アロマセラピー☆マリーゴールド

京都四条河原町にあるアロマセラピーサロン・マリーゴールドの
とっておきの情報や講座日程などのお知らせ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

~リンパのしくみを学ぶ~はじめてのアロマセラピー講座

2013-01-22 03:17:12 | Weblog
アロマセラピーとは《芳香療法》
つまり、良い香りで人が持つ自己治癒力を高める自然療法の一つです。

本日は3名の生徒さんが受講に来てくださいました。




アロマオイルはお持ちなのに、使い方がよく分からなくて、、、
とおっしゃる方が何と多い事でしょう…>_<…

そうなんです。
世間で☆アロマ☆がブームになり、多くの方が関心を持って下さるのは嬉しい反面、本当の良さを知り、うまく日常の暮らしに取り入れられていない現状をみると、私も含めアロマセラピーを生業としている者の責任を感じざるを得ません(-_-#)

そんな、たいそうなものか!
とおっしゃる方は、やはり本当のアロマセラピーを体験されたご経験がないのでは?

においの感覚がどうして快・不快と直接結びつくかというと、嗅球は脳の扁桃体や視床下部といった情動(例えば、嫌だなと思う、感情を動かすもの)を司る部分近くにあり、情動を担当するシステムに影響するためと考えられているのです。

現在では、嗅覚の脳への科学的エビデンスが解明されつつあります。

感情は自律神経(交感.副交感神経)に大きく影響するので…因みに…交感神経の<感>は感情の<感>…

*交感神経~身体のスイッチON
副交感神経~ OFF

嗅覚 つまり、アロマはまさにそこに作用すると言う訳です。
アロマの香りによって何となく気分が良くなった、身体がスッキリしたという経験をお持ちの方も多いと思いますが、

それは、何となくではなく香りの嗅覚~脳への作用により自律神経が調整されたというメカニズムによる作用とも言えるのです。

アロマセラピーを上手使いこなして、ご自身の心身のケアに活用しない手
はありません!

香りの選び方としては、脳が心地よいと感じる香りを選んで下さいね(*^_^*)




アロマの基礎からセラピスト育成まで
MASアロママリーゴールドスクール



🌻あろまりhttp://www.aromari.net/

🌹マリーゴルド
http://www.mari-gold.net/
💌 aromari2012@i.softbank.jp



コメント   この記事についてブログを書く
« 駒井邸で楽しむハーバルライ... | トップ | アロマ講習: アロマハーバル... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事