gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

安全委にエレベーター部会=来年にも法改正、遺族に報告-前原国交相(時事通信)

2010-03-19 05:46:46 | 日記
 シンドラー社製のエレベーター事故で、前原誠司国土交通相は18日夜、死亡した東京都立高2年市川大輔さん=当時(16)=の両親を都内の自宅に訪ねた。両親らが求めたエレベーター事故調査の専門機関について、運輸安全委員会に新たな部会を設ける内容の法改正案を来年の通常国会に提出する方向で準備を進めていることを報告した。
 母正子さんは、国交相との面談後「独立した第三者機関の設置を訴えてきたが、(安全委の部会が)今後の一歩になればいいと思う」と話した。
 国交相によると、来年の次期通常国会に向けて運輸安全委設置法の改正案を準備。同省の社会資本整備審議会の下に事故後、新設された「昇降機等事故調査委員会」のメンバーを核とし、人員を増やして法改正に備えるという。
 順調に進めば来年秋ごろにも、新組織が発足するとみられる。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

プロテカジンに逆流性食道炎の適応追加―大鵬薬品工業(医療介護CBニュース)
朝鮮学校無償化、総連が各校に“獲得”を指示 金総書記の意向受け(産経新聞)
厳しい就活戦線 モバイル駆使、「即時性」加速(産経新聞)
「日勤教育」でJR西の賠償確定 最高裁(産経新聞)
喜多方ラーメン 商標登録ダメ 店主らが知財高裁に提訴(毎日新聞)
コメント (3)

降雪で倒木…西武秩父線で運転見合わせ(読売新聞)

2010-03-17 15:40:12 | 日記
 西武秩父線の東吾野―吾野間駅間で9日深夜、降雪により木が線路内に倒れ込む事故が発生した。

 この影響で、同線は10日の始発から同日午前11時まで東吾野―西武秩父駅間の上下線の運転を見合わせている。また、停電を伴う復旧作業のため、同日午前11時から午後2時までは、入間市―西武秩父駅間の上下線で運転を見合わせる。

一票の格差「憲法上好ましいものではない」 東京高裁 (産経新聞)
「酒飲んだ」当て逃げ容疑者、巡査が検知せず(読売新聞)
「何となくムカツク」 元同級生を集団リンチした少年3人逮捕(産経新聞)
イラク戦争への関与検証=小泉政権の対応問題視-外相(時事通信)
切手1枚偽造に1時間 会社社長を逮捕(産経新聞)
コメント

<輪島市長選>梶文秋氏が再選 石川(毎日新聞)

2010-03-16 07:48:30 | 日記
 輪島市長(石川県)梶文秋氏(61)が再選。和菓子店社長の中浦政克氏(46)を破る。投票率は78.26%。

 確定得票数次の通り。

当13752 梶  文秋=無現<2>[自][社]

  7316 中浦 政克=無新

82歳奔走 ハイチで34年前から慈善活動 女性医師「第二の故郷、復興尽力」(産経新聞)
水族館で初!55年で5555万5555人(読売新聞)
執行部交代考えず=谷垣自民総裁(時事通信)
「フワリ」感触、沈む地面…大阪城公園の陥没穴、目撃者が証言(産経新聞)
<自殺>硫化水素で女性 5世帯一時避難 松戸のマンション(毎日新聞)
コメント

おいらせ町長選 津波で投票箱24時間監視、ようやく終了(毎日新聞)

2010-03-11 15:16:03 | 日記
 南米チリの大地震で大津波警報が発令され、一部地域で投票が1週間延期された青森県おいらせ町長選の再投票と開票が7日あった。この間、町職員約10人が24時間態勢で投票が終わった投票箱を監視し、候補者陣営も選挙カーの音量を下げるなど、津波の余波は異例の延長「選」にまで及んだ。

 現職と新人の一騎打ちとなった同町長選の投開票日は2月28日。大津波警報の発令で太平洋岸の3地区に避難指示が出たため、町は午前10時半から同地区にある3投票所を閉鎖し、公職選挙法に基づき投票をやり直すことにした。残る17カ所は予定通り投票が行われ、町は期日前投票分を合わせた計18個の投票箱を有効としたが、保管場所は「金庫」(町選挙管理委員会)とだけしか明らかにせず、職員の監視のほか、警察官も巡回を続けていた。

 候補者も特別な配慮をした。新人陣営は「津波で不安な一日を過ごしたのに、さらに騒がせたくない」と選挙カーの音量を下げた。現職陣営は投票率低下を危惧(きぐ)し、独自に日程変更を知らせるチラシを支持者に配布した。

 再投票が行われた一川目地区生活会館を訪れた会社員の吉田一男さん(60)は「この辺は農家が多く、(さらに)後だったら作付けで忙しく、投票どころではなかったかも」。開票の結果、選挙カーの音量を下げた新人が初当選を果たした。【喜浦遊】

【関連ニュース】
チリ地震:M5.9の余震で一時パニック
チリ大地震:義援金53億円に 地元テレビ番組呼び掛け
津波:警報無視?最大波到達前に住民次々帰宅 群大が調査
ツイッター:災害情報伝達への検討指示 総務相が消防庁に
チリ大地震:鳩山首相が哀悼の意 大統領と電話で協議

北日本中心、11日明け方にかけ強風・大雪か(読売新聞)
鳩山首相 政治家の監督責任強化に言及(毎日新聞)
偽一万円札46枚見つかる=コピー機使用か-埼玉県警(時事通信)
卒業式も「一緒に」…豪雨死亡の中3生、友人らに卒業証書(産経新聞)
直接支払制度に伴う融資状況を公表―福祉医療機構(医療介護CBニュース)
コメント

ペコちゃん“誘拐”17体、2府4県で被害(読売新聞)

2010-03-10 02:39:11 | 日記
 洋菓子店「不二家」(東京都文京区)の店頭からペコちゃん人形が相次いで盗まれた事件で、和歌山東署は5日、住所不定、元暴力団組員稲葉洋被告(43)(窃盗罪で公判中)ら2人を新たな窃盗容疑で送検し、捜査を終えた。

 稲葉被告ら6人による18件の犯行は大阪、京都、兵庫など2府4県に及び、盗んだ人形は17体(約100万円相当)にのぼった。

 捜査関係者によると、6人は2008年5月26日から昨年2月12日にかけ、店先から車に積んで持ち去る手口で犯行を繰り返した。盗んだ人形はキャラクターグッズを扱うリサイクルショップに売り、生活費や遊び代に充てていたという。

 稲葉被告らは犯行前に必ず下見をし、ネットオークションで“相場”も調べていた。サンタクロースの衣装や和服を着た「季節限定」のペコちゃんが10万円以上の値が付くことも知り、08~09年の年末年始には7件の犯行に及んだ。稲葉被告らは「マスコット人形は、ペコちゃんが一番人気があった」と話しているという。

 不二家は事件後、人形を店内に置き、台座に鎖で固定するよう各店に呼びかけてきた。同社広報室は「人目にふれてこそ価値がある『看板娘』なので、これ以上、がんじがらめにはできない。大切に見守ってほしいと祈るばかりです」としている。

<中央環境審>小委 石綿肺も救済法対象とする答申案を了承(毎日新聞)
長妻厚労相名で日医に提言求める文書(医療介護CBニュース)
パチンコ店で340万円奪われる=男が従業員殴り逃走-北海道(時事通信)
フラット35の金利低下=住宅機構(時事通信)
頼まれ妻殺害の夫に猶予判決「同情の余地ある」(読売新聞)
コメント