たった20年そこそこの人生

なんとかやってます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2011秋アニメ総括

2012-02-24 03:30:34 | アニメ・漫画
すごく今更だけど書いていたので。
冬アニもおそらく近々に。


・アイドルマスター
1クール目は主にマイナー時代の成長を、2クール目は売れっ子になったアイドル達の色々な面を描くという前後編でした。
メジャーになったからこそ現れてくる困難や心情描写にはとても胸が熱くなりました。
後半では特に18話や22、23話がすごく好きです。20、21話の千早~春香の繋がりを感じる話もよかった。
最終回でのライブ作画、カメラの回りこみとかなんかもうすごかった。Bパートでのプレイバック映像&新曲も熱かったなあ。

劇中歌やEDでたくさん曲を知ることができたのもよかった。
そして後期OPが本当に素晴らしい。特にサビに合わせてアイドルたちが次々に現れる演出がもうなんか感涙ものでしたw
なんなんでしょうかねあの熱くなる感じ。本当にいいOP映像だと思いました。

思ってた以上に結構熱いアニメだったなと思います。
回を追うごとにアイドル達がどんどん魅力的に感じられるようになっていきました。
アイドルマスターはまだまだ続いていくという終わり方もとてもよかった。
見ているうちにだんだんファンになっていってる感じがしました。もっと彼女達を見ていたい。

・輪るピングドラム
なんとも抽象的というか、言いたいことはわからないでもないですがあんまり合わなかったです。
回想やイメージ映像が多すぎるのも見てて疲れてしまった。
映像的な面白さはそれなりにあったとは思いますが。

・侵略!?イカ娘
いつもどおりのイカ娘で安心して見られました。
ED曲「君を知ること」がとてもよかった。

・ベン・トー
ひたすら熱いバカアニメ、なかなか楽しかったなとw
キャラもそれぞれ個性があってよかったです。

・ましろ色シンフォニー
序盤しっかり描写されていた愛理があそこまでモブ状態になるだなんて想像できなかったw
公園で遊ぶ女子会の姿がなんともせつなかった・・・。
ぱんにゃは怖すぎる。

・僕は友達が少ない
いろいろとやりたい放題な感じだったですが、あんまりタイトルが関係なかったのはしょうがないのか。
最終回のSE全開なOPは笑ったけどw

・Fate/Zero
ここで終わるか!というところで2期へ続く。
各キャラを把握していくとより面白さが増しますな。
ケイネス先生がいろんな意味で悲惨だったり、ウェイバー君が完全に主人公キャラだったり他いろいろ。
続きが早く見たいところです。

・シーキューブ
華やかで明るい前期OPに対して後期OPはハイパージャパネスクな感じでカッコよかった。
演出は面白かったけど話はどうもモヤモヤしたままだったな。
続きを匂わせつつ終わりましたがどうなんでしょうかね。

・境界線上のホライゾン
ひとまずホライゾン救出して終わりという感じですが、2期はまた夏に始まるようです。
設定の膨大さと台詞量の多さ言い回し等すべてを把握するのは難しいけど、結構おもしろかったなと。
基本的には学生のノリで主人公中心とした前向きな雰囲気が好みにあったのかもしれない。音楽も良かった。
それにしても最終回で現れた謎の部活集団が気になるw
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2011秋アニメ

2011-10-25 04:13:09 | アニメ・漫画
・侵略!?イカ娘
2期です。監督は変わりましたが安定してます。イカちゃんかわいい。
今回はスポンサーがたくさんついて、CMがほぼすべてイカちゃん出演というすごいことにw
よっちゃんにミニストップにセガ、タイトーと深夜アニメとは思えないラインナップw

・君と僕
ゆるい日常系の男子バージョン?
これはちょっときついな。

・真剣で私に恋しなさい!
声がやたら豪華っていうかキャラ多いなw
ハーレムモノなのか。

・ちはやふる
競技かるたが主軸の作品。
少女漫画的ですが熱い戦いがメインらしいのでそこは楽しみ。
豪快な演出が個性的。

・ベン・トー
ラノベ原作。半額弁当をめぐって戦う狼達の物語。
着眼点が素晴らしいと思いますw 真面目に思いきりバカをやり続けてほしいw
ある意味出オチな気もするけど、これからどういう話になっていくのか楽しみ。
弁当作画監督がついてるあたりに気合を感じるぞ。
キャラデザもかわいくてパーツにこだわりが感じられて良い。槍水先輩かわいい。

・ましろ色シンフォニー
複雑な髪型のキャラがいるけど安定して作画綺麗ですね。
あまりインパクトはないけど丁寧に作ってる印象。
marbleのEDが絵と共に良い。

・マケン姫っ!
色々見せすぎだろうw やたらローアングルが多いw
一騎当千とかその系統に近いかな。お色気バトル系ですな。

・gdgd妖精s
安そうなCGのみで作られた15分アニメ。
前半はらきすたに近いあるあるネタが中心だがだんだんカオスになっていくw
アフレ湖のコーナーはアドリブっぽいw
思った以上に面白いアニメですw

・UN-GO
原案は昔の小説らしい。
推理物か探偵物かと思ったらなんか特殊能力で解決しちゃったし、色々混ぜすぎかと。
なんか散漫な印象だなぁ。

・ギルティクラウン
これ某絶対遵守の力アニメとほとんど一緒に見えるんですがw
設定がわざとやってると思ってしまうほど似ている。
これからの展開次第ではあるけど、演出も今のところは引き込み方が甘いように見える。
作画はとてもいいのでバトルシーンは期待できるかな。

・僕は友達が少ない
通称はがない。
キャラはかわいいんだけどいろんな意味で残念だなw 
そしてこだわりを感じるカメラアングル多用してるのはさすがです。
っていうかもう十分リア充に見えるんですが気のせいですか。
OPED、音楽はTom-H@ckが担当。

