はおっこブログ

羽尾歯科医院春日山のブログです。人に教えたくなる歯のお役立ち情報、小粋な日常雑記、食育やおいしい物について語ります。

第4回院内セミナー:0才からの子育て歯科セミナー開催しました!

2018年09月28日 | 歯のお役立ち情報


今回は、小さなお子さんたちもお母さんと一緒に仲良くセミナーを聞いてくれました。



今回のセミナーの内容です。



砂糖だけではなく、ご飯も食べれば唾液と混ざって糖分になり、むし歯菌のエサになってしまいます!



唾液がなければ、歯はものを食べるたびになくなっていってしまいます。



おうちで使うフッ素の効果は絶大です。



フッ素は「1日2回!」これを呪文のように覚えておいてください(笑)



おうちでのフッ素は、歯磨き粉でも、スプレータイプでもかまいません。
朝の忙しい時間は、口をゆすいでから、フッ素スプレーをシュシュ!でも、OKです!



小さい頃から、仕上げ磨きのハブラシに慣れてもらえるようにトレーニングを始めましょう!
トレーニングをキチッとしていた方が、お母さんの仕上げ磨きがラクになります。



特に、思春期のスポーツドリンクによる虫歯の多発がキケンです!
このスライドにある砂糖の量を意識して、飲んだら必ずうがいをするかお茶を飲みましょう!



「痛くなってから歯医者さんに通う」ではなく、「痛くならないように歯医者さんに通うこと」が、歯の寿命を延ばす秘訣です。



原因がわかれば必ず予防ができます!



予防歯科で、お子さんの歯を大切に守ってあげてください。

 


参加して頂いた皆さん、ありがとうございました。

次回は、今年最後のセミナーになります。
テーマは「歯周病」です。
全身の病気の原因が実は歯周病だった、という内容と、もちろん、おうちでできる「歯周病撃退法」もお話しします。

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

コメント

アットホームに、第3回院内セミナーが行われました。

2018年08月31日 | 歯のお役立ち情報

8/29に第3回院内予防歯科セミナーが開催されました。



今回は、私も座って同じ目線でお話をしました。
お互いに笑顔もでやすく、アットホームなセミナーとなりました。



今回3回目のセミナーの内容は、ズバリ!「美歯(ビバ)ビューテフルライフ」です。



























「健康は美しい歯から!」です。

ぜひ、予防歯科で素敵なビューティフルライフをお過ごし下さい。

コメント

赤ちゃんと高校生に希望あふれるセミナーをしてきました!

2018年07月14日 | 院長日記

みなさんこんにちは!

7月の入って早々、2つの出張セミナーを行って参りました。

1つめは、マミーズネットさんのお招きで、タイトルは「0才からの子育て歯科セミナー」です。
お母さんと赤ちゃんと楽しく一緒に聞いてもらいました。







実は、0才から赤ちゃんの歯の予防はできます。逆に、予防をしないと赤ちゃんの大切な歯が将来的にむし歯になってしまうリスクが高くなります。
そうです、「予防は知識」。知っていると知らないでは、お子さんの歯の健康に大きな影響が出てきます。




そうならないための歯の予防方法を4つのポイントにしぼってお話ししてまいりました。




ポイントは、子供にも分かりやすくむし歯になる仕組みを覚えてもらうことです。
年中さんになった4才ぐらいになって、年少さんという後輩ができてくる頃になると、お子さんは大人の話が理解できるようになります。
4才頃になったら、親子で歯の予防について一緒に考えてみて下さい。
それまでは、親御さんがしっかりとお子さんの歯を守ってあげて下さい。







フッ素は、なぜ使う必要なあるのか、効果は何か?お母さんに知ってもらいました。




歯磨き粉の味も子供が自分で選べる「参加型」仕上げ磨きにしてあげると子供たちのストレスも減りますね!




お子さんの大切な歯を守ってゆきましょう!




歯科衛生士さんは、「歯の予防のプロ」ですから、お子さんの歯の予防の方法や仕上げ磨きのやり方など気軽に聞いてみて下さい。





午後は、引き続いて高田高校で講演会を行ってきました。



高田高校は私の母校でもあり、昨年から学校歯科医としてもお世話になっております。
そして、今回は養護教諭の志賀先生からのお招きで、「ハローアルソン フィリピン医療を支える会」についての話を高校生達にしました。
副題は、「歯医者さんは、なぜ、海外に医療ボランティアに行くのか! ~できる人が、できない人のために~ 」です。




