不定期更新スカーフェイス通信

多分、駄目な方の機械屋による戦闘日記。ネットヲチ&写真ネタやら色々と。

ニコニコ動画、完全に終了のお知らせ?

2008年07月03日 21時18分18秒 | ネットヲチ
今度はMAD動画終了のお知らせだそうです。

-------------------------------------------------------------------------
ニコニコ動画「MAD」も削除 「他に何を見るんだ」と不満の声 2008/7/3

動画投稿サイト「ニコニコ動画」で、元のコンテンツを編集し、再構成した「MAD動画」も削除される方針が明らかになり、ユーザーから不満の声が上がっている。一方で、「一律削除では何も生み出さない」として「MAD動画」も含めてコンテンツの投稿を認め、広告ビジネスを展開しようとする動きも出てきている。

「ニコニコ」では「MAD動画」が人気だ

ニコニコ動画では「MAD削除」に不満を示す動画も「MADのないニコニコなんてルーの入ってないカレーだな」
「もうニコニコの生命線はここらで切れるのかねえ・・・」
「で、ニコニコで何を見れと?」
ドワンゴは2008年7月2日、日本動画協会、日本映像ソフト協会、日本映画制作連盟からの要請で、
「ニコニコ動画」で3団体の著作権を侵害している動画を削除すると発表した。その中には、「MAD動画」も対象になっている。
「ニコニコ動画」の場合、アニメや映画の映像や音声を組み合わせたりして再編集した
「MAD動画」が人気を集めており、ユーザーから同サイト内でこんな不満の声が相次いでいるのだ。

同社は、3団体の要請に応じて「MAD動画」を削除するということで、「MADがすべてダメという訳ではない」(広報担当者)としている。
今回「MAD動画」が削除対象であることを明示したのは、アニメなどの著作権を有する団体からの要請を受けたため。
「MAD動画」については、目視による監視体制を強化していく方針だ。

一方で、「MAD動画」をうまく使って、ビジネス展開をしようとする取り組みも出ている。
米グーグル傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ(YouTube)」を利用した広告事業を展開しようとしているのは角川グループホールディングス。
同社は2008年6月10日から「ユーチューブ」と連携して「夏の動画投稿ドリームキャンペーン」を展開した。
現在はオリジナル動画の投稿のみを受け付けているが、自社アニメ動画の投稿を促す取り組みを始める予定だ。

この取り組みは、角川のアニメのプローモーションの一環で、投稿が許可されるのは、DVD版発売前のアニメに限られ、
投稿できるアニメ映像の時間にも制限がある。ただし、悪意のある動画などを除き、MAD動画の投稿は受け付ける方針だ。

「一律削除では何も生み出さない」
角川は2007年からグーグルの画像認証プログラムの開発に参加してきたが、これを利用して自社アニメ作品の投稿を角川が許可。
その動画に広告をつけることで、角川やアニメの権利者、動画の投稿者、グーグルで広告費をシェアするというビジネス展開を目指している。

同社広報担当者は「何でもかんでもOKというわけではない」としており、MAD動画についても「アニメファンとして紹介してくれる」ことを前提としている。
同社が開発に携わってきた画像認証プログラムで、「MAD動画」がプロモーションに適したものかを判断していく。

「一律削除の流れがあるが、それでは何も生み出さない。そうではなくて、認められるべきものを認めて行けば、広告などのビジネスが広がり、権利者の利益にもなる。
ひいては、動画を投稿されている方にも利益が還元できる可能性があると考えている」
一方のドワンゴの広報担当者は、J-CASTニュースに対して、

「MADが文化として広がってきているので、ユーザーさんの意見を取り入れながら、権利者さんと話し合って残していければとは思っている」

と含みを持たせた発言をしており、角川のようなビジネス展開についても「相手さま(コンテンツホルダー)の
意志があってのことだが、可能性としてないわけではない」としている。

--------------------------------------------------------------------------

まあ、角川は例外としても基本的に映像関係の権利者(法人団体)というのは、
あーだーこーーだと文句の方が先に出る連中がやたら多いせいで
その先のビジネス展開とか、その手の文化について不寛容というか、変な職人気質の精神を持っているせいで
色々と損をしていると思っている。

まあ、己の手で作った商品を弄られたくないという気持ちは分かるが、その気持ちばかり出過ぎて
パロディネタをふんだんに盛り込んだ、ダイコンフィルムを作っていたゼネプロ(現ガイナックス)等の
後出の集団の存在を忘れていると言っても過言ではない。

まあ、カスラックなんか良い例だから、もう何も言う必要は無いが。

さて、ニコニコがMAD全削除宣言をしている以上は、例の権利者グループがターゲットに置いている動画以外にも
車載動画などのニコニコツーリングの類のものも、余波を受ける事は間違いないだろう。
というか、我らがHONDAやKAWASAKIなどのオートバイメーカーのCMも
削除されそうな悪寒がしてならないのが、今の段階だが・・・・・・・。

いずれにしても、プレミアム会員激減により経営が更に悪化するのは間違いないだろうな。
この点は、毎日新聞と同じだろうが・・・・・・・。

まあニワンゴのことだから、ヤルヤル詐欺はしないだろうな。
というか、そんな詐欺をやったら今度は(ry
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 毎日新聞万事窮す? | トップ | ググってみると »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL