歪なりハンギョレ

2018-12-15 | 記事

ハンギョレが韓統連をインタビューしていた。それはまあ、良いのだが…。

http://japan.hani.co.kr/arti/international/32355.html
[インタビュー]「反国家団体の汚名返上し、笑顔で韓国に行きたい」
登録:2018-12-14 06:25 修正:2018-12-14 10:46

このインタビューで以下のようなくだりがある。

 インタビューのため、席に着くや否や、在日韓国民主統一連合の孫亨根議長(67、以下呼称省略)は、「身元確認書」の書類2枚を机の上に並べた。在日韓国人らがパスポートを申請する際、駐日韓国領事館に提出する書類だ。住所や家族関係、職業、学歴など、主要情報を記録しなければならない。その中には「朝鮮総連または韓統連の経歴」を書くことも義務付けられている。日本で長い間、韓国の民主化と統一運動のために活動してきた韓統連を、北朝鮮と直接連係のある総連同様に扱っていることを示している。

 -今でもこの書類が使われているのか?

 「東京はそうでもないが、大阪や神戸など他の地方では今も使われている。正直に韓統連の経歴を書けば、場合によって(有効期限)1年あるいは3年のパスポートが発給される。書かなければ、どこから情報を仕入れたのか、国家情報院(国情院)が『正直に書かなかった』として旅券の有効期間を縮小する」


今でも大阪や神戸の韓国領事館では「朝鮮総連または韓統連の経歴」を書かねばならない身元確認書が使われているという。「今も」すなわちこのインタビューが行われた2018年11月28日現在においても、そういう「アカ狩り・従北狩り」が行われているほど韓国領事館は「世界最高水準の人権意識」に基づいて入国申請業務が行われているのです! さすがは「日本と韓国だけがアジアで民主化と経済発展の両方を成し遂げた」だけの事はあるではありませんか!

…冗談はともかく、こういう反人権的な所業が今もまかり通っており、この一つだけでも文在寅政権というものを疑うに十分な根拠であろう。とりわけ大阪の韓国領事館が上記のような身元確認書を使っているというのは、どういう意味を持っているのか。今の駐大阪総領事は呉泰奎(オ・テギュ 오태규 2018年4月に任命)という人物なのだが、この者は元ハンギョレ新聞論説委員だった。それも昔から文在寅及び民主党とはズブズブの腰巾着として有名であり、おまけにハンギョレ内部でも屈指の親米派・タカ派として知られた記者である。例の済州島海軍基地はもちろん、韓米FTAにも大賛成で、「民主党は選挙に勝ちたかったら、早くこれら(済州島海軍基地・韓米FTA)に賛成表明しろ」みたいな事をさんざんコラムで垂れ流していた。日本で言うなら、在特会並みの嫌韓記事や日帝植民地被害者を愚弄する記事を毎日のように垂れ流してきた牧野愛博箱田哲也武田肇の韓国人版とでも言えば分かり易いであろうか。
日帝時代にはさんざん戦争協力し、21世紀になってからは朴裕河に大仏次郎論壇賞までくれてやり、「看板主筆」だった若宮啓文もまた朴裕河の熱烈な応援団だったという朝日新聞。牧野・箱田・武田という嫌韓記者3馬鹿トリオどもはまさに朝日の保守本流を受け継ぐ存在であり、若宮の直系そのものとしか言いようのない存在である。牧野・箱田・武田らこそ、若宮の意思・遺志を最も忠実に体現した記者と言っても過言ではない。

話を戻すと、ハンギョレで最も親米・タカ派にして民主党(もちろん韓国の民主党と文在寅も超の付く親米派である! その点において旧セヌリ党と何も違わない。もちろんハンギョレも会社としての論調が基本的に親米であるが!)の腰巾着だった呉泰奎は、文在寅政権発足後に早速政府の審議会委員に取り立てられた。文在寅と呉の関係を日本人に説明するならば「安倍晋三×山口敬之百田津川でも可)」みたいなもんだと言えば分かり易いであろうか。早ぇ話が「スペオキ(某芸能事務所に由来する業界用語で『スペシャルお気に入り』の略)」だったという事だ! 2015日韓慰安婦合意の検証をしたチーム(これも政府審議会)の座長も呉泰奎だった。日本側ではあの検証結果にぶち切れている右翼どもが多いようだが、筆者に言わせればあれは日本に対してもかなり「顔を立てた」検証報告であったと思う。あの検証結果の最大の肝は「アメリカの関与」を一切無視・隠蔽して触れなかった点である。2015日韓合意にアメリカが深く関与していた、いや、関与などという生易しいものではなかった事は間違いない事であり、それを呉のような骨の髄まで親米派が暴くはずもない。だからこそあの検証チーム座長に呉泰奎が選ばれたのだ。もしバラしちゃったら、それこそ韓米日軍事同盟体制は大ダメージ、軍事大国化の野欲に燃える日本(笑)にとっても損失は計り知れない。あの検証報告が日本の「顔を立てた」というのはそういう意味である。
このようにいくつもの政府審議会要職に抜擢された呉泰奎は、2018年4月にはとうとう駐大阪総領事にまで任命される。これが文大統領による「スペオキ記者」への「論功行賞」であった事は誰の目にも明らかであろう。それにこの呉泰奎って記者、結構金持ちなんだよね。億単位(ウォンではなく、円換算で、である!)の財産持ってるって話だし…。ひとたび時の権力者に気に入られると、いかにフトコロも豊かになれるかという事を、山口敬之・百田尚樹・崔順実(笑)・呉泰奎らは身を以って我々に教えてくれているのです!

回りくどい話になったが、もうお分かりであろう。韓統連(に限らずパスポート申請する者)に対して軍事政権時代のごとき人権無視・アカ狩りそのものの身元確認書を押し付けている駐大阪韓国領事館の総領事は、元ハンギョレ新聞の大幹部だった! それも文在寅大統領の「スペオキ」(笑)だったという! そのハンギョレが韓統連にインタビューして、しおらしげに「韓統連は依然として反国家団体扱いされて苦労しているのです」みたいな記事を載せている? これは一体どういうブラックジョークなのか? 韓統連に今になっても嫌がらせしているのはおまえんとこの先輩記者なんだよ。呉泰奎はそういう韓統連への嫌がらせをやめさせるどころか、総領事に赴任した後もほったらかしで継続させているのだから! なぜそれを呉先輩に諫言しないのか? それ以前にこの記事を書いた記者は、どのツラ下げて韓統連相手にインタビュー出来たのか。こんな酷い話がどこにあるのかと思う。

一方で韓統連もあまりにお人好しが過ぎるのではないかと思える。「反国家団体の汚名返上し、笑顔で韓国に行きたい」というのは分からなくもないが、韓国という国と、それを支配する反共ファシズムはそんなに甘っちょろいもんじゃない。こんな事を言うと釈迦に説法かもしれないが。
「日本に近代天皇制あり。韓国に韓流反共ファシズムあり」
それは金大中政権になっても韓統連を冷遇してきた事からも明らかであろう。もう少し韓国という国を厳しく見る必要があるのではないか。韓統連が韓国の民主化に果たしてきた役割は決して小さくない。だが韓国では近年、民主化運動の手柄を「国内人限定」に狭めて在外同胞や外国人の協力を過小評価したり黙殺・抹消する「歴史修正」の傾向がしばしば見られる(代表的なのが歴史学者の徐仲錫)。韓国の保守・極右勢力はもちろん、「進歩派」とされる勢力の中でもそうした「在日による民主化運動支援は無視」の論調が目立つ。韓国では「在日の民主化運動支援の歴史」そのものをウザがり始めており、政権問わぬ韓統連に対する冷遇はそうした社会的傾向と地続きであるという事に、もう少し警戒心を持った方が良いと思う。「反国家団体の汚名返上」ではなく、いざとなったら「反国家団体上等! 国家よりも民族こそ重し!」ぐらいに腹をくくって気持ちを切り替える覚悟も必要なのではないか。
韓統連に対してすらそうなのだ。ましてや韓国政府の総連や朝鮮籍者への態度など、言うまでも…。

いずれにせよ、会社の出世頭である先輩記者が駐大阪総領事になって韓統連へのいじめをやめさせるどころか継続させ、その後輩記者があたかも同情するかのようなツラをしてインタビューに来る…。こういうのを世間では「往復ビンタ商法」とか「マッチポンプ」というのではないか。ハンギョレ救い難し! ハンギョレ歪なり! 


また徐台教か

2018-12-12 | 記事

筆者がこれまで何度も批判してきた通り、コリアンポリティクスの徐台教というのは本当にどうしようもないインチキジャーナリストだ。朴槿恵失脚後の2017年韓国大統領選挙の時に速報サイトのようなものを作って日本でも名を売り始めたのだが、その大統領選速報サイトの中身のなさといったらなかった。各候補者の政策や来歴といった記述があまりにも不完全で、何の参考にもならない代物だったのである。例えば選挙権のある在日韓国人が在外投票する際、徐台教のサイトを見て候補者選びをするなどとても無理ってもんだろう。あの大統領選速報サイトは、本当に何がしたいか分からなかった。

その後も徐台教は韓国関連の記事を書き散らして来たが、その論調というか特徴というのは

キャンドル革命が作り出した文在寅政権ッッッッッ!

文在寅大統領のおかげで南北対話が始まったんやあああああッ!(大嘘)

北は世界最悪の人権侵害国なんやあああああッ! だから人権問題でもっと圧力かけたれやあああああッ!

北は世界最悪の性犯罪大国なんやあああああッ! ヒューマンライツウォッチとアジアプレス(笑)がそう言うてはるから100%絶対に間違いないんやあああああッ!

アジアプレスの石丸次郎と神戸大学の木村幹教授はわしのマブダチなんやでえええええッ!

わしはのぉ…恐れ多くも韓国の元統一部長官にして「韓国一の南北関係専門家」であらせられる、丁世鉉大先生にインタビューした事のあるジャーナリストなんやでえええええッ! 恐れ入ったかあああああッ!

左右共闘で日本の「旭日旗問題」を追及やあああああッ!(でも済州島海軍基地問題や日韓安保協力については完全スルーします!)

キャンドルデモっちゅうんはのぉ…「民主主義者を育てる場」だったんやあああああッ! 韓国民主主義バンザイイイイイイッ!(おい、本気か? あんな「お巡りさんありがとう。我々はみんな仲良く大韓の国民」「独裁政権に服従してる北の連中みたいになりたくないから、私はこのデモに行くんだ(要旨) by 朴裕河」という、まるでシールズや東京デモクラシーみたいなデモが? あんなの気持ち悪い選民意識と反北主義のオンパレードじゃねえか!)

こういう感じになる。要するに、朴槿恵弾劾以降の韓国情勢と、2018年以降の南北対話ムードに便乗して商売と売名にうつつを抜かす、数多いる山師の一人に過ぎない。本人に優れた取材力や情報分析能力や朝鮮半島の歴史的知識が備わっている訳では、もちろんない。それ以前に、アジアプレスの石丸次郎とズブズブの関係という時点で終わってるでしょ!

https://twitter.com/ishimarujiro/status/234788462748909568

韓国人とは竹島ー独島問題について絶対に酒を飲んで議論しないと決めている。決着の見えない非建設的議論が続くだけで、熱くなるほど溝が深まる。普段どんなに仲良しでもこの話しを飲みながらすると互いに不愉快な思いだけがずっと残る。議論を吹っかけられても「しらふの時に」と答えるようにしている
16:08 - 2012年8月12日

https://twitter.com/ishimarujiro/status/236058946497048576
続き)例え日本で決定的な歴史記述の新発見が出てきても、朝韓中の人々が100%納得するなんてありえないし逆もまた然り。竹島(独島)尖閣の問題の完全解決は不可能である、ということを前提にして、あの人の住まない島のことで諍いが酷くならないよう知恵をだしたい。こういうと韓国人は怒りますが
4:16 - 2012年8月16日

 

 

↑ 石丸が内心ではどれだけ朝鮮人・韓国人を差別し、見下しているかは当人のツイッターを見れば一目瞭然である。これらのツイートを見てなお石丸に怒りを感じない朝鮮人・韓国人は、骨の髄まで日本人になり果てたクソであろう。自分らをここまで見下している鬼畜そのもののウェノム왜놈に、それでも薄ら笑いを浮かべて媚びへつらっていられるのだから!


今の日本の左派・親韓派(日本人だけでなく在日も含む)というのは「韓国では国民のキャンドル革命により、革新派の文在寅大統領を誕生させた。日本もこれに続け」という他愛のない妄想をぶっこいている者が極度に多い。日本の安倍政権があまりに酷いので、そういう藁にもすがる心情でお隣の「韓国民主主義」に救いというか癒しを求めてしまうのだろう。その「韓国民主主義」「キャンドルデモ」「文在寅政権」をヨイショする事で、自分も韓国の市民と共に「韓国民主主義」へ1票投じたような気分に浸れる。ああ、気持ちが悪い! キモ過ぎ! 
徐はそうした韓国の実情を全く分かってないドリーム入っちゃってる日本人(&在日)層に対し、彼らが喜びそうな「キャンドル革命」「韓国の民主主義」といった絵空事をうそぶいてシノギにしているのだ。しかしながら「韓国民主主義しゅごい」などというのは、「日本しゅごい」と全く同じで、ただの現実逃避または精神的自慰に過ぎないというのに…。文在寅政権下で安倍政権といい勝負の最低賃金法改悪(社会保障費や残業代まで全部基本給に含ませて、それで「最低賃金が上がった」とか言ってるんだよ? こんな酷いインチキがどこにある?)や新自由主義的規制緩和(銀行と産業資本の同時所有を規制する「銀産分離」の緩和や、日本でも問題になってる水道の民営化医療の営利化など)が推進されている事を、日本の左派・親韓派は誰も気付いていない。文政権は原発だってバリバリ推進だよ? 古里原発をわざわざパブリックコメント集めて建設再開させたり、「脱原発と原発輸出は別や」って2012年の大統領選挙の時から文在寅は主張してたんだけど? このままじゃ、北を吸収統一する前に南が原発事故で国家滅亡するんじゃね? 日本みたいに。別に南が日本共々滅びようがまいがどうでもいいけど、北の同胞達にだけは迷惑かけるなという話だ。
昔の人はいい事を言ったぜえ。「隣の芝生は青く見える」ってなあ! 

文在寅はほんの少し前まで安倍と一緒になって「おのれら北に石油を売ったらあかんどッッッッッ! 韓日関係はめっちゃ良好なんやでえええええッ! おまけにわしらのバックにはアメリカ様がついとるんやでえええええッ!」と世界中に「言いつけ外交」しまくってたんだけど? 「南北融和をリード by週刊金曜日」だって? 「南北対立をリード」の間違いじゃねえのかという話だろう。2018年からの南北対話というのは、金正恩が経済開発を優先する為にやむなく屈辱的に頭を下げた(親父の時の日朝平壌宣言みたいに)から実現したというだけの話に過ぎない。北の同胞を経済封鎖して締め上げるだけ締め上げ、その結果無理矢理対話に引きずり出したのを「対話の努力」などと美化するのは勝手だが、じゃあそんな安倍やトランプとべったりの帝国主義丸出しな文在寅のやり方が「平和的」なのか、「民族共助」と言えるのか、何よりもそれが「韓国民主主義」の本質なのかという事を問うているのである。

♡仲良し♡



筆者は今の朝鮮半島における「対話局面」を評価していない。あまりにも朝鮮側にだけ一方的に不利な情勢が展開しており、中米修交や越米修交の時よりもはるかに難儀な状況だからである。朝鮮共和国が東ドイツやリビアのような状況に追い込まれる可能性は依然として低くはなく、少なくとも楽観は絶対に禁物であろう。それでも敢えて対話が始まったのが誰の手柄かを評価するならば、屈辱に耐えて情勢を転換した「金正恩がエライ」のであって、アメリカや日本と一緒になって居丈高に制裁と圧迫に狂奔した「文在寅がエライ」のでは決してない。朝鮮共和国の立場から考えれば今の南北対話と朝米対話は小泉訪朝以来の国辱外交であり、金正恩のような育ちの良いボンボンがよくあんな屈辱的な方向へ路線を転換し、党や軍の高官達と議論して説き伏せられたものと思う。金正恩という男は日本人や在日の多くが信じ込んでいるのと全く違い、相当な忍辱(にんにく)の衣をまとった人間かもしれない。もちろんその結果が吉となるか凶となるかは、まだ誰にも分からないのだが。

「南北対話は全面的に文在寅大統領の手柄なんやあああああッ!」などという譫言を垂れ流すのをシノギにしている徐台教のごとき詐欺師が、日本の左派・親韓派の間でやたらと好意的に引用・リツイート・シェアされているのは、無知故に騙されているか、または精神の癒しを求めて騙されたがっている結果であろう。

