UP GRADE LIFE

カスタムペイント アップグレードカラーズ の営業 & 遊びBlog 。
東京から群馬へ移住し、薪ストーブライフ満喫中!

傷修理

2017年04月20日 | Weblog
今回もヘルメットの傷修理のご紹介です。

こちらのヘルメット


が・・・

あちゃー😰

色数もですが、細かいグラデーションもあり大変そうです・・・


まずは元の塗料の厚み分、パテで埋めて段差を無くします。

そしてイラストの輪郭となるブラックを入れます。
本当はイラスト部は全体に黒を敷いた方が作業がらくなんだけど、
そうすると傷の間に残っていたイラストの輪郭が潰れてしまい、ガイドラインがなくなってしまうので、
あえて先に黒でアウトラインを作りました。

そして黒の内側を、それぞれの色で塗っていきます。

ベタの色がほぼ終わった状態。

ここで一度捨てクリアを吹き、
余計な段差を取ってから
細かなグラデーションを慎重に入れて・・・


最後にクリアコーティングを施して完成です。
今回のヘルメットは、
ベンチレーションがヘルメット内部からクリップで止めてあるために分解出来なかったので、
最終クリアはヘルメット全体ではなく、
デザインの境界に沿ってイラストの周りの右側面のみコートしました。

その段差も研磨して磨きをかけ、
見分けが付かない様にして完成です。

元のイラストのシャドウは、プリントのドットが見える荒いものだったのだけど、
それはエアブラシでは再現不可能なので、
なんとかボカシながらエアブラシのシャドウを馴染ませてあります。

ビフォーアフター

こちらの修理はあくまでも表面上の見た目の修理で、
内部損傷している場合の安全性能まで補修するものではありませんので、
ご使用される場合は自己責任にてお願い致します。

ご依頼ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サポート情報 II

2017年04月07日 | Weblog
昨年に引き続き、
全日本ロードレース ST600クラスにエントリーする
チーム PLUS ONE 田所 隼 選手も
サポートさせて頂いております。

その全日本も昨日から筑波で開幕戦が始まっております。
連日天気は今ひとつ微妙ですが、ST600クラスには
田所選手と豊田選手の2名がエントリーしているので頑張って欲しいものです。

開幕前に田所選手の今年モデルのヘルメットをお渡しいたしました。




昨年塗った1つ目の物とは、デザインこそ変わっていませんがver.3となり
ずいぶん派手に進化しましたね。

ニヤニヤが止まらなかった様です。

さぁ、決勝の日曜日には家族で応援に行く予定です。
怪我しない程度に頑張ってもらいましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サポート情報

2017年03月28日 | Weblog
【お知らせ】
今年からICONのAFGmotosportsさんの推薦を頂き、
いつもクシタニ走行会でもお世話になっている、
D;REX 豊田浩史選手のヘルメットペイントを
サポートをさせて頂く事になりました。


3個同時製作ですが、側面のデザインを3個とも変えてあります。











納期にも間に合い、豊田選手、AFGmotoさんにも気に入って頂けた様でホッとしました。


作業中はこのニコちゃん🙂が
マスキングで見えたり隠れたりする度に
息子達は大騒ぎで喜んでましたよ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思い出の修理

2017年03月24日 | Weblog
大事にしていたヘルメット
思い入れのあるヘルメット
だけど転んじゃって、落としちゃって、
そのままじゃかっこ悪いし・・・
でも捨てるに捨てられないし・・・

そんなヘルメットをお持ちではありませんか?

そんな傷ついたヘルメットも修理できます。

あ、誤解のないようにして頂きたいのは、
見た目の塗装が、です。

内部の衝撃吸収ライナーが破損していたり、帽体が著しく損傷しているものは再使用はお勧めしません。
あくまでも思い出の復旧、ディスプレイとして、
それ以外の軽いダメージの場合は、
ご使用は自己責任でお願い致します。

(個人的には、ミニバイクや、低速でコロンと逝った位なら今までの経験上、内部ダメージは殆ど無いと思っています。)


どんな色や柄でも合わせて修理できます。
ご相談下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オールペイント

2017年03月21日 | Weblog
すっかりご無沙汰しています。

昨年、青木宣篤選手のレプリカヘルメットを製作したお客様から、
こんどはCBRカップに出る車両丸ごと
ノブさんカラーにというオーダーを頂きました。




CBR250は今までも5〜6台塗った事があったので油断してましたが、
新車のレースベース車という事で、
ノーマルカウルにゼッケンとシングルシート、アンダーカウルを追加したと言う、
社外製レースカウルに比べビックリする位の部品点数の多さに泣きを見ましたが!!

