散歩道に広がる樹々と草花と小さな虫は友達-やましらかわ

散歩道に広がる緑の樹々と可憐な花を咲かせる草花と小さな昆虫たちの営みの世界に引き寄せられます。

路地に咲く花(ニャンコの家の庭は路地)

2018年01月11日 | 散歩記
こんなところに道が・・
随分と狭い道だね
通り抜けることができるのかな・・
古い家が立て込んでる
車は入れないよね
自転車は大丈夫
ニャンも大丈夫
ワンも大丈夫
爺ちゃんも大丈夫だろう・・
壊れかけたプランター
発泡スチロールの植木鉢
路地が占拠されているね
花も枯れちゃってるし・・
ちっともきれいじゃないね
日当たりもよくないし
オッと
かわいい花が
アスファルトの割れ目
何処から種が飛んできたのかな・・
黄色い花が咲いている
春はもう少し先なのに
この路地は家の庭だね
ニャンコだ・・
こちらに向かってきてる
この家の猫かな
見かけない爺ちゃんに
警戒している
仕方ないね
爺ちゃんはあとずさりだね

久しぶりの散歩は狭い路地、小さな古い家が立て込んでいます。空き家も目立ちます。狭い路地は庭の一部、植木鉢やプランターきれいに並べてあります。今は冬枯れ、暖かかったころの面影はありません、でも、忘れ去られた植木鉢からクリスマスローズの花が咲き始めていました。道路の割れ目にはスイセンの花が・・
寒い日の今日、皆さん家の中に閉じこもっています。路地で出会ったのはきれいな猫、飼い主に大事にされているのでしょうね。とってもきれいな毛並み、私を警戒してか立ち止まっています。きっと、早く帰って炬燵に入りたいのでしょうね。

汚れた植木鉢にきれいな花 クリスマスローズ


赤い実がはじけています 小さな庭から枝が


春までには少し時間が ロウバイの花が咲きだしました


綿毛を纏ったツワブキ 変身しています


ウメモドキも路地に枝を伸ばしています


少し早いのかな コウホネの花咲いていました


*今日は、望遠レンズにクローズアップレンズをつけて撮りました。趣が少し変わりました。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

おめでとうございます(戦国時代へタイムスリップ・近くのお城)

2018年01月03日 | 散歩記
明けましておめでとうございます。
お正月は炬燵の中で丸くなって・・・お雑煮を食べ・・お節料理をつまんで・・ミカンは高価なので遠慮気味に・・お正月の爽やかな番組を見て・・でも、ちょっとカロリーオーバー・・初詣に出かけようかな・・穏やかな年の始まりです。

今日は、炬燵の中から飛び出して戦国時代へタイムスリップしてみました。

今年最初のてくてく歩きは大好きなお城・・初詣で渋滞している道路を横目で見ながら電車で岐阜城まで出かけました。ついでに金ピカピカの信長さんにも会ってきました。ご利益がありそう・・・!!

ところで戦国時代のお正月はどんな感じだったのでしょうね。・・お餅は食べたのでしょうか・・年始回りはお殿様??今と同じかな・・・初詣はきっと戦勝祈願なのでしょうね・・戦いに明け暮れていてもお正月は一時の安らぎだったかもしれません。

さて、今日、タイムスリップした戦国時代の五つの城は、今から450年ほど前の戦国時代に現れた信長・秀吉・家康にかかわりのあるお城です。車を使えば一日でゆっくりみてまわれます。戦国時代ではきっと足軽だった私は、天守には登れなかったでしょうね。今日は、平和な時代に感謝しながら天守最上階に登りお殿様の気分に浸っています。


金ピカピカの信長さんご利益がありそうです 岐阜駅前から遠く金華山の山頂にそびえる岐阜城を見ています
 

岐阜城
岐阜城は、岐阜県岐阜市の金華山(稲葉山)にあった山城を織田信長が造営したものです。岐阜城からは濃尾平野が一望でき戦国の覇者の城としてふさわしい地理にあります。現在のように高い建物がなかった時代には岐阜城からは小牧山城も犬山城も清須城も墨俣城も見渡せたのでしょうね。