別に徐台教に騙されている(在日含む)日本の左派・親韓派達がどうなろうと筆者の知った事ではない。自ら好んで地獄に落ちたい奴は、自己責任で好きにしたらいい。己を見失って白日夢に酔い痴れる奇人変人どもの心配までしてられないよ。
「騙してもまだまだ騙せる日本人」by邱永漢
という先達の言葉もある事ですし。ひょっとしたら、徐台教のシノギの手口というのは邱永漢のそれを参考にしてたりして…。「韓国民主主義」などという何の実体もない蜃気楼みたいなもんにドリーム見ちゃってる日本人(在日もだが)の左派・親韓派なんて、「騙してもまだまだ騙せる」って事なのだから。

それでも徐台教のインチキと嘘を暴く事はやっておかねばならない。すでに徐にイカレている連中はともかく、これ以上新しい「被害者」が生み出されるのは見るに耐えないからだ。
簡単な一例を挙げておこう。以下は最近の徐のツイートだ。

https://twitter.com/DaegyoSeo/status/1070248950484000768
徐台教(ソ・テギョ)‏ @DaegyoSeo
徐台教(ソ・テギョ)さんが樊瑞をリツイートしました
日本のインテリは右も左も金持ちも庶民も、なんですぐ「頭が悪い」って言うんだ?韓国のまともな評論でそんな表現見たことないぞ?地に足が付いてるのか?人間への尊重があるのか?悪いけど、何一つ読みたくないよ。
1:30 - 2018年12月5日


徐台教によれば韓国マスコミでは「頭が悪い」という表現が使われないんだそうだ。では本当にそうなのか確かめてみよう。朝鮮語で「머리 나쁜(頭が悪い)」とグーグル検索してみた所、すぐに以下のような記事が見つかった。

・朝鮮日報
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2018/08/03/2018080302610.html
똑똑한 여자는 왜 머리 나쁜 남자와 결혼하는가?
입력 2018.08.04 03:00
しっかりした女はなぜ頭悪い男と結婚するのか?
入力 2018.08.04 03:00

・ディスパッチ
https://www.dispatch.co.kr/732221
남자가 뽑은 ‘머리 나쁜 여자’ 의 특징 TOP 3 (사진 5장)
입력 : 2017.04.27 09:02 오후| 수정 : 2017.04.27 09:02 오후

男が選んだ「頭悪い女」の特徴トップ3
入力 : 2017.04.27 09:02 午後| 修正 : 2017.04.27 09:02 午後


韓国のマスコミでも「머리 나쁜(頭が悪い)」という表現は頻繁に使われているではないか。徐台教は嘘をついている! が、
「でもこれらは朝鮮日報やディスパッチみたいなしょーもないメディアの記事やないか。徐台教は「まともな評論」て言うとったやないの」
と反論する向きもおられるかもしれない。確かに一理ある。ではこれらとは違った「まともな」メディアではどうだったのか、検索結果を以下に例示しておきたい。

・プレシアン
http://www.pressian.com/news/article.html?no=38170#09T0
세계에서 가장 머리 나쁜 한국 학생들?
2012.02.21 08:12:00
世界で最も頭が悪い韓国の学生達?
2012.02.21 08:12:00

・オーマイニュース
http://www.ohmynews.com/NWS_Web/view/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0001478818
머리 나쁜 사람은 새 대가리? 얘들을 봐
10.11.16 13:34l최종 업데이트 10.11.16 17:44l
頭が悪い人はとんま? この子達を見よ
10.11.16 13:34l最終アップデート 10.11.16 17:44l


おいおい、保守派のフェイクニュース総本山である朝鮮日報とは違い、「進歩派四大紙」の一角であるプレシアンやオーマイニュースでも「머리 나쁜(頭が悪い)」という表現がさんざん使われているじゃないか! これは一体どういう事なのか? これでも納得出来ないという向きの為に、さらなる例示をしておこう。

・ハンギョレ
http://www.hani.co.kr/arti/science/science_general/522875.html
새대가리? 정치인들, ‘머리나쁜’ 새 만큼만 해라
등록 :2012-03-10 14:08
とんま? 政治家達よ、「頭が悪い」鳥並みにやれ
登録 :2012-03-10 14:08


ハンギョレでも堂々と使われてましたねえ、「머리 나쁜(頭が悪い)」という表現が…。徐台教の言う通りならば、朝鮮日報やディスパッチは元より、プレシアンやオーマイニュースやハンギョレまでもが「地に足が付いてるのか?人間への尊重があるのか?悪いけど、何一つ読みたくないよ」という事になる。確か徐はいつだったか自分のツイートでハンギョレの事をやたらと褒めていたはずなのだが、あれは嘘だったのか? いずれにせよはっきりしているのは、徐台教というインチキ記者の言ってる事が、基本的な部分からしてあまりにデタラメであるという事実であろう。

ツイッター上で右翼だか嫌韓だか知らないが、その手の連中と喧嘩するのは別に構わん。だが徐のように全く根拠のない発言を口から出任せで並べ立てる事がどういう結果を生むか、それを軽々しく引用したりリツイートする事を軽く考えるなという事だ。ましてや「本職のジャーナリスト(という事になっている)」と称する者の発言は素人よりもはるかに重い。今の日本で朝鮮半島問題という敏感な問題を扱うとなればさらに重大だ。こういう簡単に揚げ足を取られるデタラメ発言によって、他の人々がどれだけ迷惑を蒙る事か! 徐台教などという精神的日本人ははっきり言って、「頭悪い」どころか、有害無益のクズでしかない。この男が朝鮮半島の平和の為に出来る事はただ一つ。口をつぐんで黙れという事だ! 


