BIG FAMILY FARM

自然農、山暮らし、子育て、太鼓、アフリカ、核、平和、いろいろ。

畑レポート 睡蓮、ウド、かぼちゃ、いんげんなどなど

2016年05月26日 | 


今年も睡蓮が咲きました。

そろそろ株分けしないと、窮屈かなぁ。。。とか、
今年、大雪の時、分厚い氷が張ってたけど、大丈夫だったかなぁ。。。

と心配していたけど、無事咲いてすごい嬉しいです。

ちなみに、分厚い氷が張ったものの、たくましく金魚とメダカも元気に生き延びています。

メダカさんは、畑に置いている水槽にも分家して、そっちは広々としているので、
どんどん増えて、天気がいいと水面を気持ちよさそうに泳いでいる姿がかわいいです。

最近は、おなかの大きいのもいるようだから、そろそろ赤ちゃんが生まれるのかなぁ。



水連が咲いて、お隣の豪華なアジサイ花壇にもアジサイが咲き始め、
美しいんだけど、そろそろ梅雨が始まりそうな予感のムシムシした感じ。

今日は、雨のあとだったせいもあって、クラッと来るほど蒸し暑くて、
しかも、蚊とセセの襲撃が凄すぎて、「お肌の手入れ、がんばろうかしら。」
なんて書いたにもかかわらず、顔中をブスブス刺されながら作業してました。

(でも、セセに刺されても、ムカデにかまれても、あんまり腫れないタイプみたいで、
今のとこ、変化なしです。一応ビワエキスをシュッシュッてやっときました。)



家の裏には、ウドがすぐに摘めるといいな〜。
と、一本植えたのですが、なかなか大きくならないので、
保険に3本植えてたら、今年はいきなりドーーーンとウドの大木になってました。




ひーーーー。

山菜の女王とか言いますけれど、うちの家族はあんまり感動してくれないんですよね。
皮をむくほど立派に太った新芽は見かけないので細いのを摘んで、きんぴらにして食べてます。

芽が出る前に、草とかをこんもりかぶせておくと、軟白化した新芽が出てくるそうなので、
来年はぜひ、そんな風にしてみようかと。



今日は、ゴーヤや、ささげの苗を植えたり、かぼちゃやゴボウ、キャベツの草取り、去年のトマトの支柱を片づけながら、
それを今年のツルものの畝に引っ越ししたり、いろいろやりました。

雨が降ると、ドーンと草が伸びているので、「今日はあれをやろう!」と思っていても、その目的地に行くまでに
「わ!ここ、草とらなヤバいやん。。。」って、横道にそれて行ったり、
キャベツの草を採っているつもりが、隣の畝の別の野菜の草取りも並行してやってるうちに、めちゃ時間がかかったり。

なんだかんだ、一日はあっという間です。


えんどう類が終わりに近づいて、今年は葉物が少ないので、なかなか出荷を通常営業できずにおりますが、
その分、いろいろと仕込み作業頑張っております。

カボチャやズッキーニは、どんどん花芽がついていて、今日は雌花も発見しました。

ウリ類の葉っぱを食べる「ウリ葉虫」というのがやってくるので、ネットをかぶせて防御していましたが、
窮屈になってきたようだし、雌花を発見し、受粉も必要なので思い切ってネットを取りました。



プハーーーって、かぼちゃの声が聞こえるような気がしました。


かぼちゃの近くに植えたインゲンにも花が咲き始めていました。



これも、まもなく収穫が始まるかな?


夕暮れになると肌寒く感じていた山の上も随分暖かくなってきました。

2,3日前からは、夏鳥のカッコウがよく鳴いています。

昨日は、台所の窓のそばを蛍がすぅ〜〜っと飛んでいきました。

今日は、小学校のプール掃除があったり、夏の足音が聞こえてくるようですね。

ワクワク♡

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

maryseのfloralwater

2016年05月25日 | 商品


ようやく、山の畑でもスイカズラが咲き始めました。

標高が200mくらいはあるので、花が咲くのはタイミングが少し遅くて、
毎日祐徳神社の近くの小学校まで子供たちを送り迎えしながら、
山の裾野の方からから徐々にあちこち咲き始めるのを眺めていました。

畑は、動物除けのためにぐるりとワイヤーメッシュで囲っていますが、
その柵や、入り口の支柱の柱などにグルグルとカズラを張り巡らしているスイカズラ。

花のない時期は、かわいくもないただのカズラですが、
突然白いつぼみがたくさん出現して、わーーーっと一斉に咲き始めます。

白からだんだんと黄色く変化していくので、金銀花とも呼ばれるそうです。

とてもいい香りなので、何か使えないのかな?と思って調べたら、

お花のつぼみや、葉っぱは漢方の生薬として使われるそうです。

花を摘んで、フローラルウォーターでも作ってみようかな。。。と思いつつ、
あまりにきれいに咲いているので、摘めずに帰ってきたら、
マリーズから、バラとトゥルシーのフローラルウォーターが届いていました。



マリーズの麻インディゴクリームをお買い求めいただいた方から、
クリームがよかったので、化粧水もないですか?

