見出し画像

新しい素材が新しい表現を生み出します

ウィリアム・モリスは社会主義者⁉️

芸術と生活の一体化を提唱した

アーツ・アンド・クラフツ運動
Arts&Crafts

イギリスでは産業革命により工場で大量生産された商品があふれるようになる

反面、かつての職人は単なる作業員となり、労働の喜びや手仕事の美しさも失われてしまった。

モリスは中世時代に憧れ
モリス商会を設立
インテリア製品 植物の模様の壁紙やステンドグラスなどを生み出した

作業員を解放して生活を芸術化するために

根本的に社会を変えることが不可欠だと考え

モリスはマルクス主義を熱烈に信奉し
エノリア・マルクス(カール・マルクスの娘)とも行動をともにした

生粋の社会主義者です

対して対照的な人物はレヴェイヨンである

レヴェイヨンは壁紙の製造を目的としてフォリー・ティトンを設立し

300人の労働者を雇用する王立マニュファクチュアを経営する企業家だった

その邸宅兼工場だったフォリー・ティトンの庭園では、

1783年10月19日に最初の熱気球の有人飛行が行われた

現在その場所には、昔を伝える記念プレートが設置されている。

特に厳しい冬の後、パンの価格は1789年の最初の数カ月の間に急激に上昇した。

作業員たちには投票する権利はなく   選挙権の範囲は王国の他の地域よりも制限されていた。 

生活必需品の不足と失業の脅威、そして選挙集会からの除外は庶民が多く住む郊外の住民に不満を与えていた。

レヴェイヨンは作業員の賃金について不穏な発言をしたとされている。

作業員の日当が安かった古き良き時代を彼は懐かしんでいたとされている。

このような自由主義的な考えによって育ったこの経営者は、輸入小麦粉の価格、ひいてはパンの価格を下げるために、パリに入ってくる物品に課せられる入市税を廃止すれば、賃金を下げることが可能になると考えていた。

人々の間ではレヴェイヨンは賃金の引き下げを望んでいると噂され、

噂はキャバレーや作業場で繰り返し語られ、ついに不満が爆発し、壁紙工場を舞台にした暴動事件が起こったのです

このように壁紙というものを挟んで

対照的な2人の人物と主張はすごく重要な視点である事は今の日本の現状にも当てはまるところが多いように感じます


クリックして応援お願いしますm(_ _)m

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「日記」カテゴリーもっと見る