◆◇◆想ひ出 宝石箱◆◇◆ 

日常の何気ない出来事も、振り返るととキラキラの宝石たち。
なくさないよう宝石箱に書き綴ります。

*** お知らせ ***

●お仕事 up! 2010/03/31
●秘密の花園 up! 2008/12/1
要パスワードのカテゴリーについては、コチラをご一読願います。

旅2017GW☆東チベット再訪

2017年05月13日 22時08分08秒 | 

GW後半。
5泊6日の超弾丸で東チベット再訪。
実質「中4日」の日程で、アチェンガル行ってきましたー☆



前回(2014年秋)の東チベット旅の様子はコチラとかコチラとか。
その後、昨年からラルンガルは外国人立ち入り禁止となり。
絶賛テーマパーク化に向けて、整備中。。。
(中国人に紛れて潜入したり、夜中に検問突破したり、と日本人パッカー達はいろいろチャレンジしている模様・・・)

前回は時間がなくて行けなかったアチェンガルも、いつかラルンガルのようになってしまう可能性もあるんで。
『行けるうちに行かねば!』と、老体に鞭打っての弾丸旅。
半日休みをくっつけて、職場的には(若干)非国民扱いな気もするけれど。
気にしてたら、どっこも行けないしね。


ガンゼからはこんな峠も超えて行く。。。


乗り合いバンの運ちゃんが飛ばしたおかげで、朝の法話の様子も見れました!

アチェンガルと言えば!の、この風景。 

川に囲まれた島部分は、男性は立ち入れないだけあって、尼僧だらけ。
皆さん、フレンドリーです。
(川の外は男性OK)

規模で言ったら、ラルンガルの方が圧倒的だけれども。
個人的にはアチェンガルの方が、聖地っぽいと感じた。

「電源ONになったままで、一眼の充電がカラだった」、というショックすぎる事件で充電がてら昼寝しているうちに天気が悪くなっていた、という旅運のなさ。
昼間の写真もどんよりしてますね。。。。
この後、徐々に曇っていき、夕日は・・・でした(涙)。
このロケーションで天気よかったら、めっちゃ夕焼け綺麗やろうな。。。

 


夜景は、これでいっぱいいっぱい。
この時、実は雨ザーザー。
翌朝は一面白銀の世界。。。(どーりで寒いワケだ…)


ダイアモックスのおかげか、高山病にもならなかったし。
前回(雨季)と違って、交通はスムーズだったし。
GW恐るべし!で、たくさんの日本人旅行者にお会いできたし。
帰りのフライトは、何故かビジネスクラスだったし。
頑張って行って、良かったー!!!

 

 



☆旅プチ情報☆
2017年5月の状況ですが、参考になれば。

●成都空港
深夜着で、翌朝の早朝フライトに備え空港泊。

T1をくまなく回った結果、ここが成都空港泊のベストスポット!
(T1到着ロビーの一番端っこ。)

康定空港
時間節約の為、成都→康定は飛びました。
空港⇔康定市内はリムジンバス1時間程度(35元)
到着後速攻出発する為、うかうかしてると置いていかれる。

●甘孜バスターミナル(長距離)
新市街側へ移動してました。
(荷物持って歩くにはちょっとツライであろう距離)
後から知ったけれど、まだ完全移行していないらしく。
旧バスターミナルでもバスチケット買え、甘孜→成都のバスも、5:30旧バスターミナル→6:00新バスターミナルの順でまわってくれるらしい。


●宿
【甘孜(ガンゼ)】
前回も泊まった(旧)バスターミナル近くのチベタンファミリー宅。(40元)

前回は(無理言って)仏間に泊まらせてもらったけれど、今回は普通に客間(4ベット)へ。
ファミリーも私の事、覚えてくれていましたー♪
チベタンインテリアが素敵なのです。
洋風水洗トイレ(ベランダ)、wifi可。
シャワーは階下の宿でも借りれるらしいけれど、ガンゼに来たからには温泉へ(15元)

【亜青(アチェン)】
幸福賓館(35元)
別棟(写真右側の棟)の個室(2ベット)に案内してくれた。
(他の方のブログで見かける25元のドミは、突き当りの建物)