との問い合わせから、マリーズに聞いてみたら、

フローラルウォーターは化粧水として使えるよ!と教えてもらいました。


バラは、昔は観賞用ではなく、薬用に育てられていたそうです。
そのくらい薬効の高い植物。



その香りは、うっとり、気持ちをリラックスさせて、幸せな気分にさせてくれますよね。

今朝も、我が家の女子たちが学校へ出発するときに、シュッシュッとふってあげたら、
にっこり、うっとり、元気に登校していきました。

5月病にも効果がありそうですね(^^♪

肌を引き締める効果もあるそうで、たしかに、スキッとして、柔らかく弾力のある肌になる感じがします。

しわや、ニキビにも効果が期待できるそうで、
アラフォーの私も、これから思春期に突入する娘にもバッチリなアイテムです。

というか、今まで顔とか肌のことに全然気が回ってなかったんですけど、
今度、めちゃ久しぶりに結婚式というものに誘っていただいて、

ハタと、自分のお肌を見てみると、日々の日焼けで、ワオ!と。

日焼けするの好きなのですけども、美しく日焼けしたいなぁ。

そんなわけで、悪あがきかもしれないけれど、このフローラルウォーターなどで
少しは自分でお肌ケアしてみようと思うこの頃です。


トゥルシーは、我が家でも毎年育てているホーリーバジルというハーブで
インドでは聖なる植物として大切にされているそうです。




浄化のハーブともいわれていて、お茶や料理にも使うことで体の中からキレイに(^^♪

世界中の草類の中で最もたくさんオゾンを発生する植物ともいわれているそうで、
このトゥルシーを庭で育てる方も増えているようです。

体と地球の浄化。
人間がさんざん汚してしまった地球を美しく再生していくために、できることの一つかもしれませんね。

虫よけにもなるそうなので、これから野外で活動するときもトゥルシーウォーター活躍しそうですね。

お部屋でシュッシュッと使って、部屋の浄化にもいいかもしれません。

マリーズによれば、肌がしっとり潤うそうなので、もちろんお顔や体にもおすすめです(^^♪




◎ローズウォーター

ピュアウォーター ローズウォーター マンサク グリセリン サンダルウッドエッセンシャルオイル イランイランエッセンシャルオイル ネロリエッセンシャルオイル


◎トゥルシーウォーター

トゥルシー ビワエキス 月桃 グリセリン マンサク クラリセージ ゲラニウム ローズマリー


各1本1500円です。


また、夏におすすめの sun cream も在庫してます。



シアバターが紫外線をカットする効果があるそうです。

他、保湿力が高く、肌に潤いを与える効果の高い材料で作られているので、
夏の強い日差しで疲れたお肌におすすめです。

すべてナチュラルな材料なので、赤ちゃんや小さなお子さんにも安心してお使いいただけます。

※クリームやフローラルウォーターは必ず、目立たないところでバッチテストをしてお使いくださいね。


他、ヘンプシャンプー、ミスティッククリーム、モイスチャークリーム、リップクリーム、麻インディゴクリーム。

マリーズ製品が勢ぞろいしてますので、ぜひご注文よろしくお願いします♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

畑レポート お花いろいろ サトイモ ショウガ 葉物のこと

2016年05月22日 | 野菜



今年も、ボリジが満開です。

というか、去年うっかり畑の入り口に植えてしまい、巨大になってたくさん種を落としてしまったものですから、
今年はさらに勢力を拡大して、畑に入ることを阻止するかのように、入り口をふさいでしまい、
先日、心が痛みましたが、通れるように少し切らせていただきました。

来年のために、またなにやら対策を考えねば。。。と思っているのですが。


あまり手入れの行き届かない庭も、カラーやチェリーセージなどきれいに咲いています。





畑も、菜の花が終わって、今は春菊の花が満開ですが、もうそろそろ終わり。



フェイスブックにも載せましたが、ホウレンソウの跡地にはこの紫の花が群生しています。



(前に名前教えてもらったんだけど、忘れちゃったーーー。><)