・たまゆら~hitotose~
OVAからTVアニメ化。舞台は広島県竹原市。
ARIAスタッフによるオリジナルアニメってことで、それっぽい空気のアニメですね。
背景も綺麗で雰囲気はいいけど、ちょっとキャラと話がふわふわしすぎだなあ。

・灼眼のシャナⅢ
3期です。これでついにシリーズ完結とのこと。
いきなり雄二がラスボス化してたり色々急展開。
それにしてもOPED共新キャラが多いことw
近年のラノベアニメの一つの走りでありビッグタイトルが最終シリーズというのは感慨深いですね。

・ペルソナ4
原作ゲームにかなり忠実に作ってあるようで。
とにかくオサレな雰囲気満点で、カレンダーやカットインとかがいかにもゲーム的。
どちらかというとプレイ済の人に狙いを絞った演出という感じかな。

・ラストエグザイル 銀翼のファム
前作は見てないけど一応2期になるのかな?
久しぶりにGONZOが作るオリジナル作品。
ラピュタとかのような飛空艇がたくさんある世界観や雰囲気は良いです。
話がまだあまり見えないのでなんとも。

・WORKING'!!
2期です。監督が変わってちょっと演出が変わりましたね。
落ち着いてドラマっぽい雰囲気になったかな。
OPEDは1期のノリを継承してて良い。
EDの山田の動きがとてもうざいのが見所w

・Fate/Zero
今期の注目作の一つ。
原作小説は虚淵玄、監督あおきえい、久しぶりのTVアニメ制作となるufotable。
Fateシリーズはまったく知識がないけど、本編の前日譚ということらしいのでルールさえわかればとりあえずは楽しめそうです。
作画演出共に劇場作並に気合が入ってて見入ってしまう。
1話の召喚シーンといい視聴者を引き込むのがなかなか上手い。戦況がどうなっていくのか楽しみ。

・機動戦士ガンダムAGE
低年齢をターゲットにしたということで、イナズマイレブン等作ってるレベルファイブが制作に関わってるとのこと。
初代ガンダムやガンダムXっぽい要素がちらほら見える。
無難で悪くはないと思うけど、ガンダムシリーズの潮流からいうとインパクトに欠ける気はします。
設定にゲームやおもちゃを意識しすぎてる感も・・・。
しかし3世代にわたる100年の物語というのは興味深い。
EDが長井龍雪演出だった。サンライズではゼノグラシア以来か。

・シーキューブ
ラノベ原作。
かわいいキャラで釣っておいて実はシリアスなバトルものだったというw
大沼演出は見ごたえあるんだけども。
OPは桜が舞う中でダンスするとても綺麗な映像で好きです。曲もいい。

・未来日記
未来日記を持った人間達によるバトルロワイアル。
なんか最近世界線が絡む作品が多いような気がするな。
ヒロインが怖いw まだ色々不明な点が多いけどどう展開していくのか。

・境界線上のホライゾン
サンライズ初のラノベ原作アニメとのこと。原作は本屋でも一際目を引く分厚さで有名ですな。
とにかく設定が膨大すぎてわけがわからないw
キャラクターも恐ろしく多いし、ストーリーの規模も大きそうだ。
とはいえ、キャラにはそれなりに魅力感じるし雰囲気も好きではある。
だんだんわかっていければいいが。


こんなもんでしょうか。
今期はややハードな重めのアニメが目立ってるかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2011夏アニ総括

2011-10-17 04:14:00 | アニメ・漫画
・ロウきゅーぶ!
名言がいくつか出た作品でしたw
まぁ内容は無難というかもう少しがっつりスポコンでもよかった気もする。

・異国迷路のクロワーゼ
場所があまり転換しないので背景の美しさが存分に生きていなかった気がします。
話もほとんど抑揚がないかなぁと。雰囲気だけで持たせるには力不足だった印象です。

・ゆるゆり
やっぱり自分には百合属性がないような気がしたw
ギャグはそこそこ面白かったのでまずまず楽しめました。

・魔乳秘剣帖
おっぱいアニメなのは言うまでもないですが、時代劇アニメという意味でもこういうのもありだったなと。

・いつか天魔の黒ウサギ
抽象的な話ばかりで理解しづらかった。
理解できてもあまり面白みを感じられなかったなぁ。

・神様ドォルズ
とにかくみんなキレているのが印象的でしたw
バトルとかそれなりに面白かったものの、話はもう少し足りない感じです。

・猫神やおよろず
キャラも話も把握しづらいものの、まったり見るにはいいアニメでした。
BGMに関してはGA同様とても良かった。フュージョンはいいものだ。

・快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!!
若干中だるみを感じたものの、オチは笑えたのでよかったですw

・うさぎドロップ
りんちゃんのかわいさに尽きる。まったり見られて良かったです。
原作はまだまだ続きがあるようですが、雰囲気も変わるようなのでここで終わって正解かと。

・まよチキ!
どのキャラもかわいいしそれだけで十分でしたw
絵も安定して綺麗だったしこれで正解だと思います。

・バカとテストと召喚獣にっ!
1期に比べるとちょっとテンションが落ちた気もしますがまずまず。
最終回の締めは1期の方が好きかな。今回も最終エンディングは絵がかわって特殊に。

・R-15
自演乙が現れたりかなり自由にやってましたねw
これくらい潔くはっちゃけるのもアリでしょう。

・セイクリッドセブン
終盤で急展開というか、打ち切りかのような詰め方だったのが残念。元々は2クール予定だった説も。
それ以前に全体的にわかりづらく半端な作品になっちゃってたなと。

・神様のメモ帳
正直残念な作りでした。
構成の時点で問題があったのでしょうけど、何かと理解できない言動や展開が多すぎてモヤモヤしっぱなしでした。
演出次第ではもっとよくすることも出来たはずですが、まぁ難しいかな。

・BLOOD-C
序盤から違和感がありましたが、後々その理由が明らかに。
最終回付近でのグロ連発は堪えましたw 規制されてるだけマシだけどエグすぎるw
小夜のアクションはなかなか見ごたえがあるものでした。
劇場版は東京決戦ということですが、スクリーンでグロを見せられるのはきつそうだなあw
まあ少女と日本刀と血というコンセプトありきの作品ですからね。



・日常
2クール目はなのが学校に行くようになり、序盤よりわかりやすい面白さが増えました。
EDの合唱曲と時定の町のスケールを映す演出もとても良かった。
実験的演出や全体を通して人間関係を見る面白さもありました。京アニの高質な作画も意味があったと思います。
最終回のCパートは何気に1話の冒頭と繋がっていたり。
独特の世界観を持ったおもしろい作品でした。

・花咲くいろは
まず朝のドラマ小説や旅館もののドラマのようなものをアニメでやろうとしたことを評価したいです。
ある意味女将がヒロインとも言えるかもしれない。
最終回、ホームから緒花の乗る汽車を見送るシーンはとても印象に残る良い画でした。

しかし回によって話の繋がりが悪く、設定が統一されていない感じがしました。
ある程度納得のいく展開の上でならともかく、キャラや設定がぶれるのはちょっとつらい。
それと主観視点が多すぎて男性チームの描写が少なすぎると思います。
終わり方はとても良かったと思いますが、漠然と手を広げすぎずにもっと順を追って細かく人間ドラマを見たかったというのが正直なところ。
設定や舞台は良いのだからもっと過程をうまく描くことはできたはずです。


・TIGER&BUNNY
無難な出来だったと思います。
しかし無難すぎるゆえに、この作品ならではという個性は薄れてしまってる気がする。
自分の求めるストーリーとはだいぶ違ったなという感じです。
続編もありそうな感じ。

・Steins;Gate
これはすごかったですねー。毎回続きが気になってしょうがなかったw
普遍的なテーマではあるんですけど、現代のヲタ文化を合わせて面白く出来ていました。
静かな中に熱いものがある、話の節目節目できっちりインパクトを残す演出もよかった。

劇場版制作決定ですがどんな話をやるんでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2011夏アニ

2011-08-04 04:46:50 | アニメ・漫画
・ロウきゅーぶ!
ようじょ&スポコンアニメ。
意外と真面目にスポコンやろうとしてる気がする。
OPはKOTOKO&fripsideの八木沼コラボだったり。EDはいかにもモモーイな感じで。
ラノベ原作の割にはあまりそれっぽい雰囲気は感じない。

・異国迷路のクロワーゼ
昔のフランスを舞台にまったりようじょアニメ。
サトジュン構成&音響を担当なのでそれっぽい雰囲気は出てます。
話云々よりも雰囲気重視か。背景は綺麗です。

・夏目友人帳 参
3期です。
いつもどおりという感じ。EDの雰囲気はいいですね。

・ゆるゆり
ゆるい百合?意外とガチな場面もあったりなかったり。
まぁ連載雑誌が百合姫なのでw CMの百合男子が気になってしょうがない。
OPは中毒性ありますねー。EDは恋姫無双そっくりw

・魔乳秘剣帖
今期のバカアニメ枠。
クェイサーのスタッフだけあってさすがw ひたすら乳乳。
連載がテックジャイアンって時点であれですが、まぁよくアニメ化したものですw

・いつか天魔の黒ウサギ
ラノベ原作。著者は伝勇伝の作者鏡貴也。
謎の中二設定ラッシュのバトルものでいかにもって感じですw
キャラデザは好きだけど話がなかなかハイスピードな感じなのが。

・神様ドォルズ
岸監督、上江洲脚本、森田キャラデの瀬戸嫁スタッフ集合な作品ですね。村瀬さんも声優業復帰のようで。
コメディ風でもありますがシリアスバトルな雰囲気がメインなのかな。
曲とか含め「ぼくらの」とかあの辺に近いものを感じるのは気のせいではないw
どう終わらせるのかが難しそうな感じはします。

・猫神やおよろず
桜井監督、待田脚本、渡辺キャラデのGAスタッフ集合です。
最近のアニメのヒロイン格を演じる声優陣がそろってますね。
しかしこれはゆるすぎるというか反応に困るというかw 
ネタもあれだけどキャラが覚えづらいのは痛いw

・快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!!
パチスロ原作?
何か色々と古臭さを感じるけどある意味正解だと思いますw
OPはこれぞ電波アニソンって感じですね。ED良曲だなあ。

・うさぎドロップ
りんちゃんかわいい。今のところ子育てアニメ的な感じに見える。
やさしい雰囲気の画面作りはいいですね。
そしてパフィーの歌うOP曲がとても良い。

・No.6
近未来SF系の王道ものですかね。
しかしこれはアッー!にしか見えないのだがw

・アイドルマスター
有名ゲーム原作。ロボットは出ませんw
2作目の設定でやるようですが、色々騒動があっただけにどう展開するのか。
1話目はドキュメント風な作りでしたが、以降は主にキャラそれぞれにスポットを当てる感じで掘り下げていくんですかね。
キャラはみんなかわいいデザインになってると思います。律子と真いいなぁと思いつつ美希も(ry
アイドル達はもちろん弱小事務所がどう成長していくかも見所でしょうか。
OP曲はなかなか好きな感じです。

・まよチキ!
スバルかわいすぎるぞ。井口裕香の新たな声を発見した感じ。
わかっててもやっぱこういうキャラはいいものですw
監督が同じなのでちょっと「にゃんこい!」っぽい演出。放送枠も同じだった。

・バカとテストと召喚獣にっ!
2期です。ほとんど1期と変わらないノリというかそのまま続いてる感じですw
OPはすごくカラフルでバカテスっぽい個性が出てます。1期に比べると動きとか平面的すぎるかもしれないけど。
ED曲は1期ではOPだった麻生夏子。キラキラしたポップン風の絵柄が特徴的です。

・R-15
ラノベ原作。声優陣はほぼ新人ですね。
内容はよくあるエロコメな感じですが、なかなかこれも反応に困るw

・セイクリッドセブン
サンライズのこれも変身ヒーローものなのかな。
デザインがなんとも微妙な気がする。
夕方か朝に放送するつもりだったのかなと。

・神様のメモ帳
ラノベ原作。1話目は1時間SPでした。
デュラララとかに近い雰囲気があるか。
部屋から出ないと言いつつ割と活動的に動いてるのはどうなんだw
それはさて置いてもちょっと掴みどころがなさすぎる、というかよくわからないです。

・BLOOD-C
BLOOD+は見たことないですが、関連はあるのかな?
今のところいかにもCLAMPな作風だなあという感じ。ちゃんと話進むのだろうか。

・輪るピングドラム
ウテナなどで有名な幾原監督による十数年ぶりの新作ということです。
自分はウテナ見たことないのでなんとも言えないですが、よくわからない凄さがあるw
少女マンガ的かつ独特の派手な演出が多いのは人を選ぶかもしれないですね。
CGの使い方とか細田守っぽいけど相互に影響があるのだろうか。
ストーリー的にはなかなか面白そうな予感。
OPのセンスは目を惹きます。

・うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%
ゲーム原作。いきなりインパクトのあるライブシーンw
音楽学校ものなので音楽がメイン?これまたキャラソンが毎回入るw
色の使い方はもうちょっとなんとかならないのか。

・ぬらりひょんの孫~千年魔京~
2期です。監督などが変わりました。
演出がわかりやすく少しテンポよくなったような気がします。


2クールもの含め前期スタートものがかなり強力ラインナップなので今期は若干印象が弱いかも。
コメント   トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加

2011春アニ総括+

2011-07-28 06:23:04 | アニメ・漫画
・DOG DAYS
キャラはかわいかったんだけど、最後のご都合祭りとかもっとシンプルでよかっただろうにと思ってしまった。
結局最後までゆるいノリを通したのは良し悪し。SASUKEは?
2期やろうと思えばできる終わり方だけど果たして。

・アスタロッテのおもちゃ!
どうも全体的にふわふわしすぎてストーリーには引き込まれなかった。
かわいいんだけど印象に残りにくいのがなんとも。

・俺達に翼はない
中盤で話が見えてきましたが、もっと引き込む演出が欲しかったです。
ストーリーは悪くなかったと思うけど。ギャグのテンションの高さはなかなかだったw

・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
めんまの扱いとか色々難しかったんだろうなって感じはしますが、なかなか綺麗に終われたと思います。いい作品でした。
ラストのあれは正直びっくりしましたが若々しさということでwエピローグはもっと見たかったな。
特に好きなエピソードは1話と10話です。演出やEDへの入り方がとても印象的。
心情を吐露する時の感情ぶつかり合いや爆発っぷりなど、全体通して青春ドラマの醍醐味がよく出ていたと改めて思います。

この系統のオリジナル作品が結果を残せるのは嬉しいことです。
たとえば同じ話でも視点や演出で印象も変わるだろうしもっと色々見てみたいです。

・緋弾のアリア
ホームズの子孫やらルパンの子孫やらヒステリアモードやらなかなかに滅茶苦茶でしたが意外と笑えたw
峰理子はいいキャラしてる。

・電波女と青春男
なんかあと未放映1話残したまま終わったみたいですね。
やっぱり最後まで主人公の語りがきつかったなあ。
40歳メインの話は良かった。

・C
色々専門用語や設定がありすぎてよくわからなかった。
結局バトルがやりたかったんだというのはわかるけど、経済ネタにする意味があったようには思えないなぁ。

・星空へ架かる橋
ラストの数話でいきなり恋愛展開した感じがなんだかモヤモヤする。なぜ初?
キャラも雰囲気も良かったけどなんかもったいないです。

・神のみぞ知るセカイⅡ
ヒロインそれぞれは良かったですが、もっとサクサク進めても良かったんじゃないかなと。
しかしハクアは思ったより目立たなかったな。
ED曲が聴く度に好きになっていった。いい曲です。

・戦国乙女 桃色パラドックス
ギャグも良かったけど、ミツヒデの心情描写とかバトルとか何気に凄くて面白かったです。
9、10話は特にすごい。本能寺の変をああいう風に使うとかw
メインキャラも西国乙女もキャラ立ってて良し。
モトチカを演じる沖さんの土佐弁はさすが地元出身だけあって上手かった。
オチは昔のSF映画風味で最後まで楽しめたアニメでした。

・Aチャンネル
最後までゆるゆるなままで良くも悪くも雰囲気アニメでした。ナギがかわいかった。
だんだん慣れていったけどやっぱりキャラソンが入るのはどうも苦手だったw

・Dororonえん魔くんメ~ラめら
最終回のカオスっぷりはひどいなんてもんじゃないw
初代えん魔くんの子だったんだねw
懐メロ満載なのも良かった。

・よんでますよ、アザゼルさん。
ひどいネタだらけだったけど安定した面白さがありました。
それにしても下品すぎるけどw

・変ゼミ
ハイレベルすぎる内容だけどラブコメ的な要素もあり意外と楽しめたw

・聖痕のクェイサーⅡ
中盤からギャグばかりになってしまったのはどうなんだろうw
正直もっとバトルバトルした方が逆に面白かったんだけど。


↓は最近見た映画の感想。

・そらのおとしもの 時計じかけの哀女神
アイキャッチがあり前半後半に分かれてて、実質TV版の続きあるいはOVA的な感じですかね。
正直前半のおさらい部分が思ったより長かったのでちょっとしんどい感じはする。
まぁあれがないと後半の話が生きてこないからしょうがないんだけど。
しかしスクリーンでTVの名シーンが色々見られたのはある意味貴重w
バトルシーンは日和のデザインとか良い感じの中二っぷりで熱かった。
この作品の世界観そのものに触れる話のようだったけど、なんとなく見えてきたような気がする。核心になかなか迫らないのはもどかしい。

