箱根神社(九頭龍神社)の社務日誌から・・・

◆御鎮座1260年をめでたく迎えました!皆様のお参りをお待ちしております。箱根神社(九頭龍神社)公式HPもご覧下さい。

お知らせ。21日夕方現在の交通規制、交通機関の運行状況。

2019年10月21日 | お知らせ

通行止めとなっていた国道1号線は全線復旧いたしました。小田原方面、三島方面から箱根神社への道路規制は解除されました。
箱根、元箱根へのバスは平常通り運行されています。
登山電車の復旧は長期化しそうです。お気をつけて起こしください。
箱根町の交通規制また交通機関の運行状況についても下記のアドレスをご参考ください。

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/b4w/index.html

https://www.town.hakone.kanagawa.jp/index.cfm/10,0,48,181,html

コメント

24日は御神火祭・元宮例祭・世界平和祈願祭を斎行致します。

2019年10月19日 | お祭り

10月24日は、駒ケ岳山頂鎮座の「箱根元宮」そして「箱根神社」で、お祭りがわれます。


御神火祭 元宮例祭 御神火巡行
世界平和祈願祭26101801

コメント

即位の礼正殿の儀が行われる、10月22日午前9時より即位礼当日祭を斎行します。

2019年10月17日 | お祭り

来る22日午前九時より即位礼当日祭を斎行致します。

即位礼当日賢所大前儀(そくいれいとうじつかしこどころおおまえのぎ)
即位礼当日、天皇陛下は賢所で即位の旨を御奉告されます。陛下は純白の御束帯をお召しになられ、お祭りを執り行われます。

御写真は即位礼当日賢所大前の儀(平成の御大典H2.11.12)

即位礼正殿の儀(そくいれいしょうでんのぎ)
皇位につかれた天皇陛下がその即位を全国の国民、諸外国に対し高らかに宣明します。儀式の執り行われる皇居正殿松の間の中央には天皇陛下が登られる高御座たかみくらが、その脇には皇后陛下が登られる御帳台みちょうだいが据えられ、さらに正殿の中庭には、数々の「旛ばん」と呼ばれる仗旗が色鮮やかに林立し、弓や太刀などを手に古からの装束に身を包んだ参役者、供奉員らが整然と控えます。

黄櫨染御袍の御束帯をお召しになられた天皇陛下は、高御座に登られ、国民の代表である内閣総理大臣を前にして即位に際してのおことばを述べられます。これに奉答して内閣総理大臣は陛下へ御祝の言葉(寿詞よごと)を奏上するとともに、萬歳を三唱し、国民挙げて陛下の御即位を奉祝するのです。
御写真は即位礼正殿の儀(平成の御大典H2.11.12)

祝賀御列儀(しゅくがおんれつのぎ)
パレードで御即位を奉祝 即位礼の後、天皇皇后両陛下は、パレードを行い、広く国民の祝意をお受けになられます。これは平成の御代替りから始められた儀式です。お住まいの赤坂御所へ向かわれる沿道に約十二万人が詰めかけ陛下の御即位を奉祝しました。

饗宴きょうえんのぎ儀
天皇陛下は即位礼に参列した外国元首・祝賀使節などから御即位に対する祝意を受けられます。平成の御代替りでは、四日間に分けて計七回行われ、そこでは祝宴の他、即位礼が行われた正殿で高御座及び御帳台の公開や、舞楽の披露も行われました。

一般参賀(いっぱんさんが)
天皇陛下は、御即位を奉祝する国民の参賀を、皇居長和殿ベランダより受けられます。平成の御代替りでは、八回にかけ延べ十万人を超える国民から参賀を受けられ、陛下は感謝の意を表されておことばを述べられました。