なんとか納期にも間に合い、凄く気に入って頂けたようでホッとしました。

I 様、この度もありがとうございましたー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恩返し。

2017年01月03日 | Weblog
あけましておめでとうございます。

少々ご無沙汰してしまいました。

新年早々の2日朝の出来事。

出掛けるためにガレージからラムを出してバックで玄関前に付け、
荷物を取りに戻って助手席の足元に入れようとしたら、
助手席の下、ちょうど前輪と後輪の間に黄緑色の玉が落ちてるのを発見。

ゴミにしては鮮やかな色だなぁと思いながら拾い上げてみたら、
なんと寒さで凍えてブルブル震えながら動けなくなっていたメジロの若鳥でした。

あと30秒早く来てたか、もしくはあと30秒遅く来てたら、タイヤの軌道上なので間違いなく轢いてしまっていた所だった。
ラムのタイヤは幅が30cmもあるからまず100%、君、危なく轢き殺されるとこだったよ😅

捕まえて手の上に乗せても、
顔を自分の背中に埋めてブルブル震えながら逃げるでも暴れるでもなく、よほど冷えて力尽き墜落したのだろうか。

残念ながらすぐ出掛けなくてはいけなかったので、
小さなプラスチックのカゴにタオルを被せて巣の様に覆ってそこに入れてあげて日向に置いておいたら、
凍死せずに体温回復した様で
夕方帰宅してみたら居なくなっていましたよ。

今年は鶴の恩返しならぬ、「メジロの恩返し」を期待してみましょうかね😉
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時間が無い!!

2016年10月27日 | Weblog
前回の全日本RR岡山戦に向け
2週間ちょいで製作した
田所隼選手のオリジナルデザインのヘルメット。

喜んでくれたのは良かったのだが
テンションが上がり過ぎたのか
フリー走行1本と予選数周、
被り始めから僅か36分で使用できなくなり・・・





まぁ攻めた結果なので、
これはオートバイレースの宿命、
しょーがないんですが。

で、次の最終戦までには少し時間もあるので
しゃーないなーもう1個塗ってあげっから
はよヘルメット持ってき〜や〜

なんて言っといたのに
持ってきたのは最終戦の2週間前!!!

レースは日曜だけど
予選、フリー走行、テスト、移動も考えると
実質10日で仕上げて渡さないと間に合わない!!
なかなかペインター泣かせで酷な事!

受け取ってすぐにバラし下処理をば。
メーカーサポートのX-14は前回塗った1個だけとの事で、
今回はX-12です。まぁ塗る手間としてはどっちも変わりませんが。

そしてすぐにマスキング開始。
ここで、いつもなら一晩完徹してマスキング作業になるところが、
前回の製作の際に型どりしたマスキングの型を
待っている間にパソコンでデータ化しておいたので
鳥、羽根ともにカッティングプロッターで
あっという間にマスキングベース完成。

これを貼り込み余分な所をさらにマスクして塗装開始!

2日目


3日目


4日目は写真忘れて
5日目

マスキングを全て剥がしてご覧の通り。



作業5日目にしてほぼ色入れも終わって、
「なーんだ、ペイントって結構カンタンなんじゃーん」
とお思いの方もおられるでしょうが・・・

ヘルメットの場合、
中の発泡スチロールや薄い樹脂パーツが多いため
自動車板金の様に赤外線で焼いて
熱で乾燥させるってことは
ヘルメット本来の機能を損なう恐れがあるため、
当方ではやっておりません。