・星を追う子ども
正直驚いてしまったw 王道冒険ものとは事前に知っていたものの、ここまでがっつりとやるとは思わなかったw
今までの新海作品特有の雰囲気を表面に出しすぎず冒険ものを描ききった感じでした。
モリサキを中心に見てると結構グッとくるものがありました。彼の描写はやっぱり特有のものを感じられて良かった。
アスナは主人公だし良いキャラなんだけど結構もやっとした感じもしました。
しかし、狙った通りらしいけどあまりにも見たことのあるシーンだらけなのはどうなんだろうなぁ。
これ完全にアレじゃんと思う場面がたくさんありすぎるw そのあたりが上映時間以上に長く感じた原因かも。
王道冒険ものを作るには難しい時代というのはそういうことなのかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2011春アニメ

2011-05-03 04:49:06 | アニメ・漫画
・DOG DAYS
今期多いオリジナルアニメの一つ。
魔法少女リリカルなのはのメインスタッフが中心となって制作。
異世界召喚もの+獣耳尻尾でなおかつ興行としてのアスレチック風な戦争という設定。
声優陣も豪華でキャラもかわいい戦闘作画もすごいですが、ストーリー的にはどうなっていくのかあまり見当つきませんw
レオ閣下とエクレールが好きです。
ていうかこれゲームで出したら面白そう。

・日常
シュールギャグです。ジワジワきます。
ゆっこかわいい。はかせかわいい。
OPのかわいらしさももちろんですが、EDがすごく良いです。
みんなのうたっぽい温かみのある雰囲気と歌詞がいいです。元気良く歩くなのとゆっこがとても良いです。
「おやすみなさい」の歌詞と共に最後に幕を閉じる演出がすごく好き。

・俺達に翼はない
群像劇?何かしら伏線めいたものがちらほら見えますがよくわかりません。
杉田ラジオとラップが面白すぎますw ラッパーの中の人は本職らしい。

・アスタロッテのおもちゃ!
かなりかわいらしいポップなデザインの世界観ですが設定が妙にエグいw
その辺が若干人を選ぶような気がします。

・花咲くいろは
こういうアニメを待っていました!その一。
PAワークスによるオリジナルアニメです。舞台は石川県の温泉街。
監督はCANAANの安藤真裕、脚本はttやとらドラ等担当した岡田磨里。
端的に言えば朝ドラや一部の昼ドラをアニメでやってみたという感じですね。
TBSでやってた昼ドラの「温泉へ行こう」を思い出しました。ちょっと赤毛のアンっぽくもある。
高校生くらいの年頃の女の子を中心にして仕事、恋愛を含めた青春人間ドラマを描く。
現代劇、人間ドラマを中心にしたオリジナルアニメはなかなかないものだから本当に嬉しい。
アニメでやる必要があるのかと言われがちなジャンルではあるんですが、アニメだからこそ見えてくるものがあると思います。

・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
こういうアニメを待っていました!その二。
こちらは監督長井龍雪、脚本岡田磨里、キャラデザ田中将賀のとらドラスタッフによるによるオリジナルアニメ。舞台は埼玉県秩父。
まさに人間関係を中心とした青春ドラマですね。
小学生の頃仲の良かった仲間達が成長するにつれ疎遠になってしまったという設定がリアルでいいです。まぁまだ高校生ではありますが。
過去と現在の違い、あるいは変わらないものは何か。
じんたんの前にめんまというキャラが現れることにより、再びかつての仲間が集まるきっかけが生まれ物語が進んでいきます。
キャラ設定や心理描写、一つ一つの仕草がとても良いです。すごく感情を揺さぶられます。
特にじんたんの言動がもう他人事とは思えないくらい自分の心に刺さりました。

OPの演出がもうまさにこれだ!というくらい最高にハマってます。
過去と現在が同期する映像、自分は本当にああいう演出に弱いですw
さらにEDが「secret base ~君がくれたもの~」。このZONEによる原曲がリリースされたのがちょうど10年前なんですよね。
そして今年の夏が歌詞に歌われている10年後の8月になるのです。

いろは同様こうしたオリジナル現代劇を描いてくれることはとても嬉しいことです。

・電波女と青春男
同名ラノベ原作です。
エリオの電波度もなかなかですが主人公の男も結構(ry
キャラデザはすごくかわいいですね。
OPは電波ながらもしっかりロックなテイストでカッコいいと思います。
EDは夢の中にいるようなふんわりした気分になれる良い曲。ドラムとリコーダーが良い味出してます。

・TIGER&BUNNY
サンライズによるオリジナルアニメ。
バディーヒーローアクションの名の通り、割と王道の相棒モノです。
スーツに実在するスポンサー名が貼り付けられているのが特徴。
アメコミチックというか海外アニメやドラマっぽい作風ですね。
職業としてのヒーローの悩みなど人間ドラマ性にも視点を置いてるあたりは面白いです。
ちょっとトイストーリーを思い出しました。

・C
タツノコプロによるオリジナルアニメ。
お金がテーマのようですがカードバトルみたいなのもやったり色々詰め込みすぎな気もします。

・星空へ架かる橋
同名ゲーム原作。
まさに田舎系エロゲのテンプレ通りな展開で笑ってしまうw 背景が綺麗です。
しかしなんといっても主人公の弟の歩くんの圧倒的可愛さに尽きる。

