胸に痛みを覚えたり、自然に涙が流れたりするのは、魂の記憶を思い出しているからです。
言葉を発する事のない自然界に畏敬の念を覚えたり、癒されるのはその為です。

瞑想や祈りなどで自分の内側にある真理と向き合う時間を作ったり、芸術的な作品に触れる事は、魂を磨くことになり、魂が磨かれれば発する言葉も変わり、言葉が変われば魂も磨かれるというように、全ては表裏一体で連鎖しています。

ゆとりをもってセンサーを研ぎ澄まし、日々美しい言葉のシャワーを浴び、美しい言葉を紡いでいきましょう。
それが私たちスピリチュアリストの使命のひとつでもあります。


神塔ミディアムの次の霊界通信のデモンストレーションは、2023年2月12日のバレンタインサービスとなります。無料でご参加いただけますが、1口500円からのご寄付も承っております。
また、カウンセリングと遠隔ヒーリングも受付中です。

詳細はアイイスサイトまで!

事務室営業日(こちらでご確認ください)


地上に降りてきた魂と平和の輪

2022-11-01 11:20:16 | サーモン



10月30日に行なわれたサンデーサービスの中で、木村ミディアムが行なったサーモンをお伝えします。雰囲気をお伝えするために、そのとき話された言葉のままの部分があります。また、読みやすくし、分りやすくするために、後から多少の編集が行なわれました。


静かな海面の上に、様々な光の丸いシャボン玉のようなものが浮いています。
飛び交っているものもいれば、その場にずっと漂っているものもございます。
ものという言い方をしておりますが、一人一人の魂のようにみえます。

シャボン玉のように命がないという感じはいたしません。
温かさ・刺々しさ・柔らかさ・静けさ、いろいろな思いを乗せたシャボン玉みたいな丸い球体が漂っています。
元気のよい遠くに飛んでいくような丸い球体もございます。

それぞれの魂は、地上に生まれ落ちてくると言われておりますが、その魂の質・目的・使命は様々です。

一つ一つの魂が、地球という場所を選んで降りてきて成長していきます。
地球こそが魂の修行の場なのです。

地球に修行をしに来る魂でも、喜んで修行に降りてくるものもいれば、ずっと拒否して霊界に留まっている魂もございます。

霊界の中にも選択権があり、いろいろな選択肢ももっています。

地上に降りてきて、各自の魂の目的を思い出しながら成長していきます。
思い出しながらと言いますのは、生まれた時、あるいは、生まれる直前に、魂の目的や使命を忘れ去ってしまうようなのです。

私たちが選択したとされたり取り決められたとされる地上での家族の中で成長し、どんどん魂の目的に近付いていきます。
その目的に近付くには、気付きや霊性の開花向上が必要になってきます。


魂の霊性の開花向上とは何か。
そういうことにも気付かない魂もございます。

それらの魂が、少しでも早く気付けたなら幸せだと思います。
それらの気付きは、人間本来の魂の中にございます。

地球という修行の場で、思い出していくだけでいいのです。
ゆっくりと思い出し、開花させ、それを使っていく。

自分のためであったり、他者のためであったり。
塵も積もっていき、多くの人の手の輪(心の輪)が繋がっていけば、地球上は明るい愛の場となります。

地球に少しずつ愛の場を広げ、霊性の質を向上させることで、地球の波動は上がっていきます。

私たちが愛で満たすことは、地球の波動を上げることになります。
戦いの場を少なくし、国家間の争いを出来る限り抑えていくことにも繋がります。

核戦争をはじめ、表からみえなくなっているかのような拉致問題・事件・事故などもございます。
それらにも、少しずつ光を当てていきます。

未だに解決に至っていない問題が沢山あるのだということを私たちは忘れてはなりません。

それらのことを少しずつ解決するには、地球が生まれて以来、それらは消えていないわけですから、今後もすぐに消えていくとは思いませんが、解決に向けて少しでも進むように、私たちの微力ながらの愛をこの地球に広げていけましたら幸いです。


私たちは、各自のペースで、無理なく霊性開花の修行を積み、日々気付きを得ていくことで、その輪が周りの人に拡がっていきます。

その輪が、多くの人々に拡がっていき、嫌な思いや辛い思いをする場所が減り、悲しんだり悔しがったり怒ったりしている人の波動が出来るだけ治まるようにしてさしあげること。
私たちに出来ることは、そのようなことかもしれません。

私たちは、自分の目の前にあるやるべきことをおこない、日々を大切にしながら成長していけたならスピリチュアリストとして、幸せなことだと思います。


木村ミディアムの次の霊界通信のデモンストレーションは、2023年1月8日のニューイヤーズサービスとなります。
また、木村ミディアムのカウンセリング(Zoom・メール)、遠隔ヒーリングも随時受け付けております。

詳細はアイイスサイトまで!

事務室営業日(こちらでご確認ください)


変化

2022-10-23 15:10:16 | サーモン



10月16日に行なわれたサンデーサービスの中で、松山ミディアムが行なったサーモンをお伝えします。雰囲気をお伝えするために、そのとき話された言葉のままの部分があります。また、読みやすく分りやすくするために、後から多少の編集が行なわれました。


「真っ暗な暗闇が見えています。その漆黒の暗闇を見つめていると、小さな一つの光が見えはじめました。 どうやら宇宙の始まりをあらわしているようです。

その小さな光を見つめていると、光が少しずつ変化していき、やがて炎のようになっていくのが見えます。
そしてその炎をじっと見つめていると、やがて炎から火花が生まれ、まるで花火のように四方八方に広がっていく様子が見えます。広がっていった光は、それぞれの形態で変化を繰り返しながら、宇宙に存在する物質を作り出していく様子が見えます。
 
宇宙が誕生し、何十億年前に地球が誕生してから、宇宙も地球もずっと変化を繰り返し、現在の宇宙と地球が存在しています。
そして地球にはたくさんの種類の生命が存在していますが、それぞれが変化を繰り返し進化しながら命を繋いでいます。
 
それぞれに大切な役割があり、 例えば木々や植物は大地や空気を浄化してくれますし、訪れる季節も必要な変化をもたらしてくれます。それらは私たちが生きるために必要な恩恵を与えてくれます。
 
私たち人間も一日一日一瞬一瞬変化しています。昨日の自分と今日の自分は同じように感じますが、変化しています。
母胎に宿ってから、この世に生まれてからもずっと変化と成長を繰り返し、今のあなたが存在します。
 
変化を繰り返しながらこの地上で営みを行い、時に変化に翻弄され苦しみながらも、順応する力を身につけ生きてきました。
 
生きることは変化そのもので、私たちが成長するためには変化が必要不可欠です。
そして私たちの魂は成長することを望んでいます。
 
大きな変化を目の前にして恐れや不安などの気持ちが湧き上がり、立ち止まってしまうこともありますが、変化を恐れない心は様々な体験をすることで培われます。
 
誰もが変化を受け入れ成長することで、一人一人が輝きこの地上での役割を果たすこと、それこそが、この地上に平和と調和をもたらします。」
 
 
次の松山ミディアムによる霊界通信のデモンストレーションは、11月13日のサンデーサービスの中で行われます。
また、カウンセリングを見習いミディアム期間中特別料金にて受け付けております。スピリチュアルヒーリング(Zoom)と遠隔ヒーリングも受け付けております。
詳細はアイイスサイトまで!

事務室営業日(こちらでご確認ください)

世界は1つ

2022-10-21 12:45:30 | サーモン



10月16日に行なわれたサンデーサービスの中で、開堂ミディアムが行なったサーモンをお伝えします。雰囲気をお伝えするために、そのとき話された言葉のままの部分があります。また、読みやすくし、分りやすくするために、後から多少の編集が行なわれました。


「皆さんもお気づきのように、最近、『地球は1つの生命体である』という考え方が定着しつつありますが、本当にそうです。
国境というものは人間が勝手に創り出した幻であり、空想上のものです。
地球という生命体の上には色々な命が住んでいますが、人間ぐらいでしょうか、国境という制限に縛られて生きているのは。

渡り鳥を考えてみてください。彼らは自由です。自由に北に行ったり南に行ったり、東に行ったりしています。神様がその権利を与えています。土地や土地の所有権をめぐって争いを起こすなど、本当に野蛮なことであり、神様が計画しているものではありません。

私たちも本来、鳥や昆虫のように、自由に世界中の色々な場所に行って、羽を休め、癒したり、活動したり、生活したりすることができるべきです。今、徐々にそういう気運が高まって来ていて、大勢のビジネスマンや観光客などが他の国を訪ねています。

これは素晴らしいことであり、神の計画に従って起こっていることであり、これからも、もっともっとそうなっていくことでしょう。そうならなければならないくらい、色々な面で、色々な国や民族は、お互いに深く関わり合い、他の国、他の民族なしでは生きていけないようになってきています。資源や経済を共有する、文化を共有する、そのようになってきています。

1つの国の文化や財産や富は、その国の人間のものだけではありません。私たちは輪廻転生を繰り返しています。
今、日本にある財産や文化や文明は、過去の日本人が築き上げてきた部分もあります。

その日本人は今どこにいるでしょうか?
外国人となって、他の国で生きている可能性があります。彼らにも権利があります。日本の文化や文明を楽しみ、喜び、誇りに思うという権利があります。彼らも関わってきたからです。

そんなふうに考えれば、当然、世界は1つになります。戦争なども起きにくくなるか、起こらなくなるはずです。

スピリチュアリズムの考えが早く世界に浸透するよう、私たちは努力をしなければいけません。

私たちは、自分たちだけで生きているのではありません。霊界が深く私たちに関わっています。私たちに命というエネルギーの一部分を授けてくれ、たくさんのアイディアやインスピレーションを授けてくれています。

これからも、私たちは光の世界と共に歩き、愛と光と真実をもって人類に貢献していかなければなりません。」


次の開堂ミディアムによる霊界通信のデモンストレーションは、11月13日のサンデーサービスの中で行われます。また、メールカウンセリング、遠隔ヒーリングも受け付けております。
詳細はアイイスサイトまで!

事務室営業日(こちらでご確認ください)