以上の記事は神社本庁ホームページ 「御代替わり 平成から新しい御代へ」より抜粋転写致しました。

コメント

お知らせ。16日夕方現在の交通規制、交通機関の運行状況。

2019年10月16日 | お知らせ

16日現在の箱根神社周辺の交通情報です。
車でお越しの方は小田原方面からは箱根新道、箱根旧街道から三島方面からは国道1号線で、御殿場方面からは135号線、75号線を経て箱根園交差点を右折してお越しください。
小田原方面からのバスは、小田原発湯本駅、箱根新道経由元箱根行が運行されています。三島からは通常通り運行されています。
箱根町の交通規制また交通機関の運行状況についても下記のアドレスをご参考ください
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/b4w/index.html

https://www.town.hakone.kanagawa.jp/index.cfm/10,0,48,181,html

コメント

明日17日は神嘗奉祝祭を斎行します。

2019年10月16日 | お祭り

明日は宮中と伊勢の神宮で斎行される「神甞祭」をお祝いして、全国の神社で「神甞奉祝祭」が行われます。 箱根神社では、午前9時に斎行致しますので、皆様お揃いでご参列下さい。 *参列ご希望の皆様は、箱根神社1日月次祭同様にお申し込みいただきますようお願い致します。
神嘗奉祝祭の後、御社頭での「神宮遥拝」

「神嘗祭(かんなめさい)」とは?
天照大御神(あまてらすおおみかみ)は、神代の昔「稲穂こそ国民の食して活くべきもの」とお定めになり、高天原(たかまのはら)から常世の国(とこよのくに)への天孫降臨(てんそんこうりん)に際しては、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に御手ずからその稲種をお授けになり送り出されました。

こうして我が国は、稲作を中心として自然と共生する穏やかな暮らしぶりの中で、今日まで発展を続けて参りました。 22101603この国民生活の根幹を為す「稲」の稔りを迎え、天照大御神の大前に新穀を捧げ、お授けいただいた稲穂が今年も無事に育ちましたと     御神恩に感謝申し上げると共に、皇室の弥栄と国家の安泰と繁栄、五穀の豊穣、国民の平安を祈願して行うお祭りが神宮の神嘗祭です22101604年間1600余りある神宮のお祭りの中で、6月・12月の月次祭とともに重要とされる「三節祭(さんせつさい)」の一つであり、中でも「神嘗祭」は神宮のお正月とも呼ばれる神宮で最も重要なお祭りです。 22101606_2神嘗祭では、天皇陛下が宮中でお作りになられた初穂の束が瑞垣御門の柱に懸けられ、更に周囲の瑞垣には、全国各地から献納された初穂の束が懸けられます。 この初穂の束を懸税(かけちから)と云いますが、御神前に懸けてお供えされる懸税は、稔りを迎えた収穫感謝のしるしであると共に、「一粒万倍」の稲種のように子々孫々に継承発展して行く生命を与えて下さる神様の御神恩への感謝のしるしでもあるのです。 神嘗祭は宮中三殿と神宮で10月16~17日に斎行されますが、このように大変重要なお祭りですから、神宮では神嘗祭に使う装束や祭器具は全て新調して斎行します。また17日には、全国各地の神社でも神嘗奉祝祭が一斉に執り行われます。 この神嘗祭を最も鄭重に行うのが、20年に一度の式年遷宮です。式年遷宮は、古例のままに御社殿や殿内の御装束神宝を始め 全てを新しくして大御神に新殿にお遷りいただき、大御神の大御光をより強く大きく更新していただいて、国も人も共々に若々しく立ち返り進み行こうという常若(とこわか)で永遠の発展の祈りを込めて行われる神宮最大のお祭りです。式年遷宮が大神嘗祭(だいかんなめさい)とも言われる所以が茲にあります。

神嘗祭斎行のため、最初の御祈願は午前10時半ころとなります。

コメント

小田原からのバスが15日始発より運行されます。

2019年10月14日 | お知らせ

明日15日始発から小田原から箱根神社のある元箱根までの路線バスが箱根新道経由で運行されます。
そのほか箱根町の交通規制について下記のアドレスをご参考くださいhttps://www.town.hakone.kanagawa.jp/index.cfm/10,0,48,181,html

