風 の 始 ま る 場 所

the place wind begins  since 2005

新か旧か

2017-05-15 20:58:38 | ◇Weblog◇
※グランドセイコークオーツモデルSBGX061とSBGX261のお話です。


昨日の話ですが大変なことを知りました。

来年買う予定だったグランドセイコー。

まさかまさかのモデルチェンジ真っ最中


3月に新たはブランド戦略が出て、
このモデルは5月から切り替わっているそうです。


モデルチェンジといっても「SEIKO」の文字だけを消したという、
興味ない人から見ればどうでもよすぎるほどのものですが、
買うと決めていたものがチェンジとなると一大事です。


ややセイコーの時計に憧れがあるので「SEIKO」の文字は欲しいし、
なんかロゴがなくなったものを画像で見ると6時位置が
「のっぺらぼう」になって違和感しか無い。

今まで「SEIKO」の文字があるものを眺めていて見慣れていたので、
デザインが変更となると「今買うか!?」となるのです。


で、ロゴありのモデルは生産終了で在庫限りなので今日見てきました!
迷ってる方の参考になれば。


まずは時計だけの比較。

SBGX061(旧)とSBGX261(新)です。








結論から言うと、「SEIKO」の文字なしも意外にいいです!!

昨日の公式写真見てた段階では愕然とする違和感だったのですが、
やっぱり腕時計ってのは写真と実物では印象が全く異なる!


初めてロゴ無しの新モデルを見た印象は「思ったよりいいかも!?」でした。

でも「SEIKO」ありの印象しかないので、10分くらいは違和感を感じました。


あまりに迷いすぎるので、20分くらい交互に腕につけたり外したり。笑

月曜日だったので、いつもは人だかりの腕時計コーナーも今日はガラガラ。
心ゆくまで旧モデルと新モデルを比べられました。

どれだけ時計をつけたり外したりしたものか・・・笑



しかも極めつけは時間を変えて時計の印象を確かめる!笑


店員さんと一緒に「◯時◯分の位置にしてください」
を何回か繰り返し、定番の10時10分前後や、12時ちょうど、
10時55分頃の針が重なる時間等いろいろな時間にして確かめました。


時計がダサく見える針の位置を探しましたが、どの時間でも美しい!!
さすがはグランドセイコーです。


で、慣れというのは恐ろしいもので、
何十分も交互に見てると「ロゴ無しの方が好きかも!?」と感じる。



交互に合計70回はつけたと思いますが、それぞれの印象は


◆SBGX061 (SEIKOロゴあり旧モデル)

「硬派」「真面目」「ザ・日本の時計」というイメージ
それなりの年齢の方のどっしりしたイメージ



◆SBGX261(SEIKOロゴなし旧モデル)

「洗練」「無駄がない」「海外ブランド」というイメージ
若い人がオシャレに付けているイメージ


でした。



で、あれほど「なんでSEIKOロゴなくすねん」と思っていたのに
ガラッと印象が変わりました。

グランドセイコーのこの方向は間違ってはいなさそうです。
自分は硬派なSEIKOマニアではないのでよりそう思うのかも。



最終的な結論としては、「ロゴ無しの新モデルの方にする」結論に至りました^^;

本当に意外な結果でした。「6時位置がのっぺらぼう」という印象はほとんどありませんでした。




最後に腕に付けた写真を。
この時計は本当に上品で、スーツによく合います。

SBGX061


SBGX261




grand seiko
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バレンタインデー | TOP |   
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics