MOS-YANの自然観察日誌

身近な自然を探したら…

ジャコウアゲハがやって来た。

2017年05月21日 | 昆虫

3年前、昆虫撮りのため歩き回っていた時のこと、フワフワ飛んでいる黒っぽいアゲハを見つけました。

どうやら産卵中だったようで、そこはウマノスズクサが自生している場所でした。

…ということは、この蝶はジャコウアゲハに間違いありません。

この場所は自宅から直線距離で西南西方向に10kmほどの距離にあります。

別の資料で、北方向に数kmの所にもジャコウアゲハがいることも解っていたので…ということは?

私の家に来ても不思議はありませんよね。

早速、自生地から小さな苗を一株、通販で一株、それぞれ植木鉢に植え、次の年にジャコウアゲハが来ることを期待して待ちました。

ところが一昨年、昨年と全く音沙汰無し。

今年も伸びきって茎を短くし始めた3日前のことでした。

写真の現像、動画の編集などをやっていた時、ベランダにいたカミさんが「ジャコウアゲハが来てるよ!」と私を呼んでいます。

ベランダの下を覗くと…。

左の後翅がちょっと欠けているのが残念ですが、これは間違い無くジャコウアゲハの雌ですね。

OLYMPUS E-M5 + M.ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14    ISO400  1/125  F8 

ウマノスズクサに産卵をしていた雰囲気だったそうなので探してみると…。

ありました、ありました。

ちょっと雑な産み付け方ですね。 IS0800  1/60  F6.3

卵の上に卵って…孵化する時はどうなるんでしょう?

この他にも5つの卵を見つけましたが、ウマノスズクサが二株では足りないかも知れません。

それはさておき、産卵後は近くにとまっていることが多いので花壇の周りを探してみたら…。

やっぱりいました。

ISO200  1/640  f5.6

吸蜜中のジャコウアゲハです。 これは雌ですが、雄は翼が黒く、クロアゲハをスマートにしたような感じです。

この雌ジャコウアゲハ、味を占めたと見えて、何と昨日もやって来て産卵してくれました。

結局、卵の数は20個近くに…。

これじゃとても育てられないよ~。(T_T)

3齢幼虫くらいになったら、ウマノスズクサが自生している所に離してあげるしかありませんね。

ウマノスズクサは蔓植物なので、家の中に持ってくるわけにもいかないんですよね。

ジャコウアゲハを呼んで、良かったのでしょうか? (?_?)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつもと違うカワセミの動き

2017年05月18日 | カワセミ

何故かピラカンサのお立ち台にとまってくれません。

とまろうとはするのですが、寸前で向きを変えて別の場所へ。

何か気に入らないものでもあったのでしょうか?

7時51分 一瞬だけとまった、今日の内では貴重な飛びつきショットです。 ISO500  1/1600  f/5.6

殆どは こんな感じでした。

とまる!と思ったら。

左旋回。

9時43分 あ~あ、また行っちゃったよ~。(T_T) ISO250  1/1600  f/6.3

 

池の方は、この時期お馴染みのヤナギの綿毛(?)で真っ白になっています。

カワセミも飛び込みにくいでしょうね。

8時24分 こんな写真になってしまいます。 ISO640  1/1250  f/6.3  (10連写の内4枚)

もう一つ。

9時53分 タイミングはまずまずでしたが、翼が“森永”スタイルでは…。 ISO400  1/1600  f/6.3

もう少し粘るつもりでしたが、いつくるか…と恐れていた花粉がついに…。

毎年、私は梅雨前のこの時期に花粉症が発症します。

以前、病院で調べてもらったところによると、私の場合“イネ科の雑草”に反応してしまうようです。

杉花粉に比べて多少マシなのは、雑草の無い場所(家の中など)に行けば治まることでしょうか。

でも、本命の昆虫撮りで草むらに入らないわけにはいかないんですよね~。(-_-;)