コメント

明日の神無月両社参り月次祭は午前八時斎行です。道路は交通規制があります。

2019年10月14日 | お祭り

神無月両社参り月次祭は10月15日午前8時斎行です。引き続き九頭龍神社新宮月次祭を斎行いたします。 すっかり秋めいて涼しくなった箱根です。台風19号の影響で14日お昼現在、原則として全山通行止めです。国道1号線も片側通行や自己責任に於いて通行が許される箇所もあります。東京、小田原方面からお越しの方は箱根新道経由でお越しください。関西、三島方面からは国道1号線箱根峠経由で通行可能です。
しかしながら、小田原から箱根までの電車バスは箱根湯本までしか運転されておらず、箱根神社までの公共交通機関は運休が続いていますのでお気をつけください。また、道路に水が溜まっていたり、山肌から水が流れ出ているところもあります。十分お気をつけてご参拝ください。

両社参り月次祭のご案内=  両社参り月次祭で、箱根大神様と九頭龍様の両社参りが叶います。皆様お揃いでご参列下さい。 受付等の詳細は、箱根神社(九頭龍)公式ホームページから、トップページ左上の「九頭龍さんの近道はこちらをクリック」をクリックしてご覧下さい。   230715hp

コメント

お知らせ 本日の九頭龍神社本宮月次祭は箱根神社境内の新宮で行います。

2019年10月13日 | 九頭龍神社

本日の九頭龍神社本宮月次祭は箱根神社境内の九頭龍神社新宮で午前10時より斎行いたします。ご参列の方は箱根神社社務所にお越しください。 箱根神社社務所 0460-83-7123

コメント

台風に因る九頭龍神社本宮月次祭についてのお知らせ。

2019年10月11日 | 九頭龍神社

非常に強い台風19号接近上陸により九頭龍神社本宮への参拝船運休の場合、13日の九頭龍神社本宮月次祭は箱根神社境内の九頭龍神社新宮で斎行する可能性があります。13日午前7時半には決定いたしますので、お問い合わせください。 箱根神社社務所 0460-83-7123

コメント

九頭龍神社本宮神無月月次祭は13日午前10時斎行です。台風情報にご留意ください。

2019年10月10日 | 九頭龍神社


来る10月13日(日曜日)、九頭龍神社本宮にて月次祭を斎行致します。皆様にはお揃いでご参列下さいますようご案内申し上げます。
*九頭龍神社本宮のお祭りは、どの祭典も年間を通じて毎月午前10時に行います。当日は台風が接近あるいは上陸 の模様です。
参拝は十分気をつけて無理のないように安全第一にお願いいたします。

  0102_2

◇御神印について 九頭龍神社の御神印は、九頭龍神社本宮ではおこなっておりませんので、箱根神社に「九頭龍神社御祈祷神札」と「龍神水」をお引換においでの際にお受け下さい。 *御神印は、駐車場横のお札所と御祈祷受付にて承っております。

240109 ◇龍神水について 龍神水のお水取りは、箱根神社境内の九頭龍神社新宮でお汲み下さい。九頭龍神社本宮の手水所ではありませんのでご注意下さい。

       九頭龍神社新宮前の龍神水 駒ケ岳、神山を背に、芦ノ湖を象った水盤に霊水が溢れます。 辰年御縁年の箱根神社御鎮座1255年を奉祝記念して作られ、多くの皆様にお使いいただいております。

240109_2 こちらは、九頭龍神社本宮月次祭で御祈祷の方に、祈祷神札、参拝証と共に、おさがりとしてお渡ししている龍神水です。

240109_3 龍神水の直会で御神徳を心身にお受け下さい。

Jpg_2 ◆両社参りのおすすめ ◆九頭龍神社の本宮と新宮について ダウンロード 両社参りのおすすめ 箱根神社と九頭龍神社.pdf 

0102_2 

  

220621

 

 

 

