茶トラのモモちゃん

茶トラのモモちゃんの、成長記録です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

モモちゃん、7歳の夏

2019-07-01 15:13:31 | モモちゃんの日常
モモちゃんを貰ったときに、少なくとも15年は旅行できないことを覚悟したのですが・・・。

先日、仕事を辞めた姉から「ペットシッターしてあげるよ」との申し出が!
来年早々また仕事を探すつもりらしいので、これが最後のチャンスです。

ご主人様ベッタリのモモちゃんを姉の手に委ねるのは可哀想かとも思ったのですが、
獣医やペットホテルに預けるよりは気が楽なので、お願いすることにしました。
(子供のころ、飼っていた犬を旅行に行く間獣医に預けたら、
帰って来たときには死んでいたというトラウマがあるので・・・)

一か月くらい前に気づいたのですが、モモちゃん、こんなところに白い毛ってなかったよなぁ・・・。
もしかして白髪?


モモちゃんも今年で7歳だし、そろそろドライフードもシニア向けに切り替えだなぁ
成猫の1年は、人間の年に換算すると4年分の長さになります。
4日間旅行に行くと、16日くらい離れてることになるのか・・・

モモちゃん、現在人間の年にして48歳。
おばぁちゃん猫になるまで、長生きしてね
コメント (2)

お布団暖かいね

2019-02-01 23:03:34 | スマホ画像
お布団の中で息苦しくなったのか、顔を出して息継ぎしてる子がいましたw
外は雪が降りそうなほど寒いのにね~
お外のノラちゃんたちは、震えてないかな・・・
コメント (2)

一年後の二人

2018-08-12 14:42:55 | チビ君
チビが我が家に来て、ちょうど一年経ちました。
一年の間に、モモちゃんとチビは仲良くなれたのでしょうか・・・・・・?

一定の距離を保ちつつ、無関心を装う二人。


・・・・・・しかし、やっぱり気になる!
一瞬、火花がバチッ!


スクッ!
「あんた、にゃによ!
いまモモちゃんに、ガンつけたでしょ!」

「にゃ?ボクそんなことしてないもんニャ~」


「しらばっくれるんじゃニャイわよ!」
パアァァン!
モモちゃんのネコパンチ、炸裂!
油断しきっていたチビは、モモちゃんパンチをモロに受けるのでした


チビはモモちゃんと仲良くしたいんだけど、
モモちゃんはチビがグイグイくるのでウザがってる感じかなぁ?
最後はいつもケンカで終わるので、
一日の大半は二匹は別々に生活しています。
もっと仲良くなって欲しいな・・・・・・
コメント (2)

猫ボール

2018-05-30 18:46:28 | 健康記録
上から見たところ。


後ろから見たところ。
・・・・・・球体かっ



5月13日、チビが耳を痒がっていたので、病院へ。
マラセチア性外耳炎ということで、しばらく点耳薬治療となりました。
ついでに測って貰った体重は、5.7キロ!
もう少しダイエットが必要かな・・・?
コメント (2)

暴れん坊猫・チビ

2017-11-15 14:37:59 | チビ君
廊下の壁で、爪とぎやられました!


犯人はコイツ。
猫がいるにしては、きれいな壁を保っていたのに・・・


これ以上やられたらたまらないので、アマゾンでコーナーガードを買いました。
しめて¥9640・・・
でもこれを置いたらチビはこの場所には興味を示さなくなり、
「出かける前にちょっとスマホや鍵を置く台」と化しました


「開けろニャ~!」とリビングのドアもガリガリやるので、
チビの嫌いな掃除機を置いてガードしましたw
アマゾンに壁ガードシートもあったのですが、
レビューを見ると粘着力が強すぎたり弱すぎたりらしいので・・・。

「ちぇっ。アレがあるから、ガリガリできないニャ・・・」


こちら側でゴソゴソやっていると、今度はあちら側にいる子が
「何してるのニャ~!?」とドアをガリガリします
このリビングのドアを開け、
二人が仲良く共存できるようになる日は来るのでしょうか・・・?


                    

毎日のようにチビが朝方4時半~5時ごろに
ドタバタガリガリニャーニャーやるので、睡眠不足気味です
挫けそうになっていたとき、父のこんなメモが出てきました
病気の母のためにチビを買ったときの覚書です。


「喜んでいた」のは私で、「ダイ」は甥の犬です。
私、そんなに可愛がってたんだなぁ・・・。
初心に返って、もう少し頑張ります。
でもアメショで6万は安いよお父さん!w
小さいころは鼻にシミがあった(成長するにつれ消えた)のと、
ペットショップで売るにはちょっと大きかった(5か月)からでしょうか?
あと年末セールっていうのもあったんでしょうけど。

「ペットショップでセールになっていた猫をおじさまが買う」
「妻に先立たれる」というのが父と重なって、
桜井海さんの「おじさまと猫」を読むと切なくなってしまいます。
早く単行本にならないかな・・・
コメント (2)