てぃだ日記

沖縄の言葉で「てぃだ」は「太陽」
そんな大層な名前をつけられた
超へタレ犬と私の日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

赤岳その2

2016-06-04 23:00:00 | 登山-八ヶ岳
あまり眠れないまま
朝の4時には起床…(^^;)



ご来光を。



雲海が息をのむほどに綺麗。
こればっかりは山の上で朝を迎えないと
お目にかかれない景色かもしれないな。



遠くには1ヶ月前に登った両神山も。
登った山が見えるってうれしいね♪



朝ごはんをしっかり頂いて
早々に出発。

お隣の横岳を登ってからの下山です。



体調が少し戻った友人を
男性2人でサポートしながらの登山。

私はといえば…
完全に放置プレイ(笑)

まぁ、1人でも大丈夫だって
認めてもらってるってことでいいのかなw



振り返ると泊まった赤岳展望荘と赤岳が。
山頂にも赤岳頂上山荘があるんだけど。



下りるのが名残惜しい…



その先が横岳。



あまりにも気持ち良すぎて
謎のポーズ(笑)

森林限界を過ぎ
ダケカンバの森を歩いて
無事に登山口へ戻ってきたのは
午前10時過ぎ…
早い(^^;)


↑インスタントラーメンのお湯を入れる前ね

駐車場へ戻る前に
ちょっとだけ腹ごしらえをして
夕食の買い出しをし
別荘に戻ってお風呂でさっぱりして…



おつかれさまでしたー

ものすごく充実した週末☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤岳その1

2016-06-04 23:00:00 | 登山-八ヶ岳
金曜日のお仕事をお休みにして
木曜日の夜に出発。
向かった先は…八ヶ岳(^^)/



友人の会社の別荘です☆
暖炉と大きなスピーカーと
大きなお風呂がある素敵な別荘…
最高すぎる
昔はグランドピアノもあったんだとか…

翌朝、7時頃に別荘を出て
車でほんの少し先の駐車場へ。
そこから登山開始。



メジャーなルートは山の反対側。
平日でもあるし、山開きの直前だし
すいているだろうと思ったけど
駐車場はすでにいっぱい



それでも他に登山者の姿は見かけず
気持ちよく森の中を進む…



徐々に高度を稼いでいくと
遠くに富士山の姿が。



そして見えてきたのが八ヶ岳!
今日はあの山のてっぺんまで行くよー!



途中からは念のために
ヘルメットを装着。
直前に買ったマムートの青いヘルメット。
思いがけず友人とお揃いになってしまった(笑)
ウェアも青いし、歳の離れすぎたツインズかw



こんなところを登ったり下ったり。
手がかりは鎖のみ。
慎重に慎重に。



チーム青(笑)
恐怖感はほとんどなく
爽快感と楽しさのほうが大きかった。



今まで知らなかった高山植物も
あちこちで見かけるようになり
だんだんと名前も覚えてきた。
このふわふわしているのはツクモグサ。



ピンクの細い花びらはイワカガミ。


えーと…
黄色い花は種類が多すぎて
見分けがつかないや



そして、赤岳の中腹にある
赤岳展望荘へ到着!!
ここが今夜のお宿。



ザックを部屋に置き
身軽になったところで頂上へ。

山荘までは体調のすぐれない友人に合わせた
ゆっくりのんびりペースだったんだけど
そのコには部屋で休んでもらってるので
ここはガシガシ登る!
今回の登山でいちばんキツかったところw



そしてあっさり頂上へ。
ただ、ガスっていて眺望は特になし

鎖につかまりながら
半ば駆け降りる感じで
山荘まで戻るw

身軽なのってステキ☆



バイキング形式のおいしい夜ごはんと
冷え冷えのピール♪

それから、今回は入らなかったけど
ここの山荘にはちゃんとお風呂もついてる!
とうぜん石鹸類は使えないけどね



壮大な夕日を眺めたあと
夜景を堪能して早々に就寝
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

伊豆ヶ岳

2016-04-16 23:00:00 | 登山-埼玉県
2年半ぶりの伊豆ヶ岳。
前回登ってみた時の感想は
「登り返しが多くツラくて長い長いコース」
だったんだけど(^^;)



このところ仲間と登ることが多く
そうなると地図も見ないしコースも覚えないし
無いに等しい感もたぶん鈍るんだろうなー…
というわけで、今回は「ぼっち登山」

マイペースでゆっくりゆっくり。
山の中は桜がところどころ残っていて
ちょっと遅めの花見も楽しみながら♪



前回は気張って「男坂」に挑戦してみたけど
今回は無理をせずに巻き道を。
そしてあっさり頂上へ。



伊豆ヶ岳は頂上から下ってく道がほんとに長い…。



そして途中にトイレがない。
これ、女にはホントに厳しい(^^;)
水分をとりたくてもとれない。
男性と違ってその辺で…ていうのもできないし。
どうにか人里に下りてきたときはホッとしたw