変節の醜学 姜尚中篇

2018-11-28 | 記事



近年における姜尚中のおかしさというのはずっと指摘されてはいたのだが、とうとうここまで来たかという感じがする。産経にこんな記事が載っていた。

https://www.sankei.com/life/news/181124/lif1811240011-n1.html
https://www.sankei.com/life/news/181124/lif1811240011-n2.html
https://www.sankei.com/life/news/181124/lif1811240011-n3.html
【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】(46)姜尚中 在日2世物語の終焉 もう国籍にこだわらない

実際に読んでいただくのが早い。それにしても姜尚中ほど「一人の知識人の人生における成長と変化、そして変節と堕落」をこれほど明確に見せてくれるサンプルケースはないのではないか。少し前、朝鮮とアメリカの対決が最高潮に達してた頃、姜尚中はテレビに出て「北朝鮮の脅威」「金正恩は狂気の独裁者」みたいな事を煽る発言まで堂々としていたのだから。もはや石丸次郎や青山繁晴と違わない水準だ。
でもこの人、1990年代の始め頃には自衛隊海外派兵反対集会に出て講演したり、その場で「在日は日本の侵略によって苦しんで来た犠牲者であり、それをさらに苦しめるような真似(自衛隊海外派兵)を、日本政府はなぜするのか」「在日一世を記録する記念館のようなのを作らねばならない」みたいな事を言ってたんだぜ? 今ではとても信じらんねえ! ちなみにその時の集会では確か色川大吉や広瀬隆なんかも一緒に登壇して自衛隊派兵反対論をぶっていたのだが、その後色川と広瀬は都知事選で細川&小泉組を応援して、自分らも姜尚中に引けを取らない変節の醜学ぶりを天下にさらけ出しましたとさ。めでたし、めでたし。
ちっともめでたくねえよ。

かつて在日朝鮮人問題や天皇制・反原発などで名を売った学者や運動家は、今や軒並み壊滅状態に陥ったという凄絶な現実がある。広瀬隆なんて、今や反原発運動やってる人達の間でもどれだけ信じてる奴いるんだというレベルだろう。今読んでみると広瀬は中東イスラム諸国に関する著書に特に酷いものが多かった。中でもサウジアラビアの支配者であるサウド家と、「国教」であるワッハービズム(実際にはカルト化したイスラムの邪派)を超美化していたのは重大な過ちとしか言いようがない。朝鮮半島や中国の歴史に関する知識も浅薄極まりなかったし。まあ、今回は広瀬の話がテーマではないので話を戻す。

上記産経の記事で姜尚中が言ってる事は、一言で言って親日派の論理そのものである。それも日帝時代に内鮮一体や皇民化教育に率先した連中の言ってた事と何もかもそっくり! 実際に比較してみると分かり易い。

・姜尚中曰く
「(日本への帰化は)外来種から、本当の在来種への転換。その物語を完結させる儀式

IT業界の大立者(おおだてもの)になった孫(正義)が「経団連会長」になるような日が来るのかもしれない、と姜は思う。

 「一代であれだけの企業をつくり、日本の経済発展に多大な貢献をしている人です。『在日』社会は今後、日本国籍を持った人がマジョリティーになってゆくでしょうが、国籍に関係なく、朝鮮半島に縁をもった人たち皆が、違和感なく『コリアン』だ、といえる時代になってほしい」

・玄永燮曰く
「私は夢想する。半島の青年大多数が軍国の為に喜んで死ぬ日を! 完全に日本化した朝鮮人の中から宰相が出る、その輝かしい日を! 100年後か数100年後であろうか。内鮮一体を深化、徹底して完成させよう! 内鮮一体を永久的心理にしよう! 内鮮人に対する当為としよう! 新生朝鮮は内鮮一体の第1段階から第2段階へと飛躍する、まさにその時期に正確に置かれている。(「新生朝鮮の出発」183頁より)」

比較対象として挙げたこの玄永燮(ヒョン・ヨンソプ 현영섭 創氏名:天野道夫  1907~?)というのは日帝時代の悪質親日派で、緑旗聯盟や華北半島人聯盟などの親日団体幹部だった。中でも朝鮮語全廃論を唱えた事で悪名高い。ところがこの大物親日派、若い頃は社会主義者またはアナーキストとして、どちらかと言うと独立運動に関わっていたというから驚く。若い頃韓国民主化運動や指紋押捺反対運動をしていた姜尚中と同じで、玄永燮もまた恥知らずの転向者だった。

姜「孫正義が経団連会長になる日が来るかもしれない」
玄「完全に日本化した朝鮮人の中から宰相が出る、その輝かしい日を!」

姜「外来種から、本当の在来種への転換。その物語を完結させる儀式」
玄「内鮮一体を深化、徹底して完成させよう! 内鮮一体を永久的心理にしよう! 内鮮人に対する当為としよう! 新生朝鮮は内鮮一体の第1段階から第2段階へと飛躍する、まさにその時期に正確に置かれている」

両人の発言を並べてみると、嫌になるほどそっくり! 今の姜尚中は玄永燮の悪霊にでも憑依されてるんじゃねえのかと言いたくなる。


・姜尚中曰く
「3世、4世になると、韓国に戸籍の登録もしていないだろうし、日本人との結婚も当たり前になっている。彼らは、なぜ、自分が『在日』でいるのかすら分からない。親が韓国・朝鮮籍だから惰性で外国籍を維持している人が多いと思います」
「2世もあと10年もすれば、かなりいなくなるでしょう。“遠心力”にかけられて、在日という存在はますます焦点がぼやけ、見えにくくなる。もちろん、過去の記憶にアイデンティティーを求め、強い民族意識を持ち続ける人もいるでしょうが、長い目で見れば、日本国籍を取るのが自然の流れでしょうね。ひとつの物語の終焉(しゅうえん)です」
日本で生まれ、住み続け、日本で土に還(かえ)る。私は、日本以外へ出たいと思ったこともない。日本にいる以上、日本の流儀に従うべきでしょう。唯一、こだわりがあるとすれば、『姜尚中』という名前だけですね。それも、私の世代で終わる。後は、活字の中で『そんな名前の人がかつていたんだ』というくらいで残ればいいのです」
姜は、日本社会がうまく“受け皿”をつくっていれば、同化はもっと早かっただろうと思う。「在日を負の遺産として日本政府は長い間、統制や公安上の対象としてみてきたからです。同化一辺倒ではなく『コリアン・ジャパニーズ』としての個性を重んずる社会を実現すべきでしょう」

・李光洙曰く
朝鮮人は朝鮮人であることを忘れなくてはならない。血も肉も骨もすっかり日本人とならなくてはならない。朝鮮の知識人がなすべきことは、先ずおのれ自身を日本化し、第二には朝鮮人全体を日本化することに力を傾け、第三には、日本の文化を昂揚させこれを世界に発揚する文化戦線の兵士となるべきことである。これが朝鮮民族の永生の道である。そのために朝鮮人はその民族感情の発展的解消を断行すべきである」


次の比較対象である李光洙(リ・グァンス 리광수 創氏名:香山光郎 1892-1950)は当時最も有名な親日文学者だったので、御存知の方も多いと思う。この男も当初は独立運動に関わっていながら、後に「民族改造論」に走り、挙げ句が「民族解消論」の第1級親日派という変節の醜学まっしぐらに歩んだ人生であった。後年の李光洙の親日ぶりはあまりに狂信的であった為、「李狂獣」(朝鮮語で「光洙」と「狂獣」は同音)という陰口まで叩かれたほどである。これまた経歴も言ってる事もそっくりだねえ、姜も李も。姜の言う「ひとつの物語の終焉」という民族アイデンティティーの消滅は、李の言ってた「民族感情の発展的解消」まんまであろう。

姜「同化一辺倒ではなく『コリアン・ジャパニーズ』としての個性を重んずる社会を実現すべき」
李「日本の文化を昂揚させこれを世界に発揚する文化戦線の兵士となるべきことである」

両者に共通しているのは、とにかく朝鮮人は「祖国日本」の御為に奉仕しろという論理だ。これの元になっているのは、「お前たち(在日)は、言葉もできないくせに、そんなに民族意識が強かったのか? 『シーラカンス』みたいじゃないか、ってね。ただ、彼らは『自分が誰なのか』を知っている。在日はそれがよく分からない。すがるものがないから『国籍』にしがみつく一面もあったのです」だとか、「朝鮮人には詩もなく、小説もなく、劇もなく、即ち文芸の名に値する文芸がなく、別言すれば、朝鮮人には精神生活がなかった」「虚張声勢(ほら吹き)、空疎空論、表裏不同、姑息逡巡、個人優先・・・・・・の如き民族性上の欠陥」といった、両者が自民族に対して抱いている強烈な劣等感によるものであろう。これはすなわち日帝の植民史観そのものだ。「朝鮮人はこんだけ劣等民族なんだ。だから偉大なる大日本帝国に統治されるのが幸せなんだ。だから朝鮮人はテンノーヘーカの御為に死なねばならない」という、植民地侵略を正当化する為の嘘をそのまま信じ込んで洗脳されているのである。金明秀なんかもそうだけどね。


姜尚中曰く
「聞けば明治神宮は、明治天皇の逝去後、全国から集まった青年たちの「奉仕」によって広大な荒れ地を造営し、350種類以上、約15万本の樹木が奉納され、あのような見事な森が形成されたということでした。(中略)柱に賽銭が刺さってしまうほどの人々の切なる思いに、胸がキュンと熱くなりました。神社の方によると、こうした傷は修復せずに保存しているとのことです。/一人ひとりの老若男女たちが境内に託してゆく様々な思いが、サンクチュアリとしてこの空間を残しているのではないか。傷をじっと見つめていると、そんな思いすらこみ上げてきて、日本人にとっての神社や初詣でというものに対する僕の先入観も、静かに消えていくようでした。

・李光洙曰く
微臣・香山光郎、謹んで聖寿の万歳をお祈り申し上げます」(1942年11月に李が大東亜文学者大会に参加する為来日し、二重橋で宮城遥拝した時のセリフ)


ここまで来ると姜尚中の「皇民化度」は決して李光洙に負けていないというのが分かる。かつて姜は天皇と天皇制に対して結構厳しくも鋭い事を言っていたはずなのだが、最近はこうだよ。明治神宮を「遥拝」する姜の姿、宮城遥拝した時の李の姿と何重にもダブって見える。李光洙は日帝時代に皇室への崇敬を狂ったように何度も語っていたが、今の姜尚中も天皇に敬語使ったり「国家主義の抑制になってる」とか全く同じ事になっているようだ。

今の姜尚中というのは、玄永燮や李光洙のような最悪の旧親日派達を何人もチャンポンして作られた、合成魔獣みたいな存在になっている。実にロクでもないモンスターが誕生したと言えるのではないか。そのうち玄永燮や李光洙と同じように「在日の若者は帰化して自衛隊に入れ!」などという学徒勧誘まで言い始めるかもしれない。民族同胞を裏切って食い物にする連中というのは、いつの時代どこの国でも同じような屁理屈を異口同音に言うものだ。


ちなみに李光洙の最期についても参考までに記しておきたい。朝鮮戦争が勃発してすぐに北側の人民軍によってソウルが占領された際、ソウルに残っていた各界著名人士の多くが人民軍のオルグ対象となった。李光洙や崔麟のように親日経歴のある者もその対象とされ、とにかく誰であれ有力者や著名人ならば取り込んで、占領した南側地域の統治や人心確保に利用しようとしたのである。が、その後仁川上陸作戦による米軍の反撃が始まり、これらソウルの人士達も人民軍に連れられて北側へ退避する事になった。李光洙もその時に北側へ連れて行かれる。だが、すでに李光洙は重病で、米軍の爆撃を何とか逃れて疎開したものの、そこの病院であっさり死んでしまった。しかしながら李光洙は死ぬまで自分の親日行為について一切反省も謝罪もしなかったという(ただし朝鮮共和国当局は李光洙が死ぬ前に反省したと、対外的には発表している。しかしながらこれは対南外交の為のリップサービスと見るべきであろう。李光洙が最後まで反省も謝罪も拒否し続けた事は、歴史学者の間では定説である)。解放後の李光洙は「私の告白」という著書に見られるように、ひたすら見苦しい弁明に終始してそのまま死んだのだ。
この件が我々に与えてくれる教訓とは、李光洙がそうであったように、姜尚中もまた己の過ちを絶対に認めず、死ぬまで自身の変節と妄言を反省せず死んでいくだろうという事だ。すなわち、姜尚中は死んでも治らないという事だ!