・神のみぞ知るセカイⅡ
2期です。
今回は新悪魔のハクアが登場です。ノリは1期通りという感じでしょうか。
OPEDは1期のが好きかなぁ。

・戦国乙女 桃色パラドックス
パチンコ原作。
まぁ戦国武将を女性化したコメディチックな作品ですね。
B級なノリながらもそれなりに楽しく見られる感じです。
天下取り隊のCMのインパクトがありすぎるw

・Steins;Gate
ゲーム原作。
ジョン・タイターやタイムマシン等の話題が絡むSFっぽい話?
話が繋がったり理解できるには少し時間がかかりそうですがそれなりに面白そうな感じはします。

・Aチャンネル
とにかくまったりです。本当にゆるい日常もの。
OPはNHKにようこそに似たオサレ演出で見ごたえあります。
劇中に毎回キャラソンが入るのはどうにかならないのかw

・Dororonえん魔くんメ~ラめら
昭和ネタ満載でハイテンションなお色気ギャグといえばいいのでしょうかw
とにかく強引ですが熱く勢いあって面白いですw
ネタもそうですが展開そのものが昔懐かしい雰囲気がしないでもないw

・よんでますよ、アザゼルさん。
15分アニメ。
テンポよくて面白いんですがひたすら下品すぎるw 声優陣もはっちゃけすぎw
メガネ娘がやたらかわいい。

・変ゼミ
15分アニメ。
これも下品なんですがなんというか妙な生々しさがあって気持ち悪いw
むっちりしたキャラデは好き嫌いあるかもしれないけど悪くないと思います。

・30歳の保健体育
これも15分アニメ。
規制が多すぎて自主規声が一番おもしろいという結果になってしまってますw
宣伝みたいなものとはいえあんまり露骨に規制が多すぎるのも考え物です。

・聖痕のクェイサーⅡ
2期ですがあいかわらず1期と同じノリですw というかパワーアップしてるかもw
サーシャが女装とか妙にハマってて怖いw
そしてパートナーが華に変わって転校してます。

・逆境無頼カイジ破戒録篇
2期。演出が更にパワーアップしてる感じで面白い。
まぁなんといってもEDのインパクトが凄いんですがw
あれはもはやホラーだなw

・もしドラ
同名の小説?が原作。
半分見たところではかなり無理矢理な気がするんですがw

・そふてにっ
女子中学生ソフトテニス部の日常的な感じ。
といってもエロネタギャグ寄りでしょうか。

・デッドマン・ワンダーランド
死刑囚が収監される巨大施設での攻防とボーイミーツガール。
超能力バトルもの?グロありで重々しいものの少年誌的な熱さはあります。



今期は数も多いですが平均的に高レベルな感じがします。
特にオリジナルアニメ勢は健闘してますね。いろはとあの花の2本は自分の好みにド直球です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2011冬アニメ総括

2011-04-28 04:24:57 | アニメ・漫画
一応ネタバレ注意。まどかとかまどかとか。



・みつどもえ 増量中!
安定度抜群で笑わせてもらいました。ある意味癒し。
小学生パワー恐るべし。また続き見たいなあ。

・これはゾンビですか?
シリアスとギャグが混在する絶妙なバランスが面白かったです。
トモノリの可愛さが半端じゃない。
最終回のはっちゃけっぷりも良かったw

・Rio RainbowGate!
基本的に楽しいノリで突っ走ってくれて良かったです。
そして最終回の「世界同時多発ラッキー」という現象に尽きますw
偶然とはいえ現在の世情においてこの言葉の意味は大きい。
世界に幸運が訪れますように。

・フラクタル
冒険活劇にしてはあまりにも平坦に感じました。
序盤に出たSF的設定もさほど活かされているようには思えなかった。
守りに入りすぎて個性が出てこなかった作品になってしまったのは残念。

・インフィニット・ストラトス
ブヒイイイイイイイイイ!!
CGとかも地味に凄いんですが、徹底してハーレムものをやりきったことは正解でしたね。
とにかくキャラ重視、特にシャルの登場は衝撃的なものがありましたw

・夢喰いメリー
ダークな雰囲気は好きだったんですが、結構話を引っ張った割には最後がなんだかなぁという感じでした。
もっと途中で起きてた事件等を最後に向けて絡めていくのかと思ってたんですが。
とりあえずキャラデザは最高でかわいかった。へそペロペロ

・魔法少女まどか☆マギカ
震災等の影響で放送は1ヶ月遅れ、冬期アニメとしては最後の最終回を迎えました。

かなり壮大に風呂敷広げたしわからない部分もあれど、なかなかうまくまとめてくれたという印象でした。
自分はあの結末でいわゆる「魔法少女モノのアニメの世界」は始まったのだと解釈しました。
魔法少女アニメという時間軸の中の始祖的な。
つまるところセカイ系SF的な話を魔法少女を題材にやってみたというところでしょうか。
さやかは最後まで救われない子だったなぁ。しかし願いを叶えようとする少女に応える神の優しさが染み入るで・・・。
杏子かわいいよ杏子。情に厚い良い子で好きです。

まどかがあらゆるものを超越したものであるのに対し、主人公はほむらだなと感じさせる最終回でもありました。
そしてOPの歌詞の意味に心が震えた。まさにこのアニメの内容そのものです。
インパクトも凄かったですが内容考察も楽しめて良いオリジナル作品でした。面白かった。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

Come with Me!!

