見出し画像

新しい素材が新しい表現を生み出します

印刷とインクジェットの違い2

先ずは印刷の種類から説明します^ ^


1.いろいろな印刷手法
印刷手法には、凸版印刷、凹版印刷、平版印刷があり、最終印刷物の用途によりその印刷手法が決まります。


1-1
 凸版印刷(活版印刷やフレキソ印刷)
印鑑や木版画の手法で,版の盛り上がったところについたインクを紙に押しつけて印刷します。以前は書籍やはがきなど文字物に多く使用され、最近はパッケージ印刷に使用されています。

1-2
 凹版印刷(グラビア印刷)
金属や石などの版に彫刻し、版面全体にインキを入れた後に、表面のインキをそぎ取り、用紙に押しつけて印刷します。大部数印刷する場合や、菓子や食品などの軟包装フィルムなどのパッケージ印刷に使用されています。

1-3
 孔版印刷法/スクリーン印刷
絵柄部分を切り抜いた型紙を使用し、画像となる部分が網目状に開いているため、その部分にインキを塗布し押し出すことで紙に転写し印刷します。紙以外の被印刷体繊維、プラスチック、ガラスなどの曲面体に印刷することが可能です。 

1-4 
平版印刷(オフセット印刷)
版は画像部とそうでない部分が同一平面上にあり、水と油の反発を利用して印刷します。水がつけられることでインキの着くところ着かないところが分けられ、こうしてついた版面のインクを油性インクになじみやすいゴムのドラムに一度転写してから紙に押しつけて印刷するやりかたです。現在の主流となっている印刷で商業印刷、パッケージ印刷に使用されています。



上記の印刷の手法は必ず対象物への接触というものが必ず起こりますが、インクジェットは完全な非接触となります。


この接触、非接触の違いは、表面の平滑性や印刷適正というものの概念を根底からくつ換えすことになります^ ^


インクジェットという新しい技術の到来から粗面に対して緻密な描画ができるようになるという大きな変化に対して多様なサーフェイスと組み合わせることによって多様な視覚表現が生み出される可能性があります。




ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

コメント一覧

aki
憲法改正を急ぐ理由を知って下さい
突然の書込み失礼致します。
この度は皆様に知って頂きたい事があり、誠に恐縮ですが書込ませて頂きました。

マスコミが大きく報じぬ中、連日中国の日本領海侵犯が増大し、尖閣侵略を狙っている現状を、中国に侵略虐殺を受けるチベット等と重ねて今多くの方にどうか知って頂きたいです。

戦後日本を弱体化させる為、アメリカが作成した日本国憲法施行後、韓国が竹島を不法占拠し、その際日本の漁船を機関銃で襲撃し、多くの船員が死傷しました。

北朝鮮は国民を拉致し、日本全土を射程に入れるミサイルを数百発配備しており、尖閣には中国艦艇が侵犯する現状でも、憲法の縛りで日本は国を守る為の手出しが何一つ出来ません。

現在まで自衛隊と米軍の前に中国や北朝鮮の侵攻は抑えられて来ましたが、米軍がいつまでも守ってくれる保証は無く、時の政権により米軍が撤退してしまえば、
攻撃されても憲法により敵基地攻撃能力が無い自衛隊のみでは、日本はチベットと同じ道を辿りかねません。

9条の様に非武装中立を宣言しても、平和的で軍事力の弱かったウイグル等を武力で侵略し、現在進行形で覇権拡大を行い「日本の領海を力で取る」と明言している中国や、

核ミサイルで日本を狙う北朝鮮、内部工作を行う韓国が尖閣等から侵略の触手を進めているからこそ、GHQの画策により戦う手足をもがれた現憲法を改正し、

自立した戦力と抑止力を持たなければ国民の命と領土は守れないという事を
中韓側に立ち、印象操作で国民を煽動する野党やメディアの姿と共に
一人でも多くの方に知り目覚めて頂きたいと切に思い貼らせて頂きます。
https://pachitou.com
長文、大変申し訳ありません。
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「デジタルプリント」カテゴリーもっと見る