旅する心−やまぼうし

やまぼうし(ヤマボウシ)→山法師→行雲流水。そんなことからの由無し語りです。

禿岳[宮城県]

2016-05-19 23:48:17 | 登山・トレッキング
今日は、禿岳(かむろだけ)に登ってきた。 . . . 本文を読む
コメント (2)

光明の滝・白糸の滝[宮城県]

2016-05-16 10:49:57 | 地域魅力
2016.05.05は、ゴールデンウイークの混雑を避けて自宅でノンビリとしていたものの、やはり出かけたくなった。そこで「あわよくば山菜でもゲットを・・・」と行ってみたのは、泉ヶ岳スプリングスキー場前に出る林道。ここには見事な滝がある。 . . . 本文を読む
コメント

大倉山〜氾濫原[宮城県]

2016-05-08 22:14:42 | 登山・トレッキング
久しぶりの氾濫原。シラネアオイが美しく咲き、群生するニリンソウは風になびき。新緑の木々に差し込む光。どれもが素晴らしいものだった。そして最後には、カモシカと遭遇。 . . . 本文を読む
コメント (4)

花いろいろ

2016-05-06 15:09:02 | 花鳥風月
5月に入り、我が家の庭もいろいろな花でにぎやかになってきた。 . . . 本文を読む
コメント

水晶山[山形県]

2016-04-24 23:47:12 | 登山・トレッキング
サクランボなどの果樹の花の季節に登ろうと思っていた水晶山。風もなくあたたかな日差しの下、周回してきた。 . . . 本文を読む
コメント (2)

コバンソウ+春の庭

2016-04-20 22:13:50 | 花鳥風月
昨年、お隣さんとの境で見つけたコバンソウの種。門の脇に蒔いたものが花をつけた。 . . . 本文を読む
コメント

ボケの花

2016-04-16 23:42:02 | 花鳥風月
強風にも耐えて花は満開。シャクナゲも咲きだした。 . . . 本文を読む
コメント

高城川・奥松島・石井閘門のサクラ[宮城県]

2016-04-14 01:08:53 | 貞山運河逍遥
2016.04.12は、かねてサクラの季節に訪れてみたいと思っていた明治潜穴と高城川、奥松島宮戸島にある稲ケ埼公園、北上運河の北端にある日本最古の単純合掌扉を持つレンガ・石造り閘門に行ってきた。 . . . 本文を読む
コメント (2)

青葉の森緑地【宮城県】

2016-04-06 23:32:47 | 登山・トレッキング
春の青葉山を散策してきた。期待していた花を見ることができなくて少々残念だったが、陽光の下の歩きは気持ちがよかった。 . . . 本文を読む
コメント (2)

七ツ森【宮城県】

2016-03-29 21:10:29 | 登山・トレッキング
トレーニングを兼ねてイワウチワの花を見るため、七ツ森を歩き回ってきた。当然のことながら、七つを上り下りし、周回するとなると疲れてしまった。 . . . 本文を読む
コメント (4)

蕃山周回(黒滝不動〜蛇台蕃山〜萱ヶ崎山〜馬越石トンネル〜蕃山開山堂)【宮城県】

2016-03-25 22:48:39 | 登山・トレッキング
トレーニングと下見を兼ねて歩いてきた。周回するとなると長い舗装道歩きに少々飽きてくるが、楽しみにしていたイワウチワの花にも出会えて"満足"。 . . . 本文を読む
コメント (4)

富神山・経塚山・秋葉山・白禿山【山形県】

2016-03-14 11:24:05 | 登山・トレッキング
久しぶりの山歩きは、山形県の里山。カモシカにも出遭うなど、嬉し楽しだった。 . . . 本文を読む
コメント

貞山運河(木曳堀)の開削をめぐる主な諸説とその考察

2016-03-12 11:54:24 | 貞山運河逍遥
貞山運河のうち木曳堀(木引堀)は、貞山公(仙台藩祖 伊達政宗)の命により、川村孫兵衛が開削したとこれまで一般的に言われてきました。しかし、これには諸説あります。そこで、改めてそれらの説の内容を概観し、整理してみたというものです。 . . . 本文を読む
コメント

貞山堀の開削者は伊達政宗ではない!?

2016-03-06 00:00:45 | 貞山運河逍遥
2016.03.03仙台市図書館で岡 千仭/撰の『塩松勝概』なるものを調べていたら面白いものに出会った。 それは、伊達家15代当主伊達邦宗(明治3〜大正12)が大正10年秋に脱稿するまで十数年の歳月をかけたという全16巻の大作『伊達家史叢談』 . . . 本文を読む
コメント (2)

権現森・岩笠【宮城県】

2016-02-25 23:06:00 | 登山・トレッキング
家事を終え、青空を見たら出かけたくなってしまった。しかし、時間はすでに遅し・・・。あわよくばマンサクの花に出会えるかもと思いながら近場の権現森に行ってみることにした。 . . . 本文を読む
コメント (2)