2011-03-05 04:32:58 | アニメ・漫画
もう10日以上前になるけど、今更ながら日記として書いておきたかったので。


2011年2月20日、さいたまスーパーアリーナで行われたけいおん!!ライブイベント~Come with Me!!~に行ってきました。
行ってよかったと本当に思えたライブでした。

簡潔に感想のみ書こうと思うのでセットリスト等は他で確認してくださいw
大まかにはOPED~キャラソン~放課後ティータイムⅡという流れで進みました。

まず会場の色とりどりのサイリウムの海の美しさに感動してしまいました。
SSA自体が久しぶりだったのもあるけど、あれだけの数のサイリウムの海は自分の初めてのコンサート参戦だったモーニング娘。04年春千秋楽の衝撃を思い出しました。
あの時は400レベルでの席だったので、夜空の星空に浮かんでいるような感覚になったのを覚えています。
同じSSAで開催されてけやき広場であの有名なロマモー動画が撮影された時でしたw
今回、あの頃のように老若男女色々な人がSSAに集っているのを見ると感慨深いものがあります。

あの大きなステージでキャストの皆さん堂々としたパフォーマンスでした。
キャラソンもそれぞれの個性が出てとてもよかった。澪の萌え萌えキュンもいただきましたw
監督も登場し直々に映画の公開日を発表もありました。123はけいおん!ということで12月3日に映画が公開されます。
内容は唯たち在学中の話とのこと。
それにしても山田監督かわいかったなぁとw

センターステージではアルバムより数曲。
「ときめきシュガー」はやっぱり良いですね。ちょっとトラブルがありましたが愛生さんのフォローもありなんとか乗り切ったようです。
そして「ごはんはおかず」の盛り上がりの凄さwコールしやすいってのはやっぱり強いですねー。
MCでチーム分けして盛り上げる場面があり、うちはチーム唯&律でした。
デスデビルの演出はそれはもう凄いものがありましたw
浅川姐さんカッコよすぎるw てか迫力ありすぎw
ミニドラマでは和ちゃんが完全に持っていって面白かったw あのスルースキルが素晴らしいw

生演奏では「ぴゅあぴゅあはーと」「U&I」「ふわふわ時間」の3曲を披露。
上手に演奏できてて感動しました。忙しい中練習も大変だったと思うんですが、あれだけまとまった音を奏でていたのはすごいと思います。
「天使にふれたよ!」は本編映像とともにあてぶりなしで歌っていました。
いい曲ですよ本当に。こういう曲には弱いです。

アンコールは「NO,Thank You!」「Utauyo!!MIRACLE」
ダブルアンコールは「Cagayake!GIRLS」「Don't say“lazy”」
トリプルアンコールで「桜が丘女子高等学校校歌」最後の挨拶の後「Come With Me!!」

ミラクルはOPのように回転しとけばよかったかなw
1期OPEDが聴けたのも嬉しかったです。校歌斉唱はさながら卒業式のよう。
Come With Me!!で盛り上がってエンディング。最高に楽しいライブイベントでした。

本当に久しぶりに大きな感銘を受けたライブでした。
SSAというとても大きな箱でのイベントというのもあるんですが、なんかこう一つの作品の世界観を生で音楽と共に共有する感動というのは普通のコンサートとは違う何かがあると思います。
ライブ参戦によってけいおん!熱がまた高まってきたし、やっぱり自分はこの作品が好きなんだなと思ったりとか、この勢いや熱さは確かにあるんだなと実感したのでした。
一つの青春がここに存在していて、きっとこの瞬間は大切な青春の1ページなんだと、そう感じる素晴らしいライブイベントでした。
映画を楽しみに待っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2011冬アニ

2011-02-01 03:55:11 | アニメ・漫画
できれば毎話ごとに各アニメ感想みたいなのちゃんと書きたいんだけどなかなかそうもいかない現実。


・お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!
OPがキャッチーでいいっすね。
奈緒が恐ろしいほどに前向きすぎて笑えるw
一貫してエロネタに走るのはありがちながらも安定してます。

・みつどもえ 増量中!
2期。1話はいきなりガチレンでしたw
全8話というのがちょっと残念ですが、内容はいつもどおりみつどもえらしくて面白いです。
吉岡と千葉氏が前に出てきましたねw
OPはカオスすぎるw

・フリージング
女の子がグロ戦闘というのが売りみたいですが、画面暗いし規制がありすぎてよくわかんないです。

・これはゾンビですか?
これも地味にグロかったりするけどギャグのノリで押し切ったりしてて面白い。
話は犯人探しがメインになるのだろうか?家電製品がやたら豪華なのが気になる。
EDが絵、曲共にとても良いです。

・ドラゴンクライシス!
とにかくくぎゅうううううううううううに尽きるw
アクションがあるのはいいのですが話に納得がいかない展開や場面が多すぎるような・・・。
OPは個性的な曲調で面白いです。EDはももクロでこれまた個性的で割と良いと思います。

・Rio RainbowGate!
スロット原作らしいです。キャラデザもいい感じ。
内容は昔の深夜番組的で個人的には好きな感じですw

・レベルE
普通に面白いです。
原作が出た時期が時期というのもあるのか、なんか新鮮な感じがしました。
一応ギャグアニメに分類されるのだろうかw

・GOSICK -ゴシック
推理モノのようだけども、なんかうみねこを思い出してしまった。
まぁ何よりもヴィクトリカちゃんを愛でるアニメだということはわかった。

・魔法少女まどか☆マギカ
蒼樹うめ×虚淵玄×シャフト×新房昭之という組み合わせのオリジナルアニメ。
まぁとにかく恐ろしいアニメですね・・・。キャラデザとあの展開とのギャップがすごい。
劇団イヌカレーのメルヘンチックというか病的な美術が怖すぎます。魔女のデザインとかやばいよあれは。
OPとEDの落差がたまりません。梶浦さんの音楽も重々しくて雰囲気出てます。
脚本が脚本だけにそうそう明るい話にはならないとわかってはいたものの、それでも実際に映像として見ると想像以上に衝撃的です。
これから先も気が抜けないですね・・・。

・フラクタル
東浩紀×岡田磨里×山本寛によるこれもオリジナルアニメ。
どこかで見たことあるような感じではありますが、雰囲気は悪くないです。
話はやっぱりあずまんが原案なだけあってベーシックインカムとか絡んでますね。
ただそのシステム云々の話よりもこのアニメでは冒険劇に重点を置きそうな感じもする。
あまり奇をてらわなければそれなりに面白そう。

・放浪息子
これは性同一性障害が題材になっているということでいいのだろうか。
まぁその辺を考えさせる作品ではあるんだろうけども、どうやら小学生編を飛ばしているようなのでどうもわかりにくい。
キャラデザももう少し見分けがつくようにしてほしかったけど、思春期特有の曖昧さを表現したのかな。
同じ原作者の青い花同様にモノローグ等が多いのでそのあたりでも好みが分かれる。
個人的にはもう少し客観的な見え方が欲しかった。

・インフィニット・ストラトス
スカイガールズかと一瞬思ったw
まぁロボ戦闘ありのハーレムものという感じですが、CGの動きはすごいなぁ。
箒さんかわいい。

・夢喰いメリー
全体的に暗い雰囲気。話そのものはシャナとかに近いのかな。
演出が窮屈な画面作りと抽象的な表現が多いのでややわかりづらい。
とりあえずメリーちゃんがかわいすぎます。キャラデザはすばらしいと思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2010秋アニメ総括的なもの

2011-01-23 04:05:39 | アニメ・漫画
・パンティ&ストッキングwithガーターベルト
とにかく実験的な内容で毎回楽しめました。演出も話によって個性が出まくってます。
最終話は海外ドラマとかによくあるパターンを真似たものですかねw
MTVを意識したミュージッククリップはとても見ごたえがありました。
絵の豪快さや派手さももちろんですが、この作品はとにかく音楽が良かった!
エレクトロ寄りの楽曲が中心ですが、本当にかっこいい曲が揃っててそれを聴くだけでも価値があります。

・俺の妹がこんなに可愛いわけがない
11話で分岐してネット配信でトゥルーエンドとなるらしいです。
なのでテレビ版はグッドエンドということなのですが、とりあえずはいい終わり方をしたんじゃないかなと。
京介と桐乃との関係がなんだかんだで物語上一番重要だと思うし。
題材が題材だからなかなか難しいのかもしれないけど、うまく人間ドラマとして演出できる可能性は感じられました。
ネット配信版でどういう風に話が展開するのか気になるところ。

・えむえむっ!
毎回くだらない話ばかりでしたが、締めは割とバカやりつつもきっちりしてた感じですね。
気軽に見られる作品でした。

・百花繚乱サムライガールズ
結局最後はどうなったんだろう・・・。
ラストバトルはあったもののなんだかよくわからないまま終わった気がします。
まぁキャラやビジュアル演出は面白かったのでいいのですが。

・侵略!イカ娘
とにかくイカ娘がかわいかった。
ミニイカ娘の話には普通に感動してしまい、3話構成でテンポよく進んだのがとても効果的でした。
作画も質が高くて毎回見ごたえがありました。
これほどしっかりインパクトあるキャラクターでいい気分で見られる作品はなかなか無かったかもしれないですね。
放送中はあらゆる業界の有名人に注目を集めたのも話題にw 確実に侵略は進んでいるな。
ぜひともまたアニメで見たいです。

・もっとToLOVEる
こちらも3話構成でうまくまとめたのが功を奏していました。
わかりやすいハーレムアニメとはいえ、王道をしっかりやりきるのは価値があると思いました。

・そらのおとしものf
あいかわらずバカ全開で面白かったのですが、まだ謎はほとんど明かされずに終わりましたね。
正直なところそろそろ話を進めてもいいと思うんですが。
カオスが怖かった・・・けど結局ハーレム入りするのかw
劇場版公開決定済み。

・神のみぞ知るセカイ
分割2クールのようなのでひとまずの最終回。
やっぱり最初のヒロインの歩美が好きです。
かのん編や栞編はやや間延びした印象を受けてしまった。
バグゲーの話が面白かったw

・探偵オペラ ミルキィホームズ
毎回毎回ぶっとんだことをやってくれました。とにかく笑わせてもらいましたw
コーデリアさんの壊れっぷりは本当にインパクト凄いですw 3話や6話のテンポの良さは必見。
最終回も綺麗に終わったと思ったらまさかのゲストキャラがw
ゲーム版ではアニメより時系列が前の結成からのお話が描かれてますね。ノリが全然違うけどw
とにかく楽しいアニメでした。面白かった。

・それでも町は廻っている
不思議な作品でした。日常劇なのかSFなのかなんでもありな作風で掴みどころがないというかw
個人的に好きだったのはコインランドリーでのうどん自動販売機が云々という話。
どうやらアニメオリジナルらしいですけど、ああいう雰囲気が好きです。
最終回はちょっと感動的な話でした。色々なことがあるけどそれでも町は廻っているということですか。

・ヨスガノソラ
タイミング的にも色々と話題になった作品ですねw
ゲームのようにセーブロードで各ヒロインごとに話が分かれていました。
それにしても露骨に性描写をするってのは冒険したなぁとw
おかげで音楽や背景の美しさよりもそっちのインパクトばかりが印象に残ってしまうことにw

・FORTUNE ARTERIAL 赤い約束
作画は通して割と安定してて良かったですね。
しかし話はもうちょっとうまくまとめてほしかったなとは思います。
盛り上がりが終盤になってからだったのも残念。

・アマガミSS
6人のヒロイン+1人のそれぞれ個性ある話になってて面白かった。
それぞれのヒロインに絞ったオムニバス形式は一応成功だと思います。
しかし梨穂子の扱いはもうちょっとなんとかしてほしかったです。せっかくヒロインそれぞれに話を作っているのに・・・
特に良かったのは中多紗江編と絢辻詞編ですかね~。作画も安定してたし話が面白かった。
絢辻編最終回はニヤニヤうわぁあああってなったw

未放送で美也編もあるようですね。
とりあえず原作ゲームに興味を持ったので手に入れたいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加