今日は、ド暑い中の鹿島・エイブルマルシェ出店でした。

佐賀のソウルフード、竹下製菓のアイスも売ってたので、子供たちも大喜び。

モンブランで、特賞Bの図書券当たってました。

次女はアイスの当たり運が強いので、たまに買うときは、次女に選んでもらうと、割と当たる確率が高い。




さて、せっかくの出店でしたが、情けないことに、連れていける野菜がほとんど無く。

暑かったから、野菜売るのは大変だったな。とも思いましたが、

海藻や、豆や、お茶や、コーヒー、シャンプーやミツロウクリーム。。。

「え?何屋さん?」とか聞かれる勢いで。w

それでも、どうにか試し掘り的に掘り始めたラッキョウを連れて行ってみましたが、

ラッキョウ・・・売れるかな。と思ってたら、素敵な奥様が大人買いしてくれました。

大感謝 (/・ω・)/



去年の今ごろは葉物がすごくよく出来て、嬉しい悲鳴だったのですが、
暑くなり始めるこの時期、せっかくきれいにできたのに、売るのがすごく難しいと感じました。

それでも、野菜セットの定期便を少し早くスタートできたので、収入的にはホッとしたものですが、
葉物は、成長が早いため地力を必要とするので、今年は適当な畝を選ぶのも一苦労。

そういうわけで、今年は葉物の種まきはかなり控えめにして、

カボチャやサトイモ、しょうがなどの定植に力を入れてます。


これはショウガ畑


ショウガやサトイモは土寄せをしたりするのですが、自然農ではあまり土を動かさないため、
少し深めに植えつけます。

けれど、深く植えると、芽が出にくく、時間がかかるので、芽が出るまでは掘った土をアリ塚のようにこんもり盛っておいて、
芽が出たら、草取りをしながら埋め戻してゆきます。


しかし、これ、たくさん植えたからといって、全部が立派に育つわけでもなく、

今年の玉ねぎのように、途中まで順調だったのに収穫の直前でダメになってしまうパターンもあったりするので、
収穫して売り切るまでは、難所が多々あったりするんですよね。


鹿島では麦刈りが始まっています。

毎年、この時期雨が多く、麦農家は収穫直前に倒れてしまったり、泣かされることも多いようでしたが、
今年は、いい具合に乾燥できているようでした。

しかし、玉ねぎはかなり最悪な感じで、
どこの畑も、病気で葉っぱが枯れている畑ばかりです。

農協も特例措置をとっているそうで、特例措置とか、保証とかない、私らのような独立した農家は、
こういう時、小さい玉ねぎを、面倒くさくてもいちいち毎日何個も皮をむいて、
腐る前にひたすら食べ逃げる。という日々を送っていたりするのでした。

で、また長くなっちゃいましたが、
今年は、ちょっとまだ野菜がそろいません。


もう少ししたら、キャベツやレタスが行けそうですし、一雨ごとにニンジンも大きくなり、
「やば・・・だいじょぶかな?」と心配していたズッキーニも、定植したら随分元気になって、すでに花を咲かせています。
(収穫まではまだまだかかりそうですが。)

そんなわけで、「野菜セットはまだなのか?」と催促もいただいたりして、ありがたいですが、
ゆっくりお待ちいただけましたらありがたいです。



















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「祝福(いのり)の海」上映会を企画しました。

2016年05月19日 | 
311の一年前の2月14日。

私は娘二人を連れて、友人とともに、山口県祝島を訪れました。

すでに、自給的なスタイルで暮らしていたため、めったに遠出をしなくなっていたのだけど、
らんぼうという、乱暴な男子が、目茶目茶誘ってくれるものですから、
その強引な押しに、背中を押してもらい、
娘たちが小学校に上がると、さらに腰が重くなりそう!(実際、それ以来九州から出たことが無い!)

と思って、重い腰をよっこらしょと、はるばる行ったわけです。




娘たちも、よほど新鮮な体験だったのだろう。
まだ保育園に通うほど小さかったのに、今でも祝島の話をしてくれます。

その祝島で出会った真っ黒に日焼けした笑顔の素敵な青年。

東条君

彼は、当時からカメラをもって、祝島で起きる様々な事態や、日々の暮らし、美しい自然を撮影していたようですが、
その後、311を迎え、カメラを携えて福島まで旅にでかけました。

その、撮りためた映像をまとめ上げたドキュメンタリー映画が完成し、
各地で上映会が開催されておりますが、このたび、九州初上陸!
5月の中頃より、九州ツアーが続いております。

九州ツアー>>>https://www.facebook.com/events/236429580080917/


畑、田んぼと、体がいくつあっても足りない!と思えてしまうこの時期、

「見たいけれど、あたしに、企画は無理だぁーーー」と一度は諦めたものの。

予告編を見てしまったら>>見てね https://www.youtube.com/watch?v=wnL_CGLl4HY

いつもの、体が二つある錯覚におちいり、むずむずと上映を企画する妄想が始まり、
頼れる友たちのおかげで、スイーーーーっとあっという間に上映会が決まりました。


急ではありますが、いろんな人が「めちゃいい映画だった!」と大絶賛しておりますんで、
ご都合よろしければ、ぜひご参加ください。

愛を込めて、おいしいいいい祝島のビワ茶も用意してお待ちしてます!

もちろん、東条監督も参加されますので、上映後は交流会もあります。


FBをされている方は、参加ボタンを押していただけると大変ありがたいです!

また、参加できないよぅという方も、シェアなど、広報支援もぜひよろしくお願いいたします!

鹿島上映会イベントページ>>>https://www.facebook.com/events/1790236914542850/





「祝福(いのり)の海」鹿島上映会 




世界が平和になるためにはどうしたらいいのだろう。
そんな疑問を抱きながら、監督である東条氏が、昔ながらの暮らしを続ける山口県祝島に通い、
311を経て、福島まで旅を続ける中で産まれた、いのちの物語を綴った映画です。

地震は少ないと思っていた九州でも、このたび震度7という大きな地震にあい、ここ佐賀県も大きく揺れました。
もう何が起きてもおかしくないと思えるこの時代。
私たちは何を大切にしていけばいいのか?

鹿島で百年続く大きな漬物蔵にて、皆さんと共に映画を見て、語らう時間を持ちたいと思います。

6/3(金)
会場 漬蔵たぞう(鹿島市浜町1192)
18:00オープン/18:30スタート
料金 1000円(祝島のビワ茶付き)

上映後、監督を囲んで交流会を行います。
有料になりますが、おいしいカレーをご用意いたします。
飲み物は自由に持ち寄りください。

「祝福(いのり)の海」
HP:http://inorinoumi.jimdo.com/
FB:https://www.facebook.com/inorinoumi/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

畑レポート アーモンド、山芋、その他

2016年05月15日 | 


今年もアーモンドが成っています。

去年は4粒くらい見たかな?
でも、いつの間にか無くなっていた。。。(+o+)

しかし、今年は数えたら9個成っている!

2倍以上増えている。笑

無くなりませんように。。。



山芋たちは、クルクルとつるを伸ばし始めています。

いろんな野菜を作るので、それぞれにたくさんは作れず申し訳ないのですが、
去年、人気だったので今年は少し増やしました。

やっぱ、山芋おいしいですよねーーー。私も大好き!

今年は少し支柱の立て方を変えてみたりしています。




この写真は、今年用に種イモを植えた畝ですが、
畑のあちこちで、こぼれたムカゴから発芽したものや、掘りそこねて土の中に潜んでいた芋からも発芽していたりしています。

こういう方たちは、野菜の定植をしながら発見してしまったりするので、「あ・・・また(*_*;」って嬉しいような困ったような。
毎年、ついつい、どの子も支柱を立てて助けてしまうので、また今年もあちこち変な棒が立っている。



これは、どうにか移植できそうだったので、ニンジンの畝の間に植えた山芋。支柱が2本立っている。


ここ数日天気が良くて、ガンガン仕事していましたが、ギラっと照り付けると体力の消耗も激しく、
ヘトヘトになったりするので、今夜から雨が降ってくれて、ちょっとホッとします。

明日は野菜出荷日なのですが、野菜の成長が追いつかず一回お休みします。

そんな具合なので、定期便のみなさんにも、なかなか安定してお声かけられずにおり、申し訳ないです。

ニンジンもまだまだちっこいですが、この雨で少し大きくなるかな。
レタスやキャベツは随分立派に育ってきています。

スナックエンドウは、今年は早くも終わりが近いようです。
グリーンピースも、ピークは過ぎたかな。

ソラマメは生体がいまいち掴めないのですけど、今また新芽がでてきているので、
もしや、これから再生していくのかもしれません。観察を続けます。



それでは、また畑の様子お届けします〜('◇')ゞ









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モズク・ヒジキ・フノリ・アオサ☆彡海藻がいろいろと届きました!

2016年05月13日 | 商品


梅雨に入るころから、もう庭の草取りなどやる暇もなくなるので、
どこに地植えしてもなかなか育たなかったミニバラを、しぶしぶ鉢上げしたら、
今年はいっぱい花芽がついて元気みたいです。

鉢上げといえば、イチゴも楽しみにしているけれど、
家の前の畑に植えると、草の管理ができずに迷子になってしまうので、
今年は再び鉢栽培。



おかげで、今年は少し立派なイチゴも収穫できてます。



さて。


昨日は、古枝の畑で仕事してたら、道端から郵便屋さんが「おーーーい」と呼んでいる。

なんでしょうかーーーと走っていったら、八重山・小浜島のモズクが届いていました。

「山まで登ってもいいんだけど、ここで出会ったから、渡してもいい?」

なんてことが、たまにあるんですよね。なんか、鹿島のこのあたりのユルさが好き。


そんなわけで、今年もモズクキターーー(/・ω・)/



早速、食べてみましたが、シャキシャキと歯ごたえもよく、サイコーーーでした。

子供のころから、モズクをでかいボールで食べたいと思うほど恋していますので、

小浜島のもずく屋さんとの出会いは、本当に運命を感じてしまいます。

大量に仕入れてますし、無くなったら、また何度でも再入荷しますので、

ぜひご注文くださいませ(^^♪



そして、さらに。

今日は、山の畑で仕事してましたら、またもや郵便屋さんが「おーーーい」と言いながら畑に入ってくる。

「おやおや、今日はなんでしょう?」

「今日は、祝島から荷物が来てたよー」

「おお!あれですな!いやいや、ありがとうございます。」


というわけで、今回は、荷物は家に届けてくださってたようですが、わざわざ受け取り伝票のサインを
畑にまでもらいに来てくださるという、なんともファミリー的な郵便屋さんが、これまた好きです。

鹿島の郵便屋さんに関しては、本当にラブリーな方が多いので、いろいろとご紹介したいくらいですが、
今日はこの辺にしといて、


祝島から届きましたのは、ジャン!



これでございますーー。


追加のヒジキと、フノリ、なんと祝島産の初のアオサも届きました!

今回のヒジキとアオサは、祝島に移住したマコトクンという方が(たぶん一度ちらりとお会いしている。)

作ったものだそうで、プレゼントにしてもよさそうなかわゆいパッケージです。


◎ヒジキは、先日入荷したものもまだ少しありますが、

先日のは60g入り、今回のは40g入りになってます。

祝島のヒジキは、超人気商品なので、年々手に入りづらくなっていまして、

今回がラスト入荷で、わずか5パックの入荷です。

希望される方はお早めにご注文くださいませ。


◎アオサは、細かい砂を洗うのがすごい大変なんですが、
こいわい食堂・たかこさんのお手紙によると、

「岩からハサミで切って、ザルに採って、その後ボールに海水を汲んで4回位洗い天日干し」

だそうです。海藻によって、処理の仕方がちがうそうです。

商品として販売するほど天日干しするのも、かなり大変な作業だと思います。

私も毎年シイタケや大根など天日干ししながら、なんとか販売できるくらい作りたいなー
と思いながら、自給用で精いっぱいです。



◎フノリは、今年は30g入りでたっぷり入っています。(ので、価格も変更しました。)



フノリは

「岩から手摘みして、真水で3回位洗い天日干し」

するそうです。

水でさっと洗って海藻サラダや、そのまま汁物などの具に入れてもおいしいですが、
こいわい食堂料理長・たかこさん曰く

「水でさっと戻して竹の子や何かと炒めてもとてもおいしい!!」

そうです。たかこさんのお母様は、水で煮てシャンプー代わりにしているとか。髪につやがでるそうです。
(私は、なんだかもったいなくて、試せなさそうだけど・・・💦)

マクロビオティックでは、フノリが体の浄化作用が高いということで、よく利用されるそうです。

こちら、参考に
http://blog.livedoor.jp/macrobi/archives/51974256.html


そんなわけで、今回もたかこさんの愛が詰まった素敵なお手紙とともに、海藻がたっぷり届きましたので、
こちらも、ぜひご注文よろしくお願いします!

毎度、何かしらオマケを入れてくださるんですが、

今回は、台湾のお客様から頂いたという、自然農法手摘みの紅茶をおすそ分けしてくださいました。



お手紙を読みながら、私がいつもやってるような自給の手作りお茶なのかなぁ。。。

と思ったら、いやいや、しっかりと製品化されているようで、ビツクリしました。

しかも、めちゃめちゃおいしいいいいいいいいい!!すごくいい香り!!

私も来年は紅茶にチャレンジしてみたいなーーー。

実は、今年も自家製釜炒り茶を作ったんですが、なんだか失敗?

見た目は紅茶っぽい感じになってしまいました。




香も味も、おいしいけれど、去年の方がおいしくできたかなぁ〜

こちらもまだまだ研究の余地ありですな。


ということで、今回も長々と失礼しました。

祝島といえば、「祝福の海」の九州上映ツアーが始まっているそうです。

BIG FAMILYでも上映したいなぁ〜〜〜

予告編で、すでに泣ける。ぜひ見てみてください!!