※当初は「変節の醜学 徐京植篇」をやる予定でしたが、姜尚中のネタが飛び込んで来たので、急遽変更しました。徐京植についてはまた次回に。


【書評】「安倍首相は拉致問題を解決できない」

2018-11-26 | 記事

安倍首相は拉致問題を解決できない
著者:和田春樹
ISBN:978-4-86228-101-2 C0031
定価1500円+税 188ページ
ジャンル[外交・国際問題]
発売日:2018年11月22日

でも、和田春樹にも拉致問題は解決できない。
和田春樹の言ってる事はあてにならない。

という事でよろしいんじゃないでしょうか。書評は以上です。

 


【かつては「行動する良心」とまで言われた和田教授の、最近における実に尊くもありがたい行跡】

アジア女性基金(国民基金)。

佐藤優現象を蔓延させたA級戦犯の一人。

・「帝国の慰安婦」朴裕河応援団の筆頭格。ほとんど日本側親衛隊長の水準。

2015日韓慰安婦合意を擁護・大絶賛!

♡仲良し♡

朴裕河&和田春樹


…やめてくれよ、もう和田春樹はいいよ。とっくに賞味期限切れた知識人に過ぎないんだから、これ以上生き恥を晒すのはやめて、静かにフェードアウトしてくれた方がいい。本当に「行動するはた迷惑」だ。「日朝関係も侵略と植民地支配の時代、朝鮮戦争が生み出した敵対的で、不正常な関係を終わらせ、正常な隣国関係、対話と協力の新時代に入るべきです」だって? で、日韓協定や日韓慰安婦合意のような「不平等条約」を「長く厳しかった苦難の兆戦」という美名の下に、将来的には朝鮮共和国にも押し付ける訳だ。和田春樹の言ってる事やりたい事ってそういう事でしょ? 「南だけでなく、北に対しても「日韓合意方式」を押し付けよ!」と。

こんな本を好意的に取り上げたりシェアする日本人はもちろん、在日朝鮮人までいるらしいという事には驚く。実質的には日本人・日本社会に完全に同化しているということだろう。教えて欲しい。筆者は世間知らずでよく分からないのだが、今の同胞社会では「日本への同化」が一大ブームなのか? それも高英起や梁英姫のようにすでに完全に精神的日本人(いわゆる「精日」)と化しているのが誰の目にも明らかな連中ではなく、現役で総連(民団ではない!)の組織に所属していたり深く関連している同胞の間で? しかも本人達には全くその自覚がないときている!

2度の談話で謝罪めいた事を言いながら、植民地支配に対する法的責任についてはまさに不退転の決意で認めようとしなかった河野洋平や村山富市(この二人は日本と韓国のエセ進歩派になぜか大人気)と同じで、和田もまた「日本の国益」の為に動いているに過ぎないって事を、みなさんお忘れでないかい? 安倍はもちろん駄目だけど、和田も駄目っていうだけの話でしかないのだ。

もっともこれは、和田と喧嘩してるらしい徐京植にも当てはまる事だけどね。徐についてはまた次回書きます。


大統領の名前を入れ替えてみれば

2018-11-15 | 記事

ネット上で色々検索している時に偶然見つけた写真がある。懐かしい。


どこぞの者とも知れぬ右翼の昔のポスターである。字面からして1980年代後半と思われるが、昔はこの手のきったねえポスターが電車の高架下や電柱のあちこちに貼られていたものだ。当時は腹立たしさと不快感を感じたものだが、今見るとほとんどギャグにしか見えなくて笑ってしまう。「全斗煥大統領歓迎国民大会」だってさ! 凄過ぎ。まさに日韓仲良くしようぜ! 日韓癒着! 韓国の独裁政権と日本政府は共犯関係! しばき隊系野間一派や安田浩一といった連中がよく口にする「仲良くしようぜ」の原点がまさにこれだという事は、一目でお分かりいただけるであろう。

が、筆者はこの写真を見てひとしきり爆笑した後、ふとこんな事を考えた。
「これ、大統領の名前を『全斗煥』から『文在寅』に入れ替えて、左派や親韓派のポスターですって言ったら、今現在でも通用するよな」
と。

「文在寅大統領歓迎国民大会」
「文在寅大統領は金正恩反乱醜団の赤化侵略を阻止し、敢然と民族統一を推進する救世興亜の偉大なる指導者である」
「大韓民国の危機は日本の危機!」
「政府は韓国を熱烈に支援せよ!」
「日・韓・華・比・泰・米を結ぶ民主主義国家の団結を図れ!」

