椎名廣明調教師

2018-12-12 07:33:46 | 調教師・調教師補佐
11月29日の川崎競馬8R、管理馬ロマンエイト(馬主:菅實様)で通算400勝を達成した椎名廣明調教師


ハートビートナイター初日にお話を伺いました

「最初は苦労もあったけど、
ここまでやってこられたのは、オーナーやファンの皆さま、
スタッフのお陰です。
これからもひとつひとつ頑張ります」





この開催から佐賀で修行していた弟子の岡村健司騎手が南関東に戻ってきました。

「顔つきもずいぶんしっかりして、引き締まったね」(椎名調教師)

岡村騎手は2日目の8Rで10番人気だったビマジョ伊藤滋規厩舎 馬主:杉浦和也様)を見事勝利へとエスコートしました。
岡村騎手につきましては、また別途お伝えしたいと思います。


これからも椎名廣明厩舎へのご声援よろしくお願いいたします



林幻調教師!

2018-12-11 07:07:30 | 調教師・調教師補佐
昨日、開業初出走を迎えた林幻調教師。

ほっとひと息の笑顔


厩舎での記事はこちらから(11月11日掲載)

出走の様子など、詳細はまた後日改めてお伝えしたいと思います

林幻厩舎へのご声援よろしくお願いいたします。

今日から今年最後のハートビートナイター!林幻調教師初出走!

2018-12-10 10:00:07 | Weblog
今日、12月10日から5日間の日程でハートビートナイターが開催されます。

初日の3Rでは林幻調教師がバジガクソレイユ(馬主:(株)馬事学院様 澤田龍哉騎手)で開業初出走

林幻調教師の管理馬はこの日は2頭が出走。
もう1頭は4Rのダウンタウンギャル(馬主:泉俊二様 和田譲治騎手)です。

林幻厩舎へのご声援よろしくお願いいたします


船橋競馬場は前開催から場内のイルミネーションもさらに華やかになって、
楽しさもアップ

インスタ映えする場所もたくさんありますので、
レースと併せてお楽しみください




ハートビートナイターでのご来場、ご声援よろしくお願いいたします

遠征(12月9日 中山競馬場)

2018-12-09 08:15:48 | 船橋ケイバ
本日、中山競馬場で行われるカペラステークス(GIII)(ダート1200)に
キタサンミカヅキ(佐藤賢二厩舎)が森泰斗騎手で出走します

9R 黒松賞にはオスピタリタ(佐藤裕太厩舎)が出走。

ご声援よろしくお願いいたします

松代眞調教師のご逝去につきまして

2018-12-07 20:04:13 | 調教師・調教師補佐
いつも千葉県調教師会ならびに船橋ケイバへのご声援ありがとうございます。

千葉県調教師会 松代眞調教師が、平成30年12月7日午前0時41分、ご逝去されました。

故人の御冥福をお祈りしますとともに、ここに謹んでお知らせいたします。

葬儀につきましては、下記の日程となっております。


会場 古谷(ふるや)式典 船橋斎苑
千葉県船橋市市場2-9-1 電話 047-423-5101
斎苑ホームページへリンク

通夜  12月16日(日)午後6時から

告別式 12月17日(月)午前10時30分から12時30分まで

喪主  松代 雅代氏(妻)

葬儀委員長 千葉県調教師会会長 佐藤賢二調教師




椎名廣明調教師 400勝達成のお知らせ

2018-12-06 11:47:12 | 調教師・調教師補佐
11月29日の川崎競馬8Rで、
椎名廣明調教師が通算400勝を達成しました。
主催者発表(12/4)はこちらから

節目を飾った管理馬はロマンエイト(馬主:菅實様)で、この勝利で3連勝

椎名調教師には、後日改めてお話を伺いたいと思います

これからも椎名廣明厩舎へのご声援よろしくお願いいたします

ミナトイチバン(山中尊徳厩舎)

2018-12-04 10:27:25 | 船橋ケイバ
11月8日、3Rで勝ったのは山中尊徳厩舎のミナトイチバン(2歳 牡馬 馬主:大久保與志雄様)でした。

笠野雄大騎手との初コンビ。
叔母にヤマカツスズランがいる血統です。



いつもと違うレンズを使ってみました


晴れた日の11月、12月の前半のレースは、
夕陽の中、戻って来る馬やジョッキーが神秘的に見えます


勝利の喜びいっぱい









11月7日 2R

2018-12-02 10:23:10 | 船橋ケイバ
11月7日の2Rで勝ったのは新井清重厩舎のナムラハリー(馬主:(同) JPN技研様)でした。

矢野貴之騎手騎乗


このレースに出走していたホームルーム(渋谷信博厩舎 馬主:石井太郎様)と張田昂騎手
砂まみれ、レースの迫力を語っています



同じ渋谷厩舎で石井オーナーのお馬さんといえば、
メイプルキュート(7歳牝馬)
この日の1Rで113戦目を迎えました。

教えていただいて知ったのですが、
ハルウララの出走回数に並んだそうです。

113回目のパドックをまわるメイプルキュート


「未勝利だけど、2着、3着など掲示板にのることもあるし、
コツコツ頑張ってくれていますね。
もう7歳だから上積みというのは無いけど、
無事是名馬というかんじかな。
長く走らせてくれるオーナーにも感謝しています」と渋谷調教師。