子の権現でちょっとお参り。
そこからまた山道を歩いて…



浅見茶屋で休憩♪
いただいたのは黒みつきなこの寒天。
おいしかったけど、温かいうどんも食べたかったなー。

ここからは舗装を3キロほど歩けば駅に着く。
途中で物音がするので振り向いてみると…



畑でサルが盗み食いをしてるところだった(^^;)
こんなところに普通にサルがいることにびっくり。



目の前の街路樹にも
木の実を貪るサルがw



視線を落とすとその下で威嚇してくるサルがw

写真を撮りまくっていたら
通りすがりのトレラン男性にふいに名前を呼ばれてまたびっくりw

自転車つながりのお知り合いだった(^^;)
こんなところで久々に会うなんて。



いろいろあって楽しいハイキングになった。
前回ツラかったコースも、それほど長く感じなかったのは
少しは体が山に慣れてきたってことなんだろうか(^^;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お花見サイクリング

2016-04-09 23:00:00 | 自転車
実に7か月ぶりの自転車…(笑)

都心より1週間遅れての見ごろになる
吉見さくら堤公園まで仲間とサイクリング。



荒川サイクリングロード沿いは
菜の花のシーズンでもあり
花の甘い匂いであふれてました。
この時期はすごく気持ちがいいね♪



追い風の中、のんびり走って
たどりついた桜のトンネル。



お花見の人も多いので
歩くより遅いくらいの速度で走るw

ランチは、サイクリスト仕様に
大幅リニューアルされてた四方吉うどん
バイクラックも大量に設置されてたし
なによりお客さんのサイクリスト率が高すぎ(笑)

帰りに、最近できたという古民家カフェでお茶を。



「ここはサイクルイベント会場か?!」
と思うくらい自転車の量が半端なくて
たぶん50~60台くらいいた感じ(^^;)
荒サイを走るサイクリストが
いかにカフェを欲しているのかがよーーーくわかる(笑)



いただいたのはコーヒーとアップルパイ
手作りらしく、とてもおいしかった(*^^*)



カウンターにはこんなクッキーも…
すごいなww



また今度荒サイを走るときは寄ってみよう。
(いつになるかわかんないけど)



帰りの向かい風は予想通りつらかったけど
また時間をみて走りに行きたいな♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お花見

2016-04-03 23:00:00 | 日常
砧公園で自転車チームのお花見を(*^^*)



さすがに桜のお花見の名所wだけあって
桜の木の迫力がすごい…



午前中は雨。
午後もうす曇りだったけど
ちょうど見ごろだったかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三つ峠山

2016-03-27 23:00:00 | 登山-山梨
前日の飲みの席で
「明日はお天気よさそうだよ!」
ということで決まった三つ峠山。

実は1週間前に一人で行ったんだけども。
駅に降り立ったら雨が降っていて。
しかも寒くて。
おまけにレインウェア一式忘れていて。
駅の外で写真を撮るだけ撮って
そのままUターン…。

そういうわけで
近々登りなおしたかったのです(^^;)



同行してくれた友人の体力を考慮し
今回は駅から登り口までタクシー♪
すごく楽ちん。



まだまだ雪は残っていたけど
アイゼンを付けるまでもない感じ。
コースも短縮したし、のんびりゆっくり行くことに。



頂上に着くとこんな景色
気持ちいい!



ただ、肝心の富士山方面にだけ
厚めの雲が…
しばらく待ってみてもやっとこの程度。

また今度に期待しようね(^^;)



少し下ったところの山小屋前でランチ。
…していると、目の前にカモシカが!!



こんなに近くで見れるなんてびっくり。
普段接することがないからなかなか実感できないけど
こんなふうに山には普通に野生動物が住んでるんだよね。



これは屏風岩。
岩登りの名所らしく、この日も何人かが岩に挑戦してた。

ふもとでは桜が咲いているのに
山の中はまだまだ冬なんだね。
寒すぎたせいか
このあと私のiphoneは冬眠してしまい
しばらく使い物にならず…。

下りてくるにつれ気温もさがり
天気も少し回復して



やっと富士山もこんな姿を見せてくれた♪
できれば頂上から見たかったけど(._.)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016-03-26 21:34:22 | 日常
満開にはまだまだだけど
もうすっかり春だね。



今日は友人たちと
目黒から下北沢まで
お花見散歩。



花じゃなくて
飲むほうがメインになってたけど(=゜ω゜)ノ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雲取山へ 2日目

2016-03-06 23:00:00 | 登山-奥多摩
キャンプや旅行が好きなくせに
寝床が変わると
あんまり寝つきがよくない私。
案の定、山小屋でもあまり寝れず(^^;)
でも不思議と疲れは取れている…。

着替えと化粧を済ませ
(いつでもどこでもフルメイクじゃないと落ち着かない(笑)
1階に降りてみると
きれいな朝焼けが見えた!