日本で文在寅を熱烈に支持したり羨んでいる連中。文在寅が日韓慰安婦合意を存置させた事を熱烈に歓迎している連中。防弾少年団を応援して「意識高い系知韓派」を気取ってる低脳連中。旭日旗ばかり槍玉に挙げて済州島海軍基地や日韓安保協力を全く問題にしない連中。アジアプレスや徐台教が大好きな自覚なき変態連中。文在寅政権がやってる「財閥優遇・労働者搾取」の新自由主義政策について何も知らない馬鹿ども。「北は世界最悪の独裁国家だけど南は世界トップクラスの民主主義国家」というドリーム入っちゃってる誇大妄想狂連中などなど…。
そうした輩達が、上記のような80年代オールド右翼とおんなじスローガンを今現在叫んでも全く不思議はあるまい。朝鮮共和国と総連を敵視・排除し、韓国と民団とは今やズブズブの関係になっている日本共産党なんかはまさに分かり易い典型であろう。共産党が「大韓民国の危機は日本の危機!」「政府は韓国を熱烈に支援せよ!」と絶叫しても何の不思議もない。徴用工問題や防弾少年団の件で韓国の味方の振りをして「意識高い系知韓派」を気取っている日本人達の大部分も、はっきり言って80年代の日韓癒着派オールド右翼と違いのない意識水準である。その手の連中は文在寅の事を「敢然と民族統一を推進する救世興亜の偉大なる指導者」くらいに考えているのだから! 

結局日本の右傾化が生んだ珍現象とでも言うべきか。かつて「日韓癒着派」だった右翼が今はもっと右の「嫌韓」や「ネオコン」になり、「独裁政権打倒、民主化運動支持」だった左派も右傾化して今は「日韓癒着派」になったというオチなのであろう。植民地被害国や第三世界の肩を持たねばならない天秤の左側には、今や誰もいなくなりましたとさ。めでたし、めでたし…。
ちっともめでたくねえよ。

ただ、当時と今の違いを敢えて挙げるとするならば、昔は右翼(日韓癒着)も左派(民主化運動支持)も韓国の実情をある程度正確に把握した上でものを言ったり行動していたのに対し、今は右翼(嫌韓・ネオコン)も左派(日韓癒着)も韓国の実情をほとんど知らず(か、全く興味なし)に「自分らの都合のいい韓国像」という妄想を根拠に言動したり、それを韓国側に押し付けようとしているという点であろう。
かつては「韓国は腐敗した軍事独裁政権の下で民衆が呻吟している」という向こうの実情が思想の左右を問わず認識されており、その上で右翼は韓国独裁政権と癒着して甘い汁を吸ったり政治的野欲を達成しようとしたし、左派は独裁政権の打倒と民主化運動への支持を表明した。良くも悪くも現実がある程度認識されていた事は間違いない。
今は違う。今の日本で右翼は「韓国は反日国家で、文在寅は親北左派」と、左派は「韓国は日本と違って国民が民主主義を勝ち取った素晴らしい国家で、文在寅は敢然と民族統一を推進する救世興亜の偉大なる指導者」というそれぞれ勝手な妄想をぶっこいていて、それを韓国側にも押し付けようとしているのだから! 左翼右翼問わず日本で思い描かれているこうした韓国像はいずれも大間違いであり、現実の韓国という国は「財閥や大企業だけを肥え太らせて労働者を搾取する、世界でも有数の過酷な新自由主義経済体制」「超原発推進大国」「人種差別・民族差別が世界でもトップクラスに酷い」「アメリカの衛星国」「アジア有数の親日国家」「韓国の民主政権と日本政府は共犯関係」「国家保安法(旧治安維持法)」「大統領はタカ派反共主義者」「自国しゅごいの選民意識が社会全般に蔓延し、他国他民族を平然と侮蔑」という、日本と極めて酷似した、どこにでもある腐敗し切った資本主義国家の一つに過ぎない。こうした現実を知らなかったり徹底無視する事で、今の悲惨な日本の対韓国認識が出来上がったのであろう。社会の右傾化とは現実を見ない事から始まるものなのかもしれない。

そもそも「日韓癒着」は韓国が「民主化」されて久しい今なお実際には(やや形態を変化させて)続いており、清算されていないのだから。朴槿恵の頃からそうだったが「日韓対立」「日韓関係悪化」などという話自体が仕組まれた幻想でしかない。日韓断交だって? やれるもんならやってみろ、早くやれという話ではないか。日韓が本当に対立したり断交してしまったら誰が困るのか、という話なのだ。困るのは日本でしょ? いや、もっと困るのはアメリカ様(笑)でしょ? 日本と韓国が本当に関係悪化して外交関係や安保協力(同時に日韓合意や軍事情報保護協定も)が吹っ飛べば、アメリカの対アジア戦略も消し飛ぶ事になる。他のアジアの国々にとっては万々歳だし、日本の反戦平和勢力にとっても(本来なら)実に良い事ではないか! 門田隆将のごとき歴史も国際情勢も全く無知なクソ右翼どもは出来もしない事を言うなという話なのだ。
今の日韓関係すなわち「65年体制(日韓協定体制)」というのは、基本的に日本側に有利な形で結ばれた修交なのである。日韓慰安婦合意も軍事情報保護協定なども全てその延長線上にあり、どれも日本にとって一方的に有利なものだ。だから日本は死んでも慰安婦合意を自ら取り下げる事はないし、「文在寅大統領が日韓合意を破棄も再交渉もせず、日本が自らそれを取り下げさせるように仕向けているのは正義」などというのは間違っている上に許しがたい暴言なのである。「不肖のセガレとは全く違うハト派にして人格者」みたいに言われている河野洋平(河野談話)や、村山談話の村山富一からして、「帝国の慰安婦」の朴裕河の応援団だって事実をみんな忘れていないかい? 
「日韓断交上等」「日韓関係悪化上等」とは本来左派や植民地支配清算を主張する側のものであるはずだ。日帝植民地支配清算とは「日韓友好」の付属物ではない。「日韓友好」の為に植民地支配清算をすべきと主張する日本人があたかも「我こそ真の知韓派」のような顔をして良識派ぶっているが、これは完全に本末転倒している。結局は「65年体制」を擁護する結果にしかならないのだから。