「自分の肌で何かを感じること」は、自分の世界観を作り上げてゆく上で大きな糧となります。




たった、飛行機で4時間半のところに日本とは比べものにならない過酷な格差社会の世界があります。





高額な治療費のために歯の治療が受けられないフィリピンの人は、むし歯のばい菌が血流に乗って全身にまわり、命を落とす子供もいます。
















彼らも、私の話を聞いて何か肌で感じてくれたらありがたいです。





最後に嬉しいサプライズが!
高田高校でも、恵まれないフィリピンの子供たちのために歯ブラシを集めてくれていました。

実はフィリピンでは、歯ブラシ1本の値段が、 2kgのお米と同じ値段なのです。
1日に1食しか食べられない彼らは、もちろんお米を選びまあの人たちは、むし歯のばい菌が歯の根っこから全身に広がって命を落としてしまう子供がいます。

「歯ブラシ1本で救える命がある」

このことを若い彼らに知ってもらえただけでも嬉しいことです。

そして、そんな彼らと来年の2月に、一緒にハロアルの活動に参加できることを楽しみにしております

コメント

第1回 院内セミナーが開催されました!

2018年06月30日 | 歯のお役立ち情報

みなさん、こんにちは。
6月20日に、第1回院内セミナーが開催されました。
内容は、「歯を『なおす』から『まもる』へ」です。

発表スライドを一部紹介いたします。



















むし歯の治療は、車の車検と似ていて、事故が起こってから、痛くなってからだと被害が歯を削る量が多くなり、削った分だけ歯の寿命が縮まってしまいます。

歯をまもるポイントは、歯医者さんに定期的に通って、むし歯になっても早期発見であまり削らずに白い樹脂を詰めて「銀歯」にしないことが大切です!

次回の院内セミナーは、7月18日、内容は「口腔ケアの必要性」についてです。
「人生は、老後は、最後までいかにおいしく、楽しく、美しく生きるか。」が大切です。

そのためにも、自分の愛おしい歯をしっかりと残すための「口腔ケア」のコツをお伝えします。
みなさんのご参加を楽しみにしております

コメント

患者さん向け院内セミナー始めました!

2018年05月29日 | 院長日記

昨年に続き今年も、患者さん向け院内セミナーを始めました。
そのかわきりとして、先日「ハローアルソン フィリピン医療を支える会の活動について」当歯科医院に通って頂いている患者さんにお話をしました。






JCVの方も撮影に来てくれました。

少しでも多くの方にこのハロアルという「歯ブラシ1本で救える命があります!」というボランティア活動を知ってもらえればと思います。

そして、今後の2018年度 院内セミナー予定とテーマは、以下の通りです。

第1回 6月20日:歯を「なおす」から「まもる」へ
第2回 7月18日:「口腔ケアの必要性」について
第3回 8月29日:美歯(ビバ)!健康な歯を簡単に手に入れる方法
第4回 9月19日:0才からの子育て歯科セミナー
第5回 10月17日:ガッテン風、超簡単!歯周病撃退法!

羽尾歯科医院 春日山のホームページに詳細がありますので、ご確認下さい。
自分の歯の健康のためにも、生涯おいしく食べるためにもぜひ、この予防歯科セミナーにご参加下さい。

コメント

ボランティア活動の性質

2018年04月24日 | 院長日記

ボランティア活動は「即効性はあるが、持続性がない。」と言われることがあります。

特に日本では、諸外国に比べて、幼少の頃や身近にボランティア活動というものと触れあう機会が少ないので、なおさらその傾向があるのかもしれません。

そんな中、我がハローアルソン フィリピン医療を支える会に今年2月に参加してくれた上越高校の家塚月菜さんは、ボランティアから帰国後も、高校の生徒さん達へのボランティア活動報告や、ポスターを壁に貼っての物資集めなど「持続」的にこのボランティア活動を支えてくれています。


↑中央が家塚さんです。(ハロアルから帰国後の上越妙高駅にて)
ボランティア活動を立派にやり遂げた感が感じられるステキな笑顔ですね!  


この家塚さんのパワーと貢献する心と行動を大人の私も見習わなければならないと思っております。



家塚さん、本当にありがとうございます。

 

通学する高校に、支援物資をお願いするポスターを作製、貼ってくれて、オリジナルの回収ボックスまで作ってくれて、このボランティア活動を「持続」させてくれています。

そして、羽尾歯科医院 春日山に予防で通って頂いて下さる患者さんの中にも、歯ブラシや石けんなどの支援物資をもってきて頂き心から感謝しております。


↑「養命酒」の箱の中に支援物資の石けんが、患者さんの「思い」とともにいっぱい詰まっておりました。ありがとうございます。

これからも、ハローアルソン フィリピン医療を支える会への皆様のご協力のどよろしくお願い致します。


※最新速報
ハローアルソン フィリピン医療を支える会の紹介動画が、You Tubeにアップされました。

音楽つきですので、ぜひ、一度ご覧下さい。すばらしい作品に仕上がっております。

Hello Alson! 2018 フィリピン医療ボランティア You Tube動画(音楽付) → https://www.youtube.com/watch?v=gEjguApch2I

