バレー気ちがいの部屋

バレー大好き人間が“バレー気ちがい”になるべく日々過ごしています。色々な話題で盛り上がって行きたいと思います。

後塵を拝する

2016年09月19日 | Weblog
日本Vリーグ機構が『スーパーリーグ』発足に向けて検討しているそうです。私としては、大変喜ばしいと思う反面、後手に回ってしまったことに残念な思いもあります。

20年以上前にJリーグが始まったときに、危機感を感じて推進すべきでした。そして今回、バスケットボールの“Bリーグ”のスタートで尻に火がついた形となってしまいました。

どうしても、オリンピックで金メダルを獲得した過去の誇りだけが優先し、実業団を母体としてのチーム編成に委ねてきた慢心がアダとなっているように思います。

バスケットボールは、リーグ問題を機に急展開を遂げました。サッカーの川淵さんを招聘したことは、大きな決断であったことでしょう。まさに、『災い転じて福と為す』です。成功するかどうかは分かりませんか、注目を集めていることは確かです。

バレーボールも、まずは組織をリードする方を外部から招聘する必要があります。
何かを変えるには、大きな決断が必要です。バレーボールではスーパースターであったかもしれませんが、経営のエキスパートとは限りません。是非、勇気を持って決断して欲しいです。

できれば、関東や関西だけでなく、我が東北にもチームができて欲しいです。たとえそれが無理でも、下部組織を作ったり、地方リーグも検討してもらいたいです。そして、ヤングクラブとして中高生のクラブチームを組織することを義務付け、その大会を盛り上げていく方向付けが必要だと感じます。教育現場にいる者ですが、少子化が進んでいることを考えると、学校体育から社会体育への移行を推めることにバレーボールが一翼を担うことになれば、また違う展開も見えてくると思います。

東北に住む我々の周りは、過疎化が深刻です。週に何度かでいいので、数時間バレーボールを愉しめる環境を作り、年に数回大会を催してもらえればありがたいです。

私の稚拙な意見は通るなどとは思っていませんが、自分にできることを模索し、行動していきたいです。


http://vbm.link/12112/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 固定観念に拘らない指導 | トップ | 経験を積ませること »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。