血統を辿ればあの名馬ハイセイコーにも辿り着くメイプルキュート。

現在114戦。
次走も注目していきましょう



ロジータ記念(SI) 佐藤裕太厩舎クロスウィンドの優勝を写真で振り返りました

2018-11-29 17:43:11 | 調教師会特別記事
昨日、第29回ロジータ記念(SI)で優勝した佐藤裕太厩舎のクロスウィンド(父ヴァーミリアン 馬主:泉俊二様)。

レースを写真とコメントで振り返りましょう。



矢野貴之騎手とのコンビ


2着馬に2馬身差つけて快勝。
重賞3勝目をあげました。





勝利の直後、戻って来るクロスウィンドを待つ間、
喜びに沸く厩舎スタッフと佐藤裕太調教師の姿がありました。



矢野貴之騎手
「道中、有力馬を見ての位置取りで思った通りの競馬ができました。
前がラクそうだったので、早目に追いかけたい気持ちはあったけど、
終いが伸びてくれるだろうと我慢していました。
前にいた2頭は強いけれど、
この馬の末脚も鋭いです。
それがクロスウィンドのいいところだと思います」






佐藤裕太調教師といえば、故川島正行調教師の1番弟子。
数々の重賞ウイナーの調教パートナーとして厩舎を支えていました。

昨日の速報記事でもお伝えしましたが、
調教を手掛けた馬たちは、近年だけでもロジータ記念(SI)の優勝馬がズラリ。

レース後、「ロジータ記念は相性がいいんですよ」と笑顔を見せた佐藤調教師でしたが、
やはり今回の勝利は格別だったそうです。


それを表しているのが、この笑顔なのでしょうね。



佐藤裕太調教師
「無事に送り出して無事にゴール板をきってくれて、勝利を飾ってくれて、
感無量です。
3コーナーで手を動かした時は厳しいかなと思いましたが、
矢野ジョッキーの最後まであきらめない懸命な追い込みが馬にも伝わっていましたね。

勝ったと思ったのはゴール板をきってから。
万全な体制で送り出せたと思っていたのですが、
思っていたよりも(輸送などで)体重が減って(マイナス13キロ)しまいました。
そこが心配でしたが、馬がよく頑張ってくれました」


クロスウィンドは道営・若松平厩舎からデビュー。
輸送が苦手だから気を付けて、と聞いていたそうです。


「苦手な輸送を克服するために、
普段の調教だけではなく、
慣れさせるために、普段は出さない不規則な時間に馬房から出したりして対策をしてきました。
そういったことで克服していければ」(佐藤調教師)



担当は佐藤調教師と旧知の伊藤厩務員。
「今回は輸送などで体重が減ってしまいましたが、
伊藤くんはエサを食べさせて、馬をふっくらさせるのが上手なんですよ。
普段からとてもよく馬を世話をしてくれています。
そういう愛情が馬に伝わって今回の結果になっているのかなとも思います」(佐藤調教師)


「(クラーベセクレタ、エミーズパラダイス、カイカヨソウなど)
自分が調教した馬が勝つのを見るのは嬉しかったけど、
やっぱりレースに乗れない悔しい思いもありました。
だから、今日の勝利は格別ですね。
泣きそうになりました(笑)
今までの(ロジータ記念での)勝利とは全然違う。
喜びの中に、責任感もあります」(佐藤調教師)



「クロスウィンドはもまれて強くなるタイプ。
もともとポテンシャルは高いので、磨き甲斐もあります。
前走は出遅れてしまって結果は残念でしたが、
砂を被った経験が今回に活きたかんじです。
距離は1800前後が良さそうですね。
今後は馬の状態を見て決めたいと思います」(佐藤調教師)


騎手時代、レースで乗れないという悔しい思いをたくさん重ねながら、
多くの名馬たちの背中を経験してきた佐藤調教師。
その経験が今に繋がって活きている、報われてきていると感じているそう。




クロスウィンドは父ヴァーミリアン、母プリンシプルレディ(アグネスデジタル)、
生産は浦河の大北牧場。
馬主は泉俊二様です。
関係者の皆様、おめでとうございました

ロジータ記念(SI) 佐藤裕太厩舎クロスウィンド優勝

2018-11-28 23:53:48 | 船橋ケイバ
先ほど行われた、第29回 ロジータ記念(SI)で、
佐藤裕太厩舎のクロスウィンド(父ヴァーミリアン 馬主:泉俊二様)が優勝しました。


騎手時代には、
近年だけでも、
クラーベセクレタ、エミーズパラダイス、カイカヨソウなどの歴代優勝馬たちを、
調教パートナーとして支えていた佐藤裕太調教師。

「自分が手掛けた馬が勝つのも嬉しかったけど、
今回の勝利はまた格別。
泣きそうでした」(佐藤裕太調教師)

たくさんお話を伺いましたので、詳細は後ほど改めてお伝えしたいと思います。

関係者の皆さまおめでとうございました!