コメント

2018年ハローアルソン フィリピン医療を支える会の報告会が開催されました。

2018年03月29日 | 院長日記

今年の2月に行われましたハローアルソン フィリピン医療を支える会の活動報告会が参加して高校生達によって長野県御代田町にて開催されました。

 
新潟支部から参加してくれた高校生の家塚月菜さんも大きな声で堂々と活動報告をしてくれました。

2年前にフィリピンの大統領が変わり、劇的に変化を遂げた国内。
麻薬犯罪撲滅のため、治安が良くなった一方、ゴミを拾ってなんとか生きていた「スカベンジャー」や、一晩中街に立ち、物乞いをしていた「ストリートチルドレン」たちの姿をほとんど見る事はありませんでした。街の浄化として彼らの徹底的な排除を実施していたのです。つまりは、街の外に追いやったと言うことです。
 
しかし、私達が訪れたスラムでは、目の前には高層ビルや高層マンションが立ち並ぶ景色が見える一方その恩恵にあやかる事のできない貧困層の人々の生活は何も変わっていませんでした。

 

 今回の活動で参加者から多く聞こえた言葉は現地の人たちの笑顔が感動的だったという事。
 しかし、「なぜスラムの人たちはあんなに笑っていられるのか。」とスラムの現状を目の当たりにした者は悲しい現実に胸を痛めました。私たちは恵まれた環境で生きています。何不自由なく教育を受け、毎日ご飯が食べられる、物に溢れている世界にいます。この様な国は世界にたった10%しかありません。


現地で自分の肌で感じたことを自分の言葉でしっかりと伝える高校生達の姿


今年も、300人を超える多くの方々が高校生達の報告を聞いてくださいました。

自分にできることは何か・・・。高校生たちはそれぞれ何を感じたでしょう。
発表の中にはもっと沢山の物資を集めればよかった。そうすれば少しでも多くの物資を届けられたはずと悔しさを口にする者。
毎日の生活を振り返り、自分の甘さに気づいた者。
また、もっと勉強して今度は歯科医師になってこのボランティアに参加したいと約束してくれた者もいました。
 
高校生たちは帰国後、自分たちがいかに恵まれた環境で育てられているかということに気づき、親に感謝の気持ちを伝えたことでしょう。
活動を通じて将来の事、自分は何ができるのかを考えて前に進んでほしいです。


今年は、初めて以前このハロアルのボランティア活動に参加してくれたOBの生徒さんが近況報告をしてくれました。
歯学部に入学した人、看護師になった人、医学部を志してくれている人、発展途上国で経済支援をするために経済学部を目指す人、皆さん、それぞれにこの活動を通して人生の目標、生きがいを見つけ成長し続けてくれているようです。嬉しいことです

この活動は全て支援物資や募金のご協力をして下さる皆様の善意で成り立っています。毎日のように集まる歯ブラシやタオル、石鹸をフィリピンの人達に配布できるのも、皆様の温かいご協力のお陰です。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


これからも素直な気持ちで活動に取り組み、誠心誠意頑張っていきたいと思っております。
どうか今後とも末永いご支援、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 

コメント

2018年ハローアルソン フィリピン医療を支える会の活動が無事に終了しました。

2018年02月13日 | 院長日記

皆さんのご協力のおかげで、今年のハローアルソン フィリピン医療を支える会の現地医療活動が無事に終了いたしました。
今年も、高校生の協力のもと多くの恵まれないフィリピンの人々の歯の治療と支援物資を渡すことができました。


2018年2月8日 いざ、フィリピンへ!



一緒に活動を行う高校生達の機内での笑顔もあふれます。



フィリピンの子供達からは、「楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなる」ということを教えてもらいました。





スラムの住人すべての人の歯の治療ができるわけではありません。
事前に配布したチケットを手に入れた人だけが治療を受けることができます。
そのチケットを手に入れられる確率は1000分の1なのだそうです。








虫歯で前歯に穴が開いていたところを、白い樹脂で埋めきれいに治療しました。
やはり、見た目がきれいになることは、治療を行う方、される方、両方にとって嬉しいことです。