なので基本は自然乾燥なので、
前日に塗ったばかりの塗面に翌日
マスキングテープをベタベタと貼り付けるってのは、
ホントはとてもリスキーなんです。

もう少しマージンを取った乾燥時間が
本当は理想なんですが、
今回は来週からのレースウィークに
間に合わせるのが大前提なので致し方なく・・・

細心の注意を払いつつギリギリの乾燥時間で進めております。

あとは運良く夏?と思わせる陽気な天候が乾燥を早めてくれている。


本人お気に入りのネームも
作者様からデータを頂き、
ステッカーを作って貼り込み。

そして捨てクリヤー1回。

6日目にもう一度クリヤーコート。

これだけ光沢が出てれば塗装段差は残っててもレース使用では充分なので、
塗料の重さも考慮してこの捨てクリヤー1回、最終クリヤー1回でフィニッシュ。


あとは乾いてから組み付けをして
なんと7日間で完成。



今回のは頼むから36分で破壊しないで
決勝でも被ってくれよぉ〜🙏🏻😣
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

部分修理

2016年10月20日 | Weblog
経年の劣化やサビ、
はたまた立ちゴケ、
ぽてゴケなどでエクボ凹みなどが出来てしまったガソリンタンク、
交換するとドエリャー高いからって諦めていませんか?

そんな時の部分修理やってます。
傷や凹みの大きさ、色数にもよりますが、
だいたい15,000位〜。




写真でもおおよその見積もり可能です。
ご相談下さい。

あっ、もちろんタンクだけじゃなく、
カウルもヘルメットも部分修理可能ですので!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬支度

2016年10月17日 | Weblog
そうそう、
ストーブといえば、
先月末には煙突掃除もやりましたよ。

いよいよストーブのシーズンが近づき、
そして先月末に友人が泊まりに来ると言う事で、
自家製ピザでおもてなしをするにあたり
半年ぶりに火を入れるので、
その前に自分で屋根に登り煙突掃除。



冬のストーブシーズンが終わったらすぐに煙突掃除をして次シーズンに備える方もおりますが、
私としてはオススメしません。


何故か?


我が家の煙突チムニーは、角形トップなんですが、
ストーブを焚がなくなった4月〜5月に掛けて
スズメが庭から小枝や藁を咥えて屋根に上って行くのです。

昨年の初めての煙突掃除の時もそうでしたが、
今年も角トップの中にやはり有りました。

サッカーボール程の大きさのスズメの巣です。

どうやら巣立った後というよりは、
卵の殻もなく糞も無かったので、今年はここで子育てはしなかった模様ですが、
カラスなどから身を守るには最適な場所なのでしょう。


これを撤去せずに知らずにストーブに火を入れてしまったら、
煙突上部で火事になってしまいます。
角トップでない煙突でも、開口部からは小鳥が出入りする事が出来ますので、
こういう事もあるので、煙突掃除は使う直前に最終点検も兼ねて行った方が良いですね。

しかも、我が家の屋根は周りの2階建より高いので、ストーブ屋さんからお借りした
掃除ブラシの柄が延長してもギリギリ足りず、
腕を煙突の中まで伸ばしてようやく届くくらい。

ハシゴと脚立を使い、高い高い屋根に1人で道具を背負いながら上って、
と言うのは大変だけど、
これを業者に頼むとたかだか1.5〜2時間くらいの作業で3万円くらいしますからね・・・・



自分でやるならストーブ屋さんから道具をタダでお借りできるので、
しっかり安全を確認しながら
自分でやらなくちゃね。

そうすれば煙突内部も確認出来るし
ススの質、量も見られるので、
薪の良し悪しも判断できます。

ストーブ本体の清掃とメンテナンスもして、さぁシーズン到来まであと少し!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

定期預金

2016年10月17日 | Weblog
ご無沙汰です。
春に痛めた腰がいよいよヤバイ感じなので、
明日精密検査でMRIを撮りに行ってきます。

もともとは高校生の頃からの悩みだった腰痛なので、どういう診断になりますやら。
椎間板がすり減っているのはすでに確認済みなのですが・・・


さて、そんな腰痛の身体を推して、
新しく完成した薪棚に薪を積み上げております。

薪割り機を入手して、格段に早く薪割りできる様になりましたが、
重労働である事に変わりはありません。

一日中やると確実に腰を壊しますので、
1〜2時間ずつちょこちょことシンドく無い程度に。。

そして昨冬に手に入れてきたストックしてあった木を割り切りました。

再来年に下ろして使える2年満期の定期預金だと考えるとワクワクします。笑
コメント
この記事をはてなブックマークに追加