かなり目が痒くなって来たので引き上げることにしました。

10時00分終了。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

満開のピラカンサ池より

2017年05月16日 | カワセミ

忙しかった5月前半が終わり、満開になったピラカンサになんとか間に合いました。

昨日はあまり調子が良くなかったようですが、今日は朝から雌がやって来て、そこそこのパフォーマンスを見せてくれました。

いつもなら300mmに1.4×のテレコンというのが私の標準仕様なのですが、今日は花を広く入れるために300mm単体での撮影です。

機材 EOS7D MarkⅡ + EF300mm F2.8L ISⅡ USM

6時49分 ピラカンサのお立ち台に来た雌カワセミ ISO500  1/1000  f/5.6

7時54分 お立ち台からの飛び出し ISO400  1/1600  f/7.1

このまま飛び込んで…。

7時54分 残念!魚は捕れませんでした。 ISO400  1/1600  f/7.1

時間を戻して、その前の飛び込みを。

7時23分 ISO800  1/1250  f/6.3

7時23分 ISO800  1/1250  f/6.3

8時09分 やっと魚をゲット! ISO500  1/1250  f/6.3

10時前に大物を捕ったので、これにて終了。

それにしても、雄がやって来ませんね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トンボの季節が始まりました。OLYMPUS E-M1 + M.ED14-150mm f4-5.6Ⅱ

2017年05月11日 | 昆虫

新潟での法事が終わり、ナナホシテントウの生態写真&動画の編集を済ませ、残りは沼津で同窓会と墓参りに行くだけです。

今日はその間で貴重な晴れの一日でした。

カワセミに行くか?昆虫に行くか?迷ったのですが、定点撮影場所の状況も見たいので立川方面へ。

結果的に今日の定点の場所は耕耘機で土興しの真っ最中。(ア~ア…。)

これならカワセミ狙いだったかな?と、後悔し始めた時、ブルーのヤンマが前を通過していきました。

ハッキリと同定は出来ませんが、クロスジギンヤンマかルリボシヤンマと思われます。

そう言えばこの時期、ヨツボシトンボが出ているはずです。

定点撮影は諦めて、トンボ狙いに切り替えました。

それならもう少し長いレンズを持ってくるべきでしたね~。

今日の機材はOLYMPUS E-M1 + 小型万能レンズ M.ED14-150mm f4-5.6Ⅱです。

青いヤンマは撮れませんでしたが、もうこんなお繋がり状態が見られました。

ギンヤンマの産卵 ISO400  1/320  f/8

お繋がりはイトトンボ達も…。

ホソミイトトンボ(…だと思うのですが、自信ありません。) ISO200  1/800  f/5.6

こちらはクロイトトンボのようです。 ISO200  1/400  f/6.3

お目当てのヨツボシトンボもたくさん見ることが出来ました。

ヨツボシトンボ♂ 翅の前縁中央にある黒い点が名前の由来でしょうね。ISO200  1/640  f/5.6

こちらはヨツボシトンボの♀です。 腹部が雄に比べて丸みを帯びています。 ISO200  1/640  f/5.6

蝶もジャコウアゲハなど数種類を確認出来ました。

私にとっては楽しい季節が始まったようです。(^^) 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに出かけて当たるほど甘くない?

2017年05月02日 | カワセミ

10日ぶりのカワセミ撮影でした。

結果は…飛び込みを見たのは1度だけ、それも後ろ向き、魚ナシでボツ!

おまけに5月になったのというのに強めの北風でかなり寒く、日当たりの良い場所で待機するという状況でした。

でも10日ぶりのピラカンサ池は緑が濃くなり、ピラカンサの花芽が膨らんで今年は花が期待出来そうです。

10時33分 桃バックのお立ち台で。

10時37分 定位置の雄。

今年はここも花芽が多く付いていますね。

雌の所へ魚を持って行くところ…のはずなのですが、結局雌には渡さず食べてしまったようです。

今日は飛びものは無し。

諦めて10時半終了でした。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加