フィリピンでは、貧困層の多いところでは、慢性栄養失調のため 虫歯の細菌が全身にまわって命を落とす子供もいます。
虫歯からの感染が歯から全身に広がってしまう前に、 感染源の歯を抜歯しなければなりません。
日本であれば治療を行うことで 歯を残すことができるかもしれません。
続けて通うことのできない、もう二度と治療をして もらえるチャンスがないフィリピンの人達に対して
最低も、最高もなく一回で痛みから解放するために 歯を抜く治療をするしかないのです。
怖さに震える手を、高校生達が現地語で「カヤモヤン(がんばって)」と声をかけながら、しっかりと手を握り握ってくれています。



ハロアル新潟支部から一緒に参加してくれた高校生の家塚さんも、患者さんの頭をしっかりと押さえ治療を一生懸命に手伝ってくれています。



「笑いは社会の潤滑油!」
私は、手品で現地の子供達を和ませます。
手品は、言葉が通じなくても笑顔を生み出すことができます。皆さんもぜひ挑戦してみてください。
海外の人とも。すぐにコミュニケーションがとれ、仲良くなれます。



私の「口からひもの出る手品」に思わず笑ってしまったフィリピンの子供達。



今年は、初の試みとして「シャワーブース」を設営しました。
フィリピンの子供達は、普段石けんを使って体を洗うことがなかなかできないので、今回石けんを使って体もきれいになり、
「とてもいい香りで、すっきりした、ありがとう!」と、とても喜んでくれました。



一緒に頑張ってくれた、高校生達の笑顔に感謝しています。
今回この活動で、肌で感じたことを人生の糧として、人の役に立ち、人を喜ばすことのできる仕事や生きがいを見つけてください。

そして、この活動に賛同し、歯ブラシの寄付や募金をしてくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

3月24日(土)には、今回の活動報告会が長野県御代田町で開催されます。
詳細は「ハローアルソン フィリピン医療を支える会」のホームページをご覧ください。

コメント

今年もよろしくお願い致します。

2018年01月15日 | 院長日記

平成30年、新しい年が始まりました。
今年も、皆さんの歯を「なおす」から「まもる」ためにも、かかりつけ歯科医院として精進して参りたいと思います。
よろしくお願い致します。

そして、ハローアルソン フィリピン医療を支える会のフィリピン現地活動まで3週間を切りました。

今年一緒に参加してくれる地元高校生、家塚さんの羽尾歯科医院 春日山の羽尾での院内研修も残すところあと1回となりました。
恵まれないフィリピンの人達のために家塚さんは、歯ブラシ指導用の紙芝居を作ってくれたり、現地で行う治療の勉強をしたり一生懸命になって準備をしてくれています。





そして、そんな私に、うれしいお年玉をいただきました。

以前、高志小学校で校医をしていた頃にこのハローアルソン フィリピン医療を支える会の講演会を小学校6年生にしました。
そのときの生徒さんの担任だった中島先生と有志の先生方が、ハロアルのために支援物資の歯ブラシを持ってきてくださいました。
その数、な、な、な、なんと403本でございます。



歯ブラシを集めるための箱まで作っていただき、先生方のご厚意と思いに心より感謝いたします。

そして、集めていただいた歯ブラシの一本一本が、フィリピンの子供達の命を救い、笑顔を生み出してくれることと思います。

今後ともご協力のほどよろしくお願い致します。

コメント

感動!高校生たちが!!

2017年12月11日 | 院長日記

先日、11月10日に私の母校の新潟県立高田高校1年生(280名)のみなさんを対象に講演を行ってまいりました。

講演内容は「社会貢献について、具体的な実践例を学ぶ ~歯医者はなぜ海外のボランティアに行くのか?~」です。
みなさんとても真剣に私の話をきいてくれました。









「ハローアルソン フィリピン医療を支える会」で新潟支部長と高校生係である私の目標は、今の日本の若い高校生たちに「ボランティア」を通じて、 「貢献する技術」を習得する中で自立した「未来のリーダー」を育成することです。














そして、この講演会後、嬉しいことに高田高校の後輩達が123本の歯ブラシを集めて歯科医院にまで届けてくれました。



みなさんが集めてくれた、その1本の歯ブラシで、

・フィリピンの子供達の歯をまもるかもしれない。
・売ることによって、ご飯を食べることができるかもしれない。
・将来、フィリピンのスラム街でも私たちの姿を見て歯科医師を目指す子供が出てくれるかもしれない。

1本の歯ブラシで、救える、助けることのできる「命」があります!

このことをこれからも、この素晴らしい「貢献する心」を持った後輩達と多くの人に伝えて行きたいと思います。

私にとっては、私の話を聞いてくれた高校生達が一生懸命集めてくれたこの歯ブラシの1本1本が、最高のクリスマスプレゼントになりました。

みなさんの気持ちと共に、来年の2月、この歯ブラシをフィリピンの子供たちに届けてきたいと思います。

みなさんの優しい気持ちに本当に心から感謝いたします。

コメント