シャワー、wifi、は無し、トイレは。。。(涙目)だけど、部屋自体は普通に快適だった。(そもそもアチェンに泊まれるだけありがたいと思うべし)
オケと電気ポットがあるので、足湯したり♪


【炉霍(ルーフォー)】
ゴールデンヤクホテル(100元)

※左側矢印がバスターミナル、右側矢印が宿の入り口(バスターミナルにも直結)
到着後翌日の成都行きバスチケットを買おうして、意思疎通がうまくとれないながらも、チケット売りのオバちゃんや、乗り合いバンのドライバー達と筆談していたら、英語が喋れるお姉さん登場。
まさかの(ルーフォーからラルンガルを目指す日本人には有名な)ゴールデンヤクホテルのお姉さんだったとゆー。
宿事態は高い気もしたけれど、他に狙ってたトコ行ってみたらもっと高かったので、こちらでお世話になる事に。
夜ご飯誘ってくれてご馳走になったり♪

洋風水洗トイレ、熱々シャワー、wifi可、な普通に快適な宿。

【成都】
新南門バスターミナルすぐのミセスパンダホステル。
今や成都の日本人宿はココ一択では?

移動

【成都→康定】
成都→甘孜は一日で行けるバスがない事がわかり、急きょ飛ぶ事に。
四川航空で1時間。
値段やフライト本数は日によってまちまちだけれど、私の日は3便飛んでおり朝早い程高額。

【康定→甘孜】
乗り合いバンで150元。
前回のイメージだと、むちゃくちゃな人数乗せるイメージだったけれど、乗客3人のでガンゼへ出発。
しかも、2人は途中下車でガンゼまでは私一人やし、途中でご飯おごってくれるし、運ちゃん赤字になってませんか・・・?
ビュンビュン飛ばし、まさかの5時間で到着。

【甘孜→亜青】
乗り合いバンで2時間半(45元)
子供の坊主君は、ゲーゲーしていた。
アチェンに入る手前の公安で検問チェックされました。

【亜青→甘孜】
8時発のバスで3時間半(40元)
尼僧だらけで、みんなゲーゲーしまくり。

【甘孜→炉雀】
乗り合いバンで2時間(50元)
アチェンからのバス降りる前から、すんごい客引きグイグイくる。

【炉雀→成都】
直行バスで行くつもりだったけれど。
直行だと甘孜発のバスに途中乗車する形になるらしく、チケット売り場のオバちゃんに乗り継ぎルートの方が早い!と言われバスを乗り継いで向かう事に。
炉雀→康定(7:00発、93元)
康定→成都(14:00発 114元)
※休憩時間の取り方のせいもあったけれど、結局ほぼ一緒だった(なんならガンゼ便の方が若干早かった)とゆー。。。


●公安関係とか
【アチェン】
甘孜⇔アチェンの道中は、検問有。
アチェン内でも公安うろうろしてて、パスポートチェック有。
ただ、今のところ外国人ダメな雰囲気はないかな?

【甘孜】
4月15日に焼身自殺があった為か、前回より公安が多いように感じた。
前回訪問時より、町改造中の模様…うーん。。。

【炉雀】
大通りは公安が多く、サイレンも度々鳴らしてパトカー走ってたり。
川沿いが整備されいたり、こちらも町改造中の模様…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あけまして2017年

2017年01月03日 13時21分57秒 | 
あけましておめでとうございます。
現在、北京で乗り継ぎ待ち。
ラウンジで飲茶して、ワイン飲んでますふふふ。。。
 
今年の年越しは、バリ島にて。
ウブドのロスメンで子供たちがバンバン花火ならす中、ビールのんでウダウダしてたら寝落ちしていた。。。


「O」の茎が萌える。
 
 
何が目的ってわけではなかったけれど、ウブドの開発具合がえげつない。
もろもろの価格変動もえげつない。
 
とりあえず、ウブドの日課は1日1スパ。
(※ただし、ラグジュアリー感は全くない町スパで。)
 

もはや風格漂う、にゃんこさま特等席。


バリ雑貨も、オシャンなショップのはまぁそれ相応の値段するわけで、大して買い物もせず。
かと言って観光らしき事もせず。
夜の定期公演も楽しみにしてたのに、狙っていたグループはことごとく年末年始で(?)公演中止。
…、
あたしゃ、いったい何しに行ったんでしょうかね・・・(笑)

そんなこんなで、明日から早速仕事始め。
あー、働くの面倒だわー(本音)
 
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北の大地へ、母娘旅

2016年12月04日 15時35分36秒 | お出かけ

、へ行ってきました。

「ああー、おいしいお寿司が食べたいなぁ…」
という、独り言なのか?おねだりなのか?を言われまくっている娘としては。
思う存分食べまくってもらおうじゃないの!!!

って事で。

2泊3日の北海道旅行をご招待。
※ただし、旅行代金のみ(笑)

1泊目は登別温泉(1泊2食、送迎バス付)
2泊目は札幌泊(朝食付)
JRのフリー切符も1日分ついて。
行きはエアドゥ、帰りはANAという意味不明な日程。


とりあえず、
北海道さむー!!!(すでに雪降ってた)
食事は基本ハズレなしー!!!(個人的には、ジンギスカンはちょっと苦手…かも。)
外国人旅行者むちゃ多いー!!!(日本人旅行者は、半分以下…??)

登別温泉では、バイキングの2食付き。
小樽では、お寿司&スイーツ三昧。
余市では、海鮮三昧&マッサン工場見学。
※そして今夜は余市から郵送した毛ガニをムキムキする予定。


確実に太りました。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピチュってきました。

2016年10月02日 20時55分27秒 | 

いやー、旅☆2016ペルー遠かったー。
成田、LA乗り継ぎで、リマへ。
そして、国内線でクスコへ飛んでいざスタート!

【クスコ】
ぶらぶら歩いてるだけでも、楽しい。

長期滞在する旅人がたくさんいるのも、納得。
靴のオーダーメイドは時間がなくて、既製品でガマン。
むちゃくちゃカワユイ☆ので、ガンガンはくぞー。


【オリャンタイタンボ】
クスコ~オリャンタイタンボ間のストライキの為、予定外に1泊。
急きょ探した宿は・・・(涙目)だったけれど、この景色は行って良かった!

そして この後、旅2日目にしてコンデジ滑落で完全死亡。。。
あぁぁぁぁ-----------------------------っっっ。
メインディッシュがまだなんですけどー!


【マチュピチュ】
ついてイキナリの、この憧れの景色!

監視が厳しくて、平地でジャンプ写真とっても「ピピーっ!」と笛ふかれるヨ(笑)

頑張って、インプティンクもインカの橋も全部まわったー。
日本からのツアー参加者は、中高年の方も多くてそのパワフルさに感服!
むしろ、私体力完全に負けてる…
最後の最後まで居座って、うっすら夕日に染まるマチュピチュも美しい。

頑張ったご褒美に、夜はフレンチコース♪
んが、
まさかのフレンチでお腹を壊す安い舌。。。


【プーノ】
クスコから夜行バスで着いて、そのまま客引きにのっかって1泊2日のチチカカ湖ツアーへ申し込み。
ウロス島、タキーレ島、アマンタニ島をめぐる。

ウロス島は、まぁ・・・って感じだったけれど(笑)

(ウロス島だけだったら、プーノ行かなくてもいいかな、って感じ?)

ツアー中は、高山病(クスコより更に高地!)、船酔い、寝不足、もろもろが重なり
体調、超☆絶☆不☆調!
ホームステイ先のママさん(右から2人目)にお世話かけました。。。


プレインカの遺跡が残るという丘での夕陽も、途中でギブアップ。。。

ツアーから戻って、ちょろっとプーノうろついて。
そのままフリアカ空港へ…
我ながらせわしない・・・

【リマ】
乗り継ぎ考えて、リマで最後に1泊。
博物館みたり、でも一番の目的は海鮮グルメ☆
セビッチェ!
チュペデカマロネス!
体調もどって、ビールもうまいっ!

*****************************************


と、旅の写真見ていたら。
ムクムクと旅欲が…
というわけで。
年末年始はおとなしく家で過ごすつもりだったけれども、ついポチっと☆
北京乗り継ぎのデンパサール@魔の中国東方航空!!!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日付変更線を超えて!