 

 

 

 

令和元年10月13日(日曜日) 九頭龍神社月次祭の玉串拝礼者の発表です。 既定の方以外で、お申し込みいただいた玉串拝礼の方は次の通りですのでよろしくお願い致します。 
1、受付番号・・・(308番) 
 以上。
10月13日の玉串拝礼は、既定の方々と上記の方にお願い致します。

 0102_2  九頭龍神社本宮月次祭のご案内    受付等の詳細は、以下の記事をご覧下さい。 *九頭龍神社本宮のお祭りは、   どの祭典も年間を通じて毎月午前10時に行います。

   1、受付について   2201090301午前9時30分参拝船出航の15分前(9:15)までには受付を済まされますようお願い申し上げます。  2、受付での順路です  1 参拝船の乗船券を購入して下さい(芦ノ湖遊覧船乗場で1,500円です)   2 ①月次祭案内状   ②御祈祷申込封筒   ③御供 をお受取り下さい   3 御祈祷申込の方は、外のテーブルで御祈祷申込書   をお書き下さい   4 御祈祷申込の方は、お書きになった申込書に   御祈祷料を入れて受付にお持ち下さい   *御祈祷料は2000円以上をお入れ下さい   5 受付で、御祈祷申込書と引換えに   ①参拝祈願証   ②御祈祷神札・龍神水の引換券   ③玉串拝礼申込書 をお受取り下さい   6 乗船までしばらくお待ち下さい。   ◇当日おいでになれない方には、御祈願の予約受付を行っておりますので、箱根神社の御祈祷受付にてお申込み下さい。   ◇帰りの船便は 4月13日~11月13日は11:05、11:45、12:20 12月13日~3月13日は10:55、11:45の予定ですが、船便の追加または荒天により出航時間が変更になる場合もありますので、当日ご確認願います。   230309◇祭典修了後、箱根神社で行います「御祈祷神札と記念品と龍神水の授与」は、御祈祷神札を九頭龍神社本宮から持ち帰る関係上、12:00から行いますのでよろしくお願い申し上げます。    尚、必ず御祈祷を申込まないと「船に乗れない・お参りに行けない」と云う事はありません。今まで通り、お参りだけでも大丈夫です。そして、御祈祷の申込みも「強制ではありません」ので、皆様それぞれご自由に対処下さい下さいますようお願い申し上げます。  3、九頭龍神社本宮例祭の詳細について2601090113「13日 九頭龍神社本宮月次祭のお知らせ」です。例祭も月次祭とほぼ同じです。当日受付でお渡し致しますが、初めてご参列の方はあらかじめお読みいただきますと、よくお解りいただける事と存じます。 ◇13日九頭龍神社本宮月次祭のご案内   (最新版25.12.01更新)   ダウンロード 13日九頭龍神社本宮月次祭のご案内.pdf 4、玉串拝礼のお申込みについて   220210_00_2詳細は、受付で案内状をお渡し致しますのでご覧下さい。 260109021玉串拝礼申込についての詳細は、下のアンダーラインをクリックして、案内文書を開いてご覧願います。    「1日 箱根神社月次祭と朝餉会のご案内・玉串拝礼申込について」 ダウンロード  1日月次祭と朝餉会の案内 参拝証.pdf 5、九頭龍神社本宮への参拝路について 

6、周辺の駐車場について   22021013    7、交通機関とカーナビ入力情報について

箱根湯本駅、小田原駅からバスでお越しの方

伊豆箱根バスの案内ですhttp://www.izuhakone.co.jp/bus/12492/index.html/

22010911カーナビ入力情報は、上記の通りです。 8、両社参りについて   Jpg_2「両社参りのおすすめ」と「九頭龍神社の本宮と新宮について」です。ご覧下さい。 ダウンロード 両社参りのおすすめ 箱根神社と九頭龍神社.pdf 9、両社参り月次祭について   2601090315「15日 両社参り月次祭のお知らせ」です。ご覧下さい。 ダウンロード 15日両社参り月次祭の案内.pdf