墨俣城
墨俣城(岐阜県大垣市)は、永禄9年(1566年)、木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)が一夜にして築いたと伝えられる墨俣一夜城、その城跡に、当時の砦のような城ではなく、城郭天守の体裁を整えた墨俣一夜城(歴史資料館)が、平成3年4月に開館しています。


犬山城
国宝犬山城(愛知県犬山市)は、室町時代の天文6年(1537)に建てられ、天守は現存する日本最古の様式です。木曽川のほとりの小高い山の上に建てられています。天守最上階からの眺めは絶景、周辺には犬山城下町の古い町並みや、多くの観光施設があります。
現在は天守のみが現存し、江戸時代までに建造された「現存天守12城」のひとつである。また天守が国宝指定された5城のうちの一つです(他は姫路城、松本城、彦根城、松江城)。


お城には松の木が似合いますね 松ぼっくりも似合います


小牧山城
小牧山城は、愛知県小牧市にある標高86メートルのに信長がはじめて築いた城でもあります。その後、信長は 稲葉山城 を陥落し、 岐阜城 と改めて移住したため、小牧山城は約4年間で廃城となりました。のちに 豊臣秀吉 と 徳川家康 が戦った「小牧・長久手の戦い」では、家康がこの地に本陣を置いたとされています。


清須城
清洲城(愛知県清須市)は、織田信長の居城であった城として知られています。信長が生まれたのは勝幡城(稲沢市)であると推測されていますが、この時は、父の織田信秀は古渡城主でした。織田信長は13歳のとき古渡城にて元服しています。信長が清洲城主となったのは1559年尾張を統一した22歳のときです。新幹線からも見られます。


今日は岐阜城だけ見てきました 他のお城は少し前に訪れた時のものです。今年もよろしくお願いします。
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

てくてく歩いた一年(ちょっと不格好な大きなリュック)

2017年12月29日 | 散歩記
今年もよく歩きました。
毎日毎日・・・飽きもせずリュックを背負っていつもの道を西に東に南に北に…1・2・1・2・・と、保育園の子たちの遠足のよう、大きなリュックが少し不格好、リュックの中にはちょっと古くなったカメラ、メモ帳、マスクに帽子その他いろいろ・・お菓子は入っていませんよ・・
でも、お茶と飴玉を持たされています。「途中で迷子になったら飴でも舐めてお腹を満たしなさい」らしい・・完全に年寄り子供の扱いになっています。
移動距離はたったの半径3キロ以内、迷子になるはずはありませんね。
ただ、花や虫や猫や犬や鳥・・を見つけるとすぐに立ち止まり時間ばかりかかります。ちっとも帰ってこない老人・・やっぱり心配になりますね。道端でしゃがみこんでいたら行倒れと間違えられそう・・
でも、気にしません・・目に止まったものパチパチカメラに収め「きれいなのが撮れた!」「かわいいのが撮れた!」「やったあ!!」・・自信満々、胸をときめかせ一生懸命に家に帰ってきます。
あれ~~ピンボケだ!!

今年もあとわずかになりましたね。嬉しいこと、悲しいこと、怒りたいこと、褒めてあげたいことなどいろいろなことがありましたね。
皆さんはいかがでしたか・・
来年も穏やかな年になるといいですね。
来年もよろしくお願いします。


やさしい色のカンザクラの花 穏やかな師走


甘そうな実がこぼれそうになっています 小鳥がついばむかな


苔むした幹にひっかりました 春までこうしていよう・・


木枯らしが吹いたけどまだまだ


春の兆しですね てくてく道に沢山花をつけています


私の七つ道具の入ったリュック 一年付き合ってくれました
このカメラもう随分長く使っています 時々動かなくなりますがポンポンと叩くとまた動き出します・・・
 
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

ふたご座流星群が(もうすぐ一周・・太陽と地球)

2017年12月14日 | 散歩記
今日はちょっと大きな話になりました。地球が太陽の周りを一周すると何キロくらいかな~との思いが・・・ネットで調べてみたら・・わ!!すごい!!
地球が太陽の周りを一周する距離は9億4200万キロだそうです。時速10万7千キロ、毎秒29キロと猛スピードです。一日当たりに換算すると250万キロの距離を移動します。
毎日毎日太陽の周りを365日移動しています。大変です!!
ちなみに地球から月までは30万キロ、地球を一周すると4万キロです。普段の生活とはかけ離れた距離ですね。宇宙距離ですね。
私の管理する距離は、散歩道の、一日の移動距離5キロ、1年に換算すると1815キロです。地球の移動距離の50万分の1です。でもすごいでしょう・・・日本列島の最北端(択捉島)と最西端(与那国島)の直線距離は3294キロですが、その半分以上の距離を歩いています。

実は昨日、ふたご座流星群を観察しようと午前零時に備えていたのですが、仮眠のはずが朝までぐっすり寝てしまいました!!!
今日も少し見られるようですが、明るいこの辺りでは見られないかも・・残念!!
地球が9億4200万キロ移動するまで待つしかないですね。

毎日の5キロの道のりで出会った花も、もうすぐ地球と一緒に太陽の周りを一周します。少し疲れたかもしれませんね。ちなみに去年の今日は晴れでした。今年も晴れています。


秋のバラ 5分の1周くらい一緒です


周回は2分の1周くらいかな


ヤマブキも実に 3分の2周かな


ドライフラワーになって回ります 半周くらい


まだ周回仲間になったばかり


365日一緒でした


ず~と一緒だったけどはじけました


二度咲しました 周回は1回です


そろそろ周回から離れようかな


頑張って一周するよ

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

陽だまりの小さな花(小春日和に・・ほっ!!)

2017年12月09日 | 散歩記
北風がヒュー!
寒いね!!
大丈夫だよ!
ここは陽だまりだよ!
暖かいよ!
ぽかぽかだよ!

そんな声が聞こえてきそうなぽかぽかの陽だまり、小春日和に誘われ咲いた花みつけました。

ここは田んぼの畦道・・センダングサもカヤツリグサもヒメジョオンもエノコログサもイヌダテもみんな冬休みです。コスモスはまだ頑張っています。畦道に暖かな日差しが届いています。陽だまりの中に黄色い菜の花が、いい香りがしています。春はまだ先です・・

通りのツバキの生垣に・・暖かい陽の光に輝いています。北風なんか気にしないツバキの花が咲き始めています。ツバキに絡んでいたウキツリボク、陽だまりにぽつぽつんと赤い花を残しています。咲き遅れたハタケニラも生垣の横から花を咲かせています。根元にはクコの赤い実が・・

ベンチの向かいの花壇・・お日様を隠していた大きな木、きれいだった赤や黄色の葉を落としています。明るくなった公園、花壇に陽だまりができています。ローズマリーにサザンクロスがかわいい花を咲かせています。小春日和のベンチはぽかぽかです・・

日陰が心地よかった歩道は・・街路樹のサクラもコブシもハナミズキもナンキンハゼも葉を落としています。陽を受けてふわふわコブシの蕾、春の準備をしています。クレマチスは民家の庭から飛び出し小鳥の羽のような実を風に揺らしています。コキグはいつも元気です。何処から来たのか陽だまりでバッタが温まっています。早く帰らないと北風が吹いてくるよ・・

散歩道には陽だまりがいっぱいありました。ぬくぬくでした!!!

師走になり皆さん忙しそうですね。
ついこの前まで私も一生懸命走っていたのですが、いつの間にか走ることはなくなりました。のんびり陽だまりで日向ぼっこです。いいでしょ!!
早く年を取るとこんなのんびりした時間が過ごせますよ!・・でも・・先が見えてて楽しくないかもね!!!

伸びすぎたのかな 倒れた茎に元気な花が


やさしい黄色い花 春の香り先取りです


ツバキの花がほころびはじめました


生垣に絡みつきポツンと花を


みんな実を結んでいるのに 名残花かな


生垣の下 きれいな赤い実が


陽だまりの中小さな花を咲かせました


真白な花 日差しに輝いています


春の準備かな 産毛に包まれ暖かそう


小鳥の羽のよう ふわふわ


日向ぼっこをしています 温まったかな


何処でも元気に咲いています


コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加