2016年08月15日 23時26分36秒 | 

南米ペルーへっっっ!!!

来月、行ってきますー。
なかなか自分の気持ち的に踏ん切りがつかず、グダグダしてたけど。
いざ、そろそろチケットとるべー、と決めたら・・・
パソコン壊れて、電源つかず。。。
(前日までは普通に使えてたのに!ムキー!)
ってなわけで、パソコン買いなおすとこから始まったけど…(涙)



いざ、ペルー行きのチケットとって。
ガイドブック買ったら。
行く気、満々(笑)
というか、見どころ多すぎて目移りする!
チャチャポヤス。。。気になるーーーーっ。



いつもは、航空チケット以外は予約しない私だけれども。
今回はジャンジャン予約いれまくり。
あとペルー国内も普通に移動距離が半端ないんで、サクっと飛んじゃうよ!って事で、国内線フライトも。
手持ちのマイルでLAN航空の特典航空券でペルー国内線まかなおうと思ったんだけど、予約電話つながらなさすぎーー!
提携航空会社も含めたオンライン予約化できないのかねぇ。。。

 

①リマからクスコのフライト(LCペルー)

リマ到着後、そのままクスコへ飛ぶ事に。
はやくクスコ着いて高地順応したーい。

 

②オリャンタイタンボからマチュピチュ村(ペルーレイル往復)

行きの電車はいい時間帯がすでに売り切れー。
車窓の景色もへったくれもない、夜の電車。。。
いいの、車窓は帰りで楽しむから。。。
ペルーレイルとインカレイルで片道づつ、と粋に行きたかったところだけれど、
往復だと(多少)安いって事で(あっさり)往復チケットで予約なりー。

 

③マチュピチュチケット

ワイナピチュ付きチケット(1日400人)は旅行期間内はどの日付も売り切れー。
マチュピチュ山付きチケット(1日800人)はまだ残ってたけれど、マチュピチュ山について調べたら…
・・・残念なお知らせです。
マチュピチュ山の方が本格的な登山らしい。
そもそも、万年運動不足だし、登山には興味ない(≒どちらかと言えば避けたい)ので、マチュピチュ単体チケットで。
マチュピチュ単体なら頑張れば日帰りでも行けるらしいけれど、折角はるばる地球の裏側から行くんだから、っちゅー事で。
マチュピチュ村へ前泊後泊して、丸1日マチュピチュを堪能する事に!
マチュピチュ単体チケットなら当日でも売り切れはないかなー、とは思ったけれど、もうこの際って事で念の為事前に購入。
しかし、マチュピチュチケットにせよ、マチュピチュへの電車代にせよ、確実に需要のある観光に対する強気すぎる値段設定はどうにかならないもんかねぇ。。。(ボヤキ)


④プーノ(フリアカ)からリマのフライト(TAKA航空)

帰国便の乗り継ぎ2時間半くらいの便を入れようとしてたけれど、あちらは欠航や遅延が多いとの事で大事をとって前日にリマへ戻るチケットに。
予定外にリマに1泊する事になって時間が勿体ない気も(未だに)してるけれど、この際リマのグルメを楽しまなきゃ!!!

 

⑤ESTA

ロス乗り継ぎのアメリカン航空で行くんで。
なんで、そもそも有料なんだよ・・・(ブツブツ)
イエメン行ったのが半年遅かったら、トランジットでもアメリカVISAが必要になったっぽかった。
まぁ他にも今となっては行けない国にシリアとか。。。
普通に数年前までは、旅できてたのにね。。。


 

ってな具合。
とりあえず、ここまでで、既に20万円くらいかかってる…

 


あとは、プーノからリマへ戻った時に深夜着なんで、リマの宿も予約するつもりー。
あと、モロッコの砂漠で一緒になったエリちゃんのデジカメがよかったので、デジカメも買っちゃおうかな、とか思ったり。。。

とりあえず、お盆は終わったんで、明日からは仕事へ ばもす。。。

画像:たぶん2011年?のラダック旅より。
友達がラダック到着のラインが来たので、記念に。。。(過去の画像の使いまわし)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加