MOS-YANの自然観察日誌

身近な自然を探したら…

残念ながら期待外れ

2018年01月19日 | カワセミ

このところ、カワセミの出は一日おきに良かったり悪かったり。

そうなると、昨日は最悪だったので今日は『良い日』になる…はずでした。

朝7時に着いた時、カワセミは既にやって来ており、もう数回ホバったとのこと。

私もカメラをセットしてすぐに短いホバリング。(これにはチョット遅れてしまいました。)

対岸から続けてホバリング。

EOS7D MarkⅡ + EF300mm F2.8L ISⅡ USM + EF2×Ⅲ    ISO1250 1/320  F5.6    距離36m  (20連写の内3枚)

これは予定通り期待できる日になりそう…だったのですが。

なんと、この後全く姿を見せず。

2時間後の9時半近くになって、ようやく飛来。

さあこれから!と思う間もなく下流に飛び去り…そのまま音沙汰無し。

結局10時半まで待ってスゴスゴと引き上げる羽目になってしまいました。

いったいどうなってんの?

もし朝の到着が5分遅れていたら、今日は完全に『丸ボウズ』だったということに気づきました。

(恐ろしや、オソロシヤ…。)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カワセミは姿を見せず…その理由は?

2018年01月18日 | 野鳥

昨晩の雨の後、気温が高かったせいでしょう。

朝から濃い霧が立ちこめ、久しぶりに車のフォグランプを点灯しました。

カワセミのホバリングポイントも予想通り霧の中。

これは待つしか無いですね。

7時30分を過ぎても、まだこんな感じで見通し不良。 ISO640  1/500  F5.6 距離:50m

ところが太陽が顔を出し、霧が晴れてもカワセミは一向に姿を見せません。

9時、9時半と時間は過ぎ、10時を回ったら今日は諦めだろう?と話をしていたら…。

「ツミが来ているよ。」との声。

急いでスタンバイしていた場所の裏にある小さな人工滝の所へ、三脚からカメラを外してダッシュ!

どうやら水浴びに来ていたみたいですね。

9時52分 ツミの雌みたいですが…。 ISO800 1/160  F5.6  距離:16m

EOS7D MarkⅡ + EF300mm F2.8L ISⅡ USM + EF2×Ⅲ (この距離で2×のテレコンは余計でした。)

私は猛禽類には弱いので、ツミとハイタカの区別が付きません。(どっちだろう?)

どちらにしてもカワセミが姿を見せない理由はここにあったのかもしれませんね。

これではカワセミがやってくる迄に時間がかかりそうでしたので、これにて引き上げ。

10時終了。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少しずつ好調になってきたようです。

2018年01月13日 | カワセミ

公園脇の川にいる若い雌カワセミが、少しずつではありますが良いパフォーマンスを見せてくれるようになってきました。

ちょっとだけ残念なのは、魚捕りがまだあまり上手くないことなんですよね。

まあそのあたりは長い目でみることにして、今日の状況です。

到着してまもなく最初のホバリングが見られました。

7時38分 上流の対岸から飛び出してホバリング。 ISO1250  1/640  F4

8時02分 お立ち台に飛びつき。 ISO1000  1/800  F4

まだ胸や足に茶色が残っていますね。

人間で言えば女子高生くらいかな?

8時08分 今日唯一の飛び込んだ写真、ということになりました。 ISO1000  1/800  F4

8時13分 2度目のショートホバー。 ISO800  1/640  F4

8時17分 上流側で、かなり長いホバリング。 ISO800  1/640  F4.5

こういう所でホバってくれると、カワセミに光が当たるか当たらないか非常に迷うところです。

案の定、この露出だとオリジナルはかなり露出オーバーでした。

 

いつもでしたら、9時過ぎはカワセミの休憩タイムになることが多いのですが、今日は私が帰り支度をしていた10時頃にも顔を見せてくれました。

どうやら少しずつ上向きになってきたようです。

今後に期待しましょう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝だけ頑張ってくれました。

2018年01月11日 | カワセミ

一昨日の続きにならなければ良いんだけど…、と思いながら7時20分に到着。

先着の皆さんのカメラは、すでにお立ち台方向を向いていました。

結果から申し上げれば、この後7時台、8時台は殆ど見える範囲で飛び込んだりホバったり。

マアマアの状況ではありました。

でも写真の方は、これといった絵が撮れず。

はっきり言ってイマイチでしたね~。

7時45分 お立ち台から飛び込んで、元の位置へ。 ISO1250  1/640  F5.6

7時57分 今度は小物をゲットしました。 ISO1250  1/640  F5.6

8時01分 ISO1250  1/640  F5.6

8時04分 ISO1250  1/640  F5.6

とりあえず今日はお立ち台から魚を捕ってくれただけで良しとしましょう。

今日の様子なら、今後に少しは希望が持てそうです。

9時頃から待ち続けましたが、やって来る気配が無くなってしまったので早上がりすることに。

それでも一昨日に比べれば大分マシでした。

10時半終了。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カワセミのネタが無い日は…。

2018年01月09日 | カワセミ

いや~、一日でこんなに出が悪くなってしまうものでしょうか?

昨日の雨のせいで川の水量が増えているとも思えないのですが、餌になる魚の数が減ってしまったようです。

カワセミがやって来ない!来ても殆ど飛び込まない!

“ちょっとだけ飛び込み”“ちょっとだけホバリング”もやってはくれましたが、私には狙って撮れるようなものではありませんでした。

そんなわけで今日は何度か回ってきたエナガ、コゲラ、シジュウカラの集団を撮って時間潰しをしておりました。

エナガは私が好きな野鳥の一つです。  ISO640  1/320  F5.6

小さな嘴、丸い目、可愛らしさではナンバーワンかも?  ISO640  1/2500  F5.6

ただ、じっとしていてくれないので、撮りにくいのが欠点です。  ISO640  1/5000  F5.6

上記の3種類は割とよく一緒に行動しています。

今日もコゲラが3~4羽、同じ群れで移動していました。

日本にいるキツツキの中で一番小さな種類です。  ISO640  1/400  F5.6

コゲラは私が住んでいる東京都小平市の“市の鳥”だそうです。

何を一生懸命つついているのかと思ったら、カマキリの卵鞘でした。  ISO800  1/2000  F5.6

 

一応、カワセミもいましたので、状況写真だけ…。

今日は、これしかありません。(ブレてるし…トホホです。) ISO500  1/640  F5.6

 

悪いのが今日だけだと良いのですが…。

11時終了。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加