日本の正しい朝ごはん。
久しぶりにTKG食べたww
美味かった(*^^*)



片付けと支度を終えて
外に出てみると良いお天気。
6時過ぎには小屋を出発し
30分くらいで雲取山頂へ。



遠くに富士山が見える。
でもこの景色の中ではちょっと脇役。
手前の山々が美しすぎた☆
(友人が山の名前を教えてくれたけどすぐ忘れちゃう…)



こんな幻想的すぎる景色…
言葉もないくらい綺麗だった。
(でも言葉も出ないくらい寒かった☆)



足元は昨日と同じパウダースノー。
岩の凸凹も木の根っこも
滑りやすい砂地も
雪が覆ってくれてるからガンガン進む♪
奥多摩行きのバスの時間に間に合うように
少しだけ速めに歩いて
9時半には舗装路まで降りてしまった。
アイゼン外すの名残惜しい(笑)

無事にバスに乗り込み奥多摩駅へ。
で、温泉に寄って汗を流して



コレでしょ♪



おつかれさまー!!
最初はどうなることかと思ったけど
めちゃくちゃ楽しかった♪

またよろしくね☆(=゜ω゜)ノ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雲取山へ 1日目

2016-03-05 23:00:00 | 登山-奥多摩
いつかは山小屋泊まりの登山をしてみたい。
とぼんやり思い続けて数年。
自分一人じゃ全然実行できないことを
仲間がさくさくと企画してくれて
あっという間に実現できてしまった(^^;)

というわけで
初の山小屋体験登山は
埼玉・東京・山梨の境に位置する雲取山。

池袋から西武特急に乗り
西武秩父まで1時間半。



乗客はほとんどがビジネスマン。
山に行きそうな人たちは
1割も乗ってなかったかな。
空いていて快適♪



西武秩父駅からは
また1時間以上バスに乗って
三峯神社へ…。



こちらも乗客は神社への参拝の人が多め。
山道に入るとどんどん雲行きが怪しくなり
雪まで降り始めて
三峯神社に到着して
目に入ってきたのはこんな景色。



雪積もってんじゃん!!
アイゼンなんてまだ1回しか使ったことがないのに
いきなりの雪山登山か!!
週間予報や、山小屋のブログなどで
常に天気はチェックはしていて
雪はあんまりなさそうだね~
なんて言ってたのに。

登る準備をしながら
「行けんのかな私」
「初心者でこれはちょっとキツいんじゃ?」
「途中まで行ってダメならUターンしたい…」
「あったかい温泉入って帰っちゃいたい…」
「しかもスタート時点で11時すぎてるよ?」
と、ネガティブなことばかり考えてた(笑)

でも、積もったばかりのパウダースノーが
ものすごく歩きやすかったのと
見える景色が真っ白で幻想的で静かすぎて
いつもの見慣れた山の風景とは全く異なっていて
全く飽きることがなかったのとで
歩いているうちに不安はどんどん消えてった。



こんなふうに枝に雪が付くんだね。
ヒイラギの葉っぱみたい。



頼れるアニキ2人。

雪は積もっているけど
軽アイゼンのおかげですごく楽しい。
がしがし歩けるし走れちゃう(笑)

半分ほど登ったあたりで
目の前をシカの家族が横切っていったり。



(興奮してキャーキャーしてたら逃げちゃった…)

登り始めて5時間くらいで
雲取山荘に到着!
やればできるじゃん(^_-)-☆



シーズンになるとめちゃくちゃ混雑するそうだけど
今の山荘はシーズンオフのようで
私たち3人で1部屋を割り当ててもらえた♪



部屋に暖房はないけど
まんなかにコタツがあって
とてもうれしい(*^^*)

着替えを済ませたら
ロビーのストーブで暖まりながら
ビールで一息w

1人で来ている女性も何人かいて
いろいろとお話しできて刺激を受けた。



廊下の本棚にはマニア垂涎の
ふるーい山雑誌とか山の本なんかがたくさん。



すこし早めの夜ごはんをいただいて
9時には消灯。



トイレも綺麗だったし
掃除も行き届いてるし
受付のおじさんは少し強面だけど
混雑していない山小屋って
すごく快適なのね♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

てぃだ

2014-06-07 16:53:24 | いぬ
2001年に我が家に来て
12年と8か月一緒に過ごした
てぃだ

2014年5月4日
ゴールデンウィークの真っ最中に
あの世に旅立ちました。



うちに来た日
ちっちゃくて温かくて
かわいくてよたよたしてて
どう扱っていいのかわかんなかった。



まだデジカメが無かったので
データがあまり残ってない。



そして成長するにつれて
反抗的な態度も(笑)



去勢し、しつけ教室に通ったら
少しは落ち着いて…



平日はいつも留守番ばっかりで
あまり満足に散歩できなかったね。



こういう姿を見て
いつもとても癒されてた。



夏生まれなので
いちおうひまわりと。



若いころはそんなにタレ目じゃなかったんだね(笑)



車に乗ってお出かけするのが好きだった。



本人は楽しかったのかわかんないけど
よくキャンプにも一緒に行ったね。



ご近所のダックス仲間ともキャンプしたしね。
みんなそれぞれ離れようとしてる図(笑)



これもキャンプついでに行ってみた、日本海。



小径車に乗せてお散歩サイクリングも
楽しそうに風を浴びてたな。
飼い主の希望的観測(笑)



このあと顔をティッシュでふくと
めちゃくちゃ嫌がるし唸るんだよね…。



ホント、カメラ目線で見つめてくれるから
良い顔の写真がたくさん残ってる。



「待て!」…「よし…だ君!」「よし…こちゃん」「よし…のや!」
ちゃんと「よし!」って言うまで待つ。えらいww



歩いてるだけで「かわいい~」とか言われる。
…のがちょっと腑に落ちないとこもある(笑)



食べ物がからんでくると
苦手なワンコが近づいても平気…。
この3匹、距離感がずっと同じ。



車に乗って四国をキャンプ旅行。
私たちは楽しかったけど…どうだったのかなww



なぜか尻尾を骨折したことも…。
もしかしたら私が寝返りで踏んだのかも…。



自分より小さい女の子もちょっと苦手。
何度も一緒にお出かけしてるのにね。



東北地方もぐるっとキャンプしてまわったね。
さすがに帰ってくるころにはぐったりしてたけど(笑)



だいたいテントで寝てるか
椅子の上で寝てるか
「かまってくれ!」と大騒ぎするか…。



たまごの形のおもちゃ。
お気に入りで何個壊したことか…。
まだ予備がいくつか残ってるよ(笑)



モデルとかやらせてみたらよかった…
っつうのは飼い主の勝手な思い込み(笑)



ちょっとづつ顔が白くなってきて
そのぶん雰囲気もやわらかくなってきた。
目が真ん丸。



癒される姿。
てぃだもリラックスしてる。
でもちょっかい出すと怒られる…。



体内にできた脂肪の塊を切除する手術をしたあと
傷をいじらないように着せた拘束着(笑)



だんだん甘えん坊な顔になってきた。
これもキャンプの時の写真。



で、だんだんタレ目に拍車がかかってきた(笑)



てぃだの楽しそうな顔。かわいい。



自転車チームのジャージも作ってもらいました。



富士山五合目。ちょっと変な顔(笑)



人の膝の上が一番おちつく場所みたい。
リラックスしてる。



抜け毛にはかなり悩まされたな。
毎週末掃除をしてもすぐに毛がたまる…。
でもお風呂に入って遊ぶのは大好きだったね。



究極のかまってちゃんww



てぃだがきっかけでできた友人もいるんだよ。ありがとうね。



だんだんおじいちゃんぽくなってきた。
お散歩もゆっくりだったね。



おもちゃをくわえたままトコトコ歩いて
そんな姿がたまらなくかわいかった(笑)



動物病院の近くに来ると
足が止まって歩かなくなり…
中に連れて入るとマナーモードでバイブ機能発動(笑)



1年前の、一緒に行った最後のキャンプ。



だんだん目も耳も利かなくなってきて
それと反比例するように愛情はどんどん増してった。



冬はヒーターの前から離れない(笑)



かわいすぎてダメだ…。この写真。親ばか。



自転車に乗せて、近くの河川敷にお花見。
春になって外が気持ちよくて
毎週末はてぃだと過ごすようにしてた。
このころからうっすら覚悟してたのかもしれないな。



4月末くらいから体調崩し始めて
ちょくちょく病院通い。
もうすべてが愛しくてしょうがなかったよ。



これが生きている最後の写真。
私の腕の中で意識がなくなって
最後は動物病院の台の上だったけど
鼓動が止まる瞬間まで一緒に過ごせて
見送ることができて本当によかった。

てぃだのおかげで得たものは計り知れないよ。
私はそれに対して十分な愛情をかけてあげられたかな。
でも、言いたいことは
「ありがとう。愛してる。」
ってことだけだ。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加