http://inorinoumi.jimdo.com/





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

塩2016 後編 塩の道は長かったの巻き

2016年05月06日 | 
なんとか、命がけ(自分基準)で汲み上げて持ち帰った海水。

さて、どうやって炊こうか。

完全に農園長からは無視されている、この塩炊き祭り。


とりあえず、土鍋で少しずつ煮詰めてみよう。

と、土鍋に移して、ストーブにかけておいた。




やかんをかけておくと、あっという間に空焚きになったりするのに、

こういう時は、なかなか水が減らない。


2,3日は、割と集中してストーブにかけていたけど、そのうち忘れはじめる。


そんなある日、塩炊き経験のある某美人石鹸職人が表れ、


ストーブでやってたら、最後ボコンボコンと大暴れして、飛び散った塩水でストーブや煙突に穴が空いちまった。

という衝撃の事実を小耳に挟む。


むむ。。。それは困ったな。そんなことにでもなったら、静観を続けている農園長の激怒を買うだろうな。。。怖い。(そっちか。。。)


無い脳みそをひねって、考えた末、

竈にかけて、薪で一気に炊き上げよう!と思いたち、


しかし、最近新調したホーム竈に穴をあけるわけにはいかんので、アルミ箔なんかでちょっと防護してみたり、
土鍋が焦げ付かんように、いろいろ工夫してみたけれど、やっぱり真っ黒になった。涙


それで、一日、庭の草むしりとか、薪割とかしながらも、炊き上げるのだが・・・


10Lの海水が、やっと土鍋に全部入る。


くらいにまでしか煮詰まらず。

ガックリ。。。


あとは、もう、一日火の番をしてる暇もなく、日々畑モードに突入。


時々、寒い日に再びストーブにかけてみたりするも、なかなか集中して炊くことができず、

5月になってしまった。。。

とんでもなく濃ゆい海水だし、腐ったりしないよね。

とか、自分に言い聞かせつつ、もうほとんど、この水にしか見えない液体から塩ができるとは、

到底想像もできないくらいに、あきらめの気分になっていた。


それでも、これまでの苦労を思えば、最後までやり遂げたい思いもあり。


先日、嵐の日に、再びストーブの上に載せました。


ちょうど、農園長の母上も来山されており

「これ、なんなの?なにか、沸いているけど。火からおろした方がいいのかしら?」

なんて言われ、

「あ、いや・・・これは、その、海水なんです。塩を炊いているわけでして」


「は?海水?塩?・・・・冷笑。まーーー、どんなに塩ができるもんでしょうね。あっはっはっはっは」

などと笑われる始末のなか、止めるわけにはいかない、最後の執念で炊き続けるも、

みんなが寝静まるころになっても、塩は現れない。


どうしたもんだか・・・と頭を抱えながら、土鍋を覗き込んでいると

あ!あーーーー!





なんか、出てきよる。白いのがーーー


それからというもの、出るわ出るわ塩がザクザク。魔法のように。


一人興奮しながら、平戸の塩炊き職人の塩炊き風景を思い出しながら、塩を水面から寄せては沈め、

火止めのタイミングがよくわからないけれど、もうなんだかきりがない気もしてきて、

眠くなってきたし、火からおろして、コーヒーフィルターで濾して寝ることに。






やーーー、できた、できた。できましたよ、真っ白なお塩が!


翌朝、農園長や、母上も、


「おお!意外とたくさんできたもんだねーーー」と初めてうれしくなるようなお言葉。


いや、しかし、塩炊くのも、ほんと大変なもんだねー。

透明な、お水にしか見えない液体から、塩が表れた時には、もう、すごい感動でしたけれど、

このお塩。


人にとっては無くてはならない、大切なもの。


貴い命を支えるお塩。

自分で炊いてみて、改めて、感謝の気持ちをしみじみと感じました。

こんなに大変な作業を、日々繰り返し続けてくださっているお塩職人のみなさんにも感謝です。


便利なお金という道具があるので、感謝をしているつもりでも、
簡単に「お塩を送ってください!」って注文しちゃっている自分にも気づくわけですよね。
炊きながら、随分反省しました。


この長い塩炊き日記に付き合って、最後まで読んでくださったみなさんにも感謝です。

機会があれば、美しい海に行った際は、海水を汲んで、ぜひお塩炊いてみてくださいませ☆彡
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

塩2016 前編 海水汲み取りの巻き 

2016年05月06日 | 
遥か昔に感じる3月の終わり。

長崎のアフリカン八百屋DJミック氏の企画するアフロスタイル10周年の記念すべきお祭りに参加させていただきました。

会場は長崎の南の端、脇岬のイカシタ海辺のカフェリップル。

いいとこだよーーと、小耳に挟みまくりだったので、ワクワクしながらご近所の美人ナースを連れてドライブ。

鹿島は寒いねー。けど、きっと脇岬はアッツアツだろうね!

などと、のんきな会話を楽しみながら向かう道中、時折ザーーーっと雨。。。


いやいやいやいや・・・ミックが晴れるって言ってたし!

気を取り直して、リップル到着するも、ビュービュー大風。


寒い。。。


実はこの日、はるばるきれいな海まで行くのだから、ずっとずっとやってみたかった塩焚きを実行すべく、
20Lのタンクやら、長靴、バケツなど、前夜から頭の中でさんざん海水汲み取りのシミュレーションしつつ
準備した道具の数々を積み込んでいた。

美人ナースに

「うぉい。こりゃ、海水汲めるのかね。。。風すごいね。。。」

と何度も気弱な発言を繰り返すたびに苦笑されつつ、ひとまず出店の準備。

お祭りも始まり、ワイワイ、あれ食べ、これ食べ・・・しつつも、海の様子をチラ見。

んー風は止まない。


が、ん?お??? 


お店からは随分離れた、端っこに海水汲めそうなスポット発見。


美人ナース(以下、なっちゃん。あ、言っちゃった。)に、

「やっぱ、せっかくだから汲みに行ってみるよ!」と、行き先を告げ、いざ。


どう見ても怪しい荷物を抱えて、人気のない端っこの岩場まで。


たどり着くも、波打ち際の近くに寄ってみると、とんでもなく危険な雰囲気が漂っている。

ああ、私、かなり小心者ですから、あくまでも自分基準ですけれどね。


あの、ザッパーーンと押し寄せる波に飲み込まれたら、ヤバいな。。。


とか、一人、コナン君の危険なシーンみたいな気分で、スローモーションな動きをしつつ


どうにか10Lほどの海水を汲むことに成功。


成功したのはいいが、数々の道具類と、10Lの海水入りタンクを
ぬかるむ砂浜を、結構な距離歩くのは、かなりしんどかった。

なんとか、駐車場までたどり着いた時には、割とひどい顔をしていたのだろう。

ばったり出くわした佐世保AFOの女子たちに「おお!今から何か始まるの!?」
とか聞かれるも、「別になんも始まらん!」ってぶっきらぼうに答えるのがやっとの状態であり。

その後、出店していたスペースの横の壁が燃えて、消防車が来る。

とかいう、驚くべきアクシデントが起ころうとは予想もしなかったのでありますが、

どうにか海水を汲み、家路へ。 後編へ続く



お詫び:なぜか写真は一枚も撮っていません。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

畑の様子 えんどう、ソラマメなど

2016年05月04日 | 
もうすぐ立夏ですね。

いよいよ夏を目の前に、畑仕事も忙しいこの頃ですが、
今年は、なんだか体調管理がうまく出来なくて、
今度はぜんそくの様な症状が出て、ちょびっと寝込んでしまったりしました。

みなさんは体調いかがですか?

畑に早く復帰したい!と気持ちが焦って、
ちょっとリハビリ・・・とか言って庭で草むしったりしてるうちに、
悪化したりして、行ったり来たり大変でした。

まだ少しゼーハーしているけれど、畑には復活してます。

休めるときはしっかり休んで夏に備えたいですね。


体が元気になった!と思ったら、またも大嵐になったりして、
今年は地震にも驚き!ですが、佐賀では台風のような風が3回もやってきていまして、
つるを伸ばすエンドウ類や、背の高いソラマメなんか大変です。

うちは、一応紐を張ったりして、風対策をしているせいか、スナックも順調に収量が増えて、
グリーンピースは会心の実り。



去年不作だっただけに、今年は畝選びもだいぶ迷いました。

グリンピースは、さやがしわしわになって、少し白っぽく、この筋の部分がぷっくり浮き出たころに収穫します。


今日は、お客さんにもお届けした上に、我が家にも小さなボール一杯ありましたので
子供たちの大好きなポタージュにしました。




しかし、珍しく大きく背の伸びたソラマメは、実がなっていないようです。
背の低いものはなんとか、無事のようで、実がお辞儀を始めたので、今日は初収穫でした。




また、暖冬の影響なのか、佐賀では玉ねぎの病気が流行しているようで、
特に、これから収穫の始まる晩生の玉ねぎは、大打撃。
畑一面、葉っぱが枯れて倒れてしまっているところもあります。

我が家の玉ねぎも、今年はあまり大きくもならず、少し病気が来ているような元気のない時期もありましたが、
今は、また少し取り戻しているようです。

産地制度のせいか、玉ねぎばかり作るせいで、連作には割と強いはずの玉ねぎですら、連作障害が出ているのかもしれません。



5月に入って、いつもの月曜、水曜、金曜に少しずつ出荷を始めています。

定期便の通りお届けできないこともあるので、定期便のお客様に個別に連絡を取りながら
進めていますが、スポットで野菜セットを取ってみたい方がいらっしゃれば、どうぞお声かけください。

グリンピース、スナックエンドウのほかには、青梗菜、スイスチャード、たまねぎ、ニラ、にんにくの芽、
ラディッシュ、みょうが竹、イタリアンパセリ・・・

などなど、青い感じの野菜が入ってます。パクチーも少し収穫できるので、希望される方はお知らせください。


それから、ラッキョウの予約が入り始めました。梅雨入り前ごろお届けになると思いますが、希望される方はご予約ください。

ニンニクも、もうしばらくしたら収穫になると思いますので、こちらも予約をおすすめします(^^♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リンゴ、お米、畑の様子、熊本支援などなど

2016年04月23日 | お知らせ
熊本・大分で起きた大きな地震により、佐賀の我が家もグラグラと揺れました。

何度も余震が来て、緊迫した状況が続きましたが、こちらでは随分余震も減り、

体に感じる揺れは1日に1,2回というところです。

まさか!の地震に、しばらくは動転して不安な日々を過ごしていましたが、
随分落ち着いて、畑仕事にも専念できています。


畑では、リンゴの花がきれいに咲いています。




リンゴの実はなりそうにないですが、ほかの梅の木や、サクランボにはたくさんの実がなっています。

これらの果樹を植えたのは、311の震災の日でした。

そして、なんという偶然なのか、先週14日の地震が起きた日にも、

たまたま、リンゴの木をもう一本植えたので、なんの因果だろう??と不思議に感じています。


20日穀雨の日には、お米の種を蒔きました。



7年目になるお米作り。

順調に、雨が降っているので、近いうちにツンとかわいらしい芽を出してくれるといいな。



地震もですが、今年は雨と風の強い日が多く、スナップえんどうや、グリーンピース、ソラマメが風に揺られて随分心配でした。

なかなか収量があがりませんでしたが、ようやくまとまった量のスナップえんどうが採れ始め、ソラマメには小さな房が付いています。




玉ねぎは、冬が暖かかったせいで、ベト病のウイルスが蔓延しているそうで、
我が家の玉ねぎもあまり調子よくありませんが、早生の玉ねぎは小さいながらも少し収穫ができ、
晩生のものも、生育中です。

三つ葉やニラ、青梗菜など葉物もちらほら収穫できるので、不定期で野菜セットも発送を始めました。
希望される方は、ぜひご注文よろしくお願いします。


さて、熊本・大分で被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

何かできることはないだろうか・・・と、日々悶々とする人も多いと思いますが、
私もそんな日々を送っています。

必要な情報が、必要なところに届くといいなぁと、ツイッターや、フェイスブックページで
これは!というものをご紹介しています。

また、東日本大震災のころから活動を続けている疎開や避難のサポートを行っているhahakoでも、
公的機関、民間、個人など様々な受け入れ情報や住宅支援情報などをまとめています。
情報をpdfファイルにしたものを印刷できるページもありますので、
現地でネット環境にない方などがいらっしゃれば、各自印刷して届けたり、
避難所で掲示するなど、どしどしご利用くださいませ!

hahako http://hahako-net.jimdo.com/




また、熊本で多くの友人たちが、自分も被災しながらも、炊き出しや物資配布などすっごい頑張ってます!

もう、その半端ない迅速な活躍に、ワクワク、私まで元気をもらっています。本当にありがとう!!!

忙しい中、情報発信もしっかり行っていますので、どんな動きをしているか見て、ぜひ支援をお願いします!!

南阿蘇よみがえり FBページ https://www.facebook.com/groups/887238314735632/



ハレルヤ熊本 FBページ https://www.facebook.com/hallelujah.kumamoto/?fref=ts



三角エコビレッジ サイハテ FBページ https://www.facebook.com/VillageSaihate?fref=ts



また、阪神淡路大震災の時から、どこかで大きな災害が起きると、瞬時に現地に入って活動をしてきた
防災のプロフェッショナル!OPEN JAPANも、すぐに現地で活動を始めています。

OPEN JAPAN FBページ https://www.facebook.com/hirakenippon/?ref=ts&fref=ts


また、そのオープンジャパンの繋がりで知り合いになった北海道のがってんさんも、現地に入っています。
遠くから来ていただいているので、がってんさんも応援したい!

がってんさんのブログ http://kussharo-wakka.blogspot.jp/2016/04/422.html


そして、東日本大震災から、ずっと災害支援を続けているボンジャスの活動も注目しています。
代表の大土さんは、福島からはるばる来てくださっているそうです!

HP http://bond-and-justice.com/
FBページ https://www.facebook.com/NpoBondandjustice/?pnref=lhc



と、そんなわけで、何ができるって、やっぱ日々、一生懸命生きて、働いて、こういう心強い仲間たちを支える資金を稼ぐことかな!

あんまり商売上手ではないけれども、安心して食べられる野菜、一生懸命作って、何かの役に立てるよう頑張ります!!

何があっても、生き抜く力を!!

ONE BIG FAMILY!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加