10、三社参りについて 22010909両社参りに続いて、箱根神社・九頭龍神社・箱根元宮の三社参りもおすすめします。 三社参りの皆様には、箱根元宮に向う「箱根駒ケ岳ロープウェー」の割引証が進呈されます。

コメント

今週の献華

2019年10月09日 | 境内の花だより

            ・・・・・・・・ 今週の献華 ・・・・・・・・                             華道小原流 石井京華(京子)様   花材は、藤袴、雪柳、ほととぎすです。 石井様には、洵にありがとうございます。 花台は宮ノ下の老舗旅館(旧)大和屋の庭内にあった、樹齢100年以上の桜の枯木です

コメント

神無月月次祭・公魚献上奉告祭は1日午前7時斎行です。

2019年09月29日 | お祭り

神無月月の初めの御祭と公魚献上奉告祭斎行の後、朝餉会が行われおさがりのお粥をご一緒にいただきます。 ぜひご参加下さい。
=箱根神社の1日月次祭ご参列お申込み方法と受付= 260109021下記の案内状(アンダーライン)をクリックしてご覧下さい。PDFファイルになっています。 ◇ダウンロード  1日月次祭と朝餉会の案内 参拝証.pdf

コメント

公魚献上

2019年09月25日 | お祭り

秋深まる箱根芦ノ湖では、毎年10月1日、ワカサギの刺し網漁が解禁となり、初漁りされたワカサギは当神社の御神前に奉献されて公魚献上奉告祭が厳かに斎行されます。
2510010210月1日午前7時、当神社では、宮司以下祭員奉仕のもと公魚献上奉告祭が厳かに斎行されます。 この祭りは、芦ノ湖で初漁されたワカサギを皇居の宮中賢所に献上する由を箱根大神様に奉告すると共にその豊漁を感謝し人々の幸福を願う当神社固有の祭りです。 この祭りでは、刺し網漁で獲られた初物のワカサギが芦之湖漁業協同組合から神社に奉納されます。

22092902_2「刺し網漁」とは、魚が回遊し通過する地点に網を張り、その網目に魚の頭部を入り込ませて獲る漁法をいい、この方法で獲られたワカサギは、御神前に献供されると共に白衣・マスク姿の神社職員によって調製されてお祭りの奉修後、宮中三殿賢所に向けて出発します。


 「宮中三殿」とは、皇居にある三つの神殿のことで皇祖・天照大神様をお祀りする賢所、歴代天皇および皇族の御霊をお祀りする皇霊殿、天神地祇(天つ神・国つ神)をお祀りする神殿の総称です。

この宮中三殿の中央に鎮座する賢所に芦ノ湖産の初物のワカサギを奉献いたします。 宮中賢所の献上に続いて、畏くも新帝陛下への献上をはじめ上皇陛下、秋篠宮家、常陸宮家等の各宮家に献上が行われます。

コメント

今週の献華

2019年09月24日 | 境内の花だより

            ・・・・・・・・ 今週の献華 ・・・・・・・・                             華道小原流 石井京華(京子)様   花材は、縞すすき、女郎花、姫ひまわり、黄じょうろう、藤袴、スプレーマム、黄レンゲショウマ、花茄子、白花イタドリ、多種多彩な花々です。 石井様には、洵にありがとうございます。 花台は宮ノ下の老舗旅館(旧)大和屋の庭内にあった、樹齢100年以上の桜の枯木です

コメント

今週の献華

2019年09月18日 | 境内の花だより

            ・・・・・・・・ 今週の献華 ・・・・・・・・                             華道小原流 石井京華(京子)様   花材は、龍胆、すすき、吾亦紅(ワレモコウ)、女郎花、万作です。 石井様には、洵にありがとうございます。 花台は宮ノ下の老舗旅館(旧)大和屋の庭内にあった、樹齢100年以上の桜の枯木です。

コメント