ゆかいなヤギさん家族

我が家のゆかいなヤギさん家族の日々の様子をお伝えするブログです。

雪国から埼玉へ・・・

2016年11月27日 | 山羊
先日埼玉県でも積雪を記録した初雪が降りましたが、我が家のヤギさん家族にお姫様が加わりました。
小柄で性格は大人しく、三才を過ぎたシバ+トカラ系の美人熟女なヤギさんです。
お迎えに走ること約三時間でしたが、路面には雪がほとんど無いですが、周囲には雪が積もっていて寒かったですよ。










我が家のヤギさんは新入りが来ても争う事をしないので、早々にお姫様達と同居生活を開始しご飯タイムです。


相変わらず親子でご飯ですね。



新入りのご飯まで親子で食べる。



とても賢いヤギだね。 親子にご飯を占領されても争いを避け、親子がその場から去るまで我慢です。



待っている間はモグモグと反芻しながら暇つぶしです。



黒いご飯の窃盗団が居なくなるとニコニコです。



大好きなご飯タイムの再開です。

お天気も良くないので改めてみなさんに紹介しますね。


「別件」
家畜保険衛生所より連絡があり、解剖死した「モモちゃん」のTSE(ヤギのBSE)は陰性でしたと報告をうけました。
また、先に届いた書面の内容を報告します。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

盗み食いは失敗・・・

2016年10月30日 | 山羊
今日は薄曇りで気温も上がらず肌寒い日でした埼玉県です。
寒いなんて言ってられません、サクサクとヤギ小屋の掃除をして本日の予定を片付けないないと日が暮れると寒く成からな。



今日も行儀よいお姫様達ですね。
ご飯も残さず完食なので、コロコロの掃き掃除が楽チンだよ。



やっぱりお殿様達は好き勝手な事をしている。



ボタンくんはサツキくん様子を高い所から見学ですね。



サツキくんは竹のホウキで角を磨いてますね。



今日はボタンくん行儀がいいね。



サツキくんこんどはホウキをバリバリ良い音奏でながら食べてます。
だんだんホウキの先が無くなるからやめてよ。



掃除が終われば嬉しいご飯タイムです。
相変わらず今日も親子一緒だ。



どのご飯箱に移っても一緒か。



先程までのご飯箱には誰も居ない。



ツバキちゃんはのんびりとご飯だね。



キクちゃんとコギクちゃんが盗み食いに出掛けたが?
その先にはツバキちゃんがいるとは知らずに。


一瞬で向きをかえて走ってきた。
盗み食い失敗だ。


戻ればユリちゃんのご飯を食べてる。
仲好し親子でなくちょい悪娘かも?


「おまけ」
夜になってしまいましたが、我が家に軍鶏(小型の南京種)がやって来た。
飼育が困難に成った方より譲り受け飼う事にしました。
雄二羽、雌三羽の計五羽です。
寒く成って来たから玉子を産んでくれるかな?

軍鶏を飼うのは始めてですので、Facebookを通じていろいろアドバイスを頂けたら幸いです。
ヤギさん共々宜しくお願いします。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

芋つるの運搬だ・・・

2016年10月23日 | 山羊
秋晴れの晴天が続いている埼玉県ですが、本日もヤギさんの大好きな「芋つる」の運搬でおお汗をかきましたメィ~🎶
芋つるの運搬作業の前に、ヤギさんの飼育施設の掃除と軽いお食事をあげてから運搬作業の開始だ❗



お姫様達はお掃除が終われば、とてもお行儀よく寛ぎタイムだね。


ツバキちゃんです。


ユリちゃんです。


双子姉妹のお姉さんのキクちゃんです。


双子姉妹の妹のコギクちゃんです。

お殿様達は掃除の邪魔をしたり、遊んで欲しいのでまとわりついて来る。
少しはお姫様達を見習えよ。


サツキくんです。



ボタンくんです。

食欲秋です。
ヤギさんに特別に軽いお食事をあげました。
我が家は食事の用意は一日一回だけど何ですよ。














小さなご飯の箱なのに親子仲良く食べてるけど、何時に成ったら親離れするのかな?


コギクちゃん芋つるの運搬に出掛けるね❗
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モモちゃんの死・・・

2016年10月16日 | 山羊
皆さん大変にご無沙汰しました。
ブログの復活で悲しいタイトルになりごめんなさい。

9月26日モモちゃんが虹の橋を渡りました。
何故虹の橋を渡ったかと言うと、四脚(足)の麻痺と首の麻痺により人的介護が困難な状態に成り、解剖し検査をしないと原因の判明出来ないため、家畜保健衛生所に解剖を依頼し検査部位の摘出を行いました。

「症状と処置」

9月17日、なんとなく後ろ足がふらついてる様子。

9月20日、やはり後ろ足がふらついているので、「腰麻痺」の疑いで獣医に往診依頼する。

9月21日、腰麻痺の疑いのため「イベルメクチン(アイボメック)」を注射し様子を見る事に。

9月22日、腰や後ろ足が麻痺し起立困難に成る。

9月23日、獣医に往診を依頼し、体内の虫を駆除するため、「リベルコールL」を飲ませる。

9月24日、前足と首が麻痺状態に成る。

9月25日、四脚と首が麻痺し、足は第一関節がブラブラ状態で、首も全く座って無くブラブラ状態である。

9月26日、起立困難なので他の病気の可能性が有るので解剖し検査依頼をする。

この間外見的に見ても、よだれ、鼻水、目やに、せき、口内炎等は無く、麻痺症状だけで食欲は有り排せつ物も良好でした。

「検査結果」

血液検査
白血球や赤血球などの値は良好
血液成分も良好

ウィルス検査
CAEの検査マイナス
各部位のウィルス感染の検査マイナス

各部位の状態
細胞の異常や色調の変化なし

BSE(TSE)
検査結果まち


「結論(推測)」

検査の範囲内からの病名は判りませんでしたが、運動神経に何らかの要因により損傷されたと推測されます。

八月中旬から雨天が多く、ハエ(刺しハエ含)や蚊が大量発生し、昼夜問わず身体にまとわり付き、体を休める事や睡眠障害によるストレスにより、脳の運動神経がダメージを受けた可能性が極めて高いと推測されます。

また、今回発病した「モモちゃん」は、他のヤギより毛が柔らいため「刺しハエや蚊」の標的に成りやすく、刺された痕跡も数ヶ所見られました。

「まとめ」

動物と話す事が出来ないので飼育や環境の管理など、極めの細かい管理が要求される事を、「モモちゃん」の命から学びました。

「モモちゃん」ごめんなさい。
モモちゃんと一緒に暮らした「サクラちゃん」や「ピーマンくん」と共にお空から家族を見守ってね。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生命力にかける・・・

2015年03月24日 | 山羊
今春第二の子ヤギちゃんの誕生です。
ヤギさんは安産と言われていますが、今回は大変な難産であり助産をして誕生しました。
3/22(日)にツバキちゃんが男の子を出産しました。
前回のユリちゃんの子より大きくしかも「逆子」でした。
陣痛~誕生までの経緯はブログの後半へ記載しました。





助産をし何とか誕生した子ヤギちゃん。 体は震えて呼吸をしているだけです。
すぐに湯銭をし温め陽が昇ると共に少し動く様に成ってきました。(気温は約四度以下)





お母さんも首を子ヤギに当てて温めています。 我が子を必死で温める母親に感動です。




一晩不眠で頑張ったツバキちゃん凄いです。 眠いが子ヤギを温めるのに頑張っています。




ダウンで包まれた子ヤギに頭を入れて温める母親!




お陽様が昇り体も大分温かく成って来ました。 しかしまだ産声を発していません。
この子の生命力にかけるしか無い・・・





ツバキちゃん寝ずに頑張ったね! 会長も出来るだけお手伝いするね!
お互いに協力しこの子を助けようね!





気温の上昇と共に子ヤギちゃん産声を発する。 母親は起立を促すが立たない!
いや・・立てないので有る





助産時に足を痛めたか心配です。 鳴き声は徐々に大きく発してきました。
がんばれ子ヤギちゃんと掛け声だけが先走る!





子ヤギちゃんが自力で立った! がんばれ~歩けないとミルクが飲めないぞ!
(助産と保温処置以外はすべて子ヤギの生命力に託す・・私の選択しです)





ツバキちゃん良かったね! 子ヤギが立ったので少し生草を食べ始めました。
お母さんは約二十二時間も餌を食べずに頑張った! 我が子を助ける行動に脱帽です!
(助産後に少し温めた「味噌汁」とお湯を飲んだたけでした。)





ご覧の様に三頭を一緒に隔離していますが邪魔はしません。
みんな子育ての経験者ですので解っているのかな?素晴らしい家族だ!





会長さん良かったね! モモも子育ての経験者だから邪魔しないよ!




ユリちゃんも大人しいね! 私だって今は子育てで大変なんだから!




先週誕生した子ヤギちゃんも偉いね! お母さんに寄り添って大人しいね!




ツバキちゃんは邪魔される事無く必死に頑張ってます。




助産した子ヤギも初乳が飲めたのでご飯タイムです。 ユリちゃん達にもご飯だよ!
お母さんが食べるご飯をハミハミだね! まだ食べる事は出来ないですね!





硬くて食べられないよ~! 後数日には食べる事が出来るよ!
今はお母さんのミルクで我慢だよ!





美味しそうなお顔だぞ! 食べられるかな?




お顔はご飯じゃないよ! やっぱお母さんと同じくハミハミ大好きだな!




次はモモちゃんが出産だね! 丈夫な元気な子をお願いしますね!



陣痛~誕生まで・・

陣痛と地面をカキカキし始めたのが3/21(土)の午後四時頃でしてので、日没までは二時間有るから産まれると思ったが産まない?
日没になり暗く成っても産まない。
強い陣痛は続いているが暗くて第一の破水が確認出来ない!
その後二時間ごとに様子を見るも産まれていない・・
日付が変わり深夜12時・2時と時は流れ、4時にやっと子ヤギが出そうだが逆子です。

ミニヤギの為か手が入らない・・これでは正常な姿勢に戻せない。
清水の舞台から飛び降りる思いで・・子ヤギを引っ張って取りだす。
陣痛から12時間以上が経過しても母親は一睡もせず痛みと戦っていた。

取りだした子は呼吸はしている・・生きている助かるか?
うぶ声が無いしブルブル震えている・大変だ低体温症で死んでしまう。
湯銭を用意し子ヤギを温める。
日の出までは一時間以上有る・・湯銭中も母ヤギは必死で子ヤギの頭を舐める。
助かった・・育児放棄は免れた。
こんなに頑張った母親の為にも助けなければの思いで必死でした。

朝六時を過ぎれば東の空に太陽が顔をだす。
幸い朝から晴れの天気で良かった。
太陽が高くなるに従い子ヤギの震えが治まって来た。
10時の時点でも子ヤギは鳴かない?立たない・・助かるか不安がよぎる。

その後12時・2時過ぎに鳴き声を発する・・一声毎に大きく鳴いている。
母親は子ヤギのお尻をツンツンして起立を促す。
2時半過ぎに自力で立った・・この瞬間の嬉しさは表現出来ません。

こんどは自力で初乳を飲めるか?
母親は子ヤギを乳の有る後方へ誘導し無事にたどり着き初乳を飲んだ。
これで無事に育つ為の第一歩をクリアー出来た。
お母さん子ヤギちゃん頑張ったね!
その後日没と共に子ヤギは寝てしまいましたがこの子の生命力にかける・・

3/23(月)の早朝に様子を見に行くと子ヤギは、敷き藁の中にもぐり寝て居ましたが元気で、起こすと早々にお母さんのミルクをスパスパと飲んでました。
しかし、現時点では立派に育つと言う確信は出来ませんが育つと思います。

あとがき

ツバキちゃんお疲れ様と有難うです。
ご承知様に私は昼間(月~土)は仕事に出掛けて居ますが、日曜・祝日は完全休暇です。
今回もユリちゃんに続き休暇日の出産でした。
もしこれが勤務日の出産でしたら、子ヤギはほんの僅かな命と成ってしまた事でしょう。
ヤギが私の休暇を予知し出産するとは思えませんが、第一、第二の出産と休暇日でしたので、第三、第四の出産が休暇日でしたら、ヤギと私は一体とでも言いたくなりますね。

訂正のお詫び・・
前回出産したユリちゃんの子は・・ 男の子でなく女の子でした。
大変お恥ずかしい限りですが訂正させて頂きます。

次回の更新をお楽